柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

日本勢が4階級を制す・ポーランドカデ国際大会2017女子

(2017年5月26日)


日本勢は優勝者なしも、鷲見仁義と桂嵐斗が2位入賞・ポーランドカデ国際大会2017男子

(2017年5月26日)


グランドスラムエカテリンブルグ2017・第1日男子3階級レポート

(2017年5月26日)


羽賀龍之介ら世界選手権代表選手4人が参加、グランプリフフホト大会派遣選手発表

(2017年5月24日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第30回

(2017年5月22日)


[速報]朝比奈沙羅と梅木真美が優勝・グランドスラムエカテリンブルグ最終日女子

(2017年5月22日)


[速報]長澤憲大が優勝、渡邉勇人は王者ハルモルザエフに惜敗で入賞ならず・グランドスラムエカテリンブルグ最終日男子

(2017年5月22日)


[速報]近藤亜美が優勝、好調宇髙菜絵は惜しくも2位に終わる・グランドスラムエカテリンブルグ第1日女子

(2017年5月21日)


[速報]永山竜樹と橋本壮市が圧勝V・グランドスラムエカテリンブルグ第1日男子

(2017年5月21日)


グランドスラムエカテリンブルグ2017・最終日女子3階級プレビュー

(2017年5月20日)


グランドスラムエカテリンブルグ2017・最終日男子4階級プレビュー

(2017年5月20日)


グランドスラムエカテリンブルグ2017・第1日女子4階級プレビュー

(2017年5月20日)


グランドスラムエカテリンブルグ2017・第1日男子3階級プレビュー

(2017年5月20日)


平成29年全日本柔道選手権全試合詳細④準々決勝〜決勝

(2017年5月19日)


第32回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細④準々決勝~決勝

(2017年5月19日)


ウルフアロンが負傷欠場、世界選手権のシード権獲得に赤信号・グランドスラムエカテリンブルグ

(2017年5月19日)


第32回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細③三回戦

(2017年5月19日)


平成29年全日本柔道選手権全試合詳細③三回戦

(2017年5月19日)


第32回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細②二回戦

(2017年5月13日)


平成29年全日本柔道選手権全試合詳細②二回戦

(2017年5月12日)


アジア選手権日本代表発表、髙藤直寿ら世界選手権組も4名選出

(2017年5月12日)


平成29年全日本柔道選手権全試合詳細①一回戦

(2017年5月10日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第29回

(2017年5月8日)


[記録]第37回全国少年柔道大会全試合対戦詳細

(2017年5月7日)


大刀洗豪武館が初優勝、5年ぶり決勝進出の春日柔道クラブを破る・第37回全国少年柔道大会即日レポート

(2017年5月5日)


王子谷剛志が躍進のウルフアロン倒して連覇達成、原沢の衝撃的敗退と大野の健闘に武道館大いに沸く・平成29年全日本柔道選手権マッチレポート

(2017年5月4日)


代表選手が少年柔道家たちに胸を貸す、一番人気の王子谷は小学生に押し込まれタジタジ・第37回全国少年柔道大会合同錬成レポート

(2017年5月4日)


男子日本代表が合宿公開、乱取り中心のメニューで地力磨く

(2017年5月4日)


近藤亜美、ウルフアロンら一線級を選出・グランドスラムエカテリンブルグ日本代表発表

(2017年5月3日)


「男子代表はアベンジャーズ」と井上監督・ブダペスト世界選手権日本代表記者会見

(2017年5月3日)


女子代表が強化合宿公開、格闘家・中井祐樹氏に寝技を学ぶ

(2017年5月2日)


ブタペスト世界選手権男子代表決定、重量2階級に2枠目を起用

(2017年4月29日)


[速報]王子谷剛志が2年連続3度目の優勝、決勝でウルフアロンを下す・平成29年全日本柔道選手権

(2017年4月29日)


連覇狙う王子谷剛志中心にシード選手4人が優勝争いの軸、本気で無差別挑む73kg級大野将平に期待・平成29年全日本柔道選手権大会展望

(2017年4月29日)


平成29年全国柔道高段者大会・技術優秀選手

(2017年4月28日)


決戦あすに控え王子谷と原沢が会見、73kg級大野も無差別への意気込みを語る・平成29年全日本柔道選手権

(2017年4月28日)


平成29年全日本選抜柔道体重別選手権・最終日男子4階級(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)マッチレポート

(2017年4月27日)


平成29年全日本選抜柔道体重別選手権・第1日男子3階級(60kg級、66kg級、73kg級)マッチレポート

(2017年4月26日)


第32回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細①一回戦

(2017年4月26日)


平成29年全日本選抜柔道体重別選手権・最終日女子3階級(48kg級、52kg級、57kg級)マッチレポート

(2017年4月24日)


平成29年全日本カデ柔道体重別選手権大会男子8階級レポート

(2017年4月24日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第28回

(2017年4月24日)


第39回全国高等学校柔道選手権女子団体戦マッチレポート②準決勝~決勝

(2017年4月23日)


朝比奈沙羅が初優勝、出色の出来見せた田知本愛は決勝で力尽きる・第32回皇后盃全日本女子柔道選手権大会マッチレポート

(2017年4月20日)


男子日本代表が合宿公開、井上監督は「覚悟を決めろ」と檄

(2017年4月18日)


坂上綾ら日本勢が3階級を制す・ロシアジュニア国際柔道大会2017女子

(2017年4月18日)


島田隆志郎が日本勢唯一の優勝飾る・ロシアジュニア国際柔道大会2017男子

(2017年4月18日)


ブタペスト世界選手権女子代表決まる、2枠目追加は48kg級と52kg級

(2017年4月16日)


[速報]朝比奈沙羅が初優勝、世界選手権代表決める・第32回皇后盃全日本女子柔道選手権

(2017年4月16日)


平成29年全日本選抜柔道体重別選手権・第1日女子4階級(63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級)マッチレポート

(2017年4月16日)


平成29年全日本カデ柔道体重別選手権大会女子8階級レポート

(2017年4月12日)


第39回全国高等学校柔道選手権女子団体戦マッチレポート①1回戦~準々決勝

(2017年4月12日)


女子日本代表がレスリング代表と合同練習、近藤亜美、阿部詩らが吉田沙保里の胸を借りる

(2017年4月10日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第27回

(2017年4月10日)


[速報]最重量級は吉峰芙母絵が初優勝、48kg級で渋谷舞が2連覇達成・平成29年全日本カデ柔道体重別選手権大会女子

(2017年4月9日)


[速報]最重量級は新1年生斉藤立が制覇、90kg級は村尾三四郎が圧勝V・平成29年全日本カデ柔道体重別選手権大会男子

(2017年4月9日)


第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート⑥決勝

(2017年4月7日)


第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート⑤準決勝

(2017年4月5日)


[速報]ブタペスト世界選手権日本代表選手、男女計12人発表

(2017年4月2日)


[速報]宇髙菜絵が豪快「一本」で4度目V、48kg級は近藤亜美がライバル渡名喜風南下し2連覇達成・平成29年全日本選抜柔道体重別選手権最終日女子

(2017年4月2日)


[速報]激戦100kg級はウルフアロンが2連覇、最重量級は王子谷剛志が初優勝・平成29年全日本選抜柔道体重別選手権最終日男子

(2017年4月2日)


[速報]高校2年生素根輝が最重量級を制覇、70kg級は新井千鶴が初優勝飾る・平成29年全日本選抜柔道体重別選手権第1日女子

(2017年4月1日)


[速報]阿部一二三がオール一本勝ちの圧勝V、60kg級決勝は永山竜樹が髙藤直寿から鮮やか「一本」・平成29年全日本選抜柔道体重別選手権第1日男子

(2017年4月1日)


あす1日に選抜体重別開幕、阿部一二三ら有力6選手が会見で意気込み語る

(2017年3月31日)


第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート④準々決勝

(2017年3月31日)


第39回全国高等学校柔道選手権・女子個人戦5階級マッチレポート

(2017年3月31日)


第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート③三回戦

(2017年3月31日)


第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート②二回戦

(2017年3月29日)


第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート①一回戦

(2017年3月29日)


第40回松前杯柔道大会結果

(2017年3月29日)


決勝は同門対決、大成中Bが優勝飾る・第30回近代柔道杯全国中学生柔道大会女子の部

(2017年3月26日)


大蔵中学校が初優勝飾る・第30回近代柔道杯全国中学生柔道大会オープンの部

(2017年3月26日)


第39回全国高等学校柔道選手権・男子個人戦5階級マッチレポート

(2017年3月26日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第26回

(2017年3月20日)


【eJudo’s EYE】ルールウォッチ番外編、欧州シリーズの「新技」たちを映像で紹介

(2017年3月18日)


[速報]阿部詩擁する夙川学院高が初優勝・第39回全国高等学校柔道選手権女子団体戦

(2017年3月20日)


[速報]桐蔭学園高が12年ぶり2度目の優勝・第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦

(2017年3月20日)


[速報]無差別は素根輝、52kg級は阿部詩の大本命2人が戴冠・全国高等学校柔道選手権女子個人戦

(2017年3月19日)


[速報]無差別は松村颯祐が戴冠、60kg級は市川龍之介が2連覇達成・全国高等学校柔道選手権男子個人戦

(2017年3月19日)


【eJudo’s EYE】ルールウォッチその3、欧州シリーズの総括は「強すぎる袖口グリップ」

(2017年3月18日)


グランドスラム・バクー最終日5階級レポート

(2017年3月17日)


全国高等学校柔道選手権・女子個人戦5階級ひとこと展望

(2017年3月17日)


全国高等学校柔道選手権・男子個人戦5階級ひとこと展望

(2017年3月17日)


夙川学院高と南筑高、国際級のエース擁する2校が優勝争いの軸・全国高等学校柔道選手権大会女子団体戦プレビュー

(2017年3月17日)


グランドスラム・バクー第2日4階級レポート

(2017年3月17日)


混戦世代の優勝候補筆頭は桐蔭学園、対抗一番手は崇徳高・全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦プレビュー

(2017年3月16日)


井上あかりが優勝、環太平洋大勢が上位を独占・皇后盃全日本女子柔道選手権中国地区予選

(2017年3月16日)


高校2年生の松村颯祐が初優勝・全日本柔道選手権中国地区予選

(2017年3月16日)


「どことでも勝負する力がある、出るからには一番を獲りに行く」全国高等学校柔道選手権女子団体有力校監督インタビュー②南筑高・廣瀬豊彦監督

(2017年3月15日)


「激戦を勝ち抜く、そのこと自体で勢いを得るような戦いをしたい」全国高等学校柔道選手権女子団体有力校監督インタビュー①夙川学院高・松本純一郎監督

(2017年3月15日)


グランドスラム・バクー第1日5階級レポート

(2017年3月14日)


「粘りの戦い、全員が妥協しない戦いを目指す」全国高等学校柔道選手権男子団体有力校監督インタビュー⑤国士舘高・岩渕公一監督

(2017年3月14日)


「これまでの壁を突破して、上位進出を狙う」全国高等学校柔道選手権男子団体有力校監督インタビュー④足立学園高・徳原勉監督

(2017年3月14日)


「東部直希が最後に力を発揮出来るか、周囲の頑張りが最大のカギ」全国高等学校柔道選手権男子団体有力校監督インタビュー③大成高・石田輝也監督

(2017年3月14日)


「手が届く実感はある、“当たって砕けろ”を貫いて優勝を目指します」全国高等学校柔道選手権男子団体有力校監督インタビュー②崇徳高・加美富章監督

(2017年3月14日)


「一段レベルアップの手ごたえあり、挑戦者の気持ちで全国制覇に挑む」全国高等学校柔道選手権男子団体有力校監督インタビュー①桐蔭学園高・高松正裕監督

(2017年3月14日)


全柔連が代表選考システムに新制度採用、世界選手権とグランドスラム東京連勝で翌年度代表内定

(2017年3月13日)


平成29年東京都女子柔道選手権・全試合結果

(2017年3月13日)


平成29年東京都柔道選手権・全試合結果

(2017年3月13日)


[速報]吉村静織が3位を獲得、男子2人はともに2回戦敗退・グランドスラムバクー最終日

(2017年3月13日)


吉岡優里が優勝、3年ぶりの本戦出場権射止める・皇后盃全日本女子柔道選手権北海道地区予選

(2017年3月13日)


帯川雄大が優勝、2年連続の本戦進出決める・全日本柔道選手権北海道地区予選

(2017年3月13日)


[速報]中矢力はルスタン・オルジョフを破るも2位、小原拳哉は3位を獲得・グランドスラムバクー第2日

(2017年3月11日)


古賀玄暉、二見省吾ら日本勢4選手が優勝・香港国際柔道大会

(2017年3月11日)


グランドスラム・バクー最終日5階級プレビュー

(2017年3月11日)


グランドスラム・バクー第2日4階級プレビュー

(2017年3月11日)


[速報]60kg級で志々目徹が優勝、66kg級の髙上智史は決勝で敗れて2位・グランドスラム・バクー第1日5階級

(2017年3月11日)


市川香代子が優勝、2位の石井優花とともに本戦出場権得る・皇后盃全日本女子柔道選手権東北地区予選

(2017年3月10日)


制野龍太郎が連覇達成・全日本柔道選手権東北地区予選

(2017年3月10日)


児玉ひかるが優勝、素根輝は惜しくも本戦出場権逸す・皇后盃全日本女子柔道選手権九州地区予選

(2017年3月10日)


七戸龍が好内容で優勝・平成29年全日本柔道選手権九州地区予選

(2017年3月10日)


グランドスラム・バクー第1日5階級プレビュー

(2017年3月10日)


濱田尚里が圧勝、全試合一本勝ちで関東制覇・皇后盃全日本女子柔道選手権関東地区予選

(2017年3月6日)


加藤博剛が優勝、本戦への期待高まる全試合一本勝ちの圧勝・全日本柔道選手権関東地区予選

(2017年3月6日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第25回

(2017年3月6日)


高校生粂田晴乃が優勝、昨年に続く本戦出場決める・皇后盃全日本女子柔道選手権東海地区予選

(2017年3月5日)


五十嵐唯大が優勝、2位の佐藤和幸とともに本戦進出決める・全日本柔道選手権東海地区予選

(2017年3月5日)


高校生松田美悠が初優勝、2度目の皇后盃進出決める・平成29年皇后盃全日本女子柔道選手権北信越地区予選

(2017年3月5日)


猪又秀和が四連覇、10度目の本戦出場決める・平成29年全日本柔道選手権北信越地区予選

(2017年3月5日)


麦田舞が初優勝・平成29年皇后盃全日本女子柔道選手権四国地区予選

(2017年3月5日)


影野裕和が2年連続3度目の優勝、今年も本戦進出決める・平成29年全日本柔道選手権四国地区予選

(2017年3月5日)


[速報]小川雄勢が初優勝、飯田健太郎は本戦出場権逃す・東京都柔道選手権

(2017年3月5日)


【eJudo’s EYE】ルールウォッチ続報・グランプリ・デュッセルドルフでの反則宣告加速や「ブリッジ反則負け」の今後について考える

(2017年3月4日)


グランプリ・デュッセルドルフ2017最終日5階級レポート

(2017年3月4日)


グランプリ・デュッセルドルフ2017第2日4階級レポート

(2017年3月3日)


大野将平と田代未来が欠場表明・全日本選抜柔道体重別選手権

(2017年3月1日)


グランプリ・デュッセルドルフ2017第1日5階級レポート

(2017年2月27日)


[速報]影浦心が決勝で原沢久喜を破る、女子は78kg級の梅木真美が優勝・グランプリデュッセルドルフ最終日

(2017年2月27日)


グランプリデュッセルドルフ・最終日5階級(男子90kg級、100kg級、100kg超級、女子78kg級、78kg超級)プレビュー

(2017年2月26日)


[速報]新井千鶴がグランドスラムパリに続く優勝、日本勢男子はいずれも予選ラウンド敗退に終わる・グランプリデュッセルドルフ第2日

(2017年2月26日)


グランプリデュッセルドルフ・第2日4階級(男子73kg級、81kg級、女子63kg級、70kg級)プレビュー

(2017年2月25日)


[速報]阿部詩と渡名喜風南が好内容で優勝、66kg級磯田範仁は決勝で苦杯・グランプリデュッセルドルフ第1日5階級(男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級、57kg級)

(2017年2月25日)


グランプリデュッセルドルフ2017・第1日5階級(男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級、57kg級)プレビュー

(2017年2月24日)


太田彪雅がクラコベツキら難敵を連破、日本勢が3階級で優勝飾る・ヨーロッパオープン・ローマ概況×詳細

(2017年2月23日)


【eJudo’s EYE】グランドスラム・パリで見えた「観戦視点」からの新ルール所見

(2017年2月23日)


第29回全国体育系学生柔道体重別選手権大会・最終日4階級(60kg級、90g級、100kg級、100kg超級)レポート

(2017年2月21日)


グランドスラムパリ2017・最終日女子3階級(70kg級、78kg級、78kg超級)レポート

(2017年2月21日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第24回

(2017年2月20日)


第29回全国体育系学生柔道体重別選手権大会・第1日3階級(66kg級、73kg級、81kg級)レポート

(2017年2月20日)


日本勢が4階級で優勝、強敵下した玉置桃と濵田尚里の戦果際立つ・ヨーロッパオープン・オーバーヴァルト概況×詳細

(2017年2月19日)


[速報]100kg級は太田竜聖が初優勝、連覇狙う田﨑健祐を決勝で破る・第29回全国体育系学生柔道体重別選手権大会最終日

(2017年2月19日)


【ROAD TO 高校選手権】第39回全国高等学校柔道選手権組み合わせ決まる、公式サイトにて即日公開

(2017年2月18日)


[速報]81kg級は鳥羽潤が勝利、初日3階級の優勝者決まる・第29回全国体育系学生柔道体重別選手権大会

(2017年2月18日)


グランドスラムパリ2017・最終日男子4階級(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)レポート

(2017年2月16日)


【ROAD TO 高校選手権】男子団体第1シードは桐蔭学園が選出確実、組み合わせ抽選いよいよ今週末に迫る・全国高等学校柔道選手権男女「シード校」予想

(2017年2月16日)


グランドスラムパリ2017・第1日女子4階級(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)レポート

(2017年2月16日)


[速報]日本勢は新井千鶴と朝比奈沙羅が優勝・グランドスラムパリ2017最終日女子

(2017年2月13日)


[速報]高校生飯田健太郎が強豪なぎ倒し圧勝V、超級決勝の日本勢対決は王子谷剛志が制す・グランドスラムパリ2017最終日男子

(2017年2月13日)


グランドスラムパリ2017・第1日男子3階級(60kg級、66kg級、73kg級)レポート

(2017年2月12日)


村井惟衣と児玉ひかるが優勝・ベルギー国際柔道大会最終日(21歳以上)

(2017年2月11日)


[速報]日本勢は優勝なし、五輪王者ケルメンディと決勝争った角田夏実が2位入賞果たす・グランドスラムパリ2017第1日女子

(2017年2月11日)


[速報]日本勢が3階級の王座独占、髙藤直寿は全試合一本勝ちの圧勝・グランドスラムパリ2017第1日男子

(2017年2月12日)


グランドスラムパリ2017・最終日女子3階級(70kg級、78kg級、78kg超級)プレビュー

(2017年2月11日)


グランドスラムパリ2017・最終日男子4階級(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)プレビュー

(2017年2月11日)


羽賀龍之介が欧州シリーズ欠場

(2017年2月10日)


グランドスラムパリ2017・第1日女子4階級(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)プレビュー

(2017年2月10日)


グランドスラムパリ2017・第1日男子3階級(60kg級、66kg級、73kg級)プレビュー

(2017年2月10日)


グランドスラム東京2016・最終日女子2階級(78kg級、78kg超級)レポート

(2017年2月9日)


グランドスラム東京2016・最終日男子3階級(90kg級、100kg級、100kg超級)レポート

(2017年2月7日)


五輪王者アンドルが順当に超級制覇、日本勢は78kg級の泉真生が優勝・ヨーロッパオープンソフィア最終日概況×詳細

(2017年2月7日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第23回

(2017年2月6日)


坂上綾ら日本勢が5階級を制す・ベルギー国際柔道大会第1日

(2017年2月5日)


軽量4階級は日本勢がいずれも優勝・ヨーロッパオープンソフィア第1日概況×詳細

(2017年2月5日)


【ROAD TO 高校選手権】足立学園高が初の東京制覇、注目の”最終枠”は修徳高が獲得・第39回全国高等学校柔道選手権大会東京都予選男子団体レポート

(2017年1月30日)


【ROAD TO 高校選手権】開催地東京は帝京高が代表権獲得・第39回全国高等学校柔道選手権大会東京都予選女子団体

(2017年1月29日)


[速報]全国大会進出の4校決まる、第1代表は足立学園高・第39回全国高等学校柔道選手権大会東京都予選男子団体

(2017年1月29日)


全日本選抜体重別選手権、出場選手決まる

(2017年1月24日)


渡邉勇人が負傷、グランドスラムパリを欠場

(2017年1月24日)


【ROAD TO 高校選手権】猛追東海大相模を桐蔭学園が突き放す・第39回全国高等学校柔道選手権神奈川県予選男子団体レポート

(2017年1月24日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第22回

(2017年1月23日)


【ROAD TO 高校選手権】本命桐蔭学園が4連覇、男子とともに全国出場権獲得果たす・第39回全国高等学校柔道選手権大会女子団体

(2017年1月22日)


【ROAD TO 高校選手権】男子無差別代表は戸髙竜之介、東京都男女10階級の代表決まる・第39回全国高等学校柔道選手権大会東京都予選

(2017年1月22日)


[速報]桐蔭学園が優勝、大将対決で東海大相模に勝利・第39回全国高等学校柔道選手権大会神奈川県予選男子団体

(2017年1月21日)


【ROAD TO 高校選手権】第33回若潮杯争奪武道大会レポート②決勝トーナメント1回戦~決勝

(2017年1月20日)


【ROAD TO 高校選手権】全国優勝の行方占う大一番、東海大相模と桐蔭学園の二強いよいよ今日対決・第39回全国高等学校柔道選手権大会神奈川県予選男子団体プレビュー

(2017年1月20日)


朝飛七海、若藤唯ら順当に代表権獲得・第39回全国高等学校柔道選手権神奈川県予選女子個人

(2017年1月15日)


団体の決戦控え二強が『全面対決』、桐蔭学園が4階級を制す・第39回全国高等学校柔道選手権神奈川県予選男子個人

(2017年1月14日)


【ROAD TO 高校選手権】第33回若潮杯争奪武道大会レポート①予選リーグ

(2017年1月11日)


男子代表が強化合宿公開、レスリング体験で接近戦対応磨く

(2017年1月10日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第21回

(2017年1月9日)


【ROAD TO 高校選手権】第16回水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会男子マッチレポート②準決勝~決勝

(2017年1月4日)


【ROAD TO 高校選手権】第16回水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会男子マッチレポート①1回戦~準々決勝

(2017年1月3日)


【ROAD TO 高校選手権】九州王者延岡学園が順当に勝利・第15回宮崎ひむか旗高等学校男子柔道競技大会

(2016年12月29日)


【ROAD TO 高校選手権】第30回松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会マッチレポート②準決勝~決勝

(2016年12月29日)


【ROAD TO 高校選手権】2日連続ベストメンバー稼働、エース阿部詩押し立て夙川学院高が初優勝飾る・第33回若潮杯武道大会女子

(2016年12月27日)


【ROAD TO 高校選手権】東海大相模高が6年ぶりの優勝、決勝は崇徳高から大量4点獲得・第33回若潮杯武道大会男子

(2016年12月27日)


男子は大蔵中、女子は広陵中が優勝・2016サニックス旗福岡国際中学生柔道大会

(2016年12月26日)


【ROAD TO 高校選手権】夙川学院高が圧勝V、チーム牽引の阿部詩が最優秀選手賞獲得・第16回水田三喜杯争奪選抜高等学校柔道大会女子

(2016年12月26日)


【ROAD TO 高校選手権】桐蔭学園高が優勝、ライバル崇徳高と大成高を立て続けに破る・第16回水田三喜杯争奪選抜高等学校柔道大会男子

(2016年12月26日)


グランドスラム東京2016・第2日女子2階級(63kg級、70kg級)レポート

(2016年12月25日)


【ROAD TO 高校選手権】第30回松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会マッチレポート①1回戦~準々決勝

(2016年12月25日)


【ROAD TO 高校選手権】桐蔭学園高が12年ぶりの優勝、決勝で崇徳高との今季初対決を制す・第30回松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会

(2016年12月23日)


総合格闘家・青木真也氏が男子日本代表に寝技を指導、ベイカー茉秋らが「ギロチンチョーク」学ぶ

(2016年12月23日)


全日本学生柔道体重別選手権・女子レポート②(48kg級、52kg級、57kg級)

(2016年12月23日)


全日本学生柔道体重別選手権・男子レポート②(90kg級、100kg級、100kg超級)

(2016年12月21日)


ベイカー茉秋ら戦線復帰、冬季欧州シリーズ日本代表選手発表

(2016年12月20日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第20回

(2016年12月20日)


グランドスラム東京2016・第2日男子2階級(73kg級、81kg級)レポート

(2016年12月17日)


男子は大成中が連覇達成、女子は帝京中が優勝飾る・第40回黒潮旗武道大会中学の部

(2016年12月11日)


【ROAD TO 高校選手権】桐蔭学園高が優勝、決勝で埼玉栄高を破る・第40回黒潮旗柔道大会高校女子

(2016年12月11日)


【ROAD TO 高校選手権】大成高が3連覇、桐蔭学園高が前評判にたがわぬ存在感示す・第40回黒潮旗柔道大会高校男子マッチレポート

(2016年12月11日)


グランドスラム東京2016・第1日女子3階級(48kg級、52kg級、57kg級)レポート

(2016年12月11日)


