PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【全日本実業個人レポート】③女子48kg級、52kg級、57kg級

(09年9月25日)

eJudo携帯版 9月2日掲載記事より

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・トピックス」一覧に戻る

■女子48㎏級(9名)

優勝候補最右翼の宝真由美(コマツ)は順当に決勝進出。準決勝では、末成雅子(横浜国大柔友会)に崩上四方固で一本勝ちした。

もう一方のブロックからは谷本千穂(たんぽぽ助産院)が、準決勝で昨年3位の平野真葉(十全会・回生病院)をGSの末の袖釣込腰「有効」で破って勝ち上がった。

決勝は、5連覇を狙う宝が強さを発揮。開始早々、腕取返でまわったところを縦四方固に入るが5秒で解ける。宝はケンカ四つの谷本の攻撃を落ち着いてさばくと、2分15秒、右体落で一本勝ち。

09全日本実業柔道個人選手権大会48kg級決勝・宝真由美-谷本千穂
(写真:決勝戦、宝の体落が決まって「一本」)

【入賞者】

優勝:宝真由美(コマツ)
2位:谷本千穂(たんぽぽ助産院) 、>末成雅子(横浜国大柔友会)
3位:平野真葉(十全会回生病院)

09全日本実業柔道個人選手権大会48kg級決勝・宝真由美-谷本千穂
(写真:優勝の宝真由美)

宝選手のコメント
「体調も良く、5連覇は狙っていました。今日は、最後まで決めがよかったと思います。反省点としては、組み手で負けることがあったことと、ケンカ四つの相手に対し、さばきがうまくできなかったこと。この反省を生かし、次は講道館杯で上位を狙いたいと思います」

【準決勝】

宝真由美○崩上四方固△末成雅子

谷本千穂○GS有効△平野真葉

【決勝】

宝真由美○体落△谷本千穂

■女子52kg級(31名)

昨年優勝の近藤優子(S・T・O)と準優勝の小島愛子(自衛隊体育学校)は順当に勝ち上がって決勝へ進出。準決勝では、近藤が武田三友紀(日本エースサポート)にGSの末の僅差判定勝ち。小島は、久々に大会に出場した2005年の世界選手権48㎏級代表の北田佳世(高宮接骨院)を小内刈「技有」で破った。

決勝は昨年と同カード。近藤、小島ともに右組みの相四つ。近藤が右一本背負投、左小内刈を連発し、手数で圧倒。小島も間隙を縫って右の背負投、左一本背負投、さらに大外刈で反撃。決め手のないまま延長戦(GS)となり、50秒、近藤の意表を突く左一本背負投に小島が横倒しになって「有効」。近藤の連覇が決まった。

09全日本実業柔道個人選手権大会52kg級決勝・近藤優子-小島愛子
(写真:決勝、近藤の一本背負投が「有効」)

【入賞者】

優勝:近藤優子(S・T・O)
2位:小島愛子(自衛隊体育学校)
3位:武田三友紀(日本エースサポート) 、北田佳世(高宮接骨院)

090829_W57_1PZ_L.JPG
(写真:優勝の近藤優子選手)

近藤選手のコメント

「地方(徳山)で練習していて、全国大会で優勝するのは難しいですけど、(徳山)大学の学生たちと練習しているので、パワフルになっているのかなと思います。心掛けていたのは集中すること。GSも集中していたので、最後に得意技を出せたと思います。今後の目標は講道館杯で上位に入ること。地方でも勝てることを学生たちに教えるためにも頑張りたいと思います」

【準決勝】

近藤優子○GS僅差△武田三友紀

小島愛子○優勢[技有]△北田佳世

【決勝】

近藤優子○GS有効△小島愛子

■女子57kg級(28名)

昨年優勝の宮本樹理(了徳寺学園)は、3回戦の野中未奈(コマツ)に大外刈で「有効」を取られて敗退。その野中は準決勝で粟野壽子(フォーリーフ ジャパン)を左内股「技有」で破って決勝進出を果たした。

別ブロックから決勝へ上がったのは昨年2位の宇高菜絵(コマツ)。宇高は滝口並穂(セコム)を「指導3」による優勢勝ちで破って2年連続で決勝へ駒を進めた。

同門対決となった決勝戦。手の内を知りあっているだけになかなか思い切った技の出ない両者に1分37秒、「指導」さらに指を組み合う両者「指導2」が与えられる。中盤、宇高が大外刈を仕掛け、体勢を崩しながらも最後まで掛け切り「有効」。そのまま後袈裟固に入って「一本」。宇高が初優勝を飾った。3分21秒。

09全日本実業柔道個人選手権大会57kg級決勝・
(写真:決勝、宇高の大外刈が「有効」)

【入賞者】

優勝:宇高菜絵(コマツ)
2位:野中未奈(コマツ)、滝口並穂(セコム)
3位:粟野壽子(フォーリーフジャパン)

09全日本実業柔道個人選手権大会57kg級優勝・宇高菜絵
(写真:優勝の宇高菜絵)

宇高選手のコメント
「練習ではとんとんか、やられることが多かったですし、試合で野中に一本勝ちしたのは初めて。これまで実業個人では優勝していなかったので、勝ててうれしいです。この優勝を講道館杯につなげ、講道館杯では優勝を狙いたい。目標は世界なので、技も身体も作ってもう一度チャレンジ゙したい」

【準決勝】

野中未奈○優勢[技有]△粟野壽子

宇高菜絵○優勢[指導3]△滝口並穂

【決勝】

宇高菜絵○後袈裟固△野中未奈

※eJudo携帯版「e柔道」9月2日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・トピックス」一覧に戻る

写真:K2PhotoClub 國井敬児


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.