PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

若潮杯武道大会・男子マッチレポート・予選リーグ~準決勝

2011年1月13日

※eJudo携帯版「e柔道」12月27日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


[若潮杯武道大会・男子・予選リーグ~準決勝レポート]
国士舘、東海大相模が順当に勝ち進む。大成は地力見せるも2強に一歩及ばず


【予選リーグ】
参加16チームの予選リーグ振り分けは下記。
[Aブロック]東海大相模、市立柏、天理、豊栄
[Bブロック]東海大第五、関西、日本学園、國學院栃木
[Cブロック]東海大仰星、石川県立工業、足立学園、近大福山
[Dブロック]国士舘、東海大浦安、大成、秦野総合

【予選Dブロック第6試合】
国士舘 2-1 大成
(先)金本翔太△優勢[技有・内股返]○阪本健介
(次)五十嵐涼亮○優勢[有効・内股]△安田圭吾
(中)小川竜昂×引分×上田轄麻
(副)遠藤翼○内股△近藤孝哉
(大)浅利慎之介×引分×奥村和也

10年12月27日若潮杯・決勝・梅木真美の大内刈
(写真:予選リーグ、国士舘・遠藤翼が
大成・近藤孝哉から内股「一本」)


この予選リーグ中最大の注目対決は何と言ってもDブロックの最終戦、優勝候補の国士舘と、2年生世代に中学時代、全国の舞台で大暴れした猛者をズラリと揃えていよいよ勝負の年と目される大成が激突した一戦だ。

中学時代に全国で覇を競った(全中は大成、全日本少年選抜は国士舘が優勝)2年生世代チームの今季初対決。
先鋒戦は大成・阪本の地力が勝り、中盤に出足払「有効」、さらに焦った金本のやや不安定な内股を弾き返して「技有」を奪い優勢勝ち。
しかし国士舘はエース格の次鋒・五十嵐涼亮が開始早々の内股で「有効」を奪ってすかさず追いつき、さらに中堅戦引き分けの後を受けた副将・遠藤が豪快な内股で一本勝ち。

大将戦は浅利が体格差を利して奥村を組みつぶす堅実な戦いで引き分け。国士舘が2-1で大成を振り切って予選リーグ1位通過を決めた。
遠藤は粘る相手にジックリと圧を掛け続け、疲労したところを仕留めるという組み立ての良さが光った。大成は国士舘に対抗して試合を作るだけの地力は持ちながらも要所要所での得点力を欠き残念な敗戦。

優勝候補の一角・東海大相模は初戦で富沢裕一が市立柏の長野鷹彦に引込返からの横四方固で一本負け、次戦の天理戦でも蓮池慎吾が長谷川彩一に「技有」で敗れるなどドタバタした立ち上がりだったが、好調の1年生・小原拳哉の連続一本勝ちなどで結局は3連勝。問題なくリーグ1位での勝ち上がりを決めた。
小原はしっかり仕事を果たして序盤最も目立った選手の1人。勝負どころで先鋒、大将と重要ポジションを任せられるというところからも、新チーム内での信頼の厚さが感じられた。

【予選リーグスコア】
[Aブロック]
東海大相模 4-1 市立柏
豊栄 2-1 天理
東海大相模 ①-1 天理
豊栄 2-1 市立柏
東海大相模 5-0 豊栄
天理3-1 市立柏

[Bブロック]
東海大第五 3-0 関西
國學院栃木 2-0 日本学園
東海大第五 0-0 日本学園
國學院栃木 4-1 関西
東海大第五 3-0 國學院栃木
日本学園 5-0 関西

[Cブロック]
東海大仰星 2-1 石川県立工業
足立学園 2-0 近大福山
東海大仰星 ②-2 足立学園
石川県立工業 4-0 近大福山
東海大仰星 2-1 近大福山
石川県立工業 1-1 足立学園

[Dブロック]
国士舘 5-0 東海大浦安
大成 4-0 秦野総合
大成 5-0 東海大浦安
国士舘 5-0 秦野総合
秦野総合 3-2 東海大浦安
国士舘 2-1 大成