IJFが新ルール概要を発表、「有効」ポイントと合技「一本」は消滅

(2016年12月10日)


グランドスラム東京2016・第1日男子2階級(60kg級、66kg級)レポート

(2016年12月10日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第19回

(2016年12月5日)


朝比奈沙羅が念願の初優勝、78kg級は佐藤瑠香が4年ぶりに制す・グランドスラム東京2016最終日女子

(2016年12月4日)


重量級は王子谷剛志ら日本勢が表彰台独占、100kg級で飯田健太郎が3位入賞果たす・グランドスラム東京2016男子最終日

(2016年12月4日)


国際大会デビューの新添左季が初優勝、63kg級は嶺井美穂が五輪王者トルステニャク下し2位入賞果たす・グランドスラム東京2016第2日女子

(2016年12月3日)


永瀬貴規が復帰戦を飾る、73kg級は橋本壮市が持ち味発揮して初優勝・グランドスラム東京2016第2日男子

(2016年12月3日)


グランドスラム東京2016・最終日5階級(90kg級、100級、100kg超級、78kg級、78kg超級)プレビュー

(2016年12月3日)


芳田司が大会連覇達成、激戦48kg級はムンクバットが制す・グランドスラム東京2016第1日女子

(2016年12月2日)


永山竜樹がツアー初優勝、髙藤直寿から鮮やかな「一本」奪ってエース候補に名乗り・グランドスラム東京2016第1日男子

(2016年12月2日)


いよいよあす大会開幕、髙藤直寿ら五輪メダリスト3名が意気込み語る・グランドスラム東京2016

(2016年12月1日)


グランドスラム東京2016・第2日4階級(73kg級、81kg級、63kg級、70kg級)プレビュー

(2016年12月2日)


グランドスラム東京2016・第1日5階級(60kg級、66kg級、48kg級、52kg級、57kg級)プレビュー

(2016年12月1日)


グランドスラム東京組み合わせ発表、あす2日より熱戦開始

(2016年12月1日)


大野将平らメダリスト3名が欠場・グランドスラム東京2016

(2016年12月1日)


平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権女子レポート①(70kg級、78kg級、78kg超級)

(2016年12月1日)


平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権男子レポート①(60kg級、66kg級、73kg級、81kg級)

(2016年11月28日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第18回

(2016年11月21日)


グランプリ青島・女子7階級ひとこと展望

(2016年11月18日)


グランプリ青島・男子7階級ひとこと展望

(2016年11月18日)


映画「福田敬子~女子柔道のパイオニア~」まもなく公開、山下泰裕氏らが試写会鑑賞

(2016年11月16日)


グランドスラム東京2016、日本代表選手決まる (日本代表選手リスト)

(2016年11月13日)


渡名喜風南が全試合一本勝ちで48kg級連覇、激戦63kg級は能智亜衣美が制す・平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権最終日女子

(2016年11月13日)


ウルフアロンが飯田健太郎の挑戦退け2連覇、豪華陣容の100kg超級は王子谷剛志が初優勝・平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権最終日男子

(2016年11月13日)


朝比奈沙羅が4連覇達成、激戦70kg級はジュニア王者新添左季が『一本』連発で初戴冠・平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権第1日女子

(2016年11月12日)


渡邉勇人圧勝で81kg級制す、阿部一二三敗れた66kg級は磯田範仁が初優勝・平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権第1日男子

(2016年11月12日)


全日本学生柔道体重別選手権・女子レポート①(63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級)

(2016年11月11日)


田知本愛が欠場表明・講道館杯全日本柔道体重別選手権

(2016年11月11日)


あす12日から講道館杯、阿部一二三ら若手が腕を撫す・講道館杯全日本体重別選手権各階級みどころ

(2016年11月11日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第17回

(2016年11月7日)


グランドスラム・アブダビ女子7階級レポート

(2016年11月2日)


グランドスラム・アブダビ男子7階級レポート

(2016年10月31日)


環太平洋大が3年ぶりの優勝、練度の高さで他校引き離す・全日本学生柔道体重別団体優勝大会

(2016年10月30日)


国士舘大復活、決勝で東海大破り9年ぶり4度目の優勝飾る・全日本学生柔道体重別団体優勝大会

(2016年10月30日)


淑徳大が前年度王者帝京大を打倒、山梨学院大は筑波大との激戦制してベスト4進出決める・全日本学生柔道体重別団体優勝大会第1日女子

(2016年10月29日)


グランドスラム・アブダビ最終日5階級ひとこと展望

(2016年10月29日)


グランドスラム・アビダビ第2日4階級ひとこと展望

(2016年10月28日)


グランドスラム・アビダビ第1日5階級ひとこと展望

(2016年10月28日)


全日本学生柔道体重別選手権・男子レポート①(60kg級、66kg級、73kg級、81kg級)

(2016年10月27日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第16回

(2016年10月24日)


桐蔭学園高が順当に優勝、強豪3校を次々撃破・第20回朱雀杯争奪選抜高等学校対抗柔道大会女子

(2016年10月23日)


桐蔭学園高が充実の内容で優勝、1年生村尾三四郎が全試合一本勝ちでMVP獲得・第20回朱雀杯争奪選抜高等学校対抗柔道大会男子レポート

(2016年10月23日)


高学年は朝飛道場、低学年は平柔スポーツ少年団が優勝・第34回望星旗少年武道大会

(2016年10月12日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第15回

(2016年10月10日)


岐阜県代表ペアが優勝、決勝は僅差で愛知県かわす・第6回日整全国少年柔道形競技会

(2016年10月9日)


千葉県が2年連続2度目の優勝、エース遠藤大城は全試合一本勝ちでMVP獲得・第25回日整全国少年柔道大会

(2016年10月9日)


[速報]平成28年度全日本学生柔道体重別選手権大会女子最終日3階級(48kg級、52kg級、57kg級)入賞者、準々決勝以降結果

(2016年10月2日)


[速報]平成28年度全日本学生柔道体重別選手権大会男子最終日3階級(90kg級、100kg級、100kg超級)入賞者、準々決勝以降結果

(2016年10月2日)


[速報]平成28年度全日本学生柔道体重別選手権大会女子第1日4階級(63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級)入賞者、準々決勝以降結果

(2016年10月1日)


[速報]平成28年度全日本学生柔道体重別選手権大会男子第1日4階級(60kg級、66kg級、73kg級、81kg級)入賞者、準々決勝以降結果

(2016年10月1日)


平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権・女子マッチレポート②(63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級)

(2016年9月30日)


平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権・男子マッチレポート②(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)

(2016年9月30日)


平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権・女子マッチレポート①(44kg級、48kg級、52kg級、57kg級)

(2016年9月26日)


鶴田中が初優勝、初の全国タイトル獲得・平成28年度マルちゃん杯全国少年柔道大会中学生女子の部

(2016年9月19日)


国士館中が優勝、決勝の代表戦制して6年ぶりの「中学三冠」達成なる・平成28年度マルちゃん杯全国少年柔道大会中学生男子の部

(2016年9月19日)


朝飛道場が5連覇達成・平成28年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部

(2016年9月19日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第14回

(2016年9月19日)


投げにこだわり小幡礼希が連覇達成、6年生重量級は坂口稜が撃ち合い制して初優勝・第13回全国小学生学年別柔道大会男子4階級レポート

(2016年9月14日)


[速報]強化委員長に金野潤氏、女子新監督は増地克之氏

(2016年9月14日)


平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権・男子マッチレポート①(55kg級、60kg級、66kg級、73kg級)

(2016年9月11日)


[速報]平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権最終日男子(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)入賞者、決勝結果

(2016年9月11日)


[速報]平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権最終日女子(63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級)入賞者、決勝結果

(2016年9月11日)


[速報]平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権第1日女子(44kg級、48kg級、52kg級、57kg級)入賞者、決勝結果

(2016年9月10日)


[速報]平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権第1日男子(55kg級、60kg級、66kg級、73kg)入賞者、決勝結果

(2016年9月10日)


吉田夢菜が2連覇達成、5年生40kg級はトーレスカミラが初優勝・第13回全国小学生学年別柔道大会女子4階級レポート

(2016年9月6日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第13回

(2016年9月5日)


新人鍋倉那美が初優勝、78kg級は濵田尚里が全試合一本勝ちで3連覇・第46回全日本実業柔道個人選手権大会最終日女子4階級即日レポート

(2016年8月30日)


[速報]第46回全日本実業柔道個人選手権大会最終日入賞者、決勝結果

(2016年8月28日)


上川大樹「一本」連発で超級制覇、90kg級は階級上げて出場の長島啓太が快勝・第46回全日本実業柔道個人選手権大会最終日男子3階級即日レポート

(2016年8月28日)


強豪揃った57kg級は玉置桃が初優勝、52kg級は得意の寝技冴えた橋本優貴が2度目の戴冠・第46回全日本実業柔道個人選手権大会第1日女子3階級即日レポート

(2016年8月28日)


[速報]第13回全国小学生学年別柔道大会入賞者、準々決勝以降結果

(2016年8月28日)


81kg級で渡邉勇人が復活V、激戦66kg級は意地見せた髙市賢悟が制す・第46回全日本実業柔道個人選手権大会第1日男子5階級即日レポート

(2016年8月27日)


[速報]第46回全日本実業柔道個人選手権大会第1日入賞者、決勝結果

(2016年8月27日)


第47回全国中学校柔道大会・男子個人戦8階級マッチレポート

(2016年8月26日)


第47回全国中学校柔道大会・女子個人戦8階級マッチレポート

(2016年8月26日)


第65回インターハイ柔道競技・女子個人戦マッチレポート①(48kg級、52kg級、57kg級)

(2016年8月23日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第12回

(2016年8月22日)


[速報]第47回全国中学校柔道大会男子個人戦入賞者、決勝結果

(2016年8月20日)


[速報]第47回全国中学校柔道大会女子個人戦入賞者、決勝結果

(2016年8月19日)


国士舘中が2年ぶり14度目の戴冠、決勝でライバル大成中を下す・第47回全国中学校柔道大会男子団体戦即日レポート

(2016年8月18日)


第65回インターハイ柔道競技・男子個人戦マッチレポート②(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)

(2016年8月18日)


広陵中が初優勝、連覇狙った田主丸中を決勝で破る・第47回全国中学校柔道大会女子団体戦即日レポート

(2016年8月17日)


【eJudo’s EYE】進歩に背を向けた勝利至上主義、弱くなった恐竜リネールと新世代の主役たち・リオデジャネイロ五輪柔道競技最終日(100kg超級、78kg超級)評

(2016年8月14日)


【eJudo’s EYE】“重量級のパワーに中量級の技術”やはり面白かった100kg級・リオデジャネイロ五輪柔道競技第6日評

(2016年8月14日)


アンドル凄まじい気合いで世界王者2人を連破、五輪金メダリストの栄に輝く・リオデジャネイロ五輪柔道競技78kg超級

(2016年8月12日)


リネールが五輪連覇、強さの絶対性薄れるも勝負に徹して決勝は原沢久喜を完封・リオデジャネイロ五輪柔道競技100kg超級

(2016年8月12日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】オルティスとユーの頂点対決を予想、山部の初戦は”度胸試し”枠の究極パケニテ・リオデジャネイロ五輪柔道競技78kg超級直前展望

(2016年8月12日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】リネールの決勝勝ちあがりはほぼ確実、原沢は初戦から強豪と連続対戦・リオデジャネイロ五輪柔道競技100kg超級直前展望

(2016年8月12日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】リネールの実績と実力が圧倒的、追撃者は絶対値の高さで原沢、相性と勢いでカモー・リオデジャネイロ五輪柔道競技100kg超級展望

(2016年8月12日)


ハリソン全試合一本勝ち、史上に残る圧勝で五輪連覇決める・リオデジャネイロ五輪柔道競技78kg級

(2016年8月12日)


クルパレクが素晴らしい強さで初の金メダル獲得、準々決勝で現役世界王者羽賀龍之介を破る・リオデジャネイロ五輪柔道競技100kg級

(2016年8月12日)


【eJudo’s EYE】金メダルだけでは賞賛し切れない功績、日本の「女子」たちに道を示した田知本・リオデジャネイロ五輪柔道競技第5日評

(2016年8月9日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】強豪ハッキリ分かれて階級の概況そのまま反映、ソルキョン配されたプールCの行方が焦点・リオデジャネイロ五輪柔道競技78kg級直前展望

(2016年8月9日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】最激戦区に置かれたガシモフに過酷な組み合わせ、羽賀はタイプ噛み合う選手配され視界良好・リオデジャネイロ五輪柔道競技100kg級直前展望

(2016年8月9日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】世界王者たちが第1グループ形成、追撃勢力を寄せ付けず・リオデジャネイロ五輪柔道競技78kg級展望

(2016年8月9日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】優勝圏内の強豪多数、”上がり目”捉えるのは誰か?・リオデジャネイロ五輪柔道競技100kg級展望

(2016年8月9日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】オルティスとユーが二強、対抗馬アルセマンと合わせて他寄せ付けぬ第1グループを形成・リオデジャネイロ五輪柔道競技78kg超級展望

(2016年8月9日)


四度目の正直で世界を制覇、田知本遥が肚の据わった柔道見せて金メダルの高みに到達・リオデジャネイロ五輪柔道競技70kg級

(2016年8月9日)


持ち前の勝負勘駆使して荒れたトーナメントを登攀、ベイカー茉秋が見事金メダル獲得・リオデジャネイロ五輪柔道競技90kg級

(2016年8月9日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】トーナメント序盤にポリングvs田知本の大一番、大混戦も大会傾向から最有力はアルベールと予想・リオデジャネイロ五輪柔道競技70kg級直前展望

(2016年8月9日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】好組み合わせの追い風吹いてベイカーに頂上までの視界開ける、序盤戦は”五輪滑り込み組”の勢いに注意・リオデジャネイロ五輪柔道競技90kg級直前展望

(2016年8月9日)


【eJudo’s EYE】“ひとつの理由”に括られる日本勢の苦戦・リオデジャネイロ五輪柔道競技第4日(81kg級、63kg級)評

(2016年8月9日)


トルステニャクが初優勝、決勝はライバルのアグベニューに「一本」で完勝・リオデジャネイロ五輪柔道競技63kg級

(2016年8月9日)


急成長カルモルゼフがツアーの勢い持ち込み一気の戴冠、決勝進出のスティーブンスは3度目の五輪で初のメダルを獲得・リオデジャネイロ五輪柔道競技81kg級

(2016年8月9日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】Aシード選手ゲルビに試練の予選ラウンド、アグベニューへの挑戦権争うプールC下段が最激戦区・リオデジャネイロ五輪柔道競技63kg級直前展望

(2016年8月8日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】どの山にも強豪配されシード選手は息抜けず、序盤の重心は“三強”のうちチリキシビリに傾く・リオデジャネイロ五輪柔道競技81kg級直前展望

(2016年8月8日)


地元開催に発奮、“ムラ気の天才”シウバが母国ブラジルに今大会初の金メダルもたらす・リオデジャネイロ五輪柔道競技57kg級

(2016年8月8日)


【eJudo’s EYE】強すぎる大野の勝利、日本がつかみ取るべき事象の「核」は何か・リオデジャネイロ五輪柔道競技第3日(73kg級、57kg級)評

(2016年8月8日)


大野将平が史上に残る圧勝、日本チームに初の金メダルをもたらす・リオデジャネイロ五輪柔道競技73kg級

(2016年8月8日)


【eJudo’s EYE】獲得出来なかった「異常さ」、仕組めなかった非論理性・リオデジャネイロ五輪柔道競技第2日(66kg級、52kg級)評

(2016年8月8日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第11回

(2016年8月8日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】松本薫は好配置、最大の不確定要素シウバはキムジャンディが引く・リオデジャネイロ五輪柔道競技57kg級直前展望

(2016年8月7日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】大野とアンの準決勝が最大の山場、アンは準々決勝で"刺客"ホンカクヒョンとマッチアップの可能性あり・リオデジャネイロ五輪柔道競技73kg級直前展望

(2016年8月7日)


ケルメンディ悲願の五輪金メダル獲得、中村美里との初対決を制す・リオデジャネイロ五輪柔道競技52kg級

(2016年8月7日)


荒れた大会勝ち抜き無印バジーレが驚きの戴冠、海老沼匡はアンバウルとの世界王者対決に敗れ銅メダル・リオデジャネイロ五輪柔道競技66kg級

(2016年8月7日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】メダル圏内に10名近くひしめく大混戦、それぞれ異なる上昇回路で頂点狙う・リオデジャネイロ五輪柔道競技70kg級展望

(2016年8月6日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド・日本代表選手紹介】”一周巡った”逞しさは代表チーム内でも出色、4度目の世界大会で初の表彰台を狙う・70kg級 田知本遥

(2016年8月6日)


【eJudo’s EYE】「強さのインフレ」に呑み込まれた髙藤、方法論に欠けた近藤・リオデジャネイロ五輪柔道競技第1日(60kg級、48kg級)評

(2016年8月6日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】【eJudo’s EYE】「ダイナミック柔道」の滑り出しは上々・リオデジャネイロ五輪柔道競技第1日総評

(2016年8月6日)


ハイランカー全員が素晴らしい柔道披露、昨年の世界王者パレトが金メダルに輝く・リオデジャネイロ五輪柔道競技48kg級

(2016年8月6日)


ムドラノフが素晴らしい出来で優勝、髙藤直寿は準々決勝敗退も銅メダルを確保・リオデジャネイロ柔道五輪柔道競技60kg級

(2016年8月6日)


第65回インターハイ柔道競技・男子個人戦マッチレポート①(60kg級、66kg級、73kg級)

(2016年8月6日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド・日本代表選手紹介】前進、掌握、攻撃の連続で“やりたくない相手”ナンバーワン、異次元の貪欲さで金メダル獲得に挑む・90kg級 ベイカー茉秋

(2016年8月5日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】個性派のスター選手が目白押し、ベイカー茉秋は勝負力の高さ生かして頂点狙う・リオデジャネイロ五輪柔道競技90kg級展望

(2016年8月5日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】V候補筆頭はアグベニュー、トルステニャクら追撃勢力とは相性交錯の“ジャンケン”状態・リオデジャネイロ五輪柔道競技63kg級展望

(2016年8月5日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド・日本代表選手紹介】エンジンは「己を高く買う」力、連続銅メダルの実績胸に王者アグベニュー超えに挑む・63kg級 田代未来

(2016年8月5日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】海老沼の最大注力は初戦、引いてしまったチバナの”面倒くささ”を考える・リオデジャネイロ五輪柔道競技66kg級直前展望

(2016年8月6日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】ドロー結果に驚きなし、ケルメンディ対中村の準決勝は大会最大の山場・リオデジャネイロ五輪柔道競技52kg級直前展望

(2016年8月6日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】メネゼスと近藤に厳しいドロー、近藤は予選ラウンドで敗戦歴ある2人と立て続けに対戦・リオデジャネイロ五輪柔道競技48kg級直前展望

(2016年8月4日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】日本選手団の命運握る先鋒髙藤に”最高の組み合わせ”現出、オズル配されたスメトフはダークホース2人を一手に引き受ける・リオデジャネイロ五輪柔道競技60kg級直前展望

(2016年8月4日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】現在は若手勃興期のとば口、それでも金メダル争いの軸は世界王者「三強」・リオデジャネイロ五輪柔道競技81kg級展望

(2016年8月4日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド・日本代表選手紹介】「背中に負うこと」で一皮むけた中量級の新王者、本命として初の金メダル獲りに挑む・81kg級 永瀬貴規

(2016年8月4日)


児玉ひかるが粂田晴乃との再戦制し優勝、松井絵名は団体戦と合わせて大会二冠達成なる・第65回インターハイ柔道競技女子個人戦最終日

(2016年8月2日)


57kg級は舟久保遥香が2連覇達成、新風吹き込む48kg級は1年生金知秀が戴冠・インターハイ柔道競技女子個人第1日

(2016年8月2日)


大成高が優勝、粂田晴乃が児玉ひかるとの一騎打ち制し大本命敬愛高を破る・第65回インターハイ柔道競技女子団体戦

(2016年8月2日)


女子団体戦の競技開始、敬愛高が3-0の圧勝重ねてベスト16進出・第65回インターハイ柔道競技

(2016年8月1日)


レベルの揃ったダンゴレース、爆発力は松本とシウバ・リオデジャネイロ五輪柔道競技57kg級展望

(2016年8月1日)


100kg級飯田健太郎は格の違いを見せ2連覇達成、81kg級は笠原大雅が遂に雪辱果たして戴冠・第65回インターハイ柔道競技男子個人戦第2日

(2016年8月1日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド・日本代表選手紹介】“ロンドン流”と“アスタナモード”、2つのスタイルの融合が金メダルのカギ・57kg級 松本薫

(2016年7月31日)


飯田健太郎と本間壘が全試合一本勝ちでフィニッシュ、国士舘が日体荏原との競り合い制して3連覇達成・第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート⑤決勝

(2016年7月31日)


日体荏原は埼玉栄との大接戦制す、国士舘はまたもや圧勝で決勝進出決定・第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート④準決勝

(2016年7月31日)


日体荏原と国士舘が順当に勝利、埼玉栄は劇的決着でベスト4入り決める・第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート④準々決勝

(2016年7月31日)


本命が次々陥落、男子軽量3階級全てで新王者誕生・第65回インターハイ柔道競技男子個人戦第1日

(2016年7月31日)


国士舘高が3年連続の優勝、宿敵日体荏原高を決勝で下す・第65回インターハイ柔道競技男子団体

(2016年7月31日)


日体荏原が逞しさ発揮し崇徳を逆転、東海大仰星は大牟田退けベスト8入り決める・第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート③3回戦

(2016年7月31日)


強豪各校はいずれも快勝、地元開星は代表戦勝ち抜き3回戦に進出・第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート②2回戦

(2016年7月30日)


注目の一番は国士舘が作陽に快勝、日体荏原と崇徳は粛々得点積み上げ2回戦進出・第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート①1回戦

(2016年7月30日)


夏の祭典インターハイ開幕、初日は国士舘ら男子団体ベスト8まで決まる

(2016年7月30日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド・日本代表選手紹介】周囲が抱く「強いもの」への畏怖が存在証明、誰もが認める大本命として初の五輪に乗り込む・73kg級 大野将平

(2016年7月28日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】大野将平が独走、唯一の対抗馬はアン・チャンリン・リオデジャネイロ五輪柔道競技73kg級展望

(2016年7月28日)


前衛の奮闘が大駒飯田健太郎の「一本」引き出す、国士舘が2年連続9度目の戴冠・平成28年度金鷲旗高校柔道大会マッチレポート③決勝

(2016年7月28日)


日体荏原と国士舘が優勝争いの軸、両校にもっとも嫌な「刺客」控える初日の戦いに注目・インターハイ柔道競技男子団体戦ひとこと展望

(2016年7月28日)


大牟田大健闘もベスト4で力尽きる、決勝進出は日体荏原と国士舘の本命2校・平成28年度金鷲旗高校柔道大会マッチレポート②準々決勝~準決勝

(2016年7月28日)


日体荏原余裕を持って決勝ラウンドへ、国士舘はスコアに凹凸も前衛奮戦して無事勝ち上がり・平成28年度金鷲旗高校柔道大会マッチレポート①1回戦~6回戦

(2016年7月28日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第10回

(2016年7月25日)


国士舘高が連覇達成、決勝の大将対決は飯田健太郎が藤原崇太郎に一本勝ち・平成28年度金鷲旗高校柔道大会

(2016年7月24日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】タイプ違う世界王者2人の一騎打ち、 地元のミランダらが後を追う・リオデジャネイロ五輪柔道競技52kg級展望

(2016年7月23日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド・日本代表選手紹介】練度を増して「パワーの時代」に対抗、独自の世界築き上げて悲願達成狙う・52kg級 中村美里

(2016年7月23日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】海老沼匡最有力も決定打見出しがたし、アンバウルら有力選手入り乱れて打倒を狙う・リオデジャネイロ柔道競技66kg級展望

(2016年7月23日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド・日本代表選手紹介】多彩な投げと思い切りに括目、世界選手権3連覇者が“最後の目標”に挑む・66kg級 海老沼匡

(2016年7月23日)


日体荏原、国士舘ら順当に4回戦に進出・金鷲旗高校柔道大会第2日男子

(2016年7月23日)


敬愛高が2年連続5度目の優勝飾る・平成28年度金鷲旗全国高校柔道大会女子

(2016年7月23日)


男子も競技開始、日体荏原と国士舘はともに先鋒1人で初戦を賄う・金鷲旗高校柔道大会第1日男子

(2016年7月22日)


敬愛、大成、埼玉栄ら強豪順当にベスト16入り・金鷲旗高校柔道大会第1日女子

(2016年7月22日)


今年で大会創設100周年、金鷲旗高校柔道大会が開幕

(2016年7月21日)


圧倒的戦力誇る敬愛が優勝候補筆頭、以降の混戦を頭ひとつ引き離す・金鷲旗高校柔道大会女子展望

(2016年7月21日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド・日本代表選手紹介】強心臓こそ「金」への階段、王国復活掛けて初の五輪に挑む・48kg級 近藤亜美

(2016年7月21日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】4人の世界王者経験者が軸、欧州勢2人と 好調ガルバトラフがこれに挑む・リオデジャネイロ五輪柔道競技48kg級展望

(2016年7月21日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド・日本代表選手紹介】到達点の高さはナンバーワン、持ち前の「面白さ」生かして金メダル狙う・ 60kg級 髙藤直寿

(2016年7月21日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】日本にとってのリオ五輪は?五輪で勝てる選手の条件は?

(2016年7月21日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】リオデジャネイロ五輪、柔道競技の位置づけは?

