PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

中央競馬会が悲願の優勝・全日本実業団体対抗大会男子第一部マッチレポート

(2009年6月18日)
eJudo携帯版 6月15日掲載記事より
※男子第2部、男子第3部、女子第1部、女子第2部のマッチレポートはeJudo携帯版「e柔道」に掲載しています。

第59回全日本実業柔道団体対抗大会男子1部・JRA賀持道明監督
(優勝決定の瞬間、選手と喜びあうJRA・賀持監督)

12チームによるトーナメント戦で優勝が争われた男子第1部。優勝候補には昨年優勝のALSOK綜合警備保障、2位の了徳寺学園、そして3位の旭化成A、日本中央競馬会(JRA)などの名が挙げられたが、ALSOKは旭化成Bに3-1で、了徳寺学園も新日本製鐵に3-1で敗れ、ともに緒戦(2回戦)で姿を消した。

準決勝では旭化成BとJRA、新日鐵と旭化成Aが顔を合わせた。

JRAと旭化成Bの対戦は、旭化成B・先鋒の田中貴大が片渕慎弥から裏投で「一本」を先取するも、JRA・中堅の立山広喜が角地信太郎に合技で一本勝ちして同点に追いつき1-1。同点のまま代表戦となり、JRAのエース・立山が野田嘉明を払腰「技有」から崩上四方固に極めて快勝。JRAが逆転勝利で決勝進出を決めた。

旭化成Aと新日本製鐵の対戦は、先鋒から中堅まで引き分けのあと、旭化成Aの木村純が大内刈り「有効」からの崩上四方固で新日鐵のポイントゲッター高橋和彦に一本勝ちして旭化成Aが貴重なポイントを先取。大将戦は泉浩が吉永慎也の攻撃をさばいて引き分けとし1-0で決勝進出を決めた。

JRAと旭化成Aの決勝戦。
先鋒戦は体格に勝る旭化成・大鋸新の攻撃を山本宜秀が凌ぎ切って引き分け。

次鋒戦。旭化成はエース・高井洋平に期待をかけるも、今までの対戦では一度も勝ったことがないという佐藤充弘が、この試合に向けてやってきた高井対策の成果を見せ、絶妙な内股透で一本勝ち。JRAが大きな1点を先取した。

第59回全日本実業柔道団体対抗大会男子1部佐藤充弘-高井洋平 第59回全日本実業柔道団体対抗大会男子1部佐藤充弘-高井洋平
(決勝戦、旭化成・高井洋平を内股透で破りガッツポーズのJRA佐藤充弘)

中堅戦。JRA・片渕と旭化成・泉の対戦は、両者ともに見るべき技もなく引き分け。

第59回全日本実業柔道団体対抗大会男子1部泉浩-片渕慎也
(泉-片渕の実力者対決は引き分けに終わる)

副将戦はJRAのポイントゲッター立山と斎藤制剛が対戦。斎藤176cm90kgに対し、立山は195cm150kg。
スコア的にはビハインドを背負う旭化成・斎藤ではあったが、立山のパワフルな攻撃を凌ぐのがやっと。途中、縦四方固で抑えられるピンチも逃げて(12秒)よく健闘し引き分け。なんとか大将戦に望みをつなげた。

後のない旭化成・木村は、なんとか同点に持ち込もうと前に出て技を仕掛けようとするも、JRA鈴木龍の固い受けを崩すことはできないまま引き分け。JRAが実に15年ぶりの優勝を果たし、大会は幕を閉じた。

旭化成の高井洋平、JRAの立山広喜、この二人の大黒柱の出来が勝負を左右したといっても過言ではないだろう。高井は準決勝の新日鐵戦でもポイントが取り切れず、チームは苦戦を強いられた。対する立山は準決勝では同点にするポイントと代表戦での逆転ポイントをとる大活躍、さらに決勝戦ではポイントこそ奪えなかったが、気迫あふれる試合でチームを活気づけていた。この大会に対する意気込みの違いがそのまま勝負に表れたと言えるかも知れない。

JRAは賀持道明が監督に就任して今年で5年目。部員は賀持監督自らが1年に1人ずつ集め、今年ちょうど5人になった。仕事上優遇されている会社もある中、JRAの選手は全員が仕事と両立しているため、充分な練習時間はとれない。それでも5人の部員が団結して朝夕の稽古に励んできた。それだけに今年の大会への思い入れは強く、優勝の喜びもひとしおだったようだ。

賀持道明監督のコメント
「部員はたった5人しかいませんが、みんな厳しい練習をよくやっていたので、優勝は奇跡じゃないです。旭化成に勝って優勝することが私の監督としての目標でした。5年かけてようやく達成することができました。今日は極度の緊張から腹を下していましたが、勝てて本当に良かった。最高にうれしいです」


第59回全日本実業柔道団体対抗大会 男子1部優勝 日本中央競馬会
(男子第1部で悲願の優勝を果たした日本中央競馬会)

大会名:第59回全日本実業柔道団体対抗大会・男子第1部
日時:2009年6月7日
会場:福岡市民体育館

優勝:日本中央競馬会
準優勝:旭化成A
第3位:旭化成B、新日本製鐵

優秀選手:立山広喜(日本中央競馬会)、佐藤充宏(日本中央競馬会)、木村純(旭化成A)、田中貴大(旭化成B)、森田祥一(新日本製鐵)

【第2回戦】

旭化成B 3-1 ALSOK綜合警備保障
日本中央競馬会 3-1 ダイコロ
新日本製鐵 3-2 了徳寺学園
旭化成A 2-0 東芝

【準決勝】

日本中央競馬会 ①-1 旭化成B
旭化成A 1-0 了徳寺学園

【決勝】

日本中央競馬会 1-0 旭化成A

(先)山本宣秀×引分×大鋸新
(次)佐藤充弘○内股透△高井洋平
(中)片渕慎也×引分×泉浩
(副)鈴木龍×引分×木村純
(大)立山広喜×引分×斎藤制剛

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


※男子第2部、男子第3部のマッチレポートはeJudo携帯版「e柔道」に掲載しています。

→eJudoトップページに戻る →「ニュース・トピックス」一覧に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.