PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【全日本ジュニア体重別選手権レポート】③男子60kg級・66kg級・73kg級

(09年9月30日)

eJudo携帯版 9月14日掲載記事より

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・トピックス」一覧に戻る

■60kg級・山本浩史が悲願の初優勝

09年全日本ジュニア柔道60kg級決勝・山本浩史-木戸慎二
(決勝は山本(右)と木戸の同門対決)

決勝は山本浩史(日体大2年)と木戸慎二(日体大2年)。同門の先輩後輩の激突となった。

山本は06年からこの大会では3年連続3位。ジュニア最終学年となり何としても優勝したい今大会は気合十分、2回戦は林健太(清和大1年)に「有効」の優勢勝ちだったが、3回戦で本年度インターハイ2位の島達人(京都学園高3年)に内股で一本勝ちすると、準決勝は一昨年のジュニア王者、同学年のライバル右田晃介から大内刈で一本勝ち。尻上がりに調子を上げ大会出場4回目で初の決勝進出を決めた。

一方の木戸はダークホース。1回戦で田原大資(宮崎日大高2年)に内股で一本勝ち、2回戦の関東ジュニア・世界カデ王者高藤直寿(東海大相模高1年)との一戦は高藤が新ルールの「足取り2回」に嵌り反則勝ち。
強敵を退けて勢いに乗った3回戦は関西学生王者の西尾享祐(天理大1年)を「指導3」優勢、準決勝は昨年王者の松木武志(国士舘大1年)を「指導2」の優勢で破ってしぶとく決勝まで勝ち上がった。

決勝戦は左の相四つ。
山本の左小外刈、木戸の左小内刈など両者足技からのやや慎重な展開が続くが試合は地力に勝る山本がコントロール。

1分15秒、山本鋭く足を差し入れて左内股。いけるとみるやすかさず相手を引きずり出すように体を前方に捨て、木戸は防ぐ間もなく大きく宙を舞う。決めまでしっかりと投げ切った見事な「一本」で山本が初優勝を決めた。

09年全日本ジュニア柔道60kg級決勝・山本浩史-木戸慎二
(山本の鋭い左内股が決まって「一本」)

【入賞者】

優勝:山本浩史(日体大2年)
準優勝:木戸慎二(日体大1年)
第3位:松木武志(国士舘大1年)、西尾享祐(天理大1年)
09年全日本ジュニア柔道60kg級優勝・山本浩史
(優勝の山本)

山本浩史選手のコメント
「3年間ずっと3位だったので優勝できてうれしい。(決勝は同門対決だが?)特にやりにくいということはありませんでした。左内股は得意技で、狙っていたわけではないがうまく入れました。中・高と練習がきつくて辞めようと思うこともありましたが頑張ってきて良かったです。これからの目標は一歩一歩、成長して世界で活躍できるようになること。講道館杯も頑張ります。」

【準決勝】

山本浩史○大内刈△右田晃介(国士舘大2年)>

木戸慎二>○優勢[指導2]△松木武志

【3位決定戦】

松木武志○横四方固△島達人(京都学園高3年)

西尾享祐○棄権勝△右田晃介

【決勝】

山本浩史○内股△木戸慎二

■66kg級・小寺将史が同門対決制し栄冠

09年全日本ジュニア柔道66kg級決勝・小寺将史-森下純平
(決勝は小寺(右)-森下の同門対決)

決勝に進出したのは小寺将史(筑波大1年)と森下純平(筑波大1年)。高校(鶴来高)-大学の同門でともにインターハイ優勝を経験している2人が優勝を争うこととなった。

小寺はこの日初戦から好調で軽快な動きを披露。2回戦で正治和也(日本大2年)を背負投、3回戦で江藤康太(東海大第二高2年)を一本背負投と連続の一本勝ちで波に乗ると、準決勝は吉田惟人(東海大2年)から背負投で「有効」を奪っての優勢勝ちで決勝進出を決めた。

09年全日本ジュニア柔道66kg級2回戦・小寺将史-正治和也
(1回戦を一本背負投「一本」で勝利し波に乗る小寺)