(2016年7月21日)


日体荏原と国士舘が軸の混戦、最有力は平常運航で「予想以上の仕事」してしまう日体荏原・金鷲旗高校柔道大会男子展望

(2016年7月20日)


【リオ五輪柔道競技完全ガイド】実力者ひしめく混戦、爆発力持つのは髙藤とスメトフ・リオデジャネイロ五輪柔道競技60kg級展望

(2016年7月20日)


「合言葉は『覚悟』、地元のインターハイに万全の準備で臨む」金鷲旗&インターハイ男子有力校監督インタビュー⑨開星高・下田尚監督

(2016年7月20日)


「選手権の経験を生かしてベスト4以上を狙う」金鷲旗&インターハイ男子有力校監督インタビュー⑧大牟田高・杉野健次郎監督

(2016年7月20日)


「今代は監督の目から見ても不気味なチーム、大会をかき回して日本一を狙う」金鷲旗&インターハイ男子有力校監督インタビュー⑦大成高・石田輝也監督

(2016年7月20日)


「キーワードは“最善”、試合の中でも成長し続ける」金鷲旗&インターハイ男子有力校監督インタビュー⑥崇徳高・加美富章監督

(2016年7月19日)


「自主性とまとまりがチームの強み、念願の日本一を狙います」金鷲旗&インターハイ男子有力校監督インタビュー⑤作陽高・川野一道監督

(2016年7月19日)


「とにかく普通にやっています、一生懸命頑張るだけ」金鷲旗&インターハイ女子有力校監督インタビュー 敬愛高・吉元幸洋監督

(2016年7月19日)


太田彪雅と滝川真央が優勝・ポーランドジュニア国際柔道大会最終日

(2016年7月18日)


「“出し尽くす”稽古を最後の勝負に生かす」金鷲旗&インターハイ男子有力校監督インタビュー④木更津総合高・近野貞治監督

(2016年7月17日)


「あと少しで届く手ごたえがある、蓜島以外の意地に期待」金鷲旗&インターハイ男子有力校監督インタビュー③埼玉栄高・川原篤監督

(2016年7月17日)


村井惟衣が全試合一本勝ちで優勝、藤阪泰恒と福岡賢晃は2位入賞果たす・ポーランドジュニア国際柔道大会

(2016年7月17日)


日本女子が全階級を制覇、小川雄勢は王子谷剛志破るも2位に終わる・グランドスラムチュメン最終日

(2016年7月17日)


ロシアと日本が表彰台を分け取り、日本勢が7階級中6階級を制す・グランドスラムチュメン第1日

(2016年7月17日)


「国士舘らしい試合、一丸の戦いで勝ち抜く」金鷲旗&インターハイ男子有力校監督インタビュー②国士舘高・岩渕公一監督

(2016年7月16日)


平成28年度全日本学生柔道優勝大会男子マッチレポート②準決勝

(2016年7月16日)


「チームは明らかに上向き、あと2つ勝って初の高校三冠を狙う」金鷲旗&インターハイ男子有力校監督インタビュー①日体荏原高・小久保純史監督

(2016年7月15日)


東海大が五輪壮行会、ベイカー茉秋、羽賀龍之介ら柔道競技4選手が抱負語る

(2016年7月13日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第9回

(2016年7月11日)


平成28年度全日本学生柔道優勝大会男子マッチレポート①1回戦~準々決勝

(2016年7月10日)


東海大が王座奪還、2年ぶり21度目の優勝飾る・平成28年度全日本学生柔道優勝大会男子

(2016年6月26日)


早稲田大が初優勝、貫いた文武両道の旗印実る・平成28年度全日本学生柔道優勝大会女子三人制

(2016年6月25日)


山梨学院大が史上初の3連覇達成、新添左季が全試合一本勝ちでチームを牽引・平成28年度全日本学生柔道優勝大会女子五人制

(2016年6月25日)


ワールドマスターズ2016・最終日5階級(90kg級、100kg級、100kg級、100kg超級)レポート

(2016年6月21日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第8回

(2016年6月20日)


緒方亜香里ら強力陣容が実力発揮、了徳寺学園が9年ぶりの優勝飾る・第66回全日本実業団体対抗大会女子第2部

(2016年6月12日)


古豪・東芝が快進撃、決勝でパーク24下し19年ぶりの優勝飾る・第66回全日本実業柔道団体対抗大会男子第2部

(2016年6月12日)


日本中央競馬会が7年ぶり3度目の優勝、旭化成の5連覇を阻む・第66回全日本実業柔道団体対抗大会男子第1部

(2016年6月12日)


「達成感でいっぱい」世界王者秋本啓之が現役引退を表明

(2016年6月11日)


三井住友海上が連覇達成、JR東日本が2位に食い込む・第66回全日本実業団体対抗大会女子第1部即日レポート

(2016年6月11日)


豪華メンバー揃えた了徳寺学園が圧勝、大将務めた秋本啓之は全試合一本勝ち・第66回全日本実業団体対抗大会男子第3部

(2016年6月11日)


ワールドマスターズ2016・第2日4階級(73kg級、81kg級、63kg級、70kg級)レポート

(2016年6月8日)


平成28年全日本柔道選手権全試合詳細④準々決勝~決勝

(2016年6月7日)


57kg級は世界ジュニア王者舟久保遥香が順当勝ち、男子無差別は本間壘が初優勝・第64回関東高等学校柔道大会個人戦

(2016年6月6日)


大蔵中が12年ぶりの優勝、連覇狙った曽根中は決勝で涙・第31回玄海旗中学生柔道大会

(2016年6月6日)


男子は日体荏原が初優勝、女子は埼玉栄が制す・第64回関東高等学校柔道大会団体戦

(2016年6月6日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第7回

(2016年6月6日)


ワールドマスターズ2016大会総評/第1日5階級(60kg級、66kg級、48kg級、52kg級、57kg級)レポート

(2016年6月2日)


ワールドマスターズ2016日本代表選手採点表

(2016年5月30日)


全7階級の代表決まる、78kg超級は1年生高橋瑠璃が戴冠・インターハイ柔道競技東京都予選女子個人

(2016年5月29日)


ベイカー茉秋が優勝、連勝途切れた原沢久喜は3位に留まる・ワールドマスターズ2016最終日速報

(2016年5月30日)


本戦連覇狙う飯田健太郎、藤原崇太郎らが順当に代表権獲得・インターハイ柔道競技東京都予選男子個人

(2016年5月28日)


田代未来と橋本壮市が優勝、70kg級はポリングが3連覇達成・ワールドマスターズ2016第2日速報

(2016年5月28日)


近藤亜美と中村美里が優勝、髙藤直寿と松本薫は初戦敗退に終わる・ワールドマスターズ2016第1日速報

(2016年5月28日)


ワールドマスターズ2016・最終日5階級(90kg級、100kg級、100kg超級、78kg級、78kg超級)ひとこと展望

(2016年5月28日)


ワールドマスターズ2016・第2日4階級(73kg級、81kg級、63kg級、70kg級)ひとこと展望

(2016年5月27日)


ワールドマスターズ2016・第1日5階級(60kg級、66kg級、48kg級、52kg級、57kg級)ひとこと展望

(2016年5月27日)


日本勢3階級を制す、村上優哉と東部直希は全試合一本勝ち・ポーランドカデ国際柔道大会

(2016年5月25日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第6回

(2016年5月23日)


グランドスラム・バクー最終日5階級(90kg級、100kg級、100kg超級、78kg級、78kg超級)レポート

(2016年5月22日)


平成28年全日本柔道選手権全試合詳細③3回戦

(2016年5月22日)


平成28年全日本柔道選手権全試合詳細②2回戦

(2016年5月18日)


欧州柔道選手権2016・女子7階級概況

(2016年5月17日)


グランドスラム・バクー第2日4階級(73kg級、81kg級、63kg級、70kg級)レポート

(2016年5月16日)


グランドスラム・バクー第1日5階級(60kg級、66kg級、48kg級、52kg級、57kg級)レポート

(2016年5月16日)


[記録]第36回全国少年柔道大会全試合結果

(2016年5月12日)


グランドスラムバクー2016・日本代表選手採点表

(2016年5月9日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第5回

(2016年5月9日)


[速報]山部佳苗が優勝、ウルフアロンと梅木真美は3位を確保・グランドスラムバクー最終日入賞者/日本選手勝ち上がり

(2016年5月8日)


[速報]永瀬貴規が順当に優勝、津金恵は2敗で7位に留まる・グランドスラムバクー第2日入賞者/日本選手勝ち上がり

(2016年5月8日)


グランドスラム・バクー最終日5階級(90kg級、100kg級、100kg超級、78kg級、78kg超級)ひとこと展望

(2016年5月8日)


欧州柔道選手権2016・男子7階級概況

(2016年5月7日)


グランドスラム・バクー第2日4階級(73kg級、81kg級、63kg級、70kg級)ひとこと展望

(2016年5月7日)


[速報]芳田司が圧勝V、永山竜樹は惜しくも決勝で敗れる・グランドスラムバクー第1日入賞者/日本選手勝ち上がり

(2016年5月7日)


朝飛道場が2年ぶり6度目の優勝、決勝は雄武館山中道場を逆転で下す・第36回全国少年柔道大会

(2016年5月5日)


グランドスラム・バクー第1日5階級(60kg級、66kg級、48kg級、52kg級、57kg級)ひとこと展望

(2016年5月5日)


男子代表が合宿を公開、大野将平は「最低でも金メダルが獲れるだけの準備を」

(2016年5月4日)


第31回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細④準々決勝~決勝

(2016年5月4日)


役者揃った大会の勝者は王子谷、抜群のセンス見せつけた上川は惜しくも決勝で涙・平成28年全日本柔道選手権マッチレポート

(2016年5月4日)


日本勢が3階級で優勝、古賀若菜と髙橋瑠璃は全試合を一本勝ち・ドイツカデ国際柔道大会

(2016年5月4日)


平成28年全日本柔道選手権全試合詳細①1回戦

(2016年5月1日)


第31回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細③3回戦

(2016年5月1日)


リオ五輪100㎏超級代表は原沢久喜に決定、『死にもの狂いで』と決意語る

(2016年4月29日)


王子谷剛志が2年ぶり2度目の優勝、代表候補の原沢久喜と七戸龍はともに準決勝で敗れる・平成28年全日本柔道選手権

(2016年4月29日)


平成28年全国柔道高段者大会・技術優秀選手

(2016年4月28日)


二連覇狙う原沢が代表候補の最右翼、直接対決の勝利に逆転選出賭ける七戸・平成28年全日本柔道選手権/リオ五輪100kg超級代表争い展望

(2016年4月28日)


決戦控えた原沢と七戸が会見、リオ五輪男子最重量級日本代表いよいよあす決定・全日本柔道選手権

(2016年4月28日)


原沢久喜が出色の出来で優勝、五輪代表の座大きく引き寄せる・平成28年全日本選抜柔道選手権100kg超級レポート

(2016年4月27日)


国際大会の経験と実績をしっかり結果に反映、ウルフアロンが初優勝飾る・平成28年全日本選抜柔道選手権100kg級レポート

(2016年4月27日)


西山大希がベイカー茉秋の追撃凌いで優勢勝ち、初優勝果たす・平成28年全日本選抜柔道選手権90kg級レポート

(2016年4月27日)


永瀬貴規が手堅く3連覇達成・平成28年全日本選抜柔道選手権81kg級レポート

(2016年4月25日)


大野将平が優勝、世界王者3名入り乱れる激戦を制す・平成28年全日本選抜柔道選手権73kg級レポート

(2016年4月25日)


阿部一二三が初V達成、準決勝で海老沼匡を3度投げつける完勝・平成28年全日本選抜柔道選手権66kg級レポート

(2016年4月25日)


志々目徹が絶好調の大島優磨下して初優勝、高藤直寿は準決勝で一本負け・平成28年全日本選抜柔道選手権60kg級レポート

(2016年4月25日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第4回

(2016年4月25日)


第31回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細②2回戦

(2016年4月25日)


ドラマは最終章の決勝に凝縮、優勝奪還の山部と立ち上がれず涙の田知本・第31回皇后盃全日本女子柔道選手権大会戦評

(2016年4月19日)


第31回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細①1回戦

(2016年4月19日)


【eJudo’s EYE】選考理由に問題あり、強化委員会における「ダブルスタンダード」との異論を支持する・リオデジャネイロ五輪柔道競技78kg超級日本代表選考「評」

(2016年4月19日)


女子は圧勝で優勝決定、3人で戦った男子は韓国倒して3位を確保・アジア柔道選手権2016団体戦

(2016年4月17日)


藤原崇太郎と飯田健太郎の高3コンビが揃って優勝、女子も青柳麗美と井上舞子がV飾る・ロシアジュニア国際柔道大会最終日

(2016年4月17日)


女子は舟久保遥香ら出場3人が全て優勝、男子は古賀玄暉と田川兼三が戴冠・ロシア ジュニア国際柔道大会第1日

(2016年4月17日)


大野陽子が優勝、決勝でキムセンヨン破る・アジア柔道選手権2016第2日女子

(2016年4月17日)


影浦心がキムスンミンとタングリエフを連破、最重量級を制す・アジア柔道選手権2016第2日男子

(2016年4月17日)


山部佳苗が優勝、五輪代表の座勝ち取る・第31回皇后盃全日本女子柔道選手権

(2016年4月17日)


田知本「あと少しで五輪に手が届く」、山部「優勝しなければチャンスはない」最終決戦あすに控えて代表候補2選手が会見・皇后盃全日本女子柔道選手権

(2016年4月16日)


リオ五輪柔道競技78kg超級日本代表争い/トーナメント展望・第31回皇后盃全日本女子柔道選手権

(2016年4月16日)


橋本壮市がアジア選手権初制覇、大島優磨は世界王者スメトフに一本負けで3位・アジア柔道選手権2016第1日男子

(2016年4月16日)


志々目愛がマーインナン倒し優勝、初のアジア制覇なる・アジア柔道選手権2016第1日女子

(2016年4月16日)


大本命敬愛を止めるものなし、児玉ひかるの全勝テコに危なげなく優勝決める・第38回全国高等学校柔道選手権女子団体戦レポート②準決勝~決勝

(2016年4月16日)


V候補敬愛は順当な勝ち上がり、東大阪大敬愛が第1シード埼玉栄を打倒・第38回全国高等学校柔道選手権女子団体戦レポート①1回戦~準々決勝

(2016年4月15日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第3回「柔道と申すものは体育勝負修心の三つの目的が有っておりましてこれを修行致しますれば体育も出来、勝負の方法も練習出来、一種の智育徳育も出来る都合になっております」

(2016年4月11日)


世界カデ王者素根輝が貫禄の最重量級連覇、52㎏級は阿部詩が制す・全日本カデ体重別選手権女子8階級即日レポート

(2016年4月11日)


90kg級は大本命長井晃志がキャリア初の全国制覇、最重量級は東部直希が磯村亮太を「一本」で下す・全日本カデ体重別選手権男子8階級即日レポート

(2016年4月11日)


[速報]平成28年全日本カデ体重別柔道選手権男女16階級結果

(2016年4月10日)


巨大戦力の国士舘は崩落、加速止まらぬ日体荏原が歓喜の初優勝飾る・第38回全国高等学校柔道選手権男子団体戦レポート⑥決勝

(2016年4月9日)


蓜島剛が圧勝、決勝の撃ち合いも「一本」で制し高校カテゴリ初優勝・全国高等学校柔道選手権男子無差別レポート

(2016年4月7日)


【eJudo's EYE】選出は順当、炙り出された選考上の問題点は軒並み同じ方向指す・リオデジャネイロ五輪柔道競技男女6階級代表選考「各階級評」

(2016年4月6日)


リオデジャネイロ五輪日本代表内定の12選手が会見、井上男子監督は「豪語しろ」と選手に檄

(2016年4月4日)


【eJudo's EYE】大会大波乱も選考は穏当、現行システムの特徴をまっすぐ反映・リオデジャネイロ五輪柔道競技6階級代表選考「全体評」

(2016年4月3日)


リオデジャネイロ五輪柔道競技、男女それぞれ6階級の代表決まる

(2016年4月3日)


注目の48kg級は近藤亜美が優勝、浅見八瑠奈はまさかの初戦敗退・全日本選抜柔道体重別選手権大会最終日女子

(2016年4月3日)


大野将平と永瀬貴規が順当に勝利、66kg級は本命海老沼匡下した阿部一二三が初優勝飾る・全日本選抜柔道体重別選手権大会最終日男子

(2016年4月3日)


第1シード選手は全員陥落、注目の70kg級は田知本遥が新井千鶴との頂点対決制して連覇・全日本選抜柔道体重別選手権大会第1日女子

(2016年4月2日)


最重量級の注目対決は原沢久喜が完勝、90kg級は西山大希が小差でベイカー茉秋を振り切る・全日本選抜柔道体重別選手権大会第1日男子

(2016年4月2日)


女子各階級五輪代表争い、トーナメントひとこと展望・全日本選抜体重別選手権

(2016年4月1日)


男子各階級五輪代表争い、トーナメントひとこと展望・全日本選抜体重別選手権

(2016年4月1日)


児玉ひかるが前評判通りの実力発揮、オール「一本」で圧勝V・全国高等学校柔道選手権大会女子無差別レポート

(2016年4月1日)


国士舘が河田闘志の踏ん張りテコに埼玉栄を振り切る、日体荏原は稀に見るハイスコアゲーム制して木更津総合を撃退・第38回全国高等学校柔道選手権男子団体戦レポート⑤準決勝

(2016年4月1日)


最終予選あすに控え浅見、近藤ら6選手が会見・全日本選抜柔道体重別選手権

(2016年3月31日)


全日本カデ王者三浦裕香理が接戦制して初優勝・全国高等学校柔道選手権女子63kg級レポート

(2016年3月31日)


国士舘が崇徳の粘り振り切る、日体荏原は長井晃志の3人抜きで勢い増して準決勝へ・第38回全国高等学校柔道選手権男子団体戦レポート④準々決勝

(2016年3月30日)


舟久保遥香が包囲網掻い潜って優勝、決勝も難敵相手に得意の「腹包み」冴える・全国高等学校柔道選手権女子57kg級レポート

(2016年3月30日)


地力の高さ生かして富沢佳奈が逆転勝利、本命対決の決勝を制す・全国高等学校柔道選手権女子52kg級レポート

(2016年3月30日)


カデ王者梅北眞衣が一皮剥けた柔道を披露、4つの「一本」奪って圧勝V・全国高等学校柔道選手権女子48kg級レポート

(2016年3月30日)


四つ角シード校大成が陥落、勢い止まらぬ木更津総合がベスト8入り決める・第38回全国高等学校柔道選手権男子団体戦レポート③3回戦

(2016年3月27日)


高校生離れした試合の巧さ披露、藤原崇太郎が大会史上初の連覇達成・全国高等学校柔道選手権男子81kg級レポート

(2016年3月27日)


広陵中学校が悲願の初優勝飾る・第29回近代柔道杯全国中学生柔道大会女子の部

(2016年3月27日)


国士舘中が6年ぶりの優勝、道下新大が全試合一本勝ちでチーム牽引・第29回近代柔道杯全国中学生柔道大会オープンの部

(2016年3月27日)


カデ王者渡邊神威が戴冠、下馬評通りの強さでライバル立て続けに破る・全国高等学校柔道選手権男子73kg級レポート

(2016年3月27日)


混戦階級抜け出し西村優太が優勝、得意の背負投で全国大会初タイトル決める・全国高等学校柔道選手権男子66kg級レポート

(2016年3月26日)


ダークホース市川龍之介が初優勝、粘りの柔道で本命・古賀玄暉を破る・全国高等学校柔道選手権男子60kg級レポート

(2016年3月26日)


国士舘らシード各校が順当に勝ち上がり、埼玉栄は大駒蓜島剛で四日市中央工を振り切る・第38回全国高等学校柔道選手権男子団体戦レポート②2回戦

(2016年3月25日)


木更津総合が好発進、四日市中央工は旭川竜谷との打ち合い制し埼玉栄への挑戦権得る・第38回全国高等学校柔道選手権男子団体戦レポート①1回戦

(2016年3月23日)


山田伊織が日本勢唯一の優勝飾る・ブレーメン国際柔道大会

(2016年3月22日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第2回

(2016年3月21日)


全試合一本勝ちの阿部詩ら日本勢7名が優勝飾る・チューリンゲン国際柔道大会

(2016年3月21日)


緒方亜香里が優勝・皇后盃全日本女子柔道選手権関東地区予選

(2016年3月21日)


個人無差別王者児玉ひかるが大車輪の活躍、敬愛高が3年ぶり3度目の優勝・第38回全国高等学校柔道選手権大会女子団体戦

(2016年3月20日)


史上に残る熱戦の勝者は日体荏原、決勝で大本命国士舘破って初優勝飾る・第38回全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦

(2016年3月20日)


女子無差別は児玉ひかるが全試合一本勝ちで圧勝V、57kg級は世界ジュニア王者舟久保遥香が初優勝飾る・第38回全国高等学校柔道選手権大会女子個人戦

(2016年3月19日)


無差別は大本命蓜島剛が戴冠、81kg級は藤原崇太郎が2連覇達成・第38回全国高等学校柔道選手権大会男子個人戦

(2016年3月19日)


全国高等学校柔道選手権・男女個人戦10階級ひとこと展望

(2016年3月17日)


「2年連続優勝している大会、あくまで上で勝つために全力を尽くす」全国高等学校柔道選手権女子団体戦有力校インタビュー・埼玉栄高 本松好正監督

(2016年3月17日)


児玉ひかる擁す敬愛が優勝候補筆頭、試合力高い埼玉栄と選手層厚い大成が後を追う・全国高等学校柔道選手権大会女子団体戦展望

(2016年3月17日)


飯田健太郎中心に戦力揃った国士館が大本命、最大の山場は埼玉栄戦・全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦展望

(2016年3月17日)


加藤博剛が全試合一本勝ちで優勝・全日本柔道選手権関東地区予選

(2016年3月16日)


菅原歩巴が連覇達成・皇后盃全日本女子柔道選手権東北地区予選

(2016年3月16日)


制野龍太郎が初優勝・全日本柔道選手権東北地区予選

(2016年3月16日)


グランプリ・デュッセルドルフ最終日5階級(90㎏級、100kg級、100kg超級、78kg級、78kg超級)レポート

(2016年3月16日)


「予選からもう一段化けるチーム。ここまで来たら優勝を狙う」・全国高等学校柔道選手権男子団体戦有力校インタビュー③日体荏原高・小久保純史監督

(2016年3月14日)


「目標は優勝のみ、目の前の相手をひとつひとつ必ず仕留めていく」全国高等学校柔道選手権男子団体戦有力校インタビュー②大成高・石田輝也監督

(2016年3月14日)


「2年連続三冠を狙う」全国高等学校柔道選手権男子団体戦有力校インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督

(2016年3月14日)


奥本華月が優勝、2年連続で本戦進出決める・皇后盃全日本女子柔道選手権四国地区予選

(2016年3月14日)


影野裕和が優勝、滝大輔が初の本戦出場決める・全日本柔道選手権四国地区予選

(2016年3月14日)


橋高朱里が連覇、高校1年生の松田美悠が2位入賞で本戦出場権獲得・皇后盃全日本女子柔道選手権北信越地区予選

(2016年3月14日)


猪又秀和が三連覇果たす・全日本柔道選手権北信越地区予選

(2016年3月14日)


鈴木伊織が優勝、後輩粂田晴乃とともに本戦進出決める・皇后盃全日本女子柔道選手権東海地区予選

(2016年3月14日)


佐藤和幸が優勝・全日本柔道選手権東海地区予選

(2016年3月14日)


グランプリ・デュッセルドルフ第2日4階級(73kg級、81kg級、63g級、70kg級)レポート

(2016年3月13日)


高校生梅津志悠が初優勝飾る・皇后盃全日本女子柔道選手権九州地区予選

(2016年3月11日)


西潟健太が全試合一本勝ちで連覇達成・全日本柔道選手権九州地区予選

(2016年3月11日)


市橋寿々華が優勝、決勝は山本沙羅を旗判定で下す・皇后盃全日本女子柔道選手権近畿地区予選

(2016年3月10日)


小川竜昂が初優勝・全日本柔道選手権近畿地区予選

(2016年3月10日)


高橋ルイが優勝、高校生田中志歩が2位で本戦出場権獲得・皇后盃全日本女子柔道選手権中国地区予選

(2016年3月8日)


上原将吾が初優勝・全日本柔道選手権中国地区予選

(2016年3月8日)


朝比奈沙羅が圧勝、全試合一本勝ちで優勝果たす・皇后盃全日本女子柔道選手権東京地区予選

(2016年3月8日)


上川大樹が優勝、学生王者小川雄勢が初の全日本出場権得る・全日本柔道選手権東京地区予選

(2016年3月7日)


【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第1回 「柔道は心身の力を最も有効に使用する道である」

(2016年3月7日)


連載「隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと」を始めます!

