PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラムパリ第一日女子各階級詳細

2011年2月16日

※eJudo携帯版「e柔道」2月7日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


浅見八瑠奈が優勝、中村美里はまさかの敗退で5位
グランドスラムパリ第1日女子各階級詳細



【48kg級】
浅見他を寄せ付けず優勝、山岸は2回戦敗退


東京世界選手権王者の浅見八瑠奈(山梨学院大4年)が安定した戦いぶりで優勝を飾った。3回戦でファンスニック(ベルギー)に「指導2」優勢勝ちの他はオール一本。最大のライバルと目された準決勝のメネゼス(ブラジル)戦も横四方固でこれを退け、決勝はクセノビスキ(ハンガリー)を僅か1分強で横四方固に切って落とした。

一方の山岸は初戦は一本勝ちしたものの、2回戦でランキング25位のアルバレズ(キューバ)に僅差で敗退。復活はならなかった。
地元のジョシネ(フランス・WR9位)は準々決勝でメネゼスに一本負け、北京五輪王者のドゥミトル(ルーマニア)も準々決勝でクセノビスキに一本負けを喫している。

【日本選手勝ち上がり】
浅見八瑠奈(山梨学院大4年)
成績:優勝
11年2月5日グランドスラムパリ・浅見八瑠奈
写真:48kg級優勝の浅見
(※写真は世界選手権東京大会時)

[1回戦]
浅見八瑠奈○横四方固(3:21)△CARRILLO(メキシコ)
[2回戦]
浅見八瑠奈○支釣込足(2:41)△CLIMENCE(フランス)
[3回戦]
浅見八瑠奈○優勢[指導2]△VAN SNICK(ベルギー)
[準決勝]
浅見八瑠奈○横四方固(4:58)△MENEZES(ブラジル)
[決勝]
浅見八瑠奈○横四方固(1:07)△CSERNOVICZKI(ハンガリー)

山岸絵美(三井住友海上)
成績:2回戦敗退
[1回戦]
山岸絵美○内股透(3:16)△AKKUS(トルコ)
[2回戦]
山岸絵美△GS僅差○ALVAREZ(キューバ)

【入賞者】
1.ASAMI, Haruna(JPN)
2.CSERNOVICZKI, Eva(HUN)
3.MENEZES, Sarah(BRA)
3.ALVAREZ, Dayaris(CUB)
5.VAN SNICK, Charline(BEL)
5.JOSSINET, Frederique(FRA)
5.KONDRATYEVA, Nataliya(RUS)
5.DUMITRU, Alina(ROU)


【52kg級】
中村まさかの準々決勝敗退、優勝はムンクフバータル


ワールドマスターズ優勝、ランキング1位の中村美里(三井住友海上)が、準々決勝でノーシードのフランス選手にまさかの敗退。5位に留まる波乱があった。
優勝をさらったのはムンクフバータル(モンゴル)。荒れた今大会の混戦を見事に勝ち上がった。
山本杏は3回戦敗退。強豪カラスコサ(スペイン)の壁を突破できず、GS延長戦の末に僅差で涙を飲んだ。

11年2月5日グランドスラムパリ・ムンクフバータル
写真:52kg級優勝のムンクフバータル
(※写真は世界選手権東京大会時)

【日本選手勝ち上がり】
中村美里(三井住友海上)
成績:5位
[2回戦]
中村美里○合技(2:41)△DELGADO(アメリカ)
[3回戦]
中村美里○合技(4:02)△(KRAEGH(ドイツ)
[4回戦]
中村美里△GS有効・内股○GNETO(フランス)

山本杏(桐蔭学園高1年)
成績:3回戦敗退
[2回戦]
山本杏○GS僅差△BRAVIK(オランダ)
[3回戦]
山本杏△GS僅差○CARRASCOSA(スペイン)

