PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ワールドカップ・オーバーヴァルト各階級詳細

2011年2月23日

※eJudo携帯版「e柔道」2月14日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


近藤香、佐藤愛子が優勝!岡村智美がオール一本でV
田知本愛は決勝でまさかの苦杯

ワールドカップ・オーバーヴァルト各階級詳細



【48kg級】
近藤香が優勝、日本勢の強さ見せつける


世界選手権代表を目指す近藤香(帝京大4年)が順当に優勝。
準決勝のコンドラチェバ戦がひとつのヤマだったが、腕挫脇固で一蹴。この階級の日本勢の強さをふたたび見せつけた。近藤は冬季欧州国際大会の派遣はこれのみ。ワンチャンスを落とすことなくしっかり優勝し、選抜体重別の決選に挑む。

【日本選手勝ち上がり】
近藤香(帝京大4年)
成績:優勝
11年2月12日ワールドカップオーバーヴァルト・48㎏級
写真:48kg級優勝の近藤香
(※写真はグランドスラム東京大会時)

[1回戦]
近藤香○GS横四方固△シン(韓国)
[2回戦]
近藤香○GS僅差△ホルミゴ(ポルトガル)
[3回戦]
近藤香○優勢[技有・袖釣込腰]△ロッセン(ベルギー)
[準決勝]
近藤香○腕挫脇固(2:29)△コンドラチェバ(ロシア)
[決勝]
近藤香○優勢[有効・小内巻込]△ムンクバット(モンゴル)

【入賞者】
1.KONDO, Kaori(JPN)
2.MUNKHBAT, Urantsetseg(MGL)
3.KONDRATYEVA, Nataliya(RUS)
3.SUMEYYE, Akkus(TUR)
5.LIMA, Taciana(BRA)
5.PARETO, Paula(ARG)
7.BOGDANOVA, Liudmila(RUS)
7.ROSSENEU, Amelie(BEL)

【52kg級】
ヘイレンがミランダを破って優勝


グランドスラム・パリとグランプリ・デュッセルドルフに挟まれたこの週、高ランキング選手はほとんど出場せず、ミランダ(ブラジル・WR10位)とヘイレン(ベルギー・WR15位)が順当に決勝に進出。一本勝ちでヘイレンが優勝を飾った。
この階級は日本人選手の派遣はなかった。

11年2月12日ワールドカップオーバーヴァルト・52㎏級
写真:52kg級優勝のヘイレン
(※写真は10年ワールドマスターズ大会時)

【52kg級】
1.HEYLEN, Ilse(BEL)
2.MIRANDA, Erika(BRA)
3.BUIOK, Mariia(UKR)
3.CHYTRA, Lucie(CZE)
5.CHOI, Yu-Jin(KOR)
5.KHARITONOVA, Anna(RUS)
7.CHERNYAK, Inna(UKR)
7.SAMAT, Aynur(TUR)

【57kg級】
佐藤愛子、前週からの好調維持して優勝


前週のグランドスラム・パリで2位と健闘した佐藤愛子(了徳寺学園)が好調を維持、準決勝で平井希(自衛隊体育学校)との競り合いをGS延長戦「指導2」で制すると、決勝でクアドロス(ブラジル)を背負投に仕留めて優勝した。
高ランキング選手との対戦はランキング20位のマロイ(アメリカ)のみだったが、他の海外選手との試合はいずれも短い時間での「一本」に仕留め、選抜体重別での代表挑戦の権利は得た格好。
平井希は3位に終わったが、ランキング4位のカラカス(ハンガリー)を横四方固に仕留めるなど、初戦敗退に終わったグランドスラム・パリからひとまずは立ち直った格好だ。

【日本選手勝ち上がり】
佐藤愛子(了徳寺学園職)
成績:優勝
11年2月12日ワールドカップオーバーヴァルト・57㎏級
写真:57kg級優勝の佐藤愛子
(※写真はグランドスラム東京大会時)

[1回戦]
佐藤愛子○横四方固(2:17)△ペレン(ポーランド)
[2回戦]
佐藤愛子○横四方固(1:01)△アイタリ(モロッコ)
[3回戦]
佐藤愛子○GS僅差△マロイ(アメリカ)
[準決勝]
佐藤愛子○GS指導2△平井希
[決勝]
佐藤愛子○背負投(1:13)△クワドロス(ブラジル)

平井希(自衛隊体育学校)
成績:第3位
[1回戦]
平井希○上四方固(1:55)△シルバ(ブラジル)
[2回戦]
平井希○送襟絞(0:19)△ディナスタ(イタリア)
[3回戦]
平井希○横四方固(4:35)△カラカス(ハンガリー)
[準決勝]
平井希△GS指導2○佐藤愛子
[3位決定戦]
平井希○大内刈(4:31)△チュメン(モンゴル)