(2016年3月4日)


グランプリ・デュッセルドルフ第1日5階級(60kg級、66kg級、48kg級、52kg級、57kg級)レポート

(2016年3月2日)


全14階級の組み合わせ発表、髙藤直寿の初戦は昨年敗れた青木大・平成28年全日本選抜柔道体重別選手権

(2016年3月2日)


吉田優也ら4選手の欠場発表・平成28年全日本選抜柔道体重別選手権

(2016年3月2日)


「最強のバイプレイヤー」1年生伊藤祐介がキャリア初タイトル獲得、100kg級は田﨑健介が久々の全国優勝達成・第28回全国体育系学生柔道体重別選手権

(2016年2月28日)


得意の担ぎ技冴えた1年生込山龍哉が73kg級制覇、81kg級は山本幸紀が初優勝・第28回全国体育系学生柔道体重別選手権

(2016年2月27日)


グランドスラムパリ2016・女子最終日3階級(70kg級、78kg級、78kg超級)レポート

(2016年2月25日)


グランドスラムパリ2016・男子最終日4階級(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)レポート

(2016年2月24日)


グランプリデッュセルドルフ・日本代表選手採点表

(2016年2月21日)


[速報]グランプリ・デュセルドルフ最終日日本選手勝ち上がり

(2016年2月21日)


[速報]グランプリ・デュセルドルフ第2日日本選手勝ち上がり

(2016年2月20日)


グランプリ・デュッセルドルフ最終日5階級ひとこと展望

(2016年2月20日)


[速報]グランプリ・デュセルドルフ第1日日本選手勝ち上がり

(2016年2月19日)


グランプリ・デュッセルドルフ第2日4階級ひとこと展望

(2016年2月19日)


グランプリ・デュッセルドルフ第1日5階級ひとこと展望

(2016年2月19日)


グランドスラムパリ2016・女子第1日4階級(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)レポート

(2016年2月11日)


グランドスラムパリ2016・男子第1日3階級(60kg級、66kg級、73kg級)レポート

(2016年2月11日)


【ROAD TO 高校選手権】組み合わせ抽選寸前、今年も恒例eJudo版全国高校選手権「シード校予想」発表!

(2016年2月11日)


グランドスラムパリ2016・日本代表選手採点表

(2016年2月10日)


[速報]グランドスラムパリ2016・最終日日本代表選手勝ち上がり

(2016年2月8日)


[速報]グランドスラムパリ2016・第1日日本代表選手勝ち上がり

(2016年2月6日)


グランドスラムパリ2016・最終日男子4階級ひとこと展望

(2016年2月5日)


グランドスラムパリ2016・最終日女子3階級ひとこと展望

(2016年2月5日)


グランドスラムパリ2016・第1日女子4階級ひとこと展望

(2016年2月5日)


グランドスラムパリ2016・第1日男子3階級ひとこと展望

(2016年2月5日)


【ROAD TO 高校選手権】淑徳高が代表権獲得・全国高等学校柔道選手権東京都予選女子団体戦

(2016年1月31日)


【ROAD TO 高校選手権】大本命国士館高が好内容で優勝、本大会制覇に向け視界良好・全国高等学校柔道選手権東京都予選男子団体戦レポート

(2016年1月31日)


藤原崇太郎が順当に代表権獲得、男子無差別は河田闘志が本間壘との同門決勝を制す・全国高等学校柔道選手権東京都予選個人

(2016年1月24日)


勝負強さ健在、桐蔭学園が決勝で横須賀学院下し今年も全国切符掴む・全国高等学校柔道選手権神奈川県予選女子団体戦

(2016年1月23日)


神奈川はまたもや劇的ドラマ、桐蔭学園が下馬評覆し東海大相模を打倒・全国高等学校柔道選手権神奈川県予選男子団体戦

(2016年1月23日)


男子は国士館中が代表戦制して6年ぶりの優勝、女子は広陵中が悲願の初優勝飾る・第13回サニックス旗福岡国際中学生柔道大会

(2016年1月19日)


芳田司が素晴らしい内股「一本」で優勝決める、松本薫は世界王者シウバに苦杯で入賞ならず・グランドスラム東京57kg級レポート

(2016年1月17日)


中村美里優勝で代表権ほぼ手中、日本勢ベスト4独占も評価は明暗・グランドスラム東京52kg級レポート

(2016年1月17日)


全日本女子が合宿公開、代表候補が激しい乱取りを披露

(2016年1月15日)


【ROAD TO 高校選手権】国士館が2連覇達成、飯田健太郎1枚の保有テコに東海大相模の挑戦退ける・第32回若潮杯争奪武道大会男子マッチレポート②決勝トーナメント

(2016年1月4日)


【ROAD TO 高校選手権】国士館、東海大相模ら順当に決勝トーナメントへ、天理が予選リーグ敗退の波乱・第32回若潮杯争奪武道大会男子マッチレポート①予選リーグ

(2015年12月30日)


大成高が2連覇、埼玉栄と崇徳は力出し切れずベスト8敗退・第15回水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会男子マッチレポート

(2015年12月28日)


ここ一番の強さ今年も健在、埼玉栄高が敬愛高下して連覇達成・第32回若潮杯争奪武道大会女子

(2015年12月27日)


大駒飯田健太郎を軸に国士舘高が連覇、決勝は代表戦で東海大相模高を破る・第32回若潮杯争奪武道大会男子

(2015年12月27日)


敬愛高が他を寄せ付けず優勝、しぶとく戦った長崎明誠高が2位入賞果たす・第15回水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会女子

(2015年12月26日)


大成高が圧勝V、沈むライバル各校尻目にシリーズ2タイトル目を獲得・第15回水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会男子

(2015年12月26日)


【ROAD TO 高校選手権】各校前週とは打って変わった好パフォーマンスを披露、激戦制したのは日体荏原高・第29回國學院大學松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会マッチレポート

(2015年12月25日)


日体荏原高が連覇達成、決勝は先鋒から「3タテ」で宿敵国士舘高を破る・第29回國學院大學松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会

(2015年12月23日)


【ROAD TO 高校選手権】シリーズ第1戦は手堅く戦った大成高が勝利、各校まだ仕上がらず戦力見通しは混沌・第39回黒潮旗武道大会高校男子マッチレポート

(2015年12月22日)


大成中が高校と合わせて2カテゴリ制覇、女子は松山北中が圧勝V・第39回黒潮旗武道大会中学の部

(2015年12月20日)


男子は大成高が国士舘高と東海大相模高破り連覇達成、女子は小杉高が埼玉栄高下して初優勝飾る・第39回黒潮旗武道大会

(2015年12月20日)


近藤亜美が大会3連覇、決勝はライバル浅見八瑠奈を「一本」で下す・グランドスラム東京48kg級レポート

(2015年12月18日)


冬季欧州国際大会派遣選手発表、永瀬、ベイカー、羽賀らは「プロテクト」

(2015年12月18日)


得意の投技で全てを収拾、日本勢2人を連破し髙上智史が優勝飾る・グランドスラム東京66kg級レポート

(2015年12月16日)


髙藤直寿圧勝V、ナンバーワンの実力あらためて証明・グランドスラム東京60kg級レポート

(2015年12月16日)


稲森奈見がオルティス下して大会連覇、78kg級はハリソンが今季5度目のワールドツアータイトル獲得・グランドスラム東京最終日女子

(2015年12月6日)


3階級全てで日本勢が優勝、100kg超級は原沢久喜が直接対決で七戸龍を下す・グランドスラム東京最終日男子

(2015年12月6日)


[速報]グランドスラム東京最終日5階級・日本代表選手全試合勝ち上がり

(2015年12月6日)


[速報]グランドスラム東京第2日4階級・日本代表選手全試合勝ち上がり

(2015年12月5日)


63kg級は今季躍進のトラジドスが初優勝、70kg級は新井千鶴が大野陽子との延長戦制し2年ぶりのV・グランドスラム東京第2日女子

(2015年12月5日)


秋本啓之が大会連覇、81kg級はチリキシビリがジョージア勢初の優勝飾る・グランドスラム東京第2日男子

(2015年12月5日)


グランドスラム東京最終日5階級ひとこと展望

(2015年12月5日)


[速報]グランドスラム東京第1日5階級・日本代表選手全試合勝ち上がり

(2015年12月4日)


グランドスラム東京第2日4階級ひとこと展望

(2015年12月4日)


近藤亜美が浅見八瑠奈との頂点対決を「一本」で制す、52kg級は中村美里、57kg級は新鋭芳田司が優勝飾る・グランドスラム東京第1日女子

(2015年12月4日)


髙藤直寿圧勝で今季ワールドツアー3つ目のタイトル獲得、66kg級は髙上智史が海老沼匡を下す・グランドスラム東京第1日男子

(2015年12月4日)


グランドスラム東京第1日5階級ひとこと展望

(2015年12月3日)


【eJudo’s EYE】事実上の「五輪最終予選」となる階級多々、その行方に刮目せよ・グランドスラム東京2015オーバービュー

(2015年12月3日)


大会あすに控え日本代表5選手が会見・グランドスラム東京2015

(2015年12月3日)


大野将平、田知本遥ら欠場を表明・グランドスラム東京

(2015年12月2日)


[速報]グランプリ済州・最終日入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年11月29日)


[速報]グランプリ済州・第2日入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年11月28日)


グランプリ済州・最終日5階級ひとこと展望

(2015年11月27日)


グランプリ済州・第2日4階級ひとこと展望

(2015年11月26日)


[速報]グランプリ済州・第1日入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年11月26日)


グランプリ済州・第1日5階級ひとこと展望

(2015年11月26日)


[速報]グランプリ青島・最終日入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年11月23日)


[速報]グランプリ青島・第2日入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年11月22日)


[速報]グランプリ青島・第1日男子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年11月20日)


[速報]グランプリ青島・第1日女子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年11月20日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権・最終日女子4階級レポート

(2015年11月19日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権・最終日男子3階級レポート

(2015年11月17日)


[速報]グランドスラム東京・日本代表選手発表

(2015年11月8日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権・第1日女子3階級即日レポート

(2015年11月7日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権・第1日男子4階級即日レポート

(2015年11月7日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・最終日女子4階級展望

(2015年11月5日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・最終日男子3階級展望

(2015年11月5日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・第1日女子3階級展望

(2015年11月5日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・第1日男子4階級展望

(2015年11月5日)


グランドスラム・アブダビ第2日4階級レポート

(2015年11月5日)


グランドスラム・アブダビ第1日5階級レポート

(2015年11月4日)


グランドスラム・アビダビ最終日5階級ひとこと展望

(2015年10月31日)


グランドスラム・アビダビ第2日4階級ひとこと展望

(2015年10月30日)


グランドスラム・アビダビ第1日5階級ひとこと展望

(2015年10月30日)


グランドスラムパリ最終日女子3階級レポート

(2015年10月29日)


グランドスラムパリ最終日男子4階級レポート

(2015年10月28日)


日本が男女ともに優勝・世界ジュニア柔道選手権団体戦

(2015年10月28日)


冨田若春が全試合一本勝ちで優勝飾る・世界ジュニア柔道選手権第4日

(2015年10月27日)


日本勢は鍋倉那美が圧勝V、90kg級はグヴィニアシビリが全試合一本勝ちで2度目の優勝飾る・世界ジュニア柔道選手権第3日

(2015年10月25日)


東海大が2連覇達成、学生優勝大会の雪辱なる・全日本学生柔道体重別団体優勝大会男子

(2015年10月25日)


帝京大が3年ぶり2度目の優勝、決勝は昨年の覇者山梨学院大を代表戦で破る・全日本学生柔道体重別団体優勝大会女子

(2015年10月25日)


浅利昌哉と舟久保遥香が得意の寝技生かして優勝、52kg級はクラスニキが圧勝V・世界ジュニア柔道選手権第2日

(2015年10月24日)


60kg級永山竜樹と48kg級渡名喜風南が優勝飾る・世界ジュニア柔道選手権第1日

(2015年10月24日)


グランドスラムパリ・第1日女子4階級レポート

(2015年10月23日)


グランドスラムパリ・第1日男子3階級レポート

(2015年10月22日)


横須賀学院高が1部、2部をともに制覇・第19回朱雀杯争奪選抜高等学校柔道大会女子

(2015年10月19日)


東海大相模が優勝、準決勝で蓜島剛擁す埼玉栄を下す・第19回朱雀杯争奪選抜高等学校柔道大会男子

(2015年10月19日)


[速報]グランドスラムパリ最終日男子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年10月19日)


[速報]グランドスラムパリ最終日女子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年10月19日)


[速報]グランドスラムパリ第1日女子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年10月17日)


[速報]グランドスラムパリ第1日男子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年10月17日)


グランドスラムパリ最終日女子各階級ひとこと展望

(2015年10月17日)


グランドスラムパリ最終日男子各階級ひとこと展望

(2015年10月17日)


グランドスラムパリ第1日女子各階級ひとこと展望

(2015年10月16日)


グランドスラムパリ第1日男子各階級ひとこと展望

(2015年10月16日)


[記録]第24回日整全国少年柔道大会全試合詳細

(2015年10月13日)


愛知県代表が他を圧する出来で優勝飾る・第5回日整全国少年柔道形競技会

(2015年10月12日)


千葉県が接戦の連続制して初優勝飾る・日整全国少年柔道大会

(2015年10月12日)


グランプリ・タシケント男子7階級レポート

(2015年10月11日)


[記録]平成27年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部全試合対戦詳細

(2015年10月10日)


[記録]平成27年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学校女子の部全試合対戦詳細

(2015年10月10日)


激戦52kg級はユニバーシアード王者内尾真子が優勝、57kg級はダークホース臼井杏が制す・全日本学生柔道体重別選手権大会女子最終日3階級即日レポート

(2015年10月5日)


90kg級は江畑丈夫が復活V、100kg超級は1年生小川雄勢が手堅く優勝飾る・全日本学生柔道体重別選手権大会男子最終日3階級即日レポート

(2015年10月4日)


昨年の高校王者池絵梨菜が出色の出来で70kg級制覇、63kg級も1年生渡邊聖未が津金恵倒して戴冠・全日本学生柔道体重別選手権大会女子第1日4階級即日レポート

(2015年10月3日)


73kg級は投技冴えた1年生福岡克仁が優勝、激戦81kg級は佐藤正大が制す・平成27年度全日本学生柔道体重別選手権大会男子第1日4階級即日レポート

(2015年10月3日)


[速報]大島優磨、阿部一二三ともに全試合一本勝ちで優勝・グランプリタシケント第1日

(2015年10月2日)


【eJudo’s EYE】マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部決勝における誤審の検証と、訴えたいこと

(2015年9月28日)


[記録]平成27年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学校男子の部全試合対戦詳細

(2015年9月27日)


大成中が4連覇、気迫溢れる戦いで大駒素根輝擁する田主丸中を撃破・平成27年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学女子の部

(2015年9月22日)


大成中が連覇達成、執念で今季最後の「一冠」もぎ取る・平成27年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学男子の部

(2015年9月22日)


朝飛道場が4連覇達成・平成27年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部

(2015年9月22日)


Reports of All-Japan Businessmen’s Individual Judo Championships 2015

(2015年9月19日)


朝比奈沙羅が全試合一本勝ちで連覇達成、63kg級は鍋倉那美が圧勝でV飾る・全日本ジュニア柔道体重別選手権最終日女子4階級即日レポート

(2015年9月14日)


飯田健太郎圧倒的な出来でジュニア初制覇、100kg超級は小川雄勢が2連覇飾る・全日本ジュニア柔道体重別選手権最終日男子4階級即日レポート

(2015年9月14日)


57kg級は高校2年生舟久保遥香が今季3つ目の全国タイトル獲得、48kg級は持ち味発揮した常見海琴が制す・全日本ジュニア柔道体重別選手権第1日女子4階級即日レポート

(2015年9月12日)


山本悠司が接戦を「技」で突破し73kg級連覇、激戦60kg級は永山竜樹が制す・全日本ジュニア柔道体重別選手権第1日男子4階級即日レポート

(2015年9月12日)


市橋寿々華が3連覇達成、新設の52kg級は垣田恵利が順当に優勝飾る・平成27年度全国警察柔道選手権女子3階級即日レポート

(2015年9月11日)


81kg級で山下諒輔が連覇達成、昨年優勝なしの警視庁は2階級を奪還・平成27年度全国警察柔道選手権男子6階級即日レポート

(2015年9月11日)


【eJudo’s EYE】アスタナ世界選手権男子日本代表総評、各選手採点表

(2015年9月11日)


【eJudo’s EYE】アスタナ世界選手権女子日本代表総評、各選手採点表

(2015年9月11日)


勝負強さ発揮した日本が優勝、圧倒的強さ見せた韓国を決勝で寄り切る・アスタナ世界選手権男子団体戦レポート

(2015年9月9日)


日本が全試合5-0の圧勝V、純戦力と「団体戦の知見」の高さで他国を全く寄せ付けず・アスタナ世界選手権女子団体戦レポート

(2015年9月7日)


【eJudo’s EYE】膝の回復なった中村美里が見せた魔術的完成度、三井住友メソッドの凄さここに極まる・アスタナ世界選手権52kg級「評」

(2015年9月3日)


【eJudo’s EYE】緩やかな陣地割譲の末の破綻、得るもの少ない高市賢悟の初戦敗退・アスタナ世界柔道選手権66kg級「評」

(2015年9月3日)


選抜王者濵田尚里が圧倒的強さ見せて78kg級連覇、78kg超級は烏帽子美久が初優勝飾る・全日本実業個人選手権最終日女子4階級即日レポート

(2015年9月2日)


90kg級は西山将士が復帰戦飾る、100kg超級は上川大樹が西潟健太を「一本」で叩き付け圧勝V・全日本実業個人選手権最終日男子3階級即日レポート

(2015年9月2日)


【eJudo’s EYE】3連覇の所以発揮出来なかった海老沼・アスタナ世界柔道選手権66kg級「評」

(2015年8月30日)


6年生45kg級は小幡心里が連覇で初の姉弟同時優勝果たす、6年生45kg超級は菊池明菜が初優勝・第12回全国小学生学年別柔道大会女子

(2015年8月30日)


6年生50kg超級で昨年2位の甲木碧が悲願の初V、5年生45kg超級は遠藤大城がオール一本勝ちで初の全国制覇決める・第12回全国小学生学年別柔道大会男子

(2015年8月30日)


57kg級は小野彰子が圧勝V、人材揃った48kg級は森﨑由理江が初優勝・全日本実業個人選手権第1日女子3階級即日レポート

(2015年8月30日)


66kg級は平岡拓晃が階級変更後初のタイトル獲得、73kg級は選抜王者橋本壮市が連覇・全日本実業個人選手権第1日男子5階級即日レポート

(2015年8月30日)


ユーが圧倒的スペック見せて初優勝、田知本愛は「本気のオルティス」破る殊勲で銀メダル獲得・アスタナ世界選手権78kg超級レポート

(2015年8月30日)


リネールが「100-0」志向あくまで緩めず7連覇達成、七戸龍は2大会連続の銀メダル・アスタナ世界選手権100kg超級レポート

(2015年8月30日)


羽賀龍之介が初優勝飾り「エース階級」復活の狼煙、得意の内股生かす忍耐力光る・アスタナ世界選手権100kg級レポート

(2015年8月30日)


大荒れトーナメントを制したのは日本の新鋭、初出場の梅木真美が見事世界を制す・アスタナ世界選手権78kg級レポート

(2015年8月29日)


頂点獲りに挑むユーソンに立ちはだかるオルティス、実力十分の日本勢は「試合力」の突破が課題・アスタナ世界選手権78kg超級展望

(2015年8月29日)


個性派の強豪ズラリの魅力的なトーナメント、連覇狙うクルパレク中心に好カードが目白押し・アスタナ世界選手権100kg級展望

(2015年8月29日)


最強選手リネールの勝ちぶりが最大のみどころ、七戸龍は決勝での再戦狙う・アスタナ世界選手権100kg超級展望

(2015年8月29日)


33歳エマヌ驚きの優勝、決勝は台風の目ベルナベウを一蹴・アスタナ世界選手権70kg級レポート

(2015年8月28日)


デニソフ出色の出来も最後の勝者はガクドンハン、ベイカー茉秋はグヴィニアシビリに惜敗で3位・アスタナ世界選手権90kg級レポート

(2015年8月28日)


強豪ひしめく豪華トーナメント、ハリソンとアギアールの2強は準々決勝で激突・アスタナ世界選手権78kg級展望

(2015年8月27日)


役者揃い過ぎた豊作階級、優勝争いの行方は混沌・アスタナ世界選手権90k級展望望

(2015年8月27日)


ポリングとアルベールが優勝争いを牽引、新井はコンウェイと戦う初戦の出来がカギ・アスタナ世界選手権70kg級展望

(2015年8月27日)


日本苦戦の中量級に歴史的1ページ、永瀬貴規が世界王者2人下して初優勝飾る・アスタナ世界選手権81kg級レポート

(2015年8月27日)


トルステニャクがアグベニュー下し初優勝、田代未来は3位を確保・アスタナ世界選手権63kg級レポート

(2015年8月27日)


岡山市の医療・介護機器メーカー「オージー技研」が女子柔道部発足、アドバイザーに古賀稔彦氏が就任

(2015年8月27日)


アグベニューとトレステニャクが優勝争いの軸、ワールドマスターズ王者の田代未来も割って入る可能性十分・アスタナ世界選手権63kg級展望

(2015年8月27日)


世界王者4人エントリーも永瀬貴規に優勝の可能性十分、準々決勝のニフォントフ戦が最初の山場・アスタナ世界選手権81kg級展望

(2015年8月27日)


松本薫2度目の世界選手権制覇、抜きんでた強さと安定感見せる・アスタナ世界選手権57kg級レポート

(2015年8月26日)


日本勢2人が他を寄せ付けず、決勝は大野将平が中矢力を小外刈「技有」で下す・アスタナ世界選手権73kg級レポート

(2015年8月26日)


実力ナンバーワンは大野将平、対抗馬は中矢やイサエフら体内に「もうひと伸び」の磁気帯びる選手・アスタナ世界選手権73kg級展望

(2015年8月25日)


有力選手ひしめく混戦階級、注目一番手はシウバ・アスタナ世界選手権57kg級展望

(2015年8月25日)


ライバル3人に直接対決で完勝、中村美里3度目の世界選手権制覇なる・アスタナ世界選手権52kg級レポート

(2015年8月25日)


大混戦は21歳アンバウルの初優勝に収束、海老沼匡は予選ラウンド敗退で4連覇逸す・アスタナ世界選手権66kg級レポート

(2015年8月25日)


【eJudo’s EYE】長短いずれの特徴も見せた志々目は銅メダル確保、五輪に向けて着実に楔打ちこむ・アスタナ世界柔道選手権60kg級「評」

(2015年8月25日)


【eJudo’s EYE】世界一の呪縛ようやく解ける、鉄火場で「走り方」見つけた近藤・アスタナ世界柔道選手権48kg級「評」

(2015年8月25日)


【eJudo’s EYE】キャリア出色のハイパフォーマンス、ゆえに久々「確定」なった浅見の立ち位置・アスタナ世界柔道選手権48kg級「評」

(2015年8月25日)


担ぎ技冴えた29歳パレトが初優勝、決勝は浅見八瑠奈を「指導2」で破る・アスタナ世界選手権48kg級レポート

(2015年8月24日)


スメトフ初優勝、カザフスタン勢が驚きのワンツーフィニッシュ飾る・アスタナ世界選手権60kg級レポート

(2015年8月24日)


クズティナ、キトゥ、マーらパワーファイターに挑む中村、不確定要素は出場試合絞って好調気配のミランダ・アスタナ世界選手権52kg級展望

(2015年8月24日)


本命海老沼を中心に稀に見る混戦、突如階級下げたツァガンバータルとの準々決勝に注目・アスタナ世界選手権66kg級展望

(2015年8月24日)


ムドラノフら実力者6名が鍔迫り合いの大混戦、志々目徹はキムウォンジンとの因縁対決待つ準々決勝が最初の山場・アスタナ世界選手権60kg級展望

(2015年8月23日)


浅見八瑠奈とムンクバットによる3回戦対決が前半戦最大の山、ファンスニックら強豪ギッシリの「死の山」Cブロックの勝ち上がりに注目・アスタナ世界選手権48kg級展望

(2015年8月23日)


最重量級は千野根有我が他を全く寄せ付けず、81kg級は村尾三四郎が平均試合時間46秒の圧勝V・全国中学校柔道大会男子個人戦8階級即日レポート

(2015年8月20日)


70kg超級で素根輝が連覇達成、52kg級は優勝候補筆頭の阿部詩が前評判通りの強さ見せて圧勝V・全国中学校柔道大会女子個人戦8階級即日レポート

(2015年8月19日)


安田学園中が大成中ら強豪を連破、初の日本一に輝く・全国中学校柔道大会男子団体戦

(2015年8月18日)


田主丸中が初優勝、世界カデ王者素根輝擁し一段違う力見せつける・全国中学校柔道大会女子団体戦

(2015年8月17日)


インターハイ柔道競技男子団体レポート⑥決勝

(2015年8月17日)


インターハイ柔道競技男子団体レポート⑤準決勝

(2015年8月16日)


インターハイ柔道競技男子団体レポート④準々決勝

(2015年8月16日)


インターハイ柔道競技男子団体レポート②3回戦

(2015年8月15日)


インターハイ柔道競技男子団体レポート①1回戦~2回戦

(2015年8月14日)


世界選手権開幕直前、男子日本代表が仕上げの強化合宿を公開

(2015年8月14日)


大成勢が2階級で優勝、混戦70kg級は新森涼、最重量級は冨田若春が制す・インターハイ柔道競技女子個人戦

(2015年8月12日)


坂上綾と黒木七都美が2連覇達成、57kg級はカデ王者舟久保遥香が初優勝・インターハイ柔道競技女子個人戦

(2015年8月11日)


大成高が初優勝、黄金世代最後の挑戦で悲願の日本一達成なる・インターハイ柔道競技女子団体戦

(2015年8月11日)


ベスト16進出校決まる、好スタート切ったのは大成・インターハイ柔道競技女子団体戦

(2015年8月10日)


藤原崇太郎、飯田健太郎ら本命が重量4階級を制す、100kg超級山田伊織は全試合一本勝ちの圧勝・インターハイ柔道競技男子個人戦

(2015年8月10日)


阿部一二三「奪一本ショー」完遂で66kg級連覇、73kg級は立川新が高校選手権に続く優勝・インターハイ柔道競技男子個人戦

(2015年8月9日)


中学生素根輝、全試合一本勝ちで超級を制す・世界カデ柔道選手権第4日

(2015年8月9日)


国士舘高「最強」を証明、史上に残る圧勝で高校三冠獲得・インターハイ柔道競技男子団体戦

(2015年8月9日)


