PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【全国小学生学年別柔道大会レポート】③小学5年生女子40kg超級・40kg級

(09年9月18日)
eJudo携帯版 8月24日掲載記事より

■5年女子40kg超級・優勝候補の粂田(松任スポ少)が制す

09年全国小学生学年別大会五年女子45kg超級決勝戦、粂田晴乃-小柳穂乃果
(決勝は粂田(左)と小柳の顔合わせ)

優勝候補筆頭は全国少年大会でも活躍、恵まれた体格で関係者の間でも話題となった粂田晴乃(石川・松任スポ少)。

粂田は前評判通りの強さを発揮。得意の寝技を武器に、準決勝の岡田蛍(兵庫・長田柔道会)戦に僅差2-1と苦しんだほかはオール一本勝ちで決勝に進んだ。

もう片方のブロックからは小柳穂乃果(長崎・大村柔道協会錬成会)が決勝に進出。こちらも決勝までの5戦中4戦を一本勝ちという好内容での決勝進出となった。

決勝は粂田左、小柳右のケンカ四つ。

体格に大きく勝る粂田が断然有利かと思われたが小柳、下がりながらも落ち着いて引き手をしっかりひきよせ、相手の圧力を捌く。

粂田、13秒に場外際で左内股を放つも粂田崩れず「待て」。

30秒すぎ、粂田、押し込んで左内股を放てば小柳しっかり引き手を切って対応。両者ともに潰れるが、いち早く立ち上がった小柳、粂田の立ち上がり際に合わせて引き手を握って右背負投。
タイミング抜群のこの背負投で95kgの粂田は横転。「有効」となりそのまま小柳は袈裟固に移行。 大歓声の中「抑込」が宣告されるが粂田これを鉄砲返しで返し抑込は9秒で「解けた」。
粂田そのまま上となり、平目の状態の小柳の肩を押さえ、相手の脚をあげてめくろうとするが小柳ここはよく耐えて「待て」。

09年全国小学生学年別大会五年女子45kg超級決勝戦、粂田晴乃-小柳穂乃果
(小柳が体格差を跳ね返す背負投で「有効」)

この時点で残り時間は50秒。

試合展開からも対戦相性からも、小柳の逃げ切り、体格に勝る粂田の巻き返し、小柳の再度の背負投とどの展開になってもおかしくはなく、好試合に場内は大歓声に包まれた。

試合再開。固技に持ち込みたい粂田は体落、払巻込と技を繰り出すが、小柳承知しておりしっかりと捌く。

残り20秒、粂田は小柳の右襟を両手で掴み下側に圧力をかけると、小柳誘われるように低い右背負投。これを予測していた粂田ガッチリ止めて潰すと固技に移行。小柳の脚を掴んでめくり上げれば今度は小柳耐え切れず「抑込」が宣告される。

09年全国小学生学年別大会五年女子45kg超級決勝戦、粂田晴乃-小柳穂乃 09年全国小学生学年別大会五年女子45kg超級決勝戦、粂田晴乃-小柳穂乃果
(左:粂田が小柳の背負投を潰す)
(右:残り時間がない中、粂田は必死の形相で抑込を狙う)

しかし小柳はあきらめない。粂田の横四方固の上体の決めが甘いところを突き、巧く脚を絡めて抑込は7秒で「解けた」。
この時点で残り時間は6秒。さすがに粂田万事休すかと思われたが、「解けた」の声に小柳が一瞬力を抜いたのを見逃さず、すかさず再度の横四方固に移行。
これがガッチリと決まって熱戦に幕。粂田が一本勝ちで優勝を決めた。

09年全国小学生学年別大会5年女子40kg超級優勝・粂田晴乃
(優勝の粂田選手)

粂田選手のコメント
「うれしいです。5月の全国少年大会は2回戦で負けてしまったので、この女子の大会では勝ちたいと思っていました。来年も優勝を目指します。中学でも柔道を続けて日本一になりたい。」

【入賞者】

優勝:粂田晴乃(石川・松任柔道スポーツ少年団)
準優勝:小柳穂乃果(長崎・大村柔道協会錬成会)
第3位:岡田蛍(兵庫・長田柔道会)、山本千夏(東京・臥牛館道場)

【決勝トーナメント1回戦】

粂田晴乃(石川・松任スポ少)○横四方固△金子靖夏(埼玉・光武館笹田道場)

渡邊香菜(宮崎・延岡少年柔道クラブ)○優勢[僅差2-1]△島谷真央(広島・有朋柔道塾)

西原瑚海(愛媛・城北柔道会)○優勢[僅差3-0]△五十嵐ゆう(北海道・釧路旭町柔道少年団)

岡田蛍(兵庫・結城少年柔道クラブ)○体落△福嶋佳愛(山形・神室柔道スポ少)

小柳穂乃果(長崎・大村柔道協会錬成会)○合技△藤猪祐華(奈良・鴻乃池道場)

水野瑚春(滋賀・草津柔道協会)○払腰△川村真由(三重・神前柔道教室)

