PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

アジア選手権試合詳細 最終日男女個人戦

2011年4月14日

※eJudo携帯版「e柔道」4月7日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


1  

アジア選手権詳細 最終日男女個人戦

西山大希、イギュウオンに敗れ惜しくも2位
最終日男子個人戦


■81kg級■

優勝は東京世界選手権王者のキム・ジェブンでこれは順当な結果。2位は準決勝で中井貴裕(流通経済大3年)を倒したボズバエフ(カザフスタン)。
中井は前述の通り準決勝で腕挫十字固で敗退、3位決定戦も敗退で5位に終わった。
中井はワールドマスターズで、ギヘイロ(ブラジル)の関節技で負傷、以後の大会をリタイアしており今回が復帰戦だった。順位、勝ち上がりの内容以上に治癒の程度、今回の負傷の有無が気になるところだ。

【順位】
1.KIM, Jae-Bum(KOR)
2.BOZBAYEV, Islam(KAZ)
3.SI, Rijigawa(CHN)
3.GHASEMINEZHAD, Hamid(IRI)
5.NAKAI, Takahiro(JPN)
5.KABULOV, Farmon(UZB)
7.DZHUSUPOV, Alimbek(KGZ)
7.RAKHIMOV, Farkhod(TJK)

【日本選手勝ち上がり】
日本代表選手:中井貴裕(流通経済大3年)
成績:5位
[2回戦]
中井貴裕○縦四方固(3:32)△ワイラダムンガ(インドネシア)
中井貴裕○GS僅差3-0()△アセミネザード(イラン)
[準決勝]
中井貴裕△腕挫十字固(4:14)○シ・リジガワ(中国)
[3位決定戦]
中井貴裕△大外刈○ボズバエフ(カザフスタン)

■90kg級■

決勝は東京世界選手権2位の西山大希(筑波大3年)とロッテルダム世界選手権王者のイ・ギュウオン(韓国)のこれしかないという顔合わせ。
試合はイが得意とする背負投に西山が痛恨の一本負けで2位。
3位にはチョリエフ(ウズベキスタン)が入り、この階級の上位は比較的レベルが高かった。

【順位】
1.LEE, Kyu-Won(KOR)
2.NISHIYAMA, Daiki(JPN)
3.CHORIEV, Dilshod(UZB)
3.BOLAT, Timur(KAZ)
5.ZHENG, Jizhao(CHN)
5.MAMEDOV, Chingiz(KGZ)
7.ERDENEBILEG, Eknhbat(MGL)
7.TSENG, Han-Chieh(TPE)

【日本選手勝ち上がり】
日本代表選手:西山大希(筑波大3年)
成績:2位
[2回戦]
西山大希○内股(2:00)△ゼン・ジザオ(中国)
[準決勝]
西山大希○大外刈(2:40)△ボラット(カザフスタン)
[決勝]
西山大希△背負投○イ・ギュウオン(韓国)

■100kg級■

この階級も優勝のサイドフ(ウズベキスタン)、ファンヒーテ(韓国)、3位入賞の北京五輪王者で最近好調のツブシンバヤル(モンゴル)に5位のラコフ(カザフスタン)と上位にはレベルの高い選手が名を連ねた。
小林大輔は2回戦でラコフから「技有」を奪うなど善戦したが、準決勝でサイドフに一本背負投で敗退。3位決定戦を一本勝ちして3位を確保した。

【順位】
1.SAYDOV, Ramziddin(UZB)
2.HWANG, Hee-Tae(KOR)
3.NAIDAN, Tuvshinbayar(MGL)
3.KOBAYASHI, Diasuke(JPN)
5.RAKOV, Maxim(KAZ)
5.MAHJOUB, Javad(IRI)
7.TASKIN, Aleksei(KGZ)
7.YUAN, Jinling(CHN)

【日本選手勝ち上がり】
日本代表選手:小林大輔(ALSOK)
成績:3位
[1回戦]
小林大輔○内股△リン・ウェイシャン(台湾)
[2回戦]
小林大輔○優勢[技有・内股]△ラコフ(カザフスタン)
[準決勝]
小林大輔△一本背負投○サイドフ(uウズベキスタン)
[3位決定戦]
小林大輔○払腰△マージョウブ(イラン)

■100kg超級■

優勝はベテランのタングリエフ(ウズベキスタン)。最近国際大会でも目立って成績を残し始めたキム・スンミン(韓国)が2位に入賞した。
日本の石井竜太は2回戦でキム・スンミンに一本負け。敗者復活戦を勝ち上がって3位を確保したが優勝候補の上記2名の後塵を拝することとなった。

【順位】
1.TANGRIEV, Abdullo(UZB)
2.KIM, Sung-Min(KOR)
3.ISHII, Ryuta(JPN)
3.SHYNKEYEV, Yerzhan(KAZ)
5.KRAKOVETSKII, Iurii(KGZ)
5.NAMSRAIJAV, Batsuuri(MGL)
7.HOSHINA, Tomohiko(PHI)
7.RAKHMANOV, Abubakr(TJK)

【日本選手勝ち上がり】
日本代表選手:石井竜太(日本中央競馬会)
成績:3位
石井竜太○後袈裟固△アルザビ(UAE)
[2回戦]
石井竜太△小外掛○キム・スンミン(韓国))
[敗者復活1回戦]
石井竜太○合技△ホシナ(フィリピン)
[3位決定戦]
石井竜太○不戦△ラコベトスキイ(キルギスタン)

次へ


※eJudo携帯版「e柔道」4月7日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.