PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大成中学校が3回目の優勝・サニックス旗福岡国際中学生柔道大会

(2007年12月26日)

第5回サニックス旗福岡国際中学生柔道大会は25日、グローバルアリーナ(福岡県)にて行われ、大成中学校(愛知県)が決勝で京仁柔道クラブ(韓国)を破って優勝した。

大成中学校は可部中学校(広島)との準決勝を代表戦で競り勝って決勝に進出。
決勝は先鋒戦を引き分けたあと、全て一本で4連勝し一気に勝負を決めた。大成中は第2回、第3回大会に続く3度目の優勝。

大成中との対決が期待された優勝候補の一角・大刀洗中学校(福岡県)は準決勝で京仁柔道クラブに4対1の思わぬ大差で敗退。
また、昨年優勝の相原中学校(神奈川)は4回戦で静岡学園中学校(静岡)に3対2で競り負けベスト16に終わった。

入賞校と準々決勝以降の勝ち上がり詳細は以下。


優勝:大成中学校(愛知県)
準優勝:京仁柔道クラブ(韓国)
第三位:広島市立可部中学校(広島県)
第三位:大刀洗町立大刀洗中学校(福岡県)

■準々決勝

大成中学校(愛知) 4-0 水上中学校(熊本)
(先)小野大樹× 引分 ×荒嶽卓
(次)松尾祥希○ 袈裟固 △小野将知
(中)奥村和也○ 袖釣込腰 △田中健児
(副)阪本健介○ 内股 △塚本健太郎
(大)上田轄麻○ 効果優勢 △那須喜樹

可部中学校(広島) 3-1 静岡学園中学校(静岡)
(先)古川大樹× 引分 ×福本真佐也
(次)香川健吾○ 払釣込足 △浅賀慎太郎
(中)奥谷匠悟△ 横四方固 ○大島 遼平
(副)井垣俊輔○ 内股 △佐野将大
(大)筒井恵弥○ 横四方固 △小澤秀彰

大刀洗中学校(福岡) 5-0 阿波中学校(徳島)
(先)阿部秀平○ 効果優勢 △大島優磨
(次)平田俊○ 有効優勢 △中岡将志
(中)服部元気○ 有効優勢 △阿部亮介
(副)石内裕貴○ 有効優勢 △出口大地
(大)中島陵太○ 大内刈 △北岡嗣輔

京仁柔道クラブ(韓国) 3-2 國學院大學栃木中学校(栃木)
(先)イ・チェヨン○ 合技 △佐藤允啓
(次)キム・キョンジュン△ 内股 ○入江翼
(中)シム・チンヒョク○ 掬投 △横山尭世
(副)クァク・トンギュ○ 背負投 △ 小松原将吾
(大)パク・チェンホ△ 技有優勢 ○白石崇斗

■準決勝

大成中学校(愛知) ②-2 広島市立可部中学校(広島)
(先)松尾祥希○ 合技 △古川大樹
(次)清水元輝△ 合技 ○香川健吾
(中)奥村和也○ 一本背負投 △奥谷匠悟
(副)阪本健介△ 一本 ○井垣俊輔
(大)上田轄麻× 引分 ×筒井恵弥

(代)奥村和也○ 袖釣込腰 △筒井恵弥

大刀洗中学校(福岡) 1-4 京仁柔道クラブ(韓国)
(先)阿部秀平△ 大内返 ○イ・チェヨン
(次)平田俊△ 肩固 ○キム・キョンジュン
(中)服部元気△ 効果優勢 ○シム・チンヒョク
(副)石内裕貴○ 有効優勢 △クァク・トンギュ
(大)中島陵太△ 合技 ○パク・チェンホ

■決勝

大成中学校(愛知) 4-0 京仁柔道クラブ(韓国)
(先)小野大樹× 引分 ×イ・チェヨン
(次)松尾祥希○ 掬投 △キム・キョンジュン
(中)奥村和也○ 背負投 △シム・チンヒョク
(副)阪本健介○ 大内刈 △クァク・トンギュ
(大)上田轄麻○ 袖釣込腰 △パク・チェンホ


情報提供:グローバルアリーナ

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・トピックス」一覧に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.