PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

講道館杯全日本体重別選手権結果詳細・60kg級~73kg級

(2008年11月19日)

eJudo携帯版 11月17日掲載記事より

平成20年度講道館杯全日本体重別選手権大会は最終日の16日、千葉ポートアリーナで男子7階級が行われ100kg級では穴井隆将(天理大職)が優勝した。
有力選手では60kg級の平岡拓晃(了徳寺学園)、100kg超級の高井洋平(旭化成)らが欠場した。
北京五輪組では泉浩(旭化成)が階級を上げて100kg級に出場したが精彩を欠いた柔道で3回戦敗退。同じく階級を90kg級に上げた小野卓志(了徳寺学園)は順調にプールファイナル進出したが新鋭吉田優也(東海大1年)に背負投で技有を奪われ敗退している。


■60kg級・新星秋元が優勝■

優勝:秋本希星(筑波大学4年)
準優勝:鈴木雅典(明治大学4年)
第3位:浅野大輔(自衛隊体育学校)・矢野大地(天理大学2年)

08kodokan_60_f.jpg
(写真・決勝戦、秋元が相手の肩車を切り返しての内股で「技有」奪取)

【決勝】
秋元希星○技有優勢△鈴木雅典

北京五輪代表の平岡拓晃(了徳寺学園)が欠場、混戦模様となった戦いを学生体重別連覇中の新鋭・秋元希星が制した。
決勝は秋本右、鈴木左のケンカ四つ。
試合は秋元が序盤から先手を取る展開。大内刈などで攻め込み続け、朽木倒で鈴木を腹ばいにさせた直後の1分6秒には鈴木に「指導1」。
直後、ズボンを掴んだことで秋元も「指導1」を受けたが、1分56秒、鈴木の肩車を切り返して内股で回し「技有」を奪取。
以後、奥襟を叩いて取り返しに来る鈴木の前にやや消極的になり3分46秒、「極端な防御姿勢」で「指導2」を受けたが、所属の岡田弘隆監督の「こっちが取られているつもりで攻めろ」との檄に奮起。以後は積極的姿勢を取り戻して前に出続け、見事シニア初タイトルを手にした。

08kodokan_60_1pz.jpg
(写真・60kg級優勝の秋元)


試合後「この大会のためにやってきたので嬉しい」と喜びを語った秋元は「平岡選手が出ていなかったので本当の優勝ではない。この後も努力して、平岡選手の後を追いかけたい」と60kg級代表争い参戦への意欲を語った。

埼玉栄高校時代の04年にインターハイを制覇、大学入学後一時成績的には停滞したが昨年の学生体重別制覇以降再び才能を発揮しはじめ、成績も残るようになってきた。この日も鋭い動きで初戦からキレ味鋭い技を連発し、3回戦では優勝候補の福岡政章に大外刈、プールファイナルは室岡雅典(福岡県警察)に小外掛と一本勝ちを連発。この階級は平岡に続く第2グループがダンゴ状態だったが、若く、かつ柔道のスケールの大きい秋元の台頭は全日本スタッフにとっても朗報だろう。

昨年王者の小川武志(了徳寺学園)は3回戦で室岡雅典(福岡県警察)に背負投「有効」で敗退。敗者復活戦でも矢野大地に小内刈で有効を奪われ入賞はならなかった。

【プールファイナル】

秋元希星○ 小外掛(2:31) △室岡雅典(福岡県警察)
鈴木雅典○ 優勢[指導2] △濱崎大樹(国士舘大4年)

08kodokan_60_pf.jpg
(写真・秋元が小外掛で「一本」を奪う)

【敗者復活最終戦】

浅野大輔○払腰△村山洸介(村山整骨院)
矢野大地○優勢[指導2]△福岡政章

【3位決定戦】

浅野大輔○GS僅差3-0△室岡雅典
矢野大地○優勢[指導3]△濱崎大樹


■66kg級・鉄人鳥居が7度目のV

優勝:鳥居智男(了徳寺学園)
準優勝:江種辰明(警視庁)
第3位:荘司和大(東海大4年)、篠崎悠(了徳寺学園)

【決勝】
鳥居智男○有効優勢△江種辰明

08kodokan_66_f.jpg
(写真・決勝戦、鳥居が江種から朽木倒でポイント)

決勝はこの大会実に6度の優勝歴を誇る鳥居智男と、60kg級から階級を上げたばかりの元日本代表・江種辰明のベテラン対決。

鳥居左、江種右のケンカ四つ。
開始早々に江種が背負投から巴投の連繋を見せるが、以後は厳しい組み手争い。
鳥居は江種の巴投を潰してのしぶとい寝技を1分近く継続。また、江種に引き手を許さず、江種はなかなか攻めるきっかけがつかめない。
2分30秒、双方に「取り合わない」で指導1。
以後も一進一退の攻防が続くが、3分23秒に鳥居が朽木倒。江種体を捻って逃れようとするが鳥居の決めが良くこれが「有効」。
鳥居はリード゙の後もうまく攻撃のヤマをつくり、巴投を連発した直後の4分13秒には江種に「指導2」。
進退窮まった江種は、残り25秒を過ぎてから体を捨てて腕挫腕固の奇襲を2度見せたが取りきるには至らず。鳥居がなんと35歳にしてこの大会7度目の優勝を飾った。