一方同門の森下も負けてはいない。2回戦は渡邉雅仁(中央大1年)から内股で一本勝ち、3回戦の長谷川大樹(宮崎日大3年)戦は「技有」優勢勝ちで準決勝進出。ヤマと見られたインターハイ73kg級王者六郷雄平(大成高3年)との一戦は一進一退の攻防が続いたが、六郷が奥襟を叩いて森下の頭を下げさせ、大内刈に来るところを下からかちあげて掬投。得意のパターンが見事に決まり2分3秒「一本」で初の決勝進出を決めた。

09年全日本ジュニア柔道66kg級準決勝・森下純平-六郷雄平
(準決勝、森下は強敵の六郷から掬投で一本勝ち)

決勝は左相四つ。

小寺左内股に右一本背負投、森下は朽木倒に袖釣込腰、掬投と攻め合うがお互いに手のうちは知り尽くしており、どの技も技の出鼻を切り返しあいギリギリのところで決定的なポイントにはならず。ともに抜群の反射神経が武器の両者の対戦は攻守が目まぐるしく入れ替わるスピーディな試合となった。

2分4秒、森下の掬投で小寺大きく崩れ両者畳に落ちるが小寺ギリギリで回転を止め、ポイントには至らず。
2分56秒、やや後手に回った森下に「指導1」。

3分8秒には小寺の左一本背負投に森下が掬投で応じて体を捨てるところを、右手を畳について耐えた小寺が相手の回転に合わせて左釣手で払い上げ、右一本背負投の形でさらにもう1度入りなおす、という非常にこの2人らしい展開から小寺の「有効」が宣告されるがこれは取り消しとなり試合は延長戦へ。

09年全日本ジュニア柔道66kg級決勝・小寺将史-森下純平 09年全日本ジュニア柔道66kg級決勝・小寺将史-森下純平
(左:小寺の一本背負投を森下が掬投で切り返す)
(右:森下の掬投を小寺が手をついて耐える)

延長は小寺が左一本背負投を軸に攻め込み、森下がこれに応じる展開。
9秒、小寺の左一本背負投を森下が掬投で持ち上げるが腹から落ちてポイントはなし。
1分20秒、小寺の左大内刈を森下が切り返し小寺大きく体勢を崩すがバランスよく耐えてこれもポイントには至らず。

森下は切り返しを狙って小寺の技を誘うが小寺は臆せず一本背負投、大外刈、巴投と攻め込み、ともにポイントのないまま時間。

非常に難しい判定となったが、旗は3-0で小寺に揃う。返技で大きく崩す場面の多かった森下に対し、先に攻め込んだ小寺の積極姿勢が評価される形で、小寺の初優勝が決まった。

森下・小寺の鶴来高コンビは昨年もこの大会に参加したがともにパワーで歯が立たず敗退。小寺は振り回された末に腕挫十字固で負傷するという厳しい結果だったが、今年はジュニアレベルでも本来の奔放な柔道スタイルを披露。この1年の成長を裏付ける形となる嬉しい優勝となった。

優勝候補筆頭、今年度ユニバーシアード王者の海老沼匡(明治大2年)は精彩を欠き、3回戦で吉田惟人(東海大2年)に「指導2」で敗退。敗者復活戦では江藤康太(東海大第二高2年)にも「指導2」で敗れてまさかの入賞なし。新ルール対応のため得意技の肩車を封印して臨んだ今大会で結果を残すことができなかった。

【入賞者】

優勝:小寺将史(筑波大1年)
準優勝:森下純平(筑波大1年)
第3位:六郷雄平(大成高3年)、吉田惟人(東海大2年)

09年全日本ジュニア柔道66kg級優勝・小寺将史
(優勝の小寺)

