PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

三重県男子は四日市中央工高が3連覇・インターハイ都道府県予選

2011年6月6日

※eJudo携帯版「e柔道」5月31日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


各地で熱戦が繰り広げられているインターハイ予選、今週末(27日~29日)は5県(三重、福岡、鹿児島、宮崎、沖縄)で団体戦の代表、9府県(茨城、群馬、三重、京都、広島、福岡、宮崎、鹿児島、沖縄)で個人戦の代表が決まった。

11年5月31日インターハイ柔道競技・三重予選・男子団体優勝四日市中央工業高
写真:今年も三重県予選を勝ち上がった
四日市中央工高
このうち、名張市武道交流館(名張市)で行われた三重県予選では、昨年東海総体を制した四日市中央工高が、決勝で近大高専高を3-1で破って男子団体3連覇を果たした。

「昨年のチームが良かったので今年はどうしてもそれと比べられてしまうところがある。他校が「今年はやれるかも」とガンガン前に出てくることで戦力差以上に厳しい戦いになった」と弓矢竜太監督が語る通り決して楽な試合なかりではなかったが、昨季レギュラーを務めた先鋒山本晃平、控えとして遠征に帯同していた副将花尻嘉貴と黄金世代のチームを知る2人の大黒柱がフル回転。全試合一本勝ちでチームを牽引し、今年も見事全国の檜舞台への進出を決めた。

弓矢監督は「昨年は東海大会優勝で注目されたが初戦敗退(3位の作陽高に1-4)。目標はまず一勝です」と控え目にインターハイへの抱負を語ったが、「2枚で取って、失点をなくす。戦い方を徹底して仕上げていきたい」との語り口はやる気満々。昨年の悔しさを知る世代が畳にあがる、今季の四日市中央工チームの活躍に注目したい。

女子は名張高が圧勝で連覇を決めた。

ほか、福岡では東海大第五高(男子)と敬愛高(女子)、静岡は静岡学園高(男子)と東海大翔洋高(女子)が勝利している。東海大翔洋高は本命の藤枝順心高を1-1の内容差で破った。

三重県予選の結果は下記。

※各県予選の結果、三重県の準決勝詳細はeJudo携帯版で近日公開予定の予選速報特設ページにて掲載いたします

■三重県予選・男子団体戦

【準決勝】

四日市中央工高 3-1 皇學館高

近大高専高 3-1 亀山高

【決勝】

四日市中央工高 3-1 近大高専高
(先)山本晃平○後袈裟固△山川晴希
(次)木戸清孝△大外刈○山本純平
(中)畑一真×引分×内田明邦
(副)花尻嘉貴○払腰△前島圭佑
(大)萩健太○優勢[指導3]△石垣直嗣

■三重県予選・女子団体戦

【準決勝】

名張高 3-0 四日市中央工高

近大高専高 2-0 津田学園高

【決勝】

名張高 3-0 近大高専高
(先)北岡京○横四方固△神谷直
(中)古澤季枝子○横四方固△中村美希
(大)青山和世○小外刈△橋本唯

■三重県予選・個人戦

[60kg級決勝]
石垣直嗣(近大高専高)○GS僅差△檜作勇輝

[66kg級決勝]
木戸清孝(四日市中央工高)○GS僅差△太宅奎裕(名張高)

[73kg級決勝]
神谷鷹実(近大高専高)○大内刈△福森健太(亀山高)

[81kg級決勝]
萩優次(皇學館高)○GS僅差△畑一真(四日市中央工高)

[90kg級決勝]
山本晃平(四日市中央工高)○上四方固△北谷遼(亀山高)

[100kg級決勝]
山本篤司(鈴鹿高)○内股△松本和馬(高田高)

[100kg超級決勝]
伊藤琢磨(亀山高)○上四方固△花尻嘉貴(四日市中央工高)

[48kg級決勝]
榎本里奈(名張高)○横四方固△中村美希(近大高専高)

[52kg級決勝]
神谷直(近大高専高)○袈裟固△橋本唯(近大高専高)

[57kg級決勝]
北岡京(名張高)○横四方固△宮前静香(名張高)
[63kg級決勝]
蟹江和美(名張高)○横四方固△濱地更奈(名張高)

[70kg級決勝]
榎谷ともみ(名張高)○払腰△竹内伽那莉(津田高)

[78kg超級決勝]
青山和世(名張高)○大内刈△前田美友紀(四日市農芸高)

情報提供:三重県高等学校体育連盟柔道専門部


※eJudo携帯版「e柔道」5月31日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.