ベスト8決定、国士舘、大成ら有力校順当に勝ち上がる・インターハイ柔道競技第1日

(2015年8月8日)


武田亮子が優勝、佐々木ちえも2位入賞果たす・世界カデ柔道選手権第3日

(2015年8月8日)


インターハイ柔道競技・女子個人戦各階級展望

(2015年8月8日)


優勝候補筆頭は強力三枚擁する敬愛、大成と埼玉栄の強豪2チームが後を追う・インターハイ柔道競技女子団体戦展望

(2015年8月8日)


インターハイ柔道競技・男子個人戦各階級展望

(2015年8月7日)


古賀玄暉と富沢佳奈が優勝飾る・世界カデ柔道選手権第2日

(2015年8月7日)


五十嵐莉子が3位、内田海翔は初戦敗退に終わる・世界カデ柔道選手権第1日

(2015年8月7日)


「絶対に国士舘の三冠を止める」インターハイ柔道競技男子団体有力校監督インタビュー②石田輝也・大成高監督

(2015年8月6日)


「三冠」挑む巨大戦力の国士舘が優勝候補筆頭、金鷲旗の大接戦で手応え得た大成と日体荏原が最後の戦い挑む・インターハイ柔道競技男子団体戦展望

(2015年8月6日)


「金鷲旗後も選手はいままで通り、気負いはまったくない」インターハイ柔道競技女子団体有力校監督インタビュー・吉元幸洋監督

(2015年8月5日)


「目標は三冠と13回目の優勝、一生懸命やるということに尽きる」インターハイ柔道競技男子団体有力校監督インタビュー・岩渕公一国士舘高監督

(2015年8月5日)


金鷲旗高校柔道大会男子レポート④決勝

(2015年8月4日)


金鷲旗高校柔道大会男子レポート③準決勝

(2015年8月4日)


金鷲旗高校柔道大会男子レポート②準々決勝

(2015年8月3日)


全日本学生柔道優勝大会男子レポート④決勝

(2015年8月1日)


全日本学生柔道優勝大会男子レポート③準決勝

(2015年7月30日)


金鷲旗高校柔道大会男子レポート①1回戦~6回戦

(2015年7月30日)


国士舘が4年ぶりの優勝、日体荏原と大成の粘りを大将山田伊織の活躍で振り切る・金鷲旗高校柔道大会男子

(2015年7月24日)


明日いよいよ強豪校激突、有力チーム順当に勝ち進む・金鷲旗高校柔道大会男子

(2015年7月23日)


敬愛が王座奪還、圧巻の攻撃力で埼玉栄と大成を捻じ伏せる・金鷲旗高校柔道大会女子

(2015年7月23日)


金鷲旗高校柔道大会開幕、第1日は強豪各校順当に勝ち進む

(2015年7月22日)


戦力厚い地元敬愛と春の王者埼玉栄が優勝争いの軸、黄金世代最後の夏に挑む大成を加えたマッチレース・金鷲旗高校柔道大会女子展望

(2015年7月21日)


大本命国士舘に死角なし、一刀浴びせんと大成筆頭に強豪各校が覚悟の戦い挑む・金鷲旗高校柔道大会男子展望

(2015年7月21日)


金鷲旗高校柔道大会が開幕

(2015年7月21日)


「気負わず『いつも通りの大成』で優勝目指す」金鷲旗高校柔道大会女子有力校監督インタビュー②大成高・大石公平監督

(2015年7月20日)


「繋ぐ柔道、心を動かす勝負が出来るかどうかがカギ」金鷲旗高校柔道大会女子有力校監督インタビュー①埼玉栄高・本松好正監

(2015年7月20日)


井上舞子ら日本勢が3階級を制す・ポーランドジュニア国際柔道大会最終日

(2015年7月20日)


[速報]70kg級の田知本遥が抜群の出来で優勝・グランドスラムチュメン最終日女子

(2015年7月20日)


[速報]ベイカー茉秋順当に90kg級制す、100kg超級原沢久喜も豪快な内股「一本」で優勝決める・グランドスラムチュメン最終日男子

(2015年7月20日)


髙橋瑠衣、前田千島、月野珠里が優勝飾る・ポーランドジュニア国際柔道大会第1日

(2015年7月19日)


[速報]芳田司が難敵連破で優勝飾る・グランドスラムチュメン第1日女子

(2015年7月19日)


[速報]木戸慎二と高上智史が優勝、試合中負傷の秋本啓之は5位に終わる・グランドスラムチュメン第1日男子

(2015年7月19日)


グランドスラム・チュメン最終日各階級ひとこと展望

(2015年7月18日)


グランドスラム・チュメン第1日各階級ひとこと展望

(2015年7月17日)


「力を出し切るだけではなく、その上にミラクルを起こす」金鷲旗高校柔道大会男子有力校監督インタビュー③日体荏原高・小久保純史監督

(2015年7月17日)


「愛知の地に優勝旗を持って帰る」金鷲旗高校柔道大会男子有力校監督インタビュー②大成高・石田輝也監督

(2015年7月17日)


平成27年全日本柔道選手権大会全試合詳細①一回戦

(2015年7月17日)


グランプリ・ブタペスト女子各階級レポート

(2015年7月16日)


全日本学生柔道優勝大会男子レポート②準々決勝

(2015年7月15日)


「強さを証明するには春以上の内容が必要」金鷲旗高校柔道大会男子有力校監督インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督

(2015年7月13日)


グランプリ・ブタペスト男子各階級レポート

(2015年7月11日)


原沢久喜が全日本選手権優勝祝賀会に出席、喜びと使命感語る

(2015年7月11日)


第30回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細④準々決勝~決勝

(2015年7月9日)


第30回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細③3回戦

(2015年7月9日)


第30回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細②2回戦

(2015年7月9日)


第30回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細①1回戦

(2015年7月9日)


全日本学生柔道優勝大会男子レポート①1回戦~3回戦

(2015年7月9日)


団体戦は男女とも日本が制す・ユニバーシアード柔道競技最終日

(2015年7月9日)


全日本主力選手が世界選手権に向け国際合宿に参加

(2015年7月8日)


ジョンボキョンがムンクバット破り優勝、渡名喜風南と山本沙羅はともに表彰台を確保・ユニバーシアード柔道競技第4日女子

(2015年7月8日)


上田轄麻が無差別優勝、大島優磨は決勝でキムウォンジンに敗れる・ユニバーシアード柔道競技第4日

(2015年7月8日)


アンチャンリンら韓国勢が2階級を制す・ユニバーシアード柔道競技第3日男子

(2015年7月6日)


52kg級で内尾真子が優勝、57kg級は「中2日」出場のドルジスレンがV飾る・ユニバーシアード柔道競技第3日女子

(2015年7月6日)


[速報]ウルフアロンと西潟健太が優勝、ウルフは五輪王者カイブラエフを「一本」で下す・グランプリウランバートル最終日男子

(2015年7月5日)


津金恵が優勝、長内香月はキムセンヨンに敗れて2位・ユニバーシアード柔道競技第2日女子

(2015年7月5日)


[速報]78kg超級は久々出場のチン・チェンが優勝、78kg級の日本勢2人はいずれも3位に終わる・グランプリウランバートル最終日女子

(2015年7月5日)


90kg級はガクドンハンが2連覇達成、小原拳哉と長澤憲大はいずれも3位入賞果たす・ユニバーシアード柔道競技第2日男子

(2015年7月5日)


朝比奈沙羅が全試合一本勝ちで優勝飾る・ユニバーシアード柔道競技第1日女子

(2015年7月5日)


100kg超級で原沢久喜が優勝、100kg級はチョグハンが大会またいで2階級制覇達成・ユニバーシアード柔道競技第1日男子

(2015年7月5日)


[速報]高校生嶺井美穂惜しくも2位、池絵梨菜は70kg級の序列崩せず7位に終わる・グランプリウランバートル第2日女子

(2015年7月5日)


[速報]激戦73kg級はダークホースの中国サイが優勝、日本勢は振るわず丸山剛毅の7位が最高成績・グランプリ・ウランバートル第2日男子

(2015年7月5日)


[速報]志々目愛が優勝、松本薫は3位に終わる・グランプリウランバートル第1日女子

(2015年7月4日)


[速報]阿部一二三は2位、モンゴル勢が2階級を制す・グランプリウランバートル第1日男子

(2015年7月4日)


「全国少年柔道協議会」が発足

(2015年7月3日)


グランプリ・ウランバートル女子各階級ひとこと展望

(2015年7月2日)


グランプリ・ウランバートル男子各階級ひとこと展望

(2015年7月2日)


筑波大が初優勝、東海大の8連覇を阻む・全日本学生柔道優勝大会男子

(2015年6月28日)


[速報]100kg超級は突如復活のオクルアシビリが初の欧州制覇、78kg級は復帰4戦目のフェルケルクがチュメオ下して初優勝・欧州柔道選手権第3日

(2015年6月28日)


鹿屋体育大が2年連続3度目の優勝飾る・全日本学生柔道優勝大会女子3人制

(2015年6月27日)


混戦制して山梨学院大が2連覇・全日本学生柔道優勝大会女子5人制

(2015年6月27日)


[速報]チリキシビリ3度目の優勝、63kg級はトラジドスがアグベニューとトレステニャクを連破し初V・欧州柔道選手権第2日

(2015年6月27日)


[速報]ムドラノフが3度目の欧州制覇決める、52kg級はキトゥがしぶとく2度目の優勝・欧州柔道選手権第1日

(2015年6月26日)


News report of East Asian Judo Championships 2015 Nagoya

(2015年6月24日)


ワールドマスターズ・ラバト女子レポート②70kg級、78kg級、78kg超級

(2015年6月23日)


男女とも全試合5-0で日本が優勝決める、井上康生監督は「良い大会だった」・東アジア柔道選手権団体戦

(2015年6月22日)


女子も日本勢が全階級で優勝、地元大成高勢2階級でシニア強化選手を破る・東アジア柔道選手権女子7階級レポート

(2015年6月20日)


日本勢が全階級を制覇・東アジア柔道選手権男子7階級レポート

(2015年6月20日)


ワールドマスターズ・ラバト男子レポート②81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級

(2015年6月18日)


ワールドマスターズ・ラバト女子レポート①48kg級、52kg級、57kg級、63kg級

(2015年6月17日)


渡名喜風南が2位、アスタナ世界選手権代表新井千鶴は無名選手に初戦で敗れる・グランプリブタペスト女子

(2015年6月15日)


王子谷剛志が優勝、志々目徹は再びスメトフに敗れて3位・グランプリブタペスト男子

(2015年6月15日)


淑徳高が帝京高破り代表権獲得・インターハイ柔道競技東京都予選女子団体

(2015年6月14日)


国士舘が史上に残る圧勝、29勝0敗1分けで最激戦区東京を駆け抜ける・インターハイ柔道競技東京都予選男子団体

(2015年6月14日)


グランプリ・ブダペスト最終日各階級ひとこと展望

(2015年6月13日)


グランプリ・ブダペスト第1日各階級ひとこと展望

(2015年6月12日)


「世界のスポーツのシンボルになりたい」テディ・リネール選手コメント要旨

(2015年6月10日)


来日中の絶対王者リネールが稽古公開、原沢久喜が果敢に稽古挑む

(2015年6月10日)


曽根中学校が初優勝飾る・第30回玄海旗中学生柔道大会

(2015年6月9日)


[速報]渡邊神威が優勝飾る・ポーランドカデ国際柔道大会最終日

(2015年6月8日)


[速報]古賀玄暉ら日本選手3人はいずれも優勝・ポーランド国際柔道大会第1日

(2015年6月7日)


ALSOKが隙を見せずに連覇、田知本遥が全試合一本勝ちでチーム牽引・全日本実業柔道団体対抗大会女子第二部

(2015年6月7日)


センコーが決勝で新日鐵住金を破る・全日本実業柔道団体対抗大会男子第二部

(2015年6月7日)


旭化成が4連覇、全試合無失点で他を寄せ付けず・全日本実業柔道団体対抗大会男子第一部

(2015年6月7日)


三井住友海上が2年ぶり6度目の優勝、手堅い柔道で強敵コマツを振り切る・全日本実業柔道団体対抗大会女子第一部

(2015年6月6日)


パーク24が激戦勝ち抜き優勝、地元秋田勢はベスト8に留まる・全日本実業柔道団体対抗大会第三部

(2015年6月6日)


ワールドマスターズ・ラバト男子レポート①60kg級、66kg級、73kg級

(2015年6月5日)


田知本愛が初優勝、ライバル山部佳苗は準決勝で苦杯・全日本選抜柔道体重別選手権78kg超級レポート

(2015年6月1日)


「獣人柔道」西潟健太がついに日本一、決勝で王子谷剛志を捻じ伏せ初優勝飾る・全日本選抜柔道体重別選手権100kg超級レポート

(2015年6月1日)


高木海帆再度爆発して国内大会2連勝、期待の羽賀龍之介はまたも熊代佑輔に苦杯・全日本選抜柔道体重別選手権100kg級レポート

(2015年6月1日)


濵田尚里が全試合一本勝ちで優勝、代表経験者の緒方亜香里と佐藤瑠香はともに初戦敗退に終わる・全日本選抜柔道体重別選手権78kg級レポート

(2015年6月1日)


ベイカー茉秋が先輩吉田優也に因縁の技でお返し、初優勝果たす・全日本選抜柔道体重別選手権90kg級レポート

(2015年6月1日)


永瀬貴規が手堅く連覇達成・全日本選抜柔道体重別選手権81kg級レポート

(2015年6月1日)


選手権無差別王者荒谷莉佳子、ジュニア王者杉山歌嶺らが優勝飾る・インターハイ柔道競技東京都予選

(2015年5月26日)


選手権覇者藤原崇太郎が代表権獲得、重量2階級は飯田健太郎、山田伊織の国士舘勢が優勝・インターハイ柔道競技東京都予選

(2015年5月26日)


[速報]田知本と山部はともにユースンに敗れる、新井も優勝ならず3位・ワールドマスターズラバト最終日女子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年5月25日)


[速報]永瀬貴規が優勝、七戸龍はリネールに一本負けも3位入賞果たす・ワールドマスターズラバト最終日男子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年5月25日)


[速報]一線級7人投入も日本勢振るわず、唯一好調の田代未来が全試合一本勝ちでV飾る・ワールドマスターズラバト第1日女子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年5月24日)


[速報]高藤直寿が優勝飾る・ワールドマスターズラバト第1日男子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年5月24日)


ワールドマスターズラバト・最終日女子各階級ひとこと展望

(2015年5月24日)


ワールドマスターズラバト・最終日男子各階級ひとこと展望

(2015年5月23日)


ワールドマスターズラバト・第1日女子各階級ひとこと展望

(2015年5月23日)


ワールドマスターズラバト・第1日男子各階級ひとこと展望

(2015年5月23日)


グランドスラム・バクー女子各階級レポート

(2015年5月19日)


グランドスラム・バクー男子各階級レポート

(2015年5月19日)


田知本遥が新井千鶴を破って3年ぶり2度目の優勝、ヌンイラ華蓮の出世の原点たる「国内大会の連勝」途切れる・全日本選抜柔道体重別選手権70kg級レポート

(2015年5月18日)


橋本壮市が世界王者2人を破って初優勝、代表選考の制度設計あらためて問われる「対象者の直接対決なし」・全日本選抜柔道体重別選手権73kg級レポート

(2015年5月18日)


流れ捕まえた田代未来が初優勝、ベテラン田中美衣が意地見せて若手2人の夢砕く・全日本選抜柔道体重別選手権63kg級レポート

(2015年5月18日)


団体戦は男女とも日本が優勝飾る・アジア柔道選手権最終日概況×詳細

(2015年5月17日)


梅木真美が世界王者ソルキョンに一本勝ち果たし優勝、超級はユースンが制す・アジア柔道選手権第2日女子各階級概況×詳細

(2015年5月15日)


高木海帆がラコフを破って優勝、長島啓太もキムジェブン下して初のアジア制覇達成・アジア柔道選手権第2日男子各階級概況×詳細

(2015年5月15日)


挑戦3度目の高上智史がアジア初制覇、73kg級は韓国の新鋭アンが優勝・アジア柔道選手権第1日男子各階級概況×詳細

(2015年5月14日)


浅見八瑠奈が宿敵ムンクバット投げて見事優勝、52kg級は絶好調のマーが制してシーズン全勝継続・アジア柔道選手権第1日女子各階級概況×詳細

(2015年5月14日)


第35回全国少年柔道大会・全試合結果詳細

(2015年5月12日)


勝負力の高さ衰えず、松本薫が競り合い制して優勝飾る・全日本選抜柔道体重別選手権57kg級レポート

(2015年5月12日)


貪欲さと手堅さ、高い完成度見せた海老沼匡が4度目の優勝飾る・全日本選抜柔道体重別選手権66kg級レポート

(2015年5月12日)


[速報]90kg級のベイカー茉秋が優勝・グランドスラムバクー日本選手勝ち上がり

(2015年5月11日)


グランドスラム・バクー女子各階級ひとこと展望

(2015年5月8日)


グランプリ・ザグレブ女子各階級レポート

(2015年5月8日)


グランドスラム・バクー男子各階級ひとこと展望

(2015年5月8日)


グランプリ・ザグレブ男子各階級レポート

(2015年5月8日)


素根輝と富沢佳奈が全試合一本勝ちで優勝・ドイツカデ国際柔道大会日本選手勝ち上がり詳細

(2015年5月5日)


二見少年柔道クラブが初優勝、「楽しむ柔道」大舞台で花開く・全国少年柔道大会

(2015年5月5日)


平成27年全日本柔道選手権・戦評

(2015年5月4日)


グランプリ・ザグレブ女子各階級ひとこと展望

(2015年5月1日)


グランプリ・ザグレブ男子各階級ひとこと展望

(2015年5月1日)


超級代表は七戸龍1名、2枠目起用は66kg級と73kg級・アスタナ世界選手権男子日本代表選手発表

(2015年4月29日)


王子谷剛志と七戸龍を連破、原沢久喜が堂々の初優勝・全日本柔道選手権

(2015年4月29日)


平成27年全国高段者柔道大会・技術優秀選手一覧

(2015年4月28日)


決戦前に有力五選手が会見、初優勝狙う選抜王者西潟健太に気負いなし・全日本柔道選手権

(2015年4月28日)


中村美里が西田優香、橋本優貴を連破し3年ぶり5度目の優勝・全日本選抜柔道体重別選手権52kg級レポート

(2015年4月27日)


優勝候補筆頭は「獣人柔道」西潟健太、連覇狙う王子谷剛志と七戸龍が後を追う・全日本柔道選手権展望

(2015年4月26日)


木戸慎二が初優勝、高藤直寿は初戦で青木大に一本負け・全日本選抜柔道体重別選手権60kg級レポート

(2015年4月26日)


世界王者対決を浅見八瑠奈が制す、決勝は近藤亜美に完勝・全日本選抜柔道体重別選手権48kg級レポート

(2015年4月26日)


78kg級鈴木伊織が全試合一本勝ちで優勝、70kg級は畠石香花が日本人対決制して3位入賞果たす・ロシアジュニア国際柔道大会第2日女子

(2015年4月20日)


尾方寿應が優勝、100kg超級全日本ジュニア王者の小川雄勢は7位に終わる・ロシアジュニア国際柔道大会第2日男子

(2015年4月20日)


60kg級で永山竜樹が優勝、55kg級は梅北亘が3位入賞果たす・ロシアジュニア国際柔道大会第1日男子

(2015年4月19日)


78kg超級に「2人枠」適用、世界選手権女子代表決まる

(2015年4月19日)


田知本愛が悲願の初優勝、決勝はライバル山部佳苗を旗判定で破る・皇后盃全日本女子柔道選手権

(2015年4月19日)


52kg級の前田千島が優勝・ロシアジュニア国際柔道大会第1日女子

(2015年4月19日)


今大会はキャリア最大のチャンス、田知本愛の初戴冠なるか・皇后盃全日本女子柔道選手権ひとこと展望

(2015年4月18日)


昨年3位の荒谷莉佳子が優勝、全試合一本勝ちで全国大会初制覇・全国高等学校柔道選手権女子無差別レポート

(2015年4月18日)


九州王者青柳麗美がついにブレイク、全試合一本勝ちで初の全国制覇達成・全国高等学校柔道選手権70kg級レポート

(2015年4月18日)


本命嶺井美穂が優勝、決勝はライバル鍋倉那美との激戦制す・全国高等学校柔道選手権63kg級レポート

(2015年4月16日)


衝撃デビューのインパクト再び、谷川美歩がインターハイに続く優勝・全国高等学校柔道選手権57kg級レポート

(2015年4月15日)


決勝はIHの再戦、坂上綾が「指導1」の優勢で常見海琴との撃ち合いを制す・全国高等学校柔道選手権52kg級レポート

(2015年4月15日)


大本命太田彪雅が見事優勝、準優勝者石川竜多の健闘光る・全国高等学校柔道選手権男子無差別レポート

(2015年4月15日)


スター軍団国士舘の「叩き上げ」田嶋剛希が難敵担ぎまくって圧勝V・全国高等学校柔道選手権90kg級レポート

(2015年4月13日)


70kg超級は中学生素根輝が規格外の力見せて圧勝、57kg級は舟久保遥香が武田亮子との全中王者対決を制す・全日本カデ柔道体重別選手権女子

(2015年4月12日)


古賀玄暉と藤原崇太郎が高校選手権に続く優勝、最重量級は蓜島剛が国士舘勢連破して制す・全日本カデ柔道体重別選手権男子

(2015年4月12日)


藤原崇太郎が優勝、カテゴリまたいで3学年連続の全国制覇決める・全国高等学校柔道選手権81kg級レポート

(2015年4月11日)


激戦12分50秒、立川新が決勝でライバル古賀颯人下す・全国高等学校柔道選手権73kg級レポート

(2015年4月11日)


古賀玄暉が初優勝、一発の魅力と競り合いの強さをふたつながら発揮・全国高等学校柔道選手権60kg級レポート

(2015年4月11日)


第37回全国高等学校柔道選手権大会・女子団体戦マッチレポート③決勝

(2015年4月9日)

第37回全国高等学校柔道選手権大会・女子団体戦マッチレポート②準決勝

(2015年4月7日)


アスタナ世界柔道選手権日本代表選手発表

(2015年4月6日)


銅メダリスト田代未来が63kg級制す、最重量級は田知本愛が優勝・全日本選抜柔道体重別選手権最終日女子

(2015年4月5日)


海老沼匡が攻撃柔道貫き優勝、パーク24勢が3階級全てを制覇・全日本選抜柔道体重別選手権最終日男子

(2015年4月5日)


浅見八瑠奈、中村美里、松本薫の世界王者3人が優勝飾る・全日本選抜柔道体重別選手権第1日女子

(2015年4月4日)


「獣人柔道」全開、西潟健太が圧勝で最重量級制す・全日本選抜柔道体重別選手権第1日男子

(2015年4月4日)


アスタナ世界選手権代表争いを展望する・全日本選抜柔道体重別選手権

(2015年4月3日)


第37回全国高等学校柔道選手権大会・女子団体戦マッチレポート①1回戦~準々決勝

(2015年4月3日)


決戦あすに控え海老沼、松本ら6選手が会見・全日本選抜柔道体重別選手権

(2015年4月3日)


第37回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体戦マッチレポート⑥決勝

(2015年4月1日)


上川大樹ら3選手が欠場・全日本選抜柔道体重別選手権

(2015年4月1日)


第37回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体戦マッチレポート⑤準決勝

(2015年3月30日)


大成中が4連覇を達成・第28回近代柔道杯全国中学生柔道大会女子の部

(2015年3月29日)


灘中学校が決勝で昨年のリベンジ、大成の3連覇を阻み優勝飾る・第28回近代柔道杯全国中学生柔道大会オープンの部

(2015年3月29日)


灘中、大成中ら順当に決勝トーナメントへ・第28回近代柔道杯全国中学生柔道大会第1日

(2015年3月28日)


第37回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体戦マッチレポート④準々決勝

(2015年3月27日)


第37回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体戦マッチレポート③三回戦

(2015年3月25日)


60kg級は高校選手権2位の菅原大斗、超級は東北無差別王者清水拓実が制す・第38回松前杯柔道大会

(2015年3月25日)


第37回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体戦マッチレポート②二回戦

(2015年3月23日)


[速報]4階級で日本勢が優勝・チューリンゲン国際柔道大会日本選手勝ち上がり詳細

(2015年3月22日)


第37回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体戦マッチレポート①一回戦

(2015年3月22日)


埼玉栄高が2年連続の優勝飾る・全国高等学校柔道選手権女子団体戦

(2015年3月21日)


国士舘高圧勝、副将以降の出動ないまま5年ぶり8度目の優勝決める・全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦

(2015年3月21日)


63kg級のライバル対決は講道館杯王者嶺井美穂に軍配、57kg級はインターハイ王者谷川美歩が「一本」連発で圧勝V・全国高等学校柔道選手権大会女子個人戦

(2015年3月20日)


無差別は大本命太田彪雅が優勝、81kg級は藤原崇太郎、90kg級は田嶋剛希の東京勢が制す・全国高等学校柔道選手権大会男子個人戦

(2015年3月20日)


グランプリ・デュッセルドルフ最終日女子レポート(78kg級、78kg超級)

(2015年3月20日)


グランプリ・デュッセルドルフ最終日男子レポート(90kg級、100kg級、100kg超級)

(2015年3月19日)


全国高等学校柔道選手権女子個人戦ひとこと展望

(2015年3月19日)


全国高等学校柔道選手権男子個人戦ひとこと展望

(2015年3月19日)


黄金世代で初優勝狙う大成と連覇目指す埼玉栄が二強、大駒嶺井擁す桐蔭学園が後を追う・全国高等学校柔道選手権女子団体戦展望

(2015年3月19日)


全国高等学校柔道選手権女子有力校監督直前インタビュー②埼玉栄高・本松好正監督

(2015年3月17日)


