PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラムパリ第一日男子各階級詳細

2011年2月16日

※eJudo携帯版「e柔道」2月7日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


若手躍動!森下純平と中矢力が優勝飾る
グランドスラムパリ第一日男子各階級詳細



【60kg級】
ソビロフ優勝。山本浩史、志々目徹は2強に弾き返されともに5位


東京世界選手権金メダリスト、ワールドマスターズ王者のソビロフ(ウズベキスタン)が前評判通りの強さで優勝を飾った。
ライバルのロッテルダム世界選手権王者ザンタライア(ウクライナ)はダークホースのダフチャン(アルメニア)に一本負けを喫して3位。
日本勢は山本浩史(日体大3年)がザンタライア、志々目徹(日体大1年)がソビロフと、それぞれ準々決勝で敗退。それまでは圧倒的な勝ち上がりだったが2強に弾き返された形となった。

【日本選手勝ち上がり】
山本浩史(日体大3年)
成績:5位

11年2月5日グランドスラムパリ・ソビロフ
写真:60kg級優勝のソビロフ
(※写真は世界選手権東京大会時)

[2回戦]
山本浩史○内股(1:37)△マケーズ(ラトビア)
[3回戦]
山本浩史○内股(1:20)△ムシビドハゼ゛(ロシア)
[4回戦]
山本浩史△優勢[有効・大内刈]○ザンタライア(ウクライナ)

志々目徹(日体大1年)
成績:5位

[1回戦]
志々目徹○内股(1:02)△ソアレス(ポーランド)
[2回戦]
志々目徹○内股透(3:08)△ガンバット(モンゴル)
[3回戦]
志々目徹○優勢[指導3]△ミロウス(フランス)
[4回戦]
志々目徹△優勢[技有・袖釣込腰]○ザンタライア(ウクライナ)

【入賞者】
1.SOBIROV, Rishod(UZB)
2.DAVTYAN, Hovhannes(ARM)
3.PAPINASHVILI, Amiran(GEO)
3.ZANTARAIA, Georgii(UKR)
5.SHISHIME, Toru(JPN)
5.ENGLMAIER, Tobias(GER)
5.YAMAMOTO, Hirofumi(JPN)
5.MOOREN, Jeroen(NED)

【66kg級】
森下純平優勝!福岡政章も3位で日本勢が階級席巻


東京世界選手権金メダリストの森下純平(筑波大2年)が優勝。勝負どころの準々決勝でサンジャスレン(モンゴル)を大外刈で一蹴するなどオール一本で決勝まで勝ち上がり、ナザリヤン(アルメニア)を大外刈「技有」で降しての優勝。序盤の組み合わせには恵まれたが、試合全体を通して圧勝と言っていい内容。世界選手権以後いまひとつ波に乗れなかった森下だがその低調を吹き飛ばす好内容だった。

グランドスラム東京王者の福岡政章(ALSOK)もコワルスキ(ポーランド)、ケナ(ブラジル)、モグシコフ(ロシア)と続く厳しいブロックを勝ち上がって準決勝進出。ナザリヤンには敗退したものの勝ち上がりは好内容で、60kg級に続く2階級での世界選手権代表選出の可能性もいよいよ高くなってきた。
V候補一番手と目されたツァガンバータル(モンゴル)は準々決勝でラロス(フランス)に「技有」を奪われ敗退した。

【日本選手勝ち上がり】
森下純平(筑波大2年)
成績:優勝
11年2月5日グランドスラムパリ・森下純平
写真:66kg級優勝の森下
(※写真は世界選手権東京大会時)

[2回戦]
森下純平○合技(0:48)△アルマザイデ(ヨルダン)
[3回戦]
森下純平○大外刈(4:18)△ポピエル(カナダ)
[4回戦]
森下純平○大外刈(1:34)△サンジャスレン(モンゴル)
[準決勝]
森下純平○GS技有・内股(7:37)△ラロス(フランス)
[決勝]
森下純平○優勢[技有・大外刈]△ナザリヤン(アルメニア)

福岡政章(ALSOK)
成績:3位
[2回戦]
福岡政章○優勢[技有・背負投]△コワルスキ(ポーランド)
[3回戦]
福岡政章○袖釣込腰(4:22)△ケナ(ブラジル)
[4回戦]
福岡政章○内股(4:30)△モグシコフ(ロシア)
[準決勝]
福岡政章△優勢[技有・袖釣込腰]○ナザリヤン(アルメニア)

【入賞者】
1.MORISHITA, Junpei(JPN)
2.NAZARYAN, Armen(ARM)
3.LAROSE, David(FRA)
3.FUKUOKA, Masaaki(JPN)
5.HASHBAATAR, Tsagaanbaatar(MGL)
5.SANJAASUREN, Miyaragchaa(MGL)
5.KORVAL, Loic(FRA)
5.MOGUSHKOV, Mus(RUS)

【73kg級】
中矢力、準決勝で粟野靖浩降して見事優勝!


グランドスラム東京王者の中矢力(東海大3年)が見事優勝を飾った。3回戦でダルベレ(フランス)、4回戦でエルモント(オランダ)と強豪を連破すると準決勝ではライバルの粟野靖浩(東海大4年)から大外刈で一本勝ち。決勝もウングバリ(ハンガリー)を得意の寝技にひきずりこみ、縦四方固「一本」でビッグタイトルを獲得した。

粟野靖浩は前述の通り3位。第1シードのファンティシェル(ベルギー)は初戦でノーシードのポピシビリ(グルジア)に一本負けを喫して敗退している。

11年2月5日グランドスラムパリ・中矢力
写真:73kg級優勝の中矢
(※写真はグランドスラム東京大会時)

【日本選手勝ち上がり】
中矢力(東海大3年)
成績:優勝

[2回戦]
中矢力○送襟絞△スタウシー(ベラルーシ)
[3回戦]
中矢力○優勢[技有・大外刈]△ダルベレ(フランス)
[4回戦]
中矢力○大外刈△エルモント(オランダ)
[準決勝]
中矢力○大外刈△粟野靖浩
[決勝]
中矢力○縦四方固△ウングバリ(ハンガリー)

粟野靖浩(筑波大4年)
成績:3位

[2回戦]
粟野靖浩○背負投△タラバ(ハンガリー)
[3回戦]
粟野靖浩○背負投△ワイルマズ(トルコ)
[4回戦]
粟野靖浩○GS指導2△デルポポロ(アメリカ)
[準決勝]
粟野靖浩△大外刈○中矢力

【入賞者】
1.NAKAYA, Riki(JPN)
2.UNGVARI, Attila(HUN)
3.LEGRAND, Ugo(FRA)
3.AWANO, Yasuhiro(JPN)
5.KIM, Won Jung(KOR)
5.PINA, Joao(POR)
5.DELPOPOLO, Nicholas(USA)
5.ELMONT, Dex(NED)


※eJudo携帯版「e柔道」2月7日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.