予選リーグ全24試合の結果、決勝トーナメントに駒を進めたのは以下の8校。
[Aブロック]東海大相模 天理
[Bブロック]東海大第五 國學院栃木
[Cブロック]東海大仰星 石川県立工業
[Dブロック]国士舘 大成

【準々決勝】
準々決勝はいずれも大差。東海大相模は國學院栃木を小原、蓮池、倉橋功の連続一本勝ちで3-0と一蹴。大成も東海大仰星を寄せ付けず3-0、国士舘はここまで非常に良い戦いを見せていた天理をなんと5-0と全く相手にせず悠々ベスト4進出を決めた。

東海大相模 3-0 國學院栃木
(先)富沢裕一×引分×横山尭世
(次)小原拳哉○内股△水戸部晟
(中)蓮池慎吾○内股△佐藤允啓
(副)倉橋功○内股△中沢嵩史
(大)河端祥也×引分×田村優樹

大成 3-0 東海大仰星
(先)松尾祥希○優勢[有効・小内刈]△中田大貴
(次)奥村和也×引分×遠山慈敬
(中)阪本健介○優勢[技有・払腰]△上林山裕馬
(副)上田轄麻○払巻込△八巻和馬
(大)安田圭吾×引分×平井将太

国士舘 5-0 天理
(先)吉良勝弥○優勢[有効・一本背負投]△綿谷和浩
(次)五十嵐涼亮○横四方固△長谷川綾一
(中)小川竜昂○大内刈△森春樹
(副)遠藤翼○横四方固△山戸貴史
(大)浅利慎之介○優勢[指導2]△長友幹斉

東海大第五 3-0 石川県立工業
(先)綾部大佑○優勢[技有・小外刈]△中川敦裕
(次)中園史寛○内股△長永喜仁
(中)斉藤圭祐×引分×北村充人
(副)那須喜樹×引分×吉野拓馬
(大)田中誼克○一本△北隼人

【準決勝】
東海大相模 1-0 大成
(先)富沢裕一×引分×近藤孝也
(次)小原拳哉×引分×奥村和也
(中)蓮池慎吾×引分×上田轄麻
(副)倉橋功×引分×阪本健介
(大)河端祥也○大内返△安田圭吾

国士舘 4-0 東海大第五
(先)金本翔太○払巻込△綾部大佑
(次)五十嵐涼亮○優勢[技有・大外巻込]△中園史寛
(中)小川竜昂○大外刈△那須喜樹
(副)遠藤翼○横四方固△斉藤圭祐
(大)浅利慎之介×引分×田中誼克

迎えた準決勝。東海大相模と大成の試合は先鋒から副将までが引き分けの大熱戦。
大将同士の対決も一進一退の攻防だったが、中盤過ぎに、「指導1」をリードして勢いづく大成・安田が左大内刈から前に出ようとした刹那、東海大相模・河端の大内返が炸裂。崩れた安田に河端間髪いれず胸を合わせて叩きつけ文句なしの「一本」。劇的な幕切れで東海大相模が1-0で勝利、決勝進出を決めた。

10年12月27日若潮杯・準決勝・河端祥也
(写真:準決勝、東海大相模・河端が
大内返「一本」)


お互いがポイントゲッターのカードを切り合った後の5人目の戦力差が勝敗を分けた形ではあるが、大成は前4人の戦いで、「指導2」まで奪えそうな局面が多々あり非常に惜しい試合。
地力十分の大成は、具体的な点に繋がる試合運びが今後の課題だ。
ただし、組み勝って自分の形で柔道を進めることを前提に技の威力を発揮する選手が多い大成だが、国士舘・東海大相模との連戦ではむしろ凌ぎながら技を仕掛けねばならない場面も多かった。どの場面でも「前へ出る」ことを強調して強気に柔道を進めるのが石田輝也監督のスタイルだが、このあたりどういう戦い方を志向してどう鍛えていくのか、高校選手権に向けてこれも注目ポイントのひとつになるのではないだろうか。

国士舘-東海大第五の試合はまたもや国士舘が圧倒。先鋒金本の払巻込「一本」を皮切りに、副将までに4連勝、最後は安定感のある浅利がしっかり引き分けで締めて盤石と言っていい戦いぶり。4-0の大差で決勝へと駒を進めた。


※eJudo携帯版「e柔道」12月27日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.