最強チーム国士舘高が大本命、追撃一番手は大成高・全国高等学校柔道選手権男子団体展望

(2015年3月17日)


全国高等学校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー④東海大相模高・高橋洋樹監督

(2015年3月17日)


全国高等学校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー③日体荏原高・小久保純史監督

(2015年3月17日)


全国高等学校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー②大成高・石田輝也監督

(2015年3月16日)


全国高等学校柔道選手権女子有力校監督直前インタビュー①大成高・大石公平監督

(2015年3月16日)


梅木真美が優勝、2年連続の皇后盃進出決める・全日本女子柔道選手権中国地区予選

(2015年3月16日)


香川大吾、田中源大の高校生二人が二年連続の本戦進出・全日本柔道選手権中国地区予選

(2015年3月16日)


斉藤仁氏「お別れ会」に盟友山下泰裕氏ら1300人が参列

(2015年3月16日)


佐藤史織と奥本華月、新田高勢が揃って本戦進出決める・全日本女子柔道選手権四国地区予選

(2015年3月14日)


法兼真が決勝で形部安彦を破る・全日本柔道選手権四国地区予選

(2015年3月14日)


グランプリ・デュッセルドルフ第2日女子レポート(63kg級、70kg級)

(2015年3月14日)


全国高等学校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督

(2015年3月13日)


高校生佐藤杏香が初優勝、2年連続の本戦進出決める・全日本女子柔道選手権北海道地区予選

(2015年3月13日)


瀧田真太郎が初優勝、野村幸汰を「一本」で破る・全日本柔道選手権北海道地区予選

(2015年3月13日)


全日本柔道選手権東京地区予選全試合結果

(2015年3月12日)


只野真梨枝が初の九州制覇、2度目の皇后盃進出決める・全日本女子柔道選手権九州予選

(2015年3月12日)


橋高朱里が優勝、2位の武居沙知とともに初の本戦進出決める・全日本女子柔道選手権北信越地区予選

(2015年3月11日)


猪又秀和が連覇、8度目の全日本選手権出場決める・全日本柔道選手権北信越地区予選

(2015年3月11日)


菅原歩巴が東北制覇、2年連続の本戦進出決める・全日本女子柔道選手権東北地区予選

(2015年3月11日)


橋本憲宗が優勝、2年連続2度目の日本武道館決める・全日本柔道選手権東北地区予選

(2015年3月11日)


高校2年生鍋倉那美が優勝、初の皇后盃進出決める・全日本女子柔道選手権東海地区予選

(2015年3月11日)


山下諒輔が初優勝、注目の高校生川田修平は4位で出場権獲得ならず・全日本柔道選手権東海地区予選

(2015年3月11日)


グランプリ・デュッセルドルフ第2日男子レポート(73kg級、81kg級)

(2015年3月10日)


西潟健太またも七戸龍下す、全試合一本勝ちで九州初制覇・全日本柔道選手権九州予選

(2015年3月8日)


原沢久喜が二度目の優勝、決勝は高橋和彦を内股「一本」・全日本柔道選手権東京都予選

(2015年3月8日)

グランプリ・デュッセルドルフ第1日女子レポート(48kg級、52kg級、57kg級)

(2015年3月7日)


ミズノが新ルール適合の柔道衣発表、今春から日本代表が使用

(2015年3月6日)


GPデュッセルドルフ欠場の緒方と田知本は「警告」、報道陣からは厳しい質問相次ぐ

(2015年3月6日)


市橋寿々華が全試合一本勝ちで優勝・全日本女子柔道選手権近畿地区予選

(2015年3月4日)


井上愛美が優勝、2位は高校生の冨田若春・全日本女子柔道選手権関東地区予選

(2015年3月4日)


赤迫健太が初優勝・全日本柔道選手権近畿地区予選

(2015年3月4日)


下和田翔平が優勝、小野卓志は六位で全日本進出決定・全日本柔道選手権関東地区予選

(2015年3月4日)


グランプリ・デュッセルドルフ第1日男子レポート(60kg級、66kg級)

(2015年2月27日)


【ROAD TO 高校選手権】神戸国際大附高が優勝・復興支援全国高等学校選抜柔道錬成三春大会

(2015年2月26日)


100kg超級は遠藤翼が初優勝、60kg級は55kg級ジュニア王者宮川太暉が初出場で制す・全国体育系学生柔道大会最終日

(2015年2月25日)


[速報]グランプリ・デュッセルドルフ最終日入賞者、日本選手勝ち上がり詳細

(2015年2月23日)


66kg級で1年生浅利昌哉が優勝、81kg級は得意の担ぎ技冴えた上田達彦が戴冠・全国体育系学生柔道大会第1日

(2015年2月22日)


[速報]グランプリ・デュッセルドルフ第2日入賞者、日本選手勝ち上がり詳細

(2015年2月22日)


グランプリ・デュッセルドルフ最終日・各階級ひとこと展望

(2015年2月21日)


[速報]グランプリ・デュッセルドルフ第1日入賞者、日本選手勝ち上がり詳細

(2015年2月21日)


グランプリ・デュッセルドルフ第2日・各階級ひとこと展望

(2015年2月20日)


グランプリ・デュッセルドルフ第1日・各階級ひとこと展望

(2015年2月20日)


ヨーロッパオープンソフィア・各階級詳細×評

(2015年2月20日)


ヨーロッパオープンオーバーヴァルト・各階級詳細×評

(2015年2月19日)


ヨーロッパオープンローマ・各階級詳細×評

(2015年2月18日)


[速報]ヨーロッパオープンオーバーヴァルト入賞者、日本選手勝ち上がり詳細

(2015年2月16日)


[速報]ヨーロッパオープンローマ入賞者、日本選手勝ち上がり詳細

(2015年2月16日)


【ROAD TO 高校選手権】組み合わせ抽選直前!全国高等学校柔道選手権男女シード校予想

(2015年2月11日)


[速報]ヨーロッパオープンソフィア・最終日日本選手勝ち上がり詳細

(2015年2月10日)


[速報]ヨーロッパオープンソフィア・第1日日本選手勝ち上がり詳細

(2015年2月8日)


【ROAD TO 高校選手権】第31回若潮杯武道大会マッチレポート②準々決勝~決勝

(2015年2月4日)


【ROAD TO 高校選手権】淑徳高が代表権獲得・全国高等学校柔道選手権東京都予選女子団体

(2015年1月27日)


【ROAD TO 高校選手権】大駒嶺井美穂を無差別枠で起用、桐蔭学園が順当に全国切符掴む・全国高等学校柔道選手権神奈川県予選

(2015年1月27日)


【ROAD TO 高校選手権】東海大相模高が優勝、手負いの桐蔭学園は大将戦まで食い下がるも力尽きる・全国高等学校柔道選手権神奈川県予選男子団体



【ROAD TO 高校選手権】巨大戦力の国士舘高が決勝で日体荏原高下す、第三代表は修徳高・全国高等学校柔道選手権東京都予選ミニルポ

(2015年1月25日)


【ROAD TO 高校選手権】第31回若潮杯武道大会マッチレポート①予選リーグ

(2015年1月22日)


斉藤仁氏がんで死去、54歳

(2015年1月21日)


【ROAD TO 高校選手権】81kg級藤原崇太郎再び全国へ、無差別は同門対決制した竹村昂大が代表権獲得・全国高等学校柔道選手権東京都予選男子個人

(2015年1月18日)


【ROAD TO 高校選手権】70kg級ジュニア王者杉山歌嶺が2年連続の全国切符、無差別は荒谷莉佳子が制す・全国高等学校柔道選手権東京都予選女子個人

(2015年1月18日)


高木海帆が決勝で羽賀龍之介下す・講道館杯全日本柔道体重別選手権大会100kg級レポート

(2015年1月16日)


西山大希が復活優勝、3連覇狙った加藤博剛はついに陥落・講道館杯全日本柔道体重別選手権大会90kg級レポート

(2015年1月16日)


【ROAD TO 高校選手権】水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会男子マッチレポート②準決勝~決勝

(2015年1月7日)


【ROAD TO 高校選手権】水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会男子マッチレポート①1回戦~準々決勝

(2015年1月4日)


松本薫復活優勝、強者揃ったハイレベルトーナメント勝ち抜く・グランドスラム東京57kg級レポート

(2015年1月4日)


世代交代の足音明らか、高校2年生嶺井美穂が堂々の優勝・講道館杯全日本柔道体重別選手権大会63kg級レポート

(2014年12月31日)


【ROAD TO 高校選手権】第28回松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会マッチレポート②準決勝~決勝

(2014年12月29日)


【ROAD TO 高校選手権】第28回松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会マッチレポート①1回戦~準々決勝

(2014年12月28日)


男子は灘中学校、女子は田主丸中学校が優勝・サニックス旗福岡国際中学生柔道大会

(2014年12月28日)


【ROAD TO 高校選手権】埼玉栄高が6年ぶりの優勝、高校選手権に向け視界良好・第31回若潮杯争奪武道大会

(2014年12月27日)


【ROAD TO 高校選手権】国士舘高が全試合を圧勝、決勝は4-0で東海大相模高下す・第31回若潮杯争奪武道大会

(2014年12月27日)


【ROAD TO 高校選手権】3試合連続代表戦勝ち、大駒嶺井美穂押し立てて桐蔭学園高が初優勝・第14回水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会

(2014年12月26日)


【ROAD TO 高校選手権】層の厚さ見せつけた大成高が圧勝、初優勝決める・第14回水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会

(2014年12月26日)


橋本優貴「出直し」志願の大会連覇、負傷抱えた西田優香は意地の2位・グランドスラム東京52kg級レポート

(2014年12月24日)


世界王者獲得は勢いのみにあらず、近藤亜美が浅見八瑠奈倒して大会2連覇・グランドスラム東京48kg級レポート

(2014年12月24日)


混戦制したのは芳田司、グランドスラム進出の「残り1枠」に滑り込む・講道館杯全日本柔道体重別選手権57kg級レポート

(2014年12月24日)


強すぎる西田優香、キャリア最高の出来で圧勝V・講道館杯全日本柔道体重別選手権52kg級レポート

(2014年12月24日)


戦線復帰の浅見八瑠奈が手堅く優勝、躍進の若手退ける・講道館杯全日本柔道体重別選手権48kg級レポート

(2014年12月24日)


【ROAD TO 高校選手権】日体荏原高が初優勝、『3枚落ち』の国士舘高は準決勝で散る・松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会

(2014年12月23日)


【ROAD TO 高校選手権】東海大相模高が圧勝で優勝浚う・第37回松前旗争奪高校柔道大会

(2014年12月21日)


順風背に受け王者海老沼も打倒、高校2年生阿部一二三が見事優勝・グランドスラム東京66kg級レポート

(2014年12月19日)


キムウォンジン順当に優勝、志々目徹は攻めの遅さ払拭出来ず2位に留まる・グランドスラム東京60kg級レポート

(2014年12月19日)


[速報]村井惟衣と中江美裕が優勝・アジアジュニア選手権女子日本選手勝ち上がり詳細

(2014年12月16日)


[速報]日本勢は3階級で優勝、佐藤和哉は世界ジュニア王者デューレンバヤルに一本勝ち・アジアジュニア選手権最終日日本男子勝ち上がり詳細

(2014年12月15日)


[速報]初日は4階級実施、優勝は60kg級田中崇晃1人に留まる・アジアジュニア選手権第1日日本男子勝ち上がり詳細

(2014年12月14日)


[速報]52kg級武田亮子が全試合一本勝ちで優勝、田崎ほのかも44kg級制す・アジアカデ選手権大会第2日日本女子勝ち上がり詳細

(2014年12月13日)


[速報]蓜島剛が全試合一本勝ちで優勝・アジアカデ選手権大会第2日日本男子勝ち上がり詳細

(2014年12月13日)


[速報]舟久保遥香が優勝、63kg級三浦裕香理は2位入賞果たす・アジアカデ選手権大会第1日日本女子勝ち上がり詳細

(2014年12月12日)


[速報]55kg級で羽田野航が優勝・アジアカデ選手権大会第1日日本男子勝ち上がり詳細

(2014年12月12日)


超級は稲森奈見が決勝で朝比奈沙羅下して初優勝、78kg級は五輪王者ハリソンが日本勢をなで斬り・グランドスラム東京最終日女子

(2014年12月7日)


日本勢の優勝はなし、超級は七戸仕留めたサイドフが制す・グランドスラム東京最終日男子

(2014年12月7日)


復活エマヌが70kg級制す、日本勢は田知本遥の2位入賞が最高成績・グランドスラム東京第2日女子

(2014年12月6日)


28歳秋本啓之が大野将平下して優勝、永瀬貴規は世界王者次々投げつけ連覇達成・グランドスラム東京第2日男子

(2014年12月6日)


グランドスラム東京最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)直前展望

(2014年12月6日)


グランドスラム東京最終日女子(78kg級、78kg超級)直前展望

(2014年12月6日)


近藤亜美が浅見八瑠奈との世界王者対決を制す、57kg級は松本薫が復活V・グランドスラム東京第1日女子

(2014年12月5日)


高校2年生阿部一二三優勝!準決勝で世界王者海老沼匡を破る・グランドスラム東京第1日男子

(2014年12月5日)


グランドスラム東京第2日女子(63kg級、70kg級)直前展望

(2014年12月5日)


グランドスラム東京第2日男子(73kg級、81kg級)直前展望

(2014年12月5日)


グランドスラム東京第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級)直前展望

(2014年12月4日)


グランドスラム東京第1日男子(60kg級、66kg級)直前展望

(2014年12月4日)


グランドスラム東京明日開幕!阿部一二三は対海老沼戦実現に意欲十分

(2014年12月4日)


78kg級の世界王者対決はチュメオに軍配、凡戦続いた78kg超級は韓国勢がワンツーフィニッシュ・グランプリ済州最終日女子レポート

(2014年12月3日)


リネールあっさり優勝、90kg級はガクドンハンが2連覇達成・グランプリ済州最終日男子レポート

(2014年12月3日)


韓国のベテランとホープが競演、キムジェブンとアンが揃って優勝・グランプリ済州第2日男子レポート

(2014年12月3日)


アグベニューとエマヌのフランス勢2人が優勝・グランプリ済州第2日女子レポート

(2014年12月3日)


フランス期待のブシャー圧勝、52kg級はキトゥが志々目愛の挑戦を一蹴・グランプリ済州第1日女子レポート

(2014年12月2日)


竪山将がザンタライア下して優勝、河野亮哉はモンゴル勢2人投げる健闘も決勝でキムウォンジンに苦杯・グランプリ済州第1日男子レポート

(2014年12月2日)


グランプリ済州最終日5階級ひとこと展望

(2014年11月28日)


グランプリ済州第2日4階級ひとこと展望

(2014年11月27日)


グランプリ済州第1日5階級ひとこと展望

(2014年11月26日)


第11回湊谷杯全国学生柔道体重別選手権大会結果

(2014年11月26日)


松前柔道塾が全2部門を制覇・第32回望星旗少年武道大会柔道の部

(2014年11月25日)


高校生朝比奈沙羅、重囲突破して連覇達成・講道館杯全日本柔道体重別選手権78kg超級レポート

(2014年11月24日)


梅木真美が先輩緒方亜香里降して優勝、4戦3一本勝ちの好内容・講道館杯全日本柔道体重別選手権78kg級レポート

(2014年11月23日)


田知本遥が執念見せて初優勝もぎ取る・講道館杯全日本柔道体重別選手権70kg級レポート

(2014年11月22日)


学生王者渡邊勇人、5戦4一本勝ちの好成績で初優勝飾る・講道館杯全日本柔道体重別選手権81kg級レポート

(2014年11月16日)


西山雄希が橋本壮市降して混戦制す・講道館杯全日本柔道体重別選手権73kg級レポート

(2014年11月15日)


グランプリ済州派遣選手発表

(2014年11月14日)


グランプリ青島派遣選手発表

(2014年11月14日)


高校2年生阿部一二三が史上最年少優勝、アジア大会代表高上智史は3位・講道館杯全日本柔道体重別選手権66kg級レポート

(2014年11月14日)


山本浩史突如復活果たし優勝、インターハイ王者藤阪泰恒が大健闘の3位・講道館杯全日本柔道体重別選手権60kg級レポート

(2014年11月14日)


西山大希と高木海帆が復活V、超級はダークホース岩尾敬太が制す・講道館杯全日本柔道体重別選手権最終日男子

(2014年11月9日)


63kg級は高校2年生嶺井美穂が初優勝、52kg級はベテラン西田優香が圧勝V・講道館杯全日本柔道体重別選手権最終日女子

(2014年11月9日)


グランドスラム東京日本代表選手発表(全選手リスト)

(2014年11月9日)


朝比奈沙羅が完勝で超級2連覇、78kg級梅木真美は先輩緒方亜香里倒して初優勝・講道館杯全日本柔道体重別選手権第1日女子

(2014年11月8日)


高校2年生阿部一二三が史上最年少優勝飾る・講道館杯全日本柔道体重別選手権第1日男子

(2014年11月8日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・最終日男子各階級展望

(2014年11月6日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・最終日女子各階級展望

(2014年11月6日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・第1日女子各階級展望

(2014年11月6日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・第1日男子各階級展望

(2014年11月6日)


グランドスラムアブダビ・最終日各階級ひとこと展望

(2014年11月1日)


グランドスラムアブダビ・第2日各階級ひとこと展望

(2014年11月1日)


流れ掴んだ井上舞子が混戦を制す・インターハイ柔道競技78kg超級レポート

(2014年10月31日)


ダークホース泉真生が見事優勝、高校選手権無差別王者佐藤杏香を破る・インターハイ柔道競技78kg級レポート

(2014年10月31日)


高校選手権王者池絵梨菜が優勝、前日の団体戦と併せてIH二冠達成・インターハイ柔道競技70kg級レポート

(2014年10月31日)


嶺井美穂が優勝、準々決勝でライバル鍋倉那美を「技有」優勢で下す・インターハイ柔道競技63kg級レポート

(2014年10月31日)


グランドスラムアブダビ・第1日各階級ひとこと展望

(2014年10月31日)


日本が劇的決着でグルジア撃破、見事優勝決める・世界ジュニア柔道選手権男子団体戦

(2014年10月30日)


日本が圧勝でV飾る、決勝のフランス戦は近藤亜美出動でブシャーを打倒・世界ジュニア柔道選手権女子団体戦

(2014年10月30日)


100kg級で後藤隆太郎が優勝の快挙、100kg超級はウルジバヤルが順当V・世界ジュニア柔道選手権第4日男子

(2014年10月29日)


78kg超級は朝比奈沙羅が圧勝で制す、78kg級はカマラ倒したアフリカ女王ミソギが戴冠・世界ジュニア柔道選手権第4日女子

(2014年10月29日)


嶺井美穂と鍋倉那美の頂点対決は嶺井に軍配、70kg級はマティッツが順当に優勝・世界ジュニア柔道選手権第3日女子

(2014年10月29日)


90kg級はトートがグヴィニアシビリとの優勝候補対決を制す、日本勢は振るわず入賞なし・世界ジュニア選手権第3日男子

(2014年10月29日)


第一部は大阪府警が15年ぶり18度目の優勝、川瀬孝司が全勝でチーム牽引・全国警察柔道大会

(2014年10月28日)


山梨学院大が初優勝、決勝は帝京大を4-0で圧倒・全日本学生柔道体重別団体優勝大会女子

(2014年10月27日)


東海大が圧勝V、今季団体二冠を決める・全日本学生柔道体重別団体優勝大会男子

(2014年10月27日)


明治大が2回戦で同志社大に不覚、主力温存が裏目に・全日本学生柔道体重別団体優勝大会男子第1日

(2014年10月25日)


昨年Vの環太平洋大が新進の帝京科学大に無念の敗退・全日本学生柔道体重別団体優勝大会・女子第1日

(2014年10月25日)


57kg級は玉置桃が強豪2人に連勝で初戴冠、52kg級はブシャーがフロリアン下し順当に優勝・世界ジュニア柔道選手権第2日女子

(2014年10月24日)


阿部一二三、山本悠司はともに2位・世界ジュニア柔道選手権第2日男子

(2014年10月24日)


坂口仁美と近藤亜美がともに全試合一本勝ちで優勝・世界ジュニア柔道選手権第1日女子

(2014年10月23日)


55kg級梅北亘が優勝、林浩平は欧州ジュニア王者ガリーゴスに敗れ5位に終わる・世界ジュニア柔道選手権第1日男子

(2014年10月23日)


大将上川大樹が全試合一本勝ちでチームを牽引、東京都が5年ぶり13度目の優勝飾る・国民体育大会柔道競技成年男子

(2014年10月21日)


グランプリ・アスタナ女子各階級レポート

(2014年10月21日)


高校王者3人擁する愛知県が初優勝・国民体育大会柔道競技少年男子

(2014年10月20日)


千葉県が2年連続の優勝、地元長崎県は3位・国民体育大会柔道競成年女子

(2014年10月20日)


IH制覇の東大阪大敬愛高でメンバー固めた大阪府が優勝、チームワークの良さ光る・国民体育大会柔道競技少年女子

(2014年10月20日)


グランプリ・アスタナ男子各階級レポート

(2014年10月19日)


副将對馬佑が大活躍、流れ掴んだ青森県が初優勝飾る・日整全国少年柔道大会

(2014年10月15日)


ジュニア王者杉山歌嶺擁する修徳高が優勝・朱雀杯争奪選抜高等学校柔道大会女子

(2014年10月14日)


新シーズン開幕、東海大相模高が1部と2部を制覇する好発進・朱雀杯争奪選抜高等学校柔道大会

(2014年10月13日)


[速報]グランプリアスタナ最終日入賞者、日本選手勝ち上がり

(2014年10月13日)


[速報]グランプリアスタナ第2日入賞者、日本選手勝ち上がり

(2014年10月12日)


グランプリ・アスタナ最終日5階級ひとこと展望

(2014年10月11日)


[速報]グランプリアスタナ第1日入賞者、日本選手勝ち上がり

(2014年10月11日)


グランプリ・アスタナ第2日4階級ひとこと展望

(2014年10月11日)


グランプリ・アスタナ第1日5階級ひとこと展望

(2014年10月10日)


ダークホース谷川美歩が初優勝、高校選手権ファイナリスト2人を「一本」で連破・インターハイ柔道競技57kg級レポート

(2014年10月7日)


出場14選手個人採点表(10点満点)・アジア大会柔道競技

(2014年10月3日)


日本が金メダル獲得、上位は東アジア勢が占める・アジア大会女子団体戦レポート

(2014年10月3日)


地元韓国が圧勝続きで金メダル獲得、日本退けたウズベキスタンはオーダーミスで3位に終わる・アジア大会男子団体戦レポート

(2014年9月30日)


軽量3階級は荒れ模様、48kg級は神山結理、52kg級は小松柔が激戦勝ち抜き初優勝・全日本学生柔道体重別選手権女子最終日

(2014年9月28日)


90kg級で長澤憲大が2連覇達成、100kg級は9分超えの激戦制して制野孝二郎が初優勝・全日本学生柔道体重別選手権男子最終日

(2014年9月28日)


アジア大会銅メダリストの梅木真美が78kg級2連覇、63kg級は坂井彩花が金沢学院大初の日本一達成・全日本学生柔道体重別選手権女子第1日

(2014年9月27日)


81kg級で渡邉勇人が2連覇・全日本学生柔道体重別選手権大会男子第1日

(2014年9月27日)


稲森奈見は銀メダル、キムユンキョン狩る大仕事果たすも大型選手マーを攻め切れず・ アジア大会78kg超級レポート

(2014年9月26日)


ジョンギョンミ優勝、梅木は世界王者ソルキョンに敗れるも好内容の3位で今後に期待・アジア大会78kg級レポート

(2014年9月26日)


王子谷剛志が負傷のアクシデント乗り越え金メダル獲得、地元キムスンミンは無念の3位・アジア大会100kg超級レポート

(2014年9月26日)


ルール運用の流れ見抜いて押し出し連発、ナイダン「一人モンゴル相撲」でラコフを撃破・アジア大会100kg級レポート

(2014年9月26日)


吉田優也が金メダル獲得、決勝は宿敵チョリエフに粘り勝ち・アジア大会90kg級レポート

(2014年9月26日)


キムセンヨンが韓国勢この日3つ目の金メダル獲得、新井千鶴は大舞台に固まり決勝で苦杯・アジア大会70kg級レポート

(2014年9月24日)


[速報]女子は優勝、王子谷欠く男子は初戦で敗れ3位・アジア大会柔道競技団体戦

(2014年9月23日)


新ルールでもスタイル変えず、キムジェブンが2連覇果たす・アジア大会81kg級レポート

(2014年9月23日)


今大会ベストバウト披露したジョンダウンが感動の金メダル、阿部香菜はミスを重ねて自滅・アジア大会63kg級レポート

(2014年9月23日)


山本杏優勝、大舞台に怖じぬ度胸と戦術選択のクレバーさ際立つ・アジア大会柔道競技57kg級レポート

(2014年9月23日)


秋本啓之見事優勝、抜群の精神力で優勝候補を次々撃破・アジア大会73kg級レポート

(2014年9月23日)


[速報]王子谷剛志と吉田優也が優勝飾る・アジア大会柔道競技第3日

(2014年9月22日)


ラコフ中心に強豪密集、熊代佑輔の初戦は曲者チョグハン・アジア大会100kg級ひとこと展望

(2014年9月22日)


王子谷のキムスンミン超えに期待、見逃せない「役者」タングリエフのパフォーマンス・アジア大会100kg超級ひとこと展望

(2014年9月22日)


優勝候補キムユンキョンに世界ジュニア王者稲森奈見が挑む・アジア大会78kg超級ひとこと展望

(2014年9月22日)


梅木真美は初戦で世界王者ソルキョンに挑戦・アジア大会78kg級ひとこと展望

(2014年9月22日)


