PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

冬季国際大会総括・選抜体重別展望 初日女子

2011年4月1日

※eJudo携帯版「e柔道」3月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


冬季国際大会総括・選抜体重別展望 初日女子
【70kg級】

【冬季国際大会成績・評】

11年4月1日選抜体重別展望・70㎏級
写真:グランドスラムを制した田知本遥
田知本遥(東海大2年)

評価:nanaue.gif
グランドスラム東京:優勝
ワールドマスターズ:5位
グランドスラム・パリ:5位
グランプリ・デュッセルドルフ:5位

國原頼子(自衛隊体育学校)
評価:yoko.gif
グランドスラム東京:2回戦敗退
ワールドマスターズ:3位
グランドスラム・パリ:3位

渡邊美奈(コマツ)
評価:shita.gif
グランドスラム東京:2回戦敗退

上野巴恵(三井住友海上)
評価:nanashita.gif
ワールドカップ・オーバーヴァルト:5位

谷口亜弥(山梨学院大4年)
評価:nanashita.gif
グランドスラム東京:2回戦敗退

大野陽子(立命館大3年)
評価:nanashita.gif
ワールドカップ・プラハ:2回戦敗退

【国際大会総括】

田知本遥がグランドスラム東京で優勝、ついにブレイクかと思われたが以降は爆発的な成績を残すには至らず。
ワールドマスターズは第一人者のデコス(フランス)に一本背負投「技有」で敗退し5位、グランドスラム・パリはボッシュ(オランダ)に大外返で一本負けを喫しまたもや5位。ここまではいずれもメダルクラスの強豪との対戦という「免罪符」もあったが、このパリ大会の後の合宿で負傷してしまったのが痛かった。稽古を積めないまま強行出場したグランプリ・デュッセルドルフはマルゾック(ドイツ)に僅か38秒の大内刈で一本負けでこれも5位に留まってしまい、ハイレベル大会ばかりとはいえ3大会連続の5位という煮え切らない成績でシーズンを終えてしまうこととなった。
ただし、日本の弱点とされる70kg級の選手が最高位大会であるグランドスラムを獲ったというのは明るいニュースで、ホープとして存在感を示したシーズンであったこともまた間違いない。

世界選手権銅メダリストの國原頼子はグランドスラム東京でまさかの2回戦敗退。さしもの安定感が売りの國原も勤続疲労に陥ったかと周囲を心配させたが、以後はワールドマスターズにグランドスラム・パリと超ハイレベル大会で2大会連続3位入賞。ワールドマスターズではファンイスル(韓国)、グランドスラムではシエレ(ドイツ)と強豪選手に敗れてしまったが、取りこぼしの少なさは相変わらずで「計算できる選手」であることを改めて示した格好。今後はデコス、メサロシュといったトップ選手からの勝ち星奪取が課題だ。
今季はこの2人以外は見るべき成績はなし。

ロッテルダム世界選手権銅メダリストの渡邊美奈は低迷から抜け出せずグランドスラム東京では初戦敗退。東京世界選手権以来のチグハグな柔道は改まらず、以後の国際大会にも派遣されることはなかった。
かつて田知本とライバル関係にあった上野巴恵も長期のスランプから抜け出せず。唯一派遣されたワールドカップ・オーバーヴァルトもランキング20位台以下の選手に2勝2敗、勝ち負け含め全4試合が投技による「一本」決着という不安定な試合ぶりで5位。世界で戦うところまで仕上がるにはもう少し時間がかかりそうだ。
谷口亜弥大野陽子の学生2人も勝ち星なく代表戦線に名乗りを上げるには至らず。この階級は少々寂しいシーズンとなった。

【選抜体重別みどころ×世界選手権代表展望】

アジア選手権には田知本遥が派遣され、パリ世界選手権代表の1枠目はこの田知本で確定。
2枠目だが、これも過去の実績と今季の国際大会での成績から國原頼子でまず決まりだろう。
過去の実績ということで言えばリオ世界選手権で代表を務めた岡明日香(コマツ)、ロッテルダム世界選手権銅メダリストで東京世界選手権にも出場した渡邊美奈がいるが、前者は近年の実績がほとんどなく、後者はその試合ぶりへの首脳陣の評価があまりにも低い。国内でどんな勝ち方をしても「世界で戦えない」との評を覆すのは難しいだろう。
代表争いという点で言えば、この階級は最終選考会である選抜体重別を迎える前にもう決着がついてしまっていたということだ。

第1シードの國原は初戦で谷口、準決勝は実業王者の今井優子(了徳寺学園職)と飯田有香(山梨学院大4年)の勝者と対戦する。
第2シードは上野。こちらは初戦で岡、準決勝は渡邊と大野陽子の勝者と対戦するという配置。
みどころは、昨年この大会で内股を武器に異様な強さを見せた飯田がその再現なるか。また、2番手グループがギッシリ詰まった上野の側の各選手の奮闘ぶりということになるだろう。

次へ(78㎏級)


※eJudo携帯版「e柔道」3月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.