PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

新星秋元、国際大会も制す【嘉納杯東京国際60kg級】

(2008年12月14日)

eJudo携帯版 12月12日掲載記事より

081212_60_fn.jpg
(写真:決勝戦、秋元が内股と大内刈で相手を攻める)

筑波大4年の秋元希星が溌剌とした柔道を見せ、初優勝を飾った。
60kg級では長身の169cmの体から内股、大外刈、背負投に引込返と多彩な技を繰り出し、初戦は崩袈裟固、3回戦は大外刈と一本背負投でポイントを奪い抑え込み、準決勝は内股と返技で技有2つと決勝までの3戦をすべて一本勝ち。
決勝戦の相手は韓国の崔光賢。ケンカ四つで引き手を与えてくれない相手に対し両襟を持っての鋭い内股、大外刈を連発してペースを握り、4分12秒には大内刈から掬投に変化して自ら転がるようにこれを決めて「有効」を奪取。国際大会では無名の21歳が初の栄冠に輝いた。

北京五輪は大学の先輩で60kg級代表の平岡拓晃(了徳寺学園職)の付け人として現地入り。「他の大会とぜんぜん違う」と刺激を受けてロンドン五輪に目標を設定した。高校時代に比べ目立った実績の残らなかった時期もあったが、今秋からは学生選手権2連覇に講道館杯制覇、そしてこの嘉納杯制覇と乗りに乗っている。

ロンドン五輪に向け若手起用を明言している篠原信一・男子監督も「もちろん(欧州国際に)使っていく。経験を積ませたい。」と期待のコメント。主要大会での起用は確実な情勢だ。
「勝って先につなげたい」と秋元の目は世界選手権・五輪を見据えている。第一人者の平岡を追撃する若手の台頭でこの階級には光が見えてきた。

実力者の福岡政章(綜合警備保障)は3回戦で崔光賢に敗れたが敗者復活戦を勝ちあがり3位入賞。
矢野大地(天理大2年)は強豪ソビロフ(ウズベキスタン)に背負投で有効を奪われ敗退、敗者復活戦でも福岡に敗れた。
鈴木雅典(明治大4年)は初戦で敗退した。

また、この階級は欧州実力ナンバーワンのペイシャー(オーストリア)が参戦予定だったが、当日の計量には現れず肩の古傷を理由に欠場。篠原監督も「対決を見てみたかった」と残念そうな表情だった。


081212_60_1pz.jpg
(写真:優勝の秋元)

優勝:秋元希星(筑波大4年)
準優勝:崔光賢(韓国)
第3位:福岡政章(綜合警備保障)、エングルマイアー(ドイツ)

決勝
秋元希星○有効優勢△崔光賢

3位決定戦
エングルマイアー○後腰(2:07)△ソビロフ(ウズベキスタン)
福岡政章○GS腕挫十字固(2:19)△ボルドバータル(モンゴル)


【日本人選手成績】

鈴木雅典:2回戦敗退
2回戦△掬投(1:35)○ボルドバータル(モンゴル)

矢野大地:3回戦敗退、敗者復活戦敗退
1回戦○有効優勢△セング(台湾)
2回戦○背負投(1:25)△ブルジャン(ハンガリー)
3回戦△有効優勢○ソビロフ(ウズベキスタン)
敗者復活戦△腕挫十字固○福岡政章

福岡政章:第3位
1回戦○有効優勢△ザンタリア(ウクライナ)
2回戦○小内刈(0:40)△チャン(中国香港)
3回戦△体落○崔光賢(韓国)

秋元希星:優勝
2回戦○崩袈裟固(3:42)△コロトゥン(ウクライナ)
3回戦○合技(0:59)△ウィンス(ベルギー)
プールファイナル○合技(2:07)△ボルドバータル(モンゴル)
決勝○有効優勢△崔光賢


写真:K2PhotoClub 國井敬児

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・トピックス」一覧に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.