PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・女子マッチレポート②57kg級・63kg級

(2009年12月13日)

※eJudo携帯版「e柔道」11月16日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「マッチレポート・ニュース」一覧に戻る

■①57kg級・復活宇高が松本破り優勝

09年講道館杯全日本柔道体重別選手権大会57kg級決勝、宇高菜絵-松本薫
(写真:決勝、宇高の大外刈が松本を捉える)

世界選手権代表の松本薫(帝京大4年)は世界選手権で骨折した右手甲にテーピングを施しての出場。万全な状態とはいかないまでも、初戦の中川綾花(近畿大4年)を横四方固、3回戦の中里友理子(環太平洋大1年)を腕挫十字固、そして4回戦の野中未奈(コマツ)を小外掛と横四方固の合技で破って準決勝へ進み、準決勝では07年リオデジャネイロ世界選手権3位の佐藤愛子(了徳寺学園職)をGS延長の末、払腰「有効」で破って決勝へ駒を進めた。

一方のブロックを準決勝まで勝ち上がったのは宇高菜絵(コマツ)と徳久瞳(三井住友海上火災)。宇高は06年の、そして徳久は08年のこの大会の覇者(ちなみに07年は松本薫)。

宇高は初戦から動きがよく、まず柴崎望美(近畿大2年)に大外刈と横四方固の合技で快勝すると、続く3回戦の吉元佳代(山梨学院大2年)には内股で一本勝ち。4回戦の広村麻衣(自衛隊体育学校)に大外刈「技有」で優勢勝ちして準決勝へ進んだ。

対する徳久もソツのない柔道で勝ち上がった。初戦の堀部舞(高岡法科大3年)、3回戦の秋山日向子(広島大1年)はともに腕挫十字固。そして、4回戦の強豪・宮本樹理(了徳寺学園職)には内股「有効」で優勢勝ちした。

宇高と徳久、実力者同士の準決勝は接戦となったが、GS延長戦の末の判定(3-0)で宇高が辛勝。
決勝は松本との帝京大同門対決となった。

昨年4月の全日本選抜体重別と同カード。その試合ではGS延長戦にもつれる接戦となったが、松本が僅差の判定をものにし(3-0)、世界選手権代表の座を獲得している。帝京大の先輩後輩(宇高が3年先輩)であり、宇高としては「先輩として意地を見せなきゃいけない。絶対にリベンジしてやる」と強く意識しての今回の対決だった。

両者右組み。前に出て奥襟をとろうと妥協のない組み手争いを続ける両者。松本が小外掛を掛ければ、宇高も組み勝った一瞬に小外掛、大外刈。釣り手にこだわりなかなか組み合わない両者に「指導」(2分41秒)。
松本が小刻みに小外掛、大外刈、さらに一本背負投と繰り出すも不十分。
終盤、技の止まった両者に2度目の「指導」(4分1秒)。

奥襟をとれない松本に対し、宇高がしっかり右襟をとって組んだ瞬間、大内のフェイントから大外刈に入れば、松本の身体はきれいに宙を舞って「一本」、4分32秒。
勝利の瞬間、感極まって号泣の宇高。その姿に、この試合への思い入れの強さが感じられた。

09年講道館杯全日本柔道体重別選手権大会57kg級決勝、宇高菜絵-松本薫
(写真:得意の大外刈で勝負を決め、思わず感涙の宇高)

決勝の宇高は、自分の組み手になるまで辛抱強く相手の釣り手を殺して組み手争いを続け、釣り手がとれた一瞬のチャンスを逃さずに大外刈で一本勝ち。その集中力は本当に素晴らしかった。

残念ながら宇高は12月のグランドスラム東京には出場せず、同じ時期に行われる東アジア大会に出場するため、次回対決は少し先になりそうだが、今後もこの2人と、さらにそれを追いかける佐藤、徳久、宮本との争いからも目が離せそうにない。

3位には、宮本に「指導2」優勢勝ちした佐藤愛子と、徳久を小外刈で破った野中が入った。

【入賞者】

優勝:宇高菜絵(コマツ)
2位:松本薫(帝京大4年)
3位:佐藤愛子(了徳寺学園)
3位:野中未奈(コマツ)

09年講道館杯全日本柔道体重別選手権大会57kg級優勝 宇高菜絵
(写真:優勝の宇高)

宇高菜絵選手のコメント
「松本にはずっと負けていたので勝ったこともうれしいですが、得意技の大外刈で勝てたことが本当にうれしい。今まであの大外は松本に掛からなかったのでビックリです。実業団、環太平洋選手権と、優勝が続いていたので調子もよかったのかなと。今回優勝しないと来年の世界選手権はないと思っていました。東アジア大会でも勝って、来年につなげられたらいいなと思います」

【プールファイナル】

松本薫(帝京大4年)○GS有効・払腰(1:11)△佐藤愛子(了徳寺学園)

宇高菜絵(コマツ)○GS僅差3-0△徳久瞳(三井住友海上)

【3位決定戦】

佐藤愛子○優勢[指導2]△宮本樹理(了徳寺学園)

