PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

講道館杯全日本柔道選抜体重別選手権大会・100kg超級レポート

(2010年12月8日)

※eJudo携帯版「e柔道」11月20、21日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


■乱戦階級を百瀬優が制して初優勝・講道館杯100kg超級マッチレポート

第1シードの鈴木桂治(国士舘大教)の直前での負傷欠場に始まり、この階級は荒れた。
優勝候補筆頭の立山広喜(日本中央競馬会)は3回戦で佐藤武尊(了徳寺学園)に「指導2」で敗れ、棟田康幸(警視庁)は2回戦で生田秀和(綜合警備保障)との注目対決に敗れて(GS指導2)畳を去る。その生田も準々決勝で百瀬優(国士舘大3年)に敗戦、学生王者の七戸龍(福岡大4年)も初戦でジュニア3位の藤井岳(慶應義塾大1年)に完封されGS僅差2-1で敗戦という展開。

10年11月20日講道館杯柔道全日本体重別・100kg熊代佑輔
(写真:生田(右)-棟田が激突した2回戦)

そんな乱戦の中を決勝に進出したのは、百瀬優(国士舘大3年)と、09年実業王者の須藤紘司(京葉ガス)。

百瀬は2回戦で藤井岳に内股(2:07)に一本勝ちすると、3回戦は生田秀和、準決勝は佐藤武尊にはともに「指導2」の優勢勝ち。持ち前のしぶとさを存分に発揮しての決勝進出。

一方の須藤は初戦の石井竜太(日本中央競馬会)に背負投「有効」で勝利。2回戦は桶谷知生(神奈川県警)を「指導2」で降すと、3回戦は西村久毅(了徳寺学園職)を得意の背負投で「一本」(1:15)、準々決勝は王子谷剛志(東海大相模3年)を開始早々の袖釣込腰で高々と投げ上げて一本勝ち。見事決勝へと駒を進めた。

10年11月20日講道館杯柔道全日本体重別・100kg超・決勝
(写真:百瀬(左)と須藤の決勝)

決勝は百瀬、須藤とも右組みの相四つ。
須藤の得意技は左袖釣込腰。これを良く心得ている後輩の百瀬、徹底して引き手にこだわって先に須藤の右袖を抑えにかかる。あるいは押し込んで右肘を挙げさせ、あるいはこれをいなして体側に入れ込んで制し、須藤はまったく自分の形で組むことが出来ない。

10年11月20日講道館杯柔道全日本体重別・100kg超・百瀬優
(写真:百瀬(右)は徹底して須藤の右袖を制する作戦)

百瀬、引き手で圧倒的優勢を保ったまま組み際の大外刈などで攻め、3分19秒ついに須藤に「指導1」。
直後、百瀬は同様の引き手から奥襟を叩き始め圧力を掛ける。須藤は両膝を屈してしまい、残り59秒で須藤に「指導2」。
ワンチャンスに賭けたい須藤だが、百瀬は粘り強く、手堅くこの組み手を続けそのまま時間。
「指導2」の優勢勝ちで百瀬が混戦階級を制し、講道館杯初優勝を遂げた。

百瀬の組み手の厳しさ、試合運びの巧さは十分首脳陣にも伝わったことだろう。
ただし、首脳陣が基準にするのはあくまで、その選手の柔道が海外の強豪、未知の強豪に通用するかどうか。百瀬がこの柔道で海外選手に通用することを見せられれば、今後代表戦線に絡んでいく可能性もある。

この階級は、敗者復活戦に回った立山広喜が生田秀和に敗れて入賞なしと最後まで荒れたが、健闘が光ったのが世界ジュニア王者・王子谷剛志。
鈴木桂治の欠場で「穴」が空いたブロックとはいえ、3回戦で内野寛和(国士舘大4年)を大外落、3位決定戦ではなんと生田秀和からGS延長戦の末支釣込足「有効」を奪って優勢勝ちし、見事3位入賞を果たした。

10年11月20日講道館杯柔道全日本体重別・100kg超・王子谷剛志
(写真:3位決定戦、王子谷が生田から支釣込足「有効」を奪う)

全日本ジュニア制覇、世界ジュニア金メダルに続く活躍で、まさしく大健闘と言っていいだろう。インターハイ制覇時にはその実績に比して決して評価抜群というわけではなかった王子谷だが、「意外にやるな!」と舌を巻いた関係者も多いのではないだろうか。
ただし、鈴木1人の欠場でここまで荒れる、その層の薄さもまた目立った日本重量級。今後の各選手の奮起を期待したい。

10年11月21日講道館杯柔道全日本体重別・100kg超級優勝の百瀬優
(写真:100kg超級優勝の百瀬)

百瀬優選手のコメント
「去年2位で悔しい思いをし、今年は何が何でも勝ちたかった。出られなかった鈴木桂治先輩のためにも自分が絶対に優勝すると思っていました。(代表に選んでもらえたら?)結果を出したいです。これからもっと練習をして、世界で優勝できる選手になれるよう頑張ります。」

【入賞者】
優勝:百瀬優(国士舘大3年)
準優勝:須藤紘司(京葉ガス)
第3位:佐藤武尊(了徳寺学園職)
第3位:王子谷剛志(東海大相模高3年)

【3位決定戦】
佐藤武尊○背負投(1:53)△西村久毅
王子谷剛志○GS有効・支釣込足△生田秀和

【決勝】
百瀬優○優勢[指導2]△須藤紘司


※eJudo携帯版「e柔道」11月20、21日日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


【docomo版アクセス方法】
iMenu→ メニュー/検索 → スポーツ → 格闘技/大相撲 → e-柔道

【au版アクセス方法】
EZメニュー → EZトップメニュー →
カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 格闘技

→eJudoトップページに戻る
→「マッチレポート・ニュース」一覧に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.