山本千夏(東京・臥牛館道場)○肩固△山田ほのか(大阪・ダイコロロ少年柔道教室)

小林桃佳(栃木・(財)昭徳館)○袈裟固△木下彩乃(愛知・青山柔道クラブ)

【準々決勝】

粂田晴乃○横四方固△渡邊香菜

岡田蛍○体落△西原瑚海

小柳穂乃果○袈裟固△水野瑚春

山本千夏○優勢[僅差2-1]△小林桃佳

【準決勝】

粂田晴乃○優勢[僅差2-1]△岡田蛍

小柳穂乃果○優勢[僅差3-0]△山本千夏

【決勝】

粂田晴乃○横四方固△小柳穂乃果

■5年女子40kg級・武田亮子(宇治柔道会)が優勝

団体戦が中心の小学柔道、強豪チームではどうしても男子重量選手の起用が多くなる。
そのような事情もあり、ほとんどの選手が全国大会デビューとなるこの5年女子軽量級。混戦が予想されたが、決勝に進んだのは武田亮子(京都・宇治柔道会)と田中美月(兵庫・広畑柔道教室)の、関係者の間で優勝候補と前評判の高かった2人。

武田は初戦の中川原知波(福岡・角道場)戦を僅差で乗り切ると、以降は3つの一本勝ち、ひとつの「有効」優勢勝ちとしっかりとポイントを挙げて危なげなく決勝進出。

一方の田中も、初戦を僅差で乗り切ると、次戦の強敵・五十嵐怜音(新潟・白根柔道連盟鳳雛塾)戦を皮切りに残る全試合に一本勝ち。波に乗っての決勝進出となった。

09年全国小学生学年別柔道大会5年女子40kg級決勝・武田亮子-田中美月
(武田亮子(左)と田中美月の決勝戦)

決勝は武田左、田中右のケンカ四つ。

今大会最軽量級らしく、非常にスピードのある展開の早い試合となった。

開始から激しい組み手争い。お互いに不利な組み手を徹底的に嫌い、釣手を切りあう展開。
持てるところから攻撃する技術もある2人、田中の払腰、武田の左背負投、右一本背負投、とお互いに組際の技を激しく掛け合う。固技も含めて攻守がめまぐるしく変わり、終盤までまったく互角の展開。

残り10秒。お互い片手で釣手を持ち合った状態から、一瞬田中が腰を引く。武田、ここに合わせて、勢いよく飛び込んで引き手を持ちながらの左大内刈。田中反応よく体を捻りポイントは逃れるが、横倒しに畳に落ちる。

09年全国小学生学年別大会5年生女子40kg級決勝・武田亮子-田中美月
(終了間際、武田の思い切った大内刈)

ポイントにこそならなかったが、ここまでほとんど差のつけようのない展開であったことを考えると、この技は印象点としては決定的だった。

そのまま時間となり、僅差3-0で武田が優勝を飾った。

09年全国小学生学年別大会5年女子40kg級優勝・武田亮子
(優勝の武田)

武田選手のコメント
「優勝できて嬉しい。お父さんと毎日4km走って鍛えた。将来はオリンピックに出れるように頑張りたい」

【入賞者】
優勝:武田亮子(京都・宇治柔道会)
準優勝:田中美月(兵庫・広畑柔道教室)
第3位:松雪明日香(佐賀・鳥栖少年柔道会)、出村花恋(福井県・福井県武道館)

【決勝トーナメント1回戦】

出村花恋(福井・福井県立武道館)○優勢[有効]△中野鈴華(茨城・桜川市真壁柔道連盟)

齋藤詠未(宮城・大松沢錬成館)○優勢[有効]△寺田宇多菜(大阪・柔剛会)

武田亮子(京都・宇治柔道会)○袈裟固△伊藤風花(群馬・北沢道場)

久野美悠(三重・鳥武館柔道スポ少)○大外刈△黒原美紀(宮崎・串間警察署少年柔道教室「岬」)

小林夏希(静岡・流水館山縣道場)○優勢[有効]△猪野ちひろ(山形・高畠町柔道スポ少)

松雪明日香(佐賀・鳥栖少年柔道会)○優勢[僅差3-0]△清水綾乃(長野・墾心館)

田中美月(兵庫・広畑柔道教室)○袈裟固△玉置桜(北海道・岩見沢中央柔道少年団)

瀧川琳花(鹿児島・正道館柔道場)○優勢[有効]△奈良和(秋田・村井道場)

【準々決勝】

出村花恋○優勢[僅差3-0]△齋藤詠未

武田亮子○袈裟固△久野美悠

松雪明日香○体落△小林夏希

田中美月○横四方固△瀧川琳花

【準決勝】

武田亮子○肩固△出村花恋

田中美月○肩固△松雪明日香

【決勝】

武田亮子○優勢[僅差3-0]△田中美月

※eJudo携帯版「e柔道」8月24日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・トピックス」一覧に戻る

写真:K2PhotoClub 國井敬児


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.