野中未奈(コマツ)○小外刈(3:35)△徳久瞳

【決勝】

宇高菜絵○大外刈(4:32)△松本薫

■63kg級・優勝候補の平井が接戦を制す

09年講道館杯全日本柔道体重別選手権大会63kg級決勝、田中美衣-平井希
(写真:田中(左)-平井の決勝戦)

優勝候補に挙げられていたのは平井希(自衛隊体育学校)、谷本育美(コマツ)、田中美衣(仙台大4年)、小澤理奈(ミキハウス)の4人。 小澤が2回戦で和田浅未(帝京大4年)に敗退した以外はこの優勝候補3人が順当に準決勝に進出、決勝には平井希、田中美衣が勝ち残った。

平井は2回戦で金子遥(環太平洋大3年)から「指導2」の優勢勝ち、準々決勝は太田晴奈(淑徳高2年)と互いに「指導2」を貰う消耗戦の末僅差2-1で勝利すると準決勝は実業王者の強敵・谷本育美とこれも互いに「指導2」を奪いあう接戦を小内刈「技有」を奪って快勝。 苦しい試合が続いたものの先行される場面は一度もなく、持ち前のしぶとさを遺憾なく発揮する形での決勝進出となった。

一方の田中は初戦から快調。2回戦で木村理絵(九州共立大3年)を袈裟固「一本」で降すと、準々決勝はジュニアのホープ、松岡睦(帝京大1年)から開始早々の掬投で「有効」を奪って勝利。準決勝は小澤理奈・阿部香菜(三井住友海上)を連破して勢いに乗る和田浅未を寄せ付けず2分39秒腕挫十字固で一本勝ち。強さを見せつけて決勝に進出した。

決勝は平井左、田中左の相四つ。
開始早々の18秒、平井が回り込みながら鋭い右小外刈。引き手を相手の後ろに押しこむようにこれを決めれば田中斜めに落ちて平井の「有効」。
以降、平井は田中の釣手袖を上手く押しこんで組み勝ち、田中はこれに攻めあぐねるが打開せんと先手で技を出し続けるという展開。

57秒、田中の左外巻込は平井がしっかりと潰す。
2分22秒、田中巴投を見せるが平井動ぜず。
3分すぎ、平井押しこんだところに田中左内股巻込を見せるが平井はこれも潰す。が、田中に攻撃の形を許しすぎたか、直後の2分50秒、平井に「指導1」。

平井展開を変えようと前に出るが、組み手で押し込まれるのを嫌った田中と激しい組み手争いとなり、3分44秒、「組み合わない」とみなされ両者に「指導」。
これで、「有効」ポイントを持った平井と、「指導2」のアドバンテージを持った田中のスコアは並び、試合はGS延長戦にもつれ込んだ。

延長戦も両者激しい組み手争いで、なかなか思い切った技を試みることができない展開。 両袖を潰しあう展開に焦れた平井、1分19秒、飛び込みながら組み手とは逆の右小内刈を放てば虚をつかれた田中こらえきれずに「有効」。

09年講道館杯全日本柔道体重別選手権大会63kg級決勝、田中美衣-平井希
(写真:平井が飛び込みざまの右小内刈で「有効」を奪う)

これで勝負あり。大学1年時から3位・3位・3位・2位と常に上位に絡んで実力をつけてきた平井が嬉しい講道館杯初優勝を達成した。

期待の若手選手はいずれも上位進出ならず。世界ジュニア王者の山本小百合(筑波大3年)は準々決勝で阿部香菜に技を跳ね返され続け僅差3-0で敗退。話題の中学生、田代未来(相原中3年)は太田晴奈にこれもGS3-0で敗退。全日本ジュニア70kg級王者の馬場菜津美(埼玉栄高3年)は同じジュニア世代の松岡睦(帝京大1年)に袖釣込腰、上四方固、小外刈と3つの有効を奪われて敗退した。

【入賞者】

優勝:平井希(自衛隊体育学校)
2位:田中美衣(仙台大4年)
3位:谷本育実(コマツ)
3位:和田麻未(帝京大4年)
09年講道館杯全日本柔道体重別選手権大会63kg級優勝・平井希
(写真:優勝の平井)

平井希選手のコメント
「初戦からとにかく調子が悪かった。組み合わせを見た時に自分の名前が一番上にあって勝たなきゃいけないと慎重になってしまったんだと思います。周りの人の声援が聞こえて気持ちが切り替えられました。
決勝は自分の流れで試合運びをしていたのですが、ちょっとしたところでボロがでてしまいました。両者に指導がきても負けていたので、きちんと展開を考えて試合をしなければと反省しています。
奥襟を持たれると潰れてしまうこともあるのでそこは課題。グランドスラム東京は、結果も大事だけど自分の柔道を出し切りたい。組んだら一本とりにいきたいです。」

【プールファイナル】

田中美衣(仙台大4年)○腕挫十字固(2:29)△和田麻未(帝京大4年)

平井希(自衛隊体育学校)○優勢[技有・小内刈]△谷本育実(コマツ)

【3位決定戦】

和田麻未○GS有効・大外刈△渡辺華奈(東海大3年)

谷本育実○払腰(3:55)△阿部香奈(三井住友海上)

【決勝】

平井希○GS有効・小内刈△田中美衣


※eJudo携帯版「e柔道」11月16日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「マッチレポート・ニュース」一覧に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.