宇高菜絵(コマツ)
成績:2回戦敗退
[1回戦]
宇高菜絵○縦四方固△カルミシェル(アメリカ)
[2回戦]
宇高菜絵△優勢[技有・払巻込]○リチャードソン(オランダ)

【入賞者】
1.SATO, Aiko(JPN)
2.QUADROS, Ketleyn(BRA)
3.HIRAI, Nozomi(JPN)
3.RICHARDSON, Shareen(NED)
5.MALLOY, Marti(USA)
5.TUMEN-OD, Battugs(MGL)
7.KARAKAS, Hedvig(HUN)
7.SZABO, Katinka(HUN)

【63kg級】
優勝は中国のシュー、日本勢は潰し合って2、3、5位


高ランキング選手の出場は東京世界選手権2位の田中美衣(ぎふ柔道クラブ24・WR7位)、シュー(中国・WR13位)、ジョンダウン(韓国・WR18位)ら。日本勢は田中のほか、谷本育実(コマツ)、阿部香菜(三井住友海上)が出場した。
優勝はシュー。日本勢は阿部と田中が準決勝でつぶし合い、阿部が決勝進出。
敗者復活に回った田中は3位決定戦でこれも谷本との同国対決となり、谷本が3位、田中が5位となった。
出場者の顔ぶれを考えると正直厳しい結果。フランス勢を始め強豪ひしめくこの階級、上野順恵(三井住友海上)に続く2番手選手の台頭が待たれる。

【日本選手勝ち上がり】
田中美衣(ぎふ柔道クラブ24)
成績:5位
[1回戦]
田中美衣○総合勝(4:59)△ゾーク(フランス)
[2回戦]
田中美衣○一本勝(3:13)△トレステンジャク(スロベニア)
 ※詳細不明
[3回戦]
田中美衣○送襟絞(3:13)△バーンホーン(スウエーデン)
[4回戦]
田中美衣○GS技有・出足払△スタム(オランダ)
[準決勝]
田中美衣△優勢[有効・払巻込]○阿部香菜
[3位決定戦]
田中美衣△優勢[指導2]○谷本育実

谷本育実(コマツ)
成績:3位
[2回戦]
谷本育実○大外刈(4:36)△ミロセビッチ(スロベニア)
[3回戦]
谷本育実○大内刈(3:44)△ミナカワ(ブラジル)
[4回戦]
谷本育実△優勢[指導2]○シュー(中国)
[敗者復活戦]
谷本育実○優勢[技有・背負投]△ジョン(韓国)
[3位決定戦]
谷本育実○優勢[指導2]△田中美衣

阿部香菜(三井住友海上)
成績:2位
[2回戦]
阿部香菜○内股(0:49)△チャキル(モロッコ)
[3回戦]
阿部香菜○袈裟固(3:31)△ディディンコ(ウクライナ)
[4回戦]
阿部香菜○内股(1:06)△ラバジナ(ロシア)
[準決勝]
阿部香菜○優勢[有効・払巻込]△田中美衣
[決勝]
阿部香菜△優勢[有効・小外掛]○シュー(中国)

【入賞者】
1.XU, Lili(CHN)
2.ABE, Kana(JPN)
3.LABAZINA, Marta(RUS)
3.TANIMOTO, Ikumi(JPN)
5.KOVAL, Vera(RUS)
5.TANAKA, Miki(JPN)
7.JOUNG, Da-Woon(KOR)
7.STAM, Esther(NED)

【70kg級】
マスターズ2位のファンイスルが優勝、上野巴恵は2勝2敗で5位


ワールドランキング一桁台の選手はファンイスル(韓国・WR4位)のみ。ほか有力選手はズパンシック(カナダ・WR11位)、アルベール(コロンビア・WR20位)など。
大会は第1シードのファンイスルが全試合一本勝ちの圧勝で優勝。準決勝はポリング(オランダ・WR29位)、決勝はポーテラ(ブラジル・WR30位)と歯ごたえのある敵は少なかったが、今年に入ってからの好調を維持している模様。
日本勢は上野巴恵(三井住友海上)が出場し、2勝2敗で5位入賞。
勝ち負け含め4試合全てが投技による「一本」決着、前述のポリング、アルベールとランキング20位台の選手に連敗するなど内容はいまひとつ。ここのところの安定感のなさを払拭するには至らなかった。

【日本選手勝ち上がり】
上野巴恵(三井住友海上)
成績:5位
11年2月12日ワールドカップオーバーヴァルト・70㎏級
写真:70kg級優勝のファンイスル
(※写真はグランドスラム東京大会時)

[2回戦]
上野巴恵○大外落(0:37)△チャキル(モロッコ)
[3回戦]
上野巴恵△裏投(0:45)○ポリング(オランダ)
[敗者復活戦]
上野巴恵○小外刈(2:37)△クリス(ポーランド)
[3位決定戦]
上野巴恵△払巻込(4:46)○アルベール(コロンビア)

