PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

GS東京100kg級・100kg超級展望

(2010年12月13日)

※eJudo携帯版「e柔道」12月10日~12日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


■[GS東京100kg級展望]穴井の勝ちぶりと羽賀の健闘に期待、海外勢の警戒選手はデスパイン、ファン

【日本人出場選手】

10年12月13日GS東京柔道大会展望・100kg・穴井隆将(天理大職)
(写真:穴井隆将の勝ちぶりに注目)

○穴井隆将(天理大職)
○羽賀龍之介(東海大1年)
○熊代佑介(東海大4年)
○本郷光道(フォーリーフジャパン)

【組み合わせ】
プールAに穴井。準々決勝でデスパインとの再戦が待ち受ける。再び穴井の内股を標的に裏投、後腰を繰り出してくるだろうが、ここは穴井に綺麗に投げて欲しいところ。
羽賀が配されたプールBは激戦。羽賀は初戦を突破すると早くもコヘアを相手にしなければならず、その後にはラコフとサイドフ(ウズベキスタン・WR23位)との対戦が待ち構える。

プールCはファン・ヒーテにこれもベテランのゼービ(イスラエル・WR30位)、ファブレ(フランス・WR10位)、本郷。
実力者の本郷は初戦でテムーレン(モンゴル・WR21位)と対戦するがここは問題ないだろう。準々決勝でファン・ヒーテを倒す活躍が期待される。
プールDはダーウィッシュ(エジプト・WR4位)にブラタ(ルーマニア・WR22位)、熊代。比較的薄いブロックではあるので熊代の健闘に期待したい。

【有力選手】
大きなみどころは二つ。V候補筆頭の穴井隆将の出来と、スター候補・羽賀龍之介の試合ぶりだ。

9月の東京世界選手権でついに金メダルを獲得した穴井は、現在もワールドランキング1位を独走している。代名詞とも言える内股に加え、大内刈、大外刈に足車、警戒する相手には奇襲の背負投と投技の威力は世界随一。優勢勝ちで優勝を決めた世界選手権決勝の後は篠原信一監督が「次は穴井らしい柔道で勝ってくれる。穴井の力はこんなものではない」旨発言したように、穴井の魅力はなんといっても一本勝ち。今大会ではぜひとも美しい「一本」での優勝を期待したい。
世界選手権では実質日本の屋台骨を背負い、日本のエースが代々背負ってきた「絶対に勝たねばならない」というプレッシャーを引きうけての金メダル獲得。精神面で大きく成長を遂げた穴井だが、11月のアジア大会決勝で、もはや格下のはずのファン・ヒーテ(韓国)に一本負けを喫するなど受けの弱さを見せる場面もあり、そこが最大の課題。

羽賀龍之介は、怪我のため今年は一度もベストコンディションで試合が出来ていないが、それでも世界ジュニア、講道館杯を連覇で大物ぶりを見せつけている。12月初頭のワールドカップ・スウォンでも振るわなかった(2位)が、大舞台に強いタイプでもあり期待せずにはおられない。内股を軸に、小外刈、大内刈、大外刈を駆使する典型的な本格派タイプだが相手の弱点を読むのが上手く、巴投などの奇襲技もこなす。畳に立つだけで回りがワクワクしてしまうスター性を併せ持つ羽賀が、この大舞台でどのような試合を見せてくれるか非常に楽しみ。

10年12月11日GS東京柔道大会展望・100kg・デスパイン(キューバ)
(写真:裏投ファイターのベテラン・デスパイン)

穴井を追う海外勢は東京世界選手権銅メダルのデスパイン(キューバ・WR15位)、同じく銅メダルのファブレ(フランス・WR10位)、ラコフ(カザフスタン・WR7位)、もと世界王者コヘア(ブラジル・WR5位)、ファン・ヒーテ(韓国・WR3位)など。

デスパインはベテランで正直力が落ちると思われていたが、世界選手権準決勝では穴井を相手に大激戦を演じ大いに男を上げた。得意技は裏投で後の先の柔道ではあるが要警戒の相手だ。
大ベテラン、もと90kg級世界王者のファン・ヒーテは前述のように、アジア大会決勝では穴井の油断をついて見事一本勝ち。スタミナに難はあるが担ぎ技の一発には相変わらずの威力がある。


■[GS東京100kg超級展望]強豪勢ぞろいで真価問われる無差別世界王者・上川

【日本人出場選手】

10年12月11日GS東京柔道大会展望・100kg超・上川大樹(明治大3年)
(写真:世界選手権無差別王者の上川大樹)

○上川大樹(明治大3年)
○高橋和彦(新日本製鐵)
○立山広喜(日本中央競馬会)
○百瀬優(国士舘大3年)

【有力選手】
東京世界選手権無差別で優勝候補筆頭のリネール(フランス)を破って優勝を飾った上川大樹(明治大3年・WR33位)がいったいどのような柔道を見せてくれるか、日本のみならず世界の注目はそこに集まっている。
ムラ気の天才肌、大爆発もするがポカ負けも多い上川は世界選手権でベストパフォーマンスを見せたものの、正直なところ日本国内でも絶対の信頼が置かれているわけではない。

実際、世界選手権後にモチベーションがあがらないまま出場した国体では覇気のない柔道で青山正次郎に「指導2」敗退、アジア大会でも攻め切れずにキム・ソーワン(韓国・WR9位)になすすべなく「指導2」で敗れるなど相変わらず出来不出来の波は激しい。テルツァー(ドイツ)を一撃でふっ飛ばし、苦手なタイプのはずのリネールに食らいついたあの世界選手権はなんだったのか、と言いたい向きも多いのではないだろうか。

おそらくどちらも偽りない上川の姿ではあるのだろうが。地元開催の最上位ランク大会である今大会はその実力を測るのに絶好の機会。日本のファンみならず世界のライバルたちも「本気の上川はどこまで出来るのか」「ターゲットにされた状況で勝てるのか」を注視しているだろう。今後の世界の超級の勢力図に大きな影響を与える可能性もある今大会の上川の出来、非常に楽しみである。

10年12月11日GS東京柔道大会展望・100kg超・エルシャハビ(エジプト)       10年12月11日GS東京柔道大会展望・100kg超・テルツァー(ドイツ)
(写真左:安定感ナンバーワンのエルシャハビ、右:世界選手権100kg超級2位のテルツァー)

上川に迫るのは東京世界選手権100kg超級3位のエルシャハビ(エジプト・WR2位)、テルツァー(ドイツ・WR3位)、タングリエフ(ウズベキスタン・WR6位)、ロッテルダム世界選手権2位のブライソン(キューバ・WR12位)、全日本選手権王者の高橋和彦(新日本製鐵)、東京世界選手権無差別3位の立山広喜(日本中央競馬会)ら。ランキング1位のリネールこそ不在だが、以下のめぼしい強豪はほとんど顔を揃えたと言ってよいだろう。

【組み合わせ】
プールAに第1シードのエルシャハビ。巨漢エルナンデス(ブラジル・WR16位)と前週のWCスウォンを制したキム・スンミン(韓国・WR17位)の勝者と準々決勝を競う。
プールBにタングリエフ、キム・ソーワン、上川。上川の初戦はキムとなる。アジア大会の雪辱なるか。キムは左組みで、ケンカ四つの得意な上川には本来戦い易い相手のはず。

プールCにテルツァー、立山。上川がテルツァーを一蹴しているだけに、立山はここで引くわけにはいかない。
プールDに高橋、百瀬、ブライソン。ここはしっかり戦えば高橋の勝ち上がりの可能性が高い。


※eJudo携帯版「e柔道」12月10日~12日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.