小寺将史選手のコメント
「年初に立てた目標は全日本ジュニア優勝と世界ジュニア出場。狙っていた大会で優勝できて嬉しいです。準決勝がヤマだと踏んでいましたが、1回戦を一本勝ちしたときに、今日は動けていて調子がいい、いけると思いました。
森下とやるのは今期5回目(茨城県ジュニア、関東ジュニア、ドイツジュニア、関東学生)。絶対に投げて決めると思って試合に臨んだのでそこは残念です。
調子が良かった原因は試合前1週間の過ごし方。先週の関東学生が絶不調だったので、体調管理に気をつけました。しっかり寝て、近くに風呂、サウナがあるのでそこに通って疲れを残さないようにしました。岩盤浴です(笑)」

【準決勝】

小寺将史○優勢[有効]△吉田惟人

森下純平○掬投△六郷雄平

【3位決定戦】

六郷雄平○小外掛△江藤康太(東海大二高3年)

吉田惟人○合技△清田佳介(津幡高3年)

【決勝】

小寺将史○GS僅差3-0△森下純平

■73kg級・西山雄希が才能発揮し初の全国優勝

09年全日本ジュニア柔道73kg級決勝・西山雄希-石川純平
(西山(左)と石川の決勝戦)

決勝に進出したのは西山雄希(桐蔭学園高3年)と石川純平(近大福山高3年)の高校生2人。

インターハイ2位の西山は2回戦で土井健史(天理高2年)に一本背負投で一本勝ち。続く3回戦の堀敦登(早稲田大1年)には内股を連発して攻め込み「指導2」優勢でこれを降すと準決勝は同学年のライバル手嶋将太郎(国士舘高3年)に大内刈で一本勝ち。順当に決勝に進出した。

09年全日本ジュニア柔道73kg級準決勝・西山雄希-手嶋将太郎
(西山が手嶋に一本勝ち)

一方の石川は2回戦で西本忠史(天理大1年)を内股、3回戦は中本正輝(星城大1年)を内股と連続の一本勝ちで退けると準決勝では三宅隆洋(東海大山形高3年)から内股「技有」、掬投「有効」と連取して優勢勝ち。本命不在のブロックを制して初の決勝進出を決めた。

決勝は西山左、石川右のケンカ四つ。
開始から両者引き手が取れないが、西山委細かまわず両襟を握っての鋭い内股で攻め込む。 石川も両襟で応じ、潰しあう形で膠着した36秒、両者に「指導」。
1分8秒、釣手を下から持った西山が移動しながら鋭く左小外刈。石川一瞬耐えるが西山の足は吸い付いたまま離れず、西山両手でしっかり絞って決めに掛かれば石川たまらず宙を舞い背中から落ちる。見事な「一本」で西山の初優勝。

009年全日本ジュニア柔道73kg級決勝・西山雄希-石川純平
(西山の小外刈で石川は大きく宙を舞う)

西山は肋骨右上にヒビが入る怪我を負っており、痛み止めを飲んでの出場。「普段は痛いが、試合中は全く気にならなかった」と試合に集中、終始強気の柔道を貫き、全国大会初タイトルを勝ち取った。

【入賞者】

優勝:西山雄希(桐蔭学園高3年)
準優勝:石川純平(近大附高3年)
第3位:中村剛教(山梨学院大3年)、三宅隆洋(東海大山形高3年)

09年全日本ジュニア柔道73kg級優勝・西山雄希
(優勝の西山)

西山雄希選手のコメント
「今まで全国大会は全て2位だったので今回は特別な思いがありました。やりたいことをやりきれた大会だったと思います。小外刈、大内刈などの足技が得意なんですが、今日はその足技がよく出て納得のいく試合ができました。精神面では、大会前、小野卓志先輩がインターハイで負けてジュニアで勝った話などを鈴木先生(寛人・桐蔭学園高監督)から聞いて、非常に励みになりました。」

【準決勝】

石川純平○優勢[技有]△三宅隆洋

西山雄希○大内刈△手嶋将太郎(国士舘高3年)

【3位決定戦】

中村剛教○袖釣込腰△手嶋将太郎

三宅隆洋○腕挫十字固△堀敦登(早稲田大1年)

【決勝】

西山雄希○小外刈△石川純平

※eJudo携帯版「e柔道」9月14日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・トピックス」一覧に戻る

写真:K2PhotoClub 國井敬児


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.