【入賞者】
1.HWANG, Ye-Sul(KOR)
2.PORTELA, Maria(BRA)
3.ALVEAR, Yuri(COL)
3.POLLING, Kim(NED)
5.UENO, Tomoe(JPN)
5.ZUPANCIC, Kelita(CAN)
7.HADDID, Kahina(ALG)
7.KLYS, Katarzyna(POL)

【78kg級】
岡村智美がオール「一本」の好内容で優勝


東京世界選手権で日本代表を務めた岡村智美(コマツ)が久々の爆発、オール一本勝ちで優勝を決めた。決勝戦ではコットン(カナダ・WR21位)を隅落で一蹴。豪快な投げ技で相手を圧倒する岡村の良さが出た大会だった。
岡村が再び世界の畳に立つためには強豪選手とどのような試合をするかが課題。真価が問われるグランプリ・デュッセルドルフを前に、まず最初の関門である今大会をしっかり突破したという格好。
第1シードのジョンギョンミ(韓国・WR9位)は準々決勝でモスカリュク(ロシア・WR28位)、3位決定戦でラミレス(ポルトガル・WR20位)と2敗し5位。
日本の穴井さやか(ミキハウス)はメーヘン(チュニジア・WR41位)に敗れ2回戦敗退。低調から抜け出せないまま今季の国際大会を終えた。

【日本選手勝ち上がり】
岡村智美(コマツ)
成績:優勝
11年2月12日ワールドカップオーバーヴァルト・78㎏級
写真:78kg級優勝の岡村智美
(※写真は世界選手権東京大会時)

[1回戦]
岡村智美○袈裟固(2:14)△マラニック(クロアチア)
[2回戦]
岡村智美○内股(0:09)△ラコイッツ(オーストリア)
[3回戦]
岡村智美○内股(2:31)△ブレブジャガル(モンゴル)
[準決勝]
岡村智美○合技(2:46)△ラミレス(ポルトガル)
[決勝]
岡村智美○隅落(2:57)△コットン(カナダ)

穴井さやか(ミキハウス)
成績:2回戦敗退
[1回戦]
穴井さやか○送襟絞(0:24)△レミネン(オランダ)
[2回戦]
穴井さやか○GS有効・払巻込△メーヘン(チュニジア)

【入賞者】
1.OKAMURA, Tomomi(JPN)
2.COTTON, Amy(CAN)
3.MOSKALYUK, Vera(RUS)
3.RAMIREZ, Yahima(POR)
5.JEONG, Gyeong Mi(KOR)
5.PUREVJARGAL, Lkhamdegd(MGL)
7.LEVESQUE, Marylise(CAN)
7.MERGHENI, Hana(TUN)

【78kg超級】
田知本愛、キムナヨンに敗れ2位に終わる


12月のグランドスラム東京制覇に始まり1月のワールドマスターズに前週のグランドスラム・パリとハイレベル大会を連勝していたワールドランキング1位の田知本愛が敗戦。韓国のキム・ナヨン(WR7位)との対戦を僅差で落とし2位に終わった。
田知本は安定感のある試合運びが持ち味。投げ切れない試合でも相手を組み手で圧倒し「指導」をもぎ取ることに長けている。一方のキムも、技の威力、キレ味というよりはパワーで相手の頭を下げさせ、試合展開を握りながら「指導」を積み重ねていくタイプ。
常に「負けはない」状況で試合を運ぶのが身上の田知本が、一発のアクシデントではなく僅差で負けとやや意外な結果。来季の世界選手権制覇に向けてこれ以上はないほど順調に来ていた田知本だが、最後の最後で一抹の不安要素を残してシリーズを終えることとなった。
世界ジュニア王者の井上愛美(新田高3年)は初戦でベテラン・ドングサシビリ(ロシア)と対戦。払腰で一本負けし、僅か54秒でワールドツアー大会初挑戦を終えた。

【日本選手勝ち上がり】
田知本愛(東海大4年)
成績:2位
11年2月12日ワールドカップオーバーヴァルト・78㎏超級
写真:78kg超級優勝のキム・ナヨン
(※写真は世界選手権東京大会時)

[2回戦]
田知本愛○大外刈△アルザマン(ブラジル)
[準決勝]
田知本愛○優勢[指導2]△アルザマン(ブラジル)
[決勝]
田知本愛○GS僅差△キム・ナヨン(韓国)

井上愛美(新田高3年)
成績:1回戦敗退
[1回戦]
井上愛美○払腰(0:54)△ドングサシビリ(ロシア)
【入賞者】
1.KIM, Na Young(KOR)
2.TACHIMOTO, Megumi(JPN)
3.LIU, Huanyuan(CHN)
3.ZAMBOTTI, Vanessa(MEX)
5.CHIKHROUHOU, Nihel(TUN)
5.KOCATURK, Gulsah(TUR)
7.ALTHEMAN, Maria Suelem(BRA)
7.DONGUZASHVILI, Tea(RUS)


※eJudo携帯版「e柔道」2月14日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.