【入賞者】
1.MUNKHBAATAR, Bundmaa(MGL)
2.HADDAD, Soraya(ALG)
3.GNETO, Priscilla(FRA)
3.CARRASCOSA, Ana(ESP)
5.NAKAMURA, Misato(JPN)
5.BONNA, Penelope(FRA)
5.HEYLEN, Ilse(BEL)
5.KELMENDI, Majlinda(IJF)


【57kg級】
佐藤愛子がモンテイロ破り2位入賞、優勝はパビア


佐藤愛子(了徳寺学園職)が2位入賞を果たした。4回戦でマランコン(カナダ)に一本勝ちして波に乗ると、準決勝では優勝候補筆頭、ワールドマスターズ王者のモンテイロ(ポルトガル)と対戦。得意の袖釣込腰で「技有」を奪って勝利、決勝では地元フランスのパビアに敗れてしまったが大健闘を見せた。

階級変更直後のグランドスラム東京で2位入賞、期待された平井希(自衛隊体育学校)は初戦敗退に終わった。

11年2月5日グランドスラムパリ・パビア
写真:57kg級優勝のパビア
(※写真は世界選手権東京大会時)

【日本選手勝ち上がり】
佐藤愛子(了徳寺学園職)
成績:2位
[2回戦]
佐藤愛子○優勢[指導2]△MELNIKOVA(ロシア)
[3回戦]
佐藤愛子○優勢[指導2]△KIMJan-di(韓国)
[4回戦]
佐藤愛子○合技(3:37)△MALANCON(カナダ)
[準決勝]
佐藤愛子○優勢[技有・袖釣込腰]△MONTEIRO(ポルトガル)
[決勝]
佐藤愛子△GS有効・内股○PAVIA(フランス)

【日本選手勝ち上がり】
平井希(自衛隊体育学校)
成績:2回戦敗退
[2回戦]
平井希△優勢[技有・小外掛]○ROPER(ドイツ)

【入賞者】
1.PAVIA, Automne(FRA)
2.SATO, Aiko(JPN)
3.MONTEIRO, Telma(POR)
3.CAPRIORIU, Corina(ROU)
5.LOKO, Sarah(FRA)
5.MELANCON, Joliane(CAN)
5.ZABLUDINA, Irina(RUS)
5.RECEVEAUX, Helene(FRA)


【63kg級】
エマヌ優勝、日本勢は田中が5位


優勝候補筆頭のエマヌ(フランス)が順当に優勝。アグベニュー(フランス)も3位入賞を果たしておりこの階級のフランス勢の強さがあらためて浮き彫りになった格好。

日本勢は田中美衣(ぎふ柔道クラブ24)が準々決勝でエマヌに敗れ5位。谷本育実(コマツ)は強豪マルザン(ドイツ)に一本負けで3回戦敗退だった。
上野順恵(三井住友海上)のライバル、ファンエムデン(オランダ)はゾルニール(スロベニア)に準々決勝で「指導2」で敗退。5位にとどまった。

11年2月5日グランドスラムパリ・エマヌ
写真:63kg級優勝のエマヌ
(※写真はグランドスラム東京大会時)

【日本選手勝ち上がり】
田中美衣(ぎふ柔道クラブ24)
成績:5位
[2回戦]
田中美衣○崩袈裟固(1:30)△SEYE(セネガル)
[3回戦]
田中美衣○送襟絞(3:31)△GERBI(イスラエル)
[4回戦]
田中美衣△優勢[指導2]○EMANE(フランス)

谷本育美(コマツ)
成績:3回戦敗退
[2回戦]
谷本育美○GS指導2△SEYE(セネガル)
[3回戦]
谷本育美△小外掛(1:12))○MALZAHN(ドイツ)

【入賞者】
1.EMANE, Gevrise(FRA)
2.XU, Lili(CHN)
3.ZOLNIR, Urska(SLO)
3.AGBEGNENOU, Clarisse(FRA)
5.TANAKA, Miki(JPN)
5.VAN EMDEN, Anicka(NED)
5.MALZAHN, Claudia(GER)
5.WILLEBOORDSE, Elisabeth(NED)


※eJudo携帯版「e柔道」2月7日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.