チョリエフとガクドンハンが潰し合い、吉田優也は決勝で待ち構える好配置・アジア大会90kg級ひとこと展望

(2014年9月22日)


[速報]秋本啓之と山本杏が優勝、地元韓国は3階級で「金」奪取・アジア大会柔道競技第2日

(2014年9月21日)


新井千鶴がチェンフェイとキムセンヨンの挑戦受ける、ダークホースは好調ツェンドアユシュ・アジア大会70kg級ひとこと展望

(2014年9月21日)


様相は"据えもの斬り"、阿部香奈は優勝が絶対の使命・アジア大会63kg級ひとこと展望

(2014年9月21日)


ドルジスレンが優勝候補筆頭、山本杏は連珍羚との準決勝が最初の山場・アジア大会57kg級ひとこと展望

(2014年9月21日)


王者キムジェブン今大会で復活、準決勝で長島啓太が挑む・アジア大会81kg級ひとこと展望

(2014年9月21日)


秋本はバンギーマン、ホンカクヒョンのV候補2人と連戦・アジア大会73kg級ひとこと展望

(2014年9月21日)


中村美里復活、格の違い見せつけ金メダル獲得・アジア大会52kg級レポート

(2014年9月21日)


ダバドルジ圧勝でアジアを制す、決勝は前戦で敗れた高上を捻じ伏せる・アジア大会66kg級レポート



決勝対決はムンクバットに軍配、山岸絵美は惜しくも2位・アジア大会48kg級レポート

(2014年9月21日)


スメトフが世界王者ガンバット下し優勝、"暗黒面"に嵌った志々目徹は3位・アジア大会60kg級レポート

(2014年9月21日)


[速報]中村美里が優勝、山岸絵美と高上智史は2位・アジア大会柔道競技第1日

(2014年9月21日)


大舞台に臨む高上に過酷な組み合わせ、初戦は最大の敵チョガンヘン・アジア大会66kg級ひとこと展望

(2014年9月20日)


キム・ウォンジン、そして世界王者ガンバットに志々目が挑む・アジア大会60kg級ひとこと展望

(2014年9月20日)


強者少ないトーナメント、中村美里最大の山場は初戦・アジア大会52kg級ひとこと展望

(2014年9月20日)


山岸絵美は準決勝でウ、決勝で世界王者ムンクバットとの対戦濃厚・アジア大会48kg級ひとこと展望

(2014年9月20日)


黒木七都美が前田千島にリベンジ、高校カテゴリ初の全国制覇決める・インターハイ柔道競技52kg級レポート

(2014年9月19日)


坂上彩が攻撃柔道で初優勝、決勝は常見海琴との打ち合いを制す・インターハイ柔道競技48kg級レポート

(2014年9月19日)


香川大吾が全試合一本勝ちで優勝、高校選手権王者小川雄勢は奥野拓未に屈して入賞ならず・インターハイ柔道競技100kg超級レポート

(2014年9月16日)


今夏大ブレイクの川田修平が圧勝、得意の大外刈冴え渡る・インターハイ柔道競技100kg級レポート

(2014年9月16日)


大成中が3連覇、今季も「中学三冠」達成なる・マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生女子の部

(2014年9月15日)


大成中が7年ぶりの優勝・マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生男子の部

(2014年9月15日)


朝飛道場が3連覇達成・マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部

(2014年9月15日)


負傷から復帰の朝比奈沙羅が78kg超級制覇、70kg級は杉山歌嶺が池絵梨奈を破って初優勝・全日本ジュニア柔道体重別選手権最終日女子

(2014年9月14日)


役者揃った100kg超級は高校生小川雄勢が制覇、100kg級はウルフアロンが初優勝飾る・全日本ジュニア柔道体重別選手権最終日男子

(2014年9月14日)


白川剛章が高校選手権に続く2冠達成、他を圧する地力の高さ見せつける・インターハイ柔道競技90kg級レポート

(2014年9月14日)


ダークホース天野拓未が大物2人を破って優勝、抜群の体幹の強さと度胸の良さ光る・インターハイ柔道競技81kg級レポート

(2014年9月14日)


世界選手権王者近藤亜美が悲願のジュニア制覇達成、57kg級は玉置桃が初優勝・全日本ジュニア柔道体重別選手権第1日女子

(2014年9月13日)


勢い止まらぬ阿部一二三が66kg級制す、73kg級は昨年高校2冠の山本悠司が初優勝・全日本ジュニア柔道体重別選手権第1日男子

(2014年9月13日)


鳥羽潤が全試合一本勝ち、人材揃う階級を圧勝で制す・インターハイ柔道競技73kg級レポート

(2014年9月12日)


全て大技「一本」、阿部一二三が圧倒的強さで優勝決める・インターハイ柔道競技66kg級レポート

(2014年9月12日)


優勝候補2人が早期敗退、荒れたトーナメント勝ち抜き藤阪泰恒が初優勝・インターハイ柔道競技60kg級レポート

(2014年9月12日)


インターハイ柔道競技女子団体戦マッチレポート⑤決勝

(2014年9月11日)


インターハイ柔道競技女子団体戦マッチレポート④準決勝

(2014年9月10日)


全国中学校柔道大会男子個人戦結果、優勝者コメント

(2014年9月9日)


2年生素根輝が前評判に違わぬ出来で優勝・全国中学校柔道大会女子70kg超級

(2014年9月9日)


和田梨乃子が全試合一本勝ちで優勝・全国中学校柔道大会女子70kg級

(2014年9月9日)


山室美咲が圧勝V・全国中学校柔道大会女子63kg級

(2014年9月9日)


「香長の柔道が出来た」若藤唯が初優勝決める・全国中学校柔道大会女子57kg級

(2014年9月9日)


富沢佳奈が初戴冠、昨年2位の悔しさ晴らす・全国中学校柔道大会女子52kg級

(2014年9月9日)


昨年2位の溝口愛歌が決勝の九州対決制す・全国中学校柔道大会女子48kg級

(2014年9月9日)


昨年2位の辻田吏乃が優勝飾る・全国中学校柔道大会女子44kg級

(2014年9月8日)


1年生の古賀若菜が優勝、「3連覇目指す」と意気軒高・全国中学校柔道大会女子40kg級

(2014年9月8日)


【eJudo’s EYE】あの決勝で七戸が獲得したもの、そして次に為すべきこと・チェリャビンスク世界柔道選手権100kg超級評

(2014年9月7日)


【eJudo’s EYE】「投げる」競技の本質にまっすぐ立ち向かったオルティスが連覇、クルブス戦を軸に日本勢との差を考える・チェリャビンスク世界柔道選手権78kg超級「評」

(2014年9月7日)


【eJudo’s EYE】ヌンイラ見事銀メダル獲得、その最大の因は「立ち位置の見極め」・チェリャビンスク世界柔道選手権第5日目「評」

(2014年9月5日)


【eJudo's EYE】[動画]世界選手権で頻出した「後ろ手」からの攻めを小室宏二氏が解説する

(2014年9月4日)


【eJudo’s EYE】まだまだ幼い新ルール下の寝技 『際』に明確な対策を・チェリャビンスク世界柔道選手権第4日「評」

(2014年9月4日)


【eJudo’s EYE】田代未来復活、キャリアに「噛み合った」選考の英断が覚醒促す・チェリャビンスク世界柔道選手権63kg級「評」

(2014年9月3日)


【eJudo’s EYE】若さゆえ若さを殺した永瀬、同文脈で一段上にいたチリキシビリ・チェリャビンスク世界柔道選手権81kg級「評」

(2014年9月3日)


勝負どころの日本戦は5番手選手ピノの活躍で勝ち抜け、強力布陣投下のフランスが見事優勝飾る・チェリャビンスク世界柔道選手権女子団体戦レポート

(2014年9月2日)


日本が地元ロシアに逆転勝利、見事優勝決める・チェリャビンスク柔道世界選手権男子団体戦レポート

(2014年9月1日)


[速報]日本男子が決勝で地元ロシア降して優勝、女子は3位入賞果たす・チェリャビンスク世界柔道選手権団体戦

(2014年8月31日)


絶対王者リネールが6連覇達成、決勝は七戸龍に粘られ笑顔なし・チェリャビンスク世界柔道選手権100kg超級レポート

(2014年8月31日)


充実勝ち上がりの本命二人が素晴らしい決勝披露、アルセマン退けたオルティスが連覇果たす・チェリヤビンスク世界柔道選手権78kg超級レポート

(2014年8月31日)


大荒れトーナメントを最後は本命クルパレクが制す、五輪王者カイブラエフはまさかの5位・チェリャビンスク世界柔道選手権100kg級レポート

(2014年8月31日)


[速報]七戸龍が銀メダル、田知本愛は銅メダル獲得・チェリャビンスク世界柔道選手権第6日

(2014年8月30日)


強すぎる王者の弱点を探せ、上川大樹は準々決勝でリネールに挑戦・チェリャビンスク世界柔道選手権100kg超級展望

(2014年8月30日)


役者揃った最激戦階級、復活カイブラエフをクリパレクとママドフが迎え撃つ・チェリャビンスク世界柔道選手権100kg級展望

(2014年8月30日)


試合力命のオルティス、アルセマムに「柔道が強い」日本勢2人が挑む・チェリャビンスク世界柔道選手権78kg超級展望

(2014年8月30日)


アルベールがポリング一蹴し連覇達成、ノーシードのヌンイラ華蓮が2位入賞の快挙・チェリャビンスク世界柔道選手権70kg級レポート

(2014年8月30日)


アギアール4つめのメダルは「金」、初の決勝進出から4年越しの悲願達成なる・チェリャビンスク世界柔道選手権78kg級レポート

(2014年8月30日)


イリアディスが王座返り咲きで3度目の優勝、若手グループからはトートが大躍進の2位・チェリャビンスク世界柔道選手権90kg級レポート

(2014年8月30日)


[速報]70kg級のヌンイラ華蓮が銀メダル獲得、ベイカー茉秋と佐藤瑠香は入賞逃す・チェリャビンスク世界柔道選手権第5日

(2014年8月29日)


ハリソンとソル・キョンが復活、迎え撃つチュメオ、アギアールら上位常連組・チェリャビンスク世界柔道選手権78kg級展望

(2014年8月29日)


いよいよ初優勝に挑むポリングの出来に注目。ヌンイラ華蓮は組み合わせに恵まれ表彰台狙う・チェリャビンスク世界柔道選手権70kg級展望

(2014年8月29日)


リパルテリアニが優勝候補筆頭、ベイカー茉秋は3回戦でイリアディスに挑む・チェリャビンスク世界柔道選手権90kg級展望

(2014年8月29日)


【eJudo's EYE】結果以上に悔しい内容、”番長”から降りた大野と”アサシン”の所以を外した松本・チェリャビンスク世界柔道選手権第3日「評」

(2014年8月29日)


【eJudo's EYE】一見苦戦も全試合が中矢ワールド、「出来ないなら切る」リアリストの凄味・チェリヤビンスク世界柔道選手権73kg級「評」

(2014年8月29日)


【eJudo's EYE】鞘に納めた伝家の宝刀。宇高を沈め、そして救った「大外刈」というアイデンティティ・チェリャビンスク世界柔道選手権57kg級「評」

(2014年8月29日)


アグベニューが因縁対決制して初優勝、田代未来は抜群の出来もゲルビに逆転許し3位・チェリャビンスク世界柔道選手権63kg級レポート

(2014年8月29日)


優勝のチリキシビリ筆頭に成績上位者は概ね順当、永瀬貴規は世界王者2人に2敗で5位・チェリャビンスク世界柔道選手権81kg級レポート

(2014年8月29日)


[速報]田代未来は銅メダル、永瀬貴規はチリキシビリとピエトリに敗れ5位・チェリヤビンスク世界柔道選手権第4日

(2014年8月28日)


優勝候補はアグベニュー、組み合わせ分かれた田代未来は決勝での対戦目指す・チェリャビンスク世界柔道選手権63kg級展望

(2014年8月28日)


チリキシビリとピエトリの二強が軸、割って入るのは初出場の永瀬貴規・世界柔道選手権81kg級展望

(2014年8月28日)


中矢力が大荒れ大会を制して2度目の金メダル獲得、北朝鮮のホンが出色の出来で2位入賞・チェリャビンスク世界柔道選手73kg級レポート

(2014年8月28日)


宇高菜絵がモンテイロとのベテラン対決制して金メダル獲得、22歳フェルハーヘンが大躍進の3位入賞果たす・チェリャビンスク世界柔道選手57kg級レポート

(2014年8月28日)


[速報]中矢力と宇高菜絵がともに優勝、大野将平と松本薫は予選ラウンドで敗退・世界柔道選手権第3日

(2014年8月27日)


【eJudo's EYE】得意技は「投げること」、さらにオールラウンダーぶり増した海老沼匡に死角なし・チェリャビンスク世界柔道選手権第2日「評」

(2014年8月27日)


海老沼匡が3連覇達成、地元ロシアは表彰台に2人を送り込む・チェリャビンスク世界柔道選手66kg級レポート

(2014年8月27日)


ケルメンディ圧勝で2連覇、決勝は絶好調キトゥを子供扱い・チェリャビンスク世界柔道選手52kg級レポート

(2014年8月27日)


[速報]66kg級海老沼匡が3連覇達成、高市賢悟と橋本優貴は表彰台逃す・世界柔道選手権第2日

(2014年8月26日)


ハイランカーはダンゴ状態、爆発力ある松本薫と宇高菜絵の一騎打ちに期待・チェリャビンスク世界柔道選手権57kg級展望

(2014年8月26日)


強すぎる大野将平の2連覇なるか、山場は2回戦のサインジャルガル戦・チェリャビンスク世界柔道選手権73kg級展望

(2014年8月26日)


【eJudo's EYE】近藤の「振り上げ払腰」から見出す国際舞台への適性・世界選手権48kg級「評」

(2014年8月26日)


【eJudo's EYE】判定に惑わされずに高藤の現在位置を考える・世界柔道選手権60kg級「評」

(2014年8月26日)


優勝候補のベテラン次々敗退、初出場の19歳近藤亜美が見事優勝・チェリャビンスク世界柔道選手48kg級レポート

(2014年8月26日)


優勝は絶好調のガンバット、高藤直寿は地元ムドラノフに敗れ3位に留まる・チェリャビンスク世界柔道選手権60kg級レポート

(2014年8月26日)


[速報]48kg級の近藤亜美が優勝、60kg級で連覇狙った高藤直寿は3位に留まる・世界柔道選手権第1日

(2014年8月25日)


優勝候補は実績の海老沼匡に勢いのチャールズ・チバナ、高市賢悟は混戦ブロックからシード選手ダバドルジ超え狙う・チェリャビンスク世界柔道選手権66kg級展望

(2014年8月25日)


投技のケルメンディと寝技の橋本優貴が頂点競う。対抗馬はクズティナ、ダークホースはベルモイとマー・チェリャビンスク世界柔道選手権52kg級展望

(2014年8月25日)


西潟健太が3連覇、慶應大出の藤井岳が準優勝果たす・全日本実業柔道個人選手権100kg超級

(2014年8月25日)


唯一の強化選手白石のどかが順当に勝利、初優勝飾る・全日本実業柔道個人選手権78kg超級

(2014年8月25日)


復帰戦の緒方亜香里は準優勝、優勝は濵田尚里・全日本実業柔道個人選手権78kg級

(2014年8月25日)


ベテラン増渕樹が2連覇、階級上げて参加の西山将士は決勝負傷棄権も準優勝果たす・全日本実業柔道個人選手権100kg級

(2014年8月25日)


安松春香が上野巴恵降してシニア初タイトル獲得・全日本実業柔道個人選手権70kg級

(2014年8月25日)


菅原健志が初優勝、決勝は北野裕一との同所属対決制す・全日本実業柔道個人選手権90kg級

(2014年8月25日)


階級戻した平井希が初優勝、大住有加と田中美衣は欠場・全日本実業柔道個人選手権63kg級

(2014年8月25日)


表彰台か予選敗退か運命分かれる大一番、近藤亜美は2戦目で世界王者ムンクバットと激突・チェリャビンスク世界柔道選手権48kg級展望

(2014年8月25日)


2連覇狙う高藤直寿が絶対の優勝候補、ムドラノフらライバルは綺麗に組み合わせ分かれる・チェリャビンスク世界柔道選手権60kg級展望

(2014年8月25日)


田中鉄大が初優勝・全日本実業柔道個人選手権男子22歳以下

(2014年8月24日)


海老泰博が激戦勝ち残り初優勝・全日本実業柔道個人選手権81kg級

(2014年8月24日)


橋本壮市が齋藤涼と太田慶一を連破し初戴冠・全日本実業柔道個人選手権73kg級

(2014年8月24日)


石川慈が連覇達成、昨年に続き決勝で玉置桃を破る・全日本実業柔道個人選手権57kg級

(2014年8月24日)


八巻祐が昨年の雪辱、決勝で小倉武蔵を破る・全日本実業柔道個人選手権66kg級

(2014年8月24日)


渡邉美樹が初優勝、ダークホース近藤薫が2位入賞果たす・全日本実業柔道個人選手権52kg級

(2014年8月24日)


石川裕紀が4連覇達成、川端龍は3位に留まる・全日本実業柔道個人選手権60kg級

(2014年8月23日)


十田美里が初優勝、浅見八瑠奈は伊部尚子に敗れて3位・全日本実業柔道個人選手権48kg級

(2014年8月23日)


国士舘中が強豪次々撃破し三連覇達成、「奇跡が起きた」と選手は感激の涙・全国中学校柔道大会男子団体戦

(2014年8月23日)


インターハイ柔道競技女子団体戦マッチレポート③準々決勝

(2014年8月23日)


インターハイ柔道競技女子団体戦マッチレポート②3回戦

(2014年8月22日)


大成中が三連覇達成、通算17勝0敗1分けの圧勝・全国中学校柔道大会女子団体戦

(2014年8月22日)


全国中学校柔道大会が開幕

(2014年8月22日)


インターハイ柔道競技女子団体戦マッチレポート①1回戦~2回戦

(2014年8月22日)


インターハイ柔道競技男子団体戦マッチレポート④決勝

(2014年8月21日)


阿部一二三が全試合一本勝ちで金メダル獲得、山内穂乃花は3位・ユース五輪柔道競技

(2014年8月19日)


インターハイ柔道競技男子団体戦マッチレポート③準決勝

(2014年8月19日)


インターハイ柔道競技男子団体戦マッチレポート②準々決勝

(2014年8月18日)


45kg級は徳本千夕が得意の足技生かして初位の優勝、45kg超級は昨年2松澤佑栞が制す・全国小学生学年別柔道大会6年生女子

(2014年8月17日)


40kg超級は澤崎凛が5試合を抑込技「一本」で初優勝、40kg級は小幡心里が接戦制して戴冠・全国小学生学年別柔道大会5年生女子

(2014年8月17日)


50kg級は辻岡慶次が加藤公央の2連覇阻む、50kg超級は中村心が全少王者工藤海人を降して初優勝・全国小学生学年別柔道大会6年生男子

(2014年8月17日)


先手攻撃に徹した住谷蓮が45kg級制す、45kg超級は中澤完太が優勝・全国小学生学年別柔道大会5年生男子

(2014年8月17日)


インターハイ柔道競技男子団体戦マッチレポート①1回戦~3回戦

(2014年8月17日)


金鷲旗高校柔道大会男子マッチレポート④決勝

(2014年8月15日)


金鷲旗高校柔道大会男子マッチレポート③準決勝

(2014年8月15日)


金鷲旗高校柔道大会男子マッチレポート②準々決勝

(2014年8月14日)


63kg級は嶺井美穂が初優勝、70kg級の池絵梨菜は高校選手権に続く二冠達成・インターハイ柔道競技女子個人戦

(2014年8月6日)


インターハイ柔道競技女子個人戦ひとこと展望②63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級

(2014年8月5日)


黒木七都美が前田千島にリベンジ果たして戴冠、48kg級は坂上綾、57kg級は谷川美歩が大本命倒して優勝飾る・インターハイ柔道競技女子個人戦

(2014年8月5日)


東大阪敬愛高が初優勝、「香長中トリオ」最後の夏で輝く・インターハイ柔道競技女子団体戦

(2014年8月5日)


インターハイ柔道競技女子個人戦ひとこと展望①48kg級、52kg級、57kg級

(2014年8月5日)


100kg超級は香川大吾が全試合一本勝ちで優勝、100kg級は川田修平が抜群の出来で制す・インターハイ柔道競技男子個人戦

(2014年8月5日)


「2回戦の頂上対決」は敬愛高が逆転勝ち、埼玉栄高の三冠獲得を阻む・インターハイ柔道競技女子団体戦

(2014年8月4日)


埼玉栄と敬愛軸に優勝候補は五校、二回戦での両雄激突がトーナメントの行方を規定・インターハイ柔道競技女子団体戦展望

(2014年8月4日)


阿部一二三が圧巻のオール一本V、73kg級は鳥羽潤が決勝で古賀颯人降して初の全国制覇・インターハイ柔道競技男子個人戦

(2014年8月3日)


国士舘高が3年ぶりの優勝、修徳高の三冠獲得を決勝で阻む・インターハイ柔道競技男子団体戦

(2014年8月3日)


インターハイ柔道競技男子個人戦ひとこと展望②81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級

(2014年8月2日)


「死のブロック」からの勝ち上がりは大成、Dブロックでは神戸国際大附が崇徳破ってベスト8に名乗り・インターハイ柔道競技男子団体第1日

(2014年8月2日)


インターハイ柔道競技男子個人戦ひとこと展望①60kg級、66kg級、73kg級

(2014年8月2日)


充実陣容の国士舘が優勝候補筆頭、金鷲旗で躍進の天理に加え白鴎大足利、三冠狙う修徳らが後を追う・インターハイ柔道競技男子団体戦展望

(2014年8月1日)


金鷲旗高校柔道大会男子マッチレポート①1回戦~6回戦(パート決勝)

(2014年8月1日)


金鷲旗高校柔道大会女子マッチレポート④決勝

(2014年7月31日)


金鷲旗高校柔道大会女子マッチレポート③準決勝

(2014年7月29日)


金鷲旗高校柔道大会女子マッチレポート②準々決勝

(2014年7月28日)


金鷲旗高校柔道大会女子マッチレポート①一回戦~五回戦(パート決勝)

(2014年7月27日)


男子が国士舘中、女子は帝京中が出場権獲得・全国中学校柔道大会東京都予選

(2014年7月25日)


修徳高が初優勝、強大戦力誇る国士舘高に総力戦で競り勝つ・金鷲旗高校柔道大会男子

(2014年7月24日)


埼玉栄高が5年ぶり4度目の優勝、今季2つ目の全国タイトル獲得成る・金鷲旗高校柔道大会女子

(2014年7月23日)


有力校順当にベスト16進出、大成高は1年生武田亮子が14人抜きの大活躍・金鷲旗高校柔道大会第1日女子

(2014年7月22日)


髙山莉加と藤原恵美が2位入賞・ポーランドジュニア国際柔道大会最終日日本選手勝ち上がり詳細

(2014年7月21日)


大成、埼玉栄、東大阪大敬愛が軸の大混戦。組み合わせ恵まれた敬愛と沖学園の地元2チームがこれら強豪を迎え撃つ・金鷲旗高校柔道大会女子展望

(2014年7月21日)


金鷲旗高校柔道大会が開幕、男女合わせて513校が熱戦誓う

(2014年7月21日)


優勝候補筆頭はハイレベルで「役者」揃えた国士舘、大駒1枚誇る崇徳、白鴎大足利、天理、修徳らがレギュレーション利して後を追う・金鷲旗高校柔道大会男子展望

(2014年7月21日)


金鷲旗高校柔道大会・女子有力校監督直前インタビュー②大成高・大石公平監督

(2014年7月20日)


日本勢が全4階級を制覇・ポーランドジュニア国際柔道大会第1日日本選手勝ち上がり詳細

(2014年7月20日)


金鷲旗高校柔道大会・女子有力校監督直前インタビュー①埼玉栄高・本松好正監督

(2014年7月19日)


金鷲旗高校柔道大会・男子有力校監督直前インタビュー⑤作陽高・川野一道監督

(2014年7月19日)


金鷲旗高校柔道大会・男子有力校監督直前インタビュー④崇徳高・加美富章監督

(2014年7月19日)


金鷲旗高校柔道大会・男子有力校監督直前インタビュー③白鴎大足利高・蓬田正郎監督

(2014年7月19日)


グランドスラムチュメン最終日各階級レポート

(2014年7月18日)


金鷲旗高校柔道大会・男子有力校監督直前インタビュー②修徳高・大森淳司監督

(2014年7月17日)


金鷲旗高校柔道大会・男子有力校監督直前インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督

(2014年7月17日)


グランドスラムチュメン第1日各階級レポート

(2014年7月16日)


[速報]グランドスラムチュメン最終日日本人選手勝ち上がり詳細

(2014年7月14日)


[速報]グランドスラムチュメン第1日日本人選手勝ち上がり詳細

(2014年7月13日)


グランドスラムチュメン最終日各階級ひとこと展望

(2014年7月12日)


グランドスラムチュメン第1日各階級ひとこと展望

(2014年7月12日)


グランプリ・ウランバートル最終日各階級レポート

(2014年7月10日)


グランプリ・ウランバートル第2日各階級レポート

(2014年7月9日)


グランプリ・ウランバートル第1日各階級レポート

(2014年7月7日)


[速報]グランプリウランバートル最終日日本人選手勝ち上がり詳細

(2014年7月6日)


グランプリウランバートル最終日各階級ひとこと展望

(2014年7月6日)


[速報]グランプリウランバートル第2日日本人選手勝ち上がり詳細

(2014年7月5日)


[速報]グランプリウランバートル第1日日本人選手勝ち上がり詳細

(2014年7月5日)