08kodokan_66_1pz.jpg
(写真・優勝の鳥居)

春に高速道路で追突される不運な交通事故で負傷。影響で稽古を追い込みきれない時期が続き減量にも苦しんだ今大会だったが「なんとか勝てました」と安堵の表情。江種との決勝について問われると「江種選手の帯には「20周年」とあるが自分は5歳からやっているので「30周年」とあります。これで負けるわけにはいかないと思いました」と答えてみせ笑顔を見せた。
GSに持ち込まれた3回戦、プールファイナルとも息の切れる場面はほとんどなく、前に出続けてペースを握った鳥居。鉄人ぶりは今年も健在だ。

一方の江種は決勝までの全試合を投技の一本勝ちで勝ち進む好調だったが、試合巧者鳥居のペースにはまり階級変更後初戦でのタイトル奪取はならなかった。

健闘を見せたのがジュニア世代の海老沼匡(明治大1年)。2回戦の江種戦は江種得意の背負投・巴投げを完封しゴールデンスコアへ。連続攻撃で展開を握り、30秒を残した時点で僅差判定なら3-0で勝利と思われる海老沼ペースだったが、ここで組み立てを変えた江種の送足払が一閃し「一本」。一瞬の勝機を見極めるベテランの巧さに屈した形だが、元世界大会代表を崖っぷちまで追い込み潜在能力を垣間見せた。

【プールファイナル】

江種辰明○ 腕挫十字固 △荘司和大(東海大4年)
鳥居智男○ GS僅差2-1 △寺居高志(旭化成)

08kodokan_66_pf.jpg
(写真・江種が巴投から十字固への見事な連繋を見せる)

【敗者復活最終戦】
篠崎悠○技有(肩車)優勢△海老沼匡(明治大1年)
早野友樹○GS僅差3-0△下山典大(明治大1年)

【3位決定戦】

荘司和大○有効(小外刈)優勢△早野友樹(山梨学院大3年)
篠崎悠○棄権勝△寺居高志(旭化成)


■73kg級・稲澤が3年ぶり2度目の優勝

優勝:稲澤真人(ダイコロ)
準優勝:金岡真司(警視庁)
第3位:中矢力(東海大1年)、海老沼聖(警視庁)

【決勝】
稲沢真人○大外刈△金岡真司

08kodokan_73_f.jpg
(写真・決勝、稲沢の大外刈が見事に決まり「一本」)

絶対的な優勝候補のいないこの階級で決勝に進出したのは、プールファイナルで昨年優勝の粟野靖浩(筑波大学2年)を破った05年王者稲澤真人と、有力選手が次々敗れる山をしぶとく勝ちあがってきた金岡真司。
決勝戦は両者左組みの相四つ。両者切りあいからお互いの釣手の袖をしぼりあう非常に慎重な組み手争いで序盤は膠着するが、金岡が奥襟を叩いて攻めて出ると1分31秒、稲澤に「指導」が与えられる。
これで試合が動き始め、2分15秒過ぎには両者が相手の肩を押すようにして大外刈の掛け合い。
この展開が複線となって2分46秒、奥を叩いた稲澤が鋭い大外刈を合わせ、前に出て決めに出れば金岡の体が真裏に綺麗に落ちて「一本」。稲澤の3年ぶり2度目の優勝が決まった。

08kodonkan_73_1st.jpg
(写真・優勝の稲澤)

「勝ちたい気持ちが強すぎて1,2回戦は固くなった」という稲沢だが、1回戦小内刈「有効」、2回戦小外刈、3回戦小内刈「有効」、プールファイナルは小外刈で立て続けに「技有」「一本」とこの日の決め技は全て足技で、鋭い動きが際立った。「まだ攻めが遅い。決勝は組み手も悪かった。」と反省しきりだが、潜在能力とセンスをあらためて見せ付けた格好だ。

3位には海老沼聖、中矢力が入った。
昨年2位の中矢はジュニア世代ながら優勝候補の一角だったが3回戦で齋藤涼(天理大3年)に大外刈で有効を奪われ敗退。昨年決勝を争った同学年の粟野靖浩と3位決定戦を争い入賞は確保した。
06年王者、07年3位の成田泰崇(アルゼ)は初戦で金岡に敗退、敗者復活戦も初戦一本負けで伸び悩みの印象を払拭できず代表戦線から大きく後退した。

【プールファイナル】

稲澤真人○ 小外刈(0:58) △粟野靖浩
金岡真司○ 有効(小外刈)優勢 △齋藤涼(天理大3年)

08kodokan_73_pf_1.jpg
(写真・稲澤が粟野を小外刈に仕留める)

【敗者復活最終戦】

海老沼聖○ 有効(肩車)優勢 △赤迫佑介(戸高鉱業社)
中矢力○ 有効(隅返)優勢 △河野雄司(日体大3年)

【3位決定戦】

中矢力○ 技有(内股)優勢 △粟野靖浩
海老沼聖○ 小外掛 △齋藤涼


写真:K2PhotoClub 國井敬児


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・トピックス」一覧に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.