グランプリウランバートル第2日各階級ひとこと展望

(2014年7月4日)


グランプリウランバートル第1日各階級ひとこと展望

(2014年7月4日)


東海大が逆転で史上初の7連覇達成、牙城に迫った日本大はまたしても決勝で涙・全日本学生柔道優勝大会

(2014年6月29日)


鹿屋体育大が2年ぶり2度目の優勝・全日本学生柔道優勝大会女子三人制

(2014年6月28日)


山梨学院大が3年ぶり5度目の優勝、鍛錬光った環太平洋大は決勝で力尽きる・全日本学生柔道優勝大会女子五人制

(2014年6月28日)


グランプリ・ブダペスト最終日女子各階級レポート

(2014年6月24日)


グランプリ・ブダペスト最終日男子各階級レポート

(2014年6月23日)


グランプリブダペスト第1日・優勝者コメント(日本選手)

(2014年6月22日)


グランプリ・ブダペスト第1日女子各階級レポート

(2014年6月22日)


グランプリ・ブダペスト第1日男子各階級レポート

(2014年6月22日)


グランプリ・ブダベスト最終日各階級ひとこと展望

(2014年6月21日)


グランプリ・ブダベスト第1日各階級ひとこと展望

(2014年6月21日)


中矢力、宇高菜絵、中井貴裕の3選手が欠場・グランプリブダペスト

(2014年6月19日)


国士舘高がライバル寄せ付けず圧勝V、2枠目は高校選手権王者の修徳高が勝ち取る・インターハイ柔道競技東京都予選

(2014年6月16日)


シーソーゲーム制した東海大相模高が優勝、桐蔭学園を大逆転で下す・インターハイ柔道競技神奈川県予選

(2014年6月14日)


大成中が2年ぶりの優勝飾る・第29回玄海旗中学生柔道大会

(2014年6月11日)


全日本合宿に世界王者リネール襲来、「本気を引き出せ」と七戸龍らが次々乱取り挑む

(2014年6月10日)


旭化成がA、B同門決勝対決の目標達成、来期一部に3チーム参加へ・全日本実業柔道団体対抗大会男子第二部

(2014年6月8日)


V候補筆頭のALSOKが初優勝、谷本和離脱のピンチを「ダブルハルカ」の奮起で乗り切る・全日本実業柔道団体対抗大会女子第二部

(2014年6月8日)


旭化成が三連覇達成、「団体戦男」吉田優也の活躍光る・全日本実業柔道団体対抗大会男子第一部

(2014年6月8日)


「生え抜き」交え好選手揃えた新日鐵住金が圧勝V・全日本実業柔道団体対抗大会男子第三部

(2014年6月7日)


コマツが2年ぶり10度目の優勝、主将宇高菜絵ら世界選手権組の志願出場実る・全日本実業柔道団体対抗大会女子第一部

(2014年6月7日)


渕原槙一が日本勢唯一の表彰台確保・オーストリアジュニア国際大会最終日日本選手勝ちあがり詳細

(2014年6月4日)


最高成績は鳥居天翔の4回戦進出、日本選手の入賞者なし・オーストリアジュニア国際大会第1日日本選手勝ちあがり詳細

(2014年6月1日)


銀メダリスト中矢力が来月結婚へ、中学時代の同級生と・世界選手権男子合宿公開

(2014年5月30日)


男子日本代表が合宿公開、高藤は「モデルチェンジ」で世界選手権連覇狙う

(2014年5月30日)


山田伊織が初優勝、全日本選手権出場の田中源大を「一本」で下す・全日本カデ柔道体重別選手権90kg超級レポート

(2014年5月27日)


階級アップの飯田健太郎が抜群の技の切れ味披露、全国大会初制覇・全日本カデ柔道体重別選手権90kg級レポート

(2014年5月27日)


藤原崇太郎が見事な「一本」でカデ初制覇、スケールの大きさ見せ付ける・全日本カデ柔道体重別選手権81kg級レポート

(2014年5月26日)


冨田若春が全試合一本勝ちで優勝、全中王者2人を立て続けに下す・全日本カデ柔道体重別選手権70kg超級レポート

(2014年5月26日)


古賀颯人が3カテゴリ目の全国制覇、あくまで「一本」狙う柔道で会場唸らせる・全日本カデ柔道体重別選手権73kg級レポート

(2014年5月26日)


中江美裕がついにカデ初優勝、決勝はライバル畠石香花を「一本」で下す・全日本カデ柔道体重別選手権70kg級レポート

(2014年5月26日)


全中王者小柳穂乃果が優勝、三浦裕香理との再戦を「指導」差で切り抜ける・全日本カデ柔道体重別選手権63kg級レポート

(2014年5月25日)


高校選手権王者小川雄勢が超級制す、81kg級は1年生の藤原崇太郎が圧勝優勝・インターハイ柔道競技東京都予選

(2014年5月25日)


村井惟衣が舟久保遥香との全中王者対決制す・全日本カデ柔道体重別選手権57kg級レポート

(2014年5月23日)


高校選手権王者阿部一二三、全試合「一本」で悠々優勝・全日本カデ柔道体重別選手権66kg級レポート

(2014年5月23日)


実力発揮の山本達彦が中学に続く全国制覇、決勝は秒殺「一本」・全日本カデ柔道体重別選手権60kg級レポート

(2014年5月22日)


樋口裕大が全試合一本勝ちで優勝、得意の一本背負投の冴え見せる・全日本カデ柔道体重別選手権55kg級レポート

(2014年5月21日)


佐藤史都がキャリア初の全国制覇、決勝は見事な出足払「一本」・全日本カデ柔道体重別選手権50kg級レポート

(2014年5月20日)


大本命黒木七都美が敗退、後輩武田亮子が小、中に続く3カテゴリ目の全国制覇・全日本カデ柔道体重別選手権52kg級レポート

(2014年5月20日)


常見海琴が2連覇達成・全日本カデ柔道体重別選手権48kg級レポート

(2014年5月20日)


鈴木茉莉が消耗戦耐え切り2連覇達成・全日本カデ柔道体重別選手権44kg級レポート

(2014年5月19日)


全中王者五十嵐莉子が圧勝V・全日本カデ柔道体重別選手権40kg級レポート

(2014年5月19日)


上川大樹好調継続、逆転「一本」で七戸龍を破る・全日本選抜柔道体重別選手権100kg超級レポート

(2014年5月17日)


山部佳苗がライバル田知本愛を下して初優勝・全日本選抜柔道体重別選手権78kg超級レポート

(2014年5月16日)


熊代佑輔が集中切らさず選抜初制覇・全日本選抜柔道体重別選手権100kg級レポート

(2014年5月16日)


負傷中の佐藤瑠香が「指導」累計8つ奪って優勝、みどころ少ない決勝は低空飛行の階級全体を象徴・全日本選抜柔道体重別選手権78kg級レポート

(2014年5月12日)


ヌンイラ華蓮が優勝、国内大会3連勝で世界選手権代表も射止める・全日本選抜柔道体重別選手権70kg級レポート

(2014年5月12日)


女子は圧勝で優勝、男子はモンゴルに惜敗で2位・東アジア柔道選手権団体戦

(2014年5月11日)


大島優磨、橋口祐葵、百瀬優の3人が優勝・東アジア柔道選手権大会男子日本選手勝ちあがり詳細

(2014年5月10日)


4階級で日本勢が優勝、市橋寿々華は全試合を一本勝ち・東アジア柔道選手権大会女子日本選手勝ちあがり詳細

(2014年5月10日)


吉田優也が悲願の初優勝、決勝は戦術眼の確かさ見せつけ後輩ベイカー茉秋を破る・全日本選抜柔道体重別選手権90kg級レポート

(2014年5月10日)


大住有加が優勝、阿部香菜初戦敗退で混沌の世界選手権代表は田代未来が初選出・全日本選抜柔道体重別選手権63kg級レポート

(2014年5月9日)


世界形選手権大会日本代表選手発表

(2014年5月9日)


徹底マーク跳ね除け永瀬貴規が初優勝、地力の高さと際の強さ見せ付ける・全日本選抜柔道体重別選手権81kg級レポート

(2014年5月8日)


宇高菜絵が豪快「一本」で2年ぶりの優勝、松本薫は衝撃の初戦敗退・全日本選抜柔道体重別選手権57kg級レポート

(2014年5月7日)


世界王者3人の競演制したのは大野将平、決勝は中矢力を「一本」で下す・全日本選抜柔道体重別選手権73kg級レポート

(2014年5月6日)


ワンチャンス生かした西田優香が復活優勝、終始優勢の中村美里は新ルールの洗礼浴びる・全日本選抜柔道体重別選手権52kg級レポート

(2014年5月6日)


6年生の部で工藤海人が団体戦と合わせて二冠獲得、5年生の部は入来院大樹が全試合一本勝ちで優勝・全国少年柔道大会

(2014年5月5日)


朝飛道場が3年ぶり5度目の優勝、「一本」連発で会場圧した大刀洗豪武館は代表戦で涙・全国少年柔道大会

(2014年5月5日)


若武者高市賢悟が世界王者海老沼匡に一本勝ち、余勢駆って国内最高峰大会を初制覇・全日本選抜柔道体重別選手権66kg級レポート

(2014年5月4日)


アジア競技大会日本代表発表、超級代表に全日本覇者の王子谷

(2014年5月3日)


新鋭近藤亜美が初優勝、悲願の世界選手権進出狙った山岸絵美は決勝で涙・全日本選抜柔道体重別選手権48kg級レポート

(2014年5月3日)


平成26年全日本柔道選手権 全試合写真入り詳細 ④準々決勝~決勝

(2014年5月1日)


平成26年全日本柔道選手権 全試合写真入り詳細 ③三回戦

(2014年5月1日)


平成26年全日本柔道選手権 全試合写真入り詳細 ②二回戦

(2014年4月30日)


平成26年全日本柔道選手権 全試合写真入り詳細 ①一回戦

(2014年4月30日)


100kg超級は上川大樹と七戸龍、2枠目は73kg級中矢力と66kg級高市賢悟の派遣が決定・チェリャビンスク世界柔道選手権男子日本代表発表

(2014年4月29日)


ダークホース王子谷剛志が初優勝、原沢久喜と上川大樹のV候補二人を大外刈「一本」で破る・全日本柔道選手権

(2014年4月29日)


決戦前に五選手が会見、上川大樹は「全試合一本勝ち目指す」と初優勝誓う・全日本柔道選手権

(2014年4月28日)


平成26年全国高段者大会技術優秀選手一覧

(2014年4月28日)


「再出発」の主役は超級の3人。優勝候補筆頭は絶好調の上川、七戸と原沢がこれを追う・全日本柔道選手権展望

(2014年4月27日)


国際柔道シーンを牽引する「高藤流」炸裂、世界王者高藤直寿が国内大会初制覇・全日本選抜柔道体重別選手権60kg級レポート

(2014年4月25日)


「己を良く知る」大物小川雄勢が手堅さと勇気を発揮、全国大会初制覇・第36回全国高等学校柔道選手権男子無差別レポート

(2014年4月25日)


人材揃った激戦階級、第1シード白川剛章が貫禄の高校カテゴリ初制覇・第36回全国高等学校柔道選手権90kg級レポート

(2014年4月23日)


"玉鋼"佐々木健志が練磨ぶりを発揮、全試合一本勝ちで島根県勢初の選手権制覇・第36回全国高等学校柔道選手権81kg級レポート

(2014年4月23日)


第29回皇后盃全日本女子柔道選手権大会・全試合経過(下)3回戦~決勝

(2014年4月22日)


第29回皇后盃全日本女子柔道選手権大会・全試合経過(上)1回戦~2回戦

(2014年4月22日)


大町隆雄と後藤隆太郎が2位入賞・ロシアジュニア国際柔道大会最終日日本選手勝ちあがり詳細

(2014年4月21日)


鍋倉那美と浜未悠が優勝・ロシアジュニア国際柔道大会最終日日本選手勝ちあがり詳細

(2014年4月21日)


48kg級高橋瑠衣と52kg級の山本玲奈が優勝、高橋は全試合「一本」獲得・ロシアジュニア国際柔道大会第1日日本選手勝ちあがり詳細

(2014年4月21日)


末木貴将と山本悠司のインターハイ王者2人が優勝・ロシアジュニア国際柔道大会第1日日本選手勝ちあがり詳細

(2014年4月21日)


山部佳苗が78kg超級代表決定、"2枠目"は田知本愛と松本薫が選出される・世界柔道選手権女子代表

(2014年4月20日)


山部佳苗が全試合一本勝ちで2年ぶり2度目の優勝・皇后盃全日本女子柔道選手権

(2014年4月20日)


阿部一二三が才能発揮、技と力見せつけ階級差感じさせない圧勝V・第36回全国高等学校柔道選手権73kg級レポート

(2014年4月20日)


決勝の世界カデ王者対決を永山竜樹が制す・第36回全国高等学校柔道選手権60kg級レポート

(2014年4月20日)


大本命の朝比奈沙羅不在の混戦、78kg級の強者佐藤杏香が初優勝飾る・第36回全国高等学校柔道選手権女子無差別レポート

(2014年4月17日)


池絵梨菜が決勝で畠石香花破って優勝、2階級制覇を達成・第36回全国高等学校柔道選手権70kg級レポート

(2014年4月17日)


鍋倉那美が高校カテゴリ初優勝、ライバル嶺井美穂は2位の佐藤史織に破れる・第36回全国高等学校柔道選手権63kg級レポート

(2014年4月17日)


西尾直子が悲願の高校カテゴリ初優勝・第36回全国高等学校柔道選手権57kg級レポート

(2014年4月17日)


前田千島が地力発揮、決勝で再び黒木七都美を破る・第36回全国高等学校柔道選手権52kg級レポート

(2014年4月17日)


70kg超級は冨田若春が全試合一本勝ちで初優勝、48kg級常見海琴と44kg級鈴木茉莉は2連覇達成・全日本カデ柔道体重別選手権女子

(2014年4月13日)


阿部一二三が全試合「一本」の圧勝V、超級は山田伊織が全日本選手権出場の田中源大を破る・全日本カデ柔道体重別選手権男子

(2014年4月13日)


第36回全国高等学校柔道選手権大会・女子団体マッチレポート③決勝

(2014年4月13日)


第36回全国高等学校柔道選手権大会・女子団体マッチレポート②準々決勝~準決勝

(2014年4月11日)


第36回全国高等学校柔道選手権大会・女子団体マッチレポート①1回戦~3回戦

(2014年4月10日)


世界柔道選手権第1代表発表、男子は世界王者3人ら概ね順当な選考

(2014年4月6日)


78kg超は山部佳苗が初優勝、波乱続いた70kg級はヌンイラ華蓮が2連覇達成・全日本選抜柔道体重別選手権最終日

(2014年4月6日)


60kg級は高藤直寿が初優勝、73kg級決勝の世界王者対決は大野将平が中矢力を「一本」で破る・全日本選抜柔道体重別選手権最終日

(2014年4月6日)


近藤亜美が先輩山岸絵美下して初出場V、松本薫初戦敗退の57kg級は宇高菜絵が豪快「一本」で山本杏を下す・全日本選抜柔道体重別選手権第1日

(2014年4月5日)


好調上川大樹が原沢久喜と七戸龍を連破し超級制覇、90kg級は吉田優也がベイカー茉秋を下し初優勝・全日本選抜柔道体重別選手権第1日

(2014年4月5日)


第36回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体マッチレポート⑥決勝

(2014年4月4日)


第36回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体マッチレポート⑤準決勝

(2014年4月2日)


第36回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体マッチレポート④準々決勝

(2014年3月29日)


第36回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体マッチレポート③3回戦

(2014年3月27日)


第36回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体マッチレポート②2回戦

(2014年3月26日)


第36回全国高等学校柔道選手権大会・男子団体マッチレポート①1回戦

(2014年3月24日)


"本松マジック"再来!流れ掴んだ埼玉栄高が2年ぶり4度目の戴冠・全国高等学校柔道選手権大会女子団体戦

(2014年3月22日)


修徳、悲願の初優勝達成!激戦ブロック勝ち上がった白鴎大足利は決勝で力尽きる・全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦

(2014年3月22日)


70kg級転向の池絵梨奈が2階級制覇達成、朝比奈沙羅不在の無差別は佐藤杏香が冨田若春を破る・全国高等学校柔道選手権女子個人戦

(2014年3月21日)


無差別は小川雄勢が制覇、73kg級は阿部一二三が古賀颯人下して戴冠・全国高等学校柔道選手権男子個人戦

(2014年3月21日)


全国高等学校柔道選手権大会・女子個人戦ひとこと展望

(2014年3月19日)


全国高等学校柔道選手権大会・男子個人戦ひとこと展望

(2014年3月19日)


大成、埼玉栄、東大阪大敬愛、沖学園の「四つ角」が他を引き離す。アップセット要素孕むワントップ型チームでは桐蔭学園に注目・全国高等学校柔道選手権女子展望

(2014年3月19日)


修徳、崇徳ら有力校ひしめく史上最大の大混戦。観戦の旨みは前半戦に集中・全国高等学校柔道選手権男子展望

(2014年3月19日)


全国高校柔道選手権女子有力校監督直前インタビュー③東大阪大敬愛高・平田勝美監督

(2014年3月17日)


全国高校柔道選手権女子有力校監督直前インタビュー②大成高・大石公平監督

(2014年3月17日)


全国高校柔道選手権女子有力校監督直前インタビュー①埼玉栄高・本松好正監督

(2014年3月17日)


全国高校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー⑦桐蔭学園高・高松正裕監督

(2014年3月16日)


全国高校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー⑥神戸国際大附高・長澤伸昭監督

(2014年3月16日)


全国高校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー⑤大成高・石田輝也監督

(2014年3月16日)



全国高校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー④修徳高・大森淳司監督

(2014年3月16日)


全国高校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー③崇徳高・加美富章監督

(2014年3月16日)


全国高校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー②白鴎大足利高・蓬田正郎監督

(2014年3月15日)


全国高校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督

(2014年3月15日)


全日本柔道選手権・東海、関東、四国、北信越、東北地区予選

(2014年3月14日)


全日本女子柔道選手権・東海、関東、四国、北信越地区予選

(2014年3月10日)


全日本柔道選手権予選始まる、初日は3地区で高校生が優勝

(2014年3月10日)


グランプリデュッセルドルフ各階級概況×詳細(下)

(2014年3月8日)


グランプリデュッセルドルフ各階級概況×詳細(上)

(2014年3月6日)


全国体育系学生柔道体重別選手権

(2014年3月5日)


重量3階級は全て日本勢が制覇、山部佳苗はパリに続く2週連続優勝・ヨーロッパオープンローマ(70kg級、78kg級、78kg超級)

(2014年2月28日)


津金恵が優勝、出口クリスタは世界王者シウバに敗れるも2位を確保・ヨーロッパオープンローマ(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)

(2014年2月27日)


ヨーロッパオープン・オーバーヴァルト

(2014年2月24日)


グランプリ・デュッセルドルフ最終日各階級ひとこと展望

(2014年2月24日)


グランプリ・デュッセルドルフ第1、2日各階級ひとこと展望

(2014年2月23日)


グランドスラムパリ最終日概況×詳細

(2014年2月19日)


グランドスラムパリ第1日概況×詳細

(2014年2月18日)


【ROAD TO 高校選手権】チームワーク噛み合った修徳高が優勝、決勝で崇徳高を破る・復興支援全国高等学校選抜柔道練成三春大会

(2014年2月16日)


【eJudo's EYE】全国高等学校柔道選手権組み合わせ抽選直前、今年も「eJudo版シード校」発表!

(2014年2月15日)


伝説の柔道家岡野功氏と井上康生日本男子監督が対談、「技」と日本の将来語る

(2014年2月10日)


ヨーロッパが大差でアジア下す、60kg級世界王者対決は高藤がガルスチャンを圧倒・ECCO 柔道団体戦2014 ヨーロッパvsアジア

(2014年2月5日)


【ROAD TO 高校選手権】全国高校柔道選手権神奈川県予選男女団体レポート

(2014年2月5日)


【ROAD TO 高校選手権】全国高校選手権東京都予選 男女個人戦

(2014年2月1日)


【ROAD TO 高校選手権】[記録]第30回若潮杯争奪武道大会 全試合結果

(2014年2月1日)


【ROAD TO 高校選手権】第30回若潮杯争奪武道大会レポート

(2014年2月1日)


【ROAD TO 高校選手権】男子は伝統の"粘り"獲得した国士舘高が修徳高破り優勝、女子は帝京高が制す・全国高校柔道選手権東京都予選

(2014年1月27日)


「アジア・ヨーロッパ対抗戦」代表に高藤と橋本、阿部の3人が選出

(2014年1月25日)


全日本選抜柔道体重別選手権出場選手発表

(2014年1月21日)


冬季欧州国際大会派遣選手発表

(2014年1月18日)


【ROAD TO 高校選手権】水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会マッチレポート

(2014年1月17日)


【ROAD TO 高校選手権】松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会マッチレポート

(2014年1月6日)


【ROAD TO 高校選手権】若潮杯武道大会・ニュース

(2014年1月3日)


男子は灘中学校が優勝、女子は素根輝擁する田主丸中が強さ見せ付ける・サニックス旗福岡国際中学生柔道大会結果詳細

(2014年1月2日)


【ROAD TO 高校選手権】水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会

(2014年1月2日)


【ROAD TO 高校選手権】黒潮旗武道大会男子団体マッチレポート

(2014年1月1日)


高校カテゴリで新ルール×"指導3まで引き分け"の団体戦申し合わせを試行・松尾杯争奪全国選抜高校柔道大会

(2013年12月31日)


【ROAD TO 高校選手権】小川雄勢が全勝でチームを牽引、修徳高が6年ぶり2度目の優勝果たす・松尾三郎杯争奪全国選抜高校柔道大会

(2013年12月27日)


全柔連が強化選手対象にSNS講習実施

(2013年12月27日)


上川大樹が初優勝、役者揃うもトーナメントは低調・講道館杯100kg超級マッチレポート

(2013年12月26日)


【ROAD TO 高校選手権】高校男子は高川学園高が初優勝、高校女子は新田高が圧勝V・吉岡杯争奪若鷲柔道大会

(2013年12月25日)


【ROAD TO 高校選手権】黒潮旗武道大会女子個人戦結果

(2013年12月24日)


【ROAD TO 高校選手権】大成高が初優勝、決勝は東海大相模を3-1で破る・黒潮旗武道大会

(2013年12月24日)


アジアジュニアユース選手権第2日男子(女子)勝ち上がり詳細

(2013年12月23日)


若手の優勝候補は全滅、31歳の増渕樹がV飾る・講道館杯100kg級レポート

(2013年12月20日)


アジアジュニアユース選手権第1日男子(女子)勝ち上がり詳細

(2013年12月20日)


加藤博剛が全試合一本勝ちで2連覇、決勝は大物新人ベイカー茉秋をみたび翻弄・講道館杯90kg級レポート

(2013年12月16日)


グランプリ・チェジュ女子各階級概況×詳細

(2013年12月15日)


グランプリ・チェジュ男子各階級概況×詳細

(2013年12月15日)


グランドスラム東京女子概況

(2013年12月4日)


グランドスラム東京男子概況

(2013年12月4日)


グランドスラム東京最終日男子各階級展望

(2013年12月1日)


グランドスラム東京最終日女子各階級展望

(2013年12月1日)


グランプリ・アブダビ女子各階級概況

(2013年12月1日)


グランプリ・アブダビ男子各階級概況

(2013年12月1日)


トーナメント最年少の朝比奈沙羅、ベテランばりの"勝負力"発揮で初優勝達成・講道館杯78kg超級レポート

(2013年12月1日)


岡村智美が若手退け貫禄の初優勝、高校1年生の浜未悠が決勝進出の快挙・講道館杯78kg級レポート

(2013年12月1日)


ヌンイラ華蓮が新井千鶴に一本勝ち、選抜に続く国内シニア2連勝飾る・講道館杯70kg級レポート

(2013年12月1日)


人材密集の激戦をユニバーシアード王者永瀬貴規が制す・講道館杯81kg級レポート

(2013年12月1日)


太田慶一が初優勝、復帰果たした秋本啓之は3位確保でGS東京進出決定・講道館杯73kg級レポート

(2013年12月1日)


優勝候補次々敗退、最激戦階級は丸山城志郎が制す・講道館杯66kg級レポート

(2013年12月1日)


木戸慎二が2連覇達成、ジュニア王者大島優磨が躍進の2位入賞・講道館杯60kg級レポート

(2013年12月1日)


グランドスラム東京第2日女子各階級展望

(2013年11月30日)


グランドスラム東京第2日男子各階級展望

(2013年11月30日)


グランドスラム東京第1日女子各階級展望

(2013年11月29日)


グランドスラム東京第1日男子各階級展望

(2013年11月29日)


松本薫、西山将士らも欠場・グランドスラム東京大会

(2013年11月29日)


海老沼匡、中村美里ら5人の欠場を発表・グランドスラム東京大会

(2013年11月25日)


アジアジュニアユース選手権日本代表選手発表

(2013年11月17日)


グランプリ・チェジュ日本代表選手発表

(2013年11月17日)


松本薫が6年ぶり2度目の優勝、中村美里も復帰戦Vで飾る・講道館杯全日本体重別選手権最終日女子

(2013年11月15日)


90kg級加藤博剛圧勝で2連覇、100kg超級は上川大樹が決勝で百瀬優破る・講道館杯全日本体重別選手権最終日男子

(2013年11月13日)


学生王者永瀬貴規が激戦の81kg級制す、60kg級は木戸慎二が2連覇・講道館杯全日本体重別選手権第1日男子

(2013年11月13日)


78kg超級は高校2年生の朝比奈沙羅が初優勝、70kg級はヌンイラ華蓮が再び新井千鶴を破る・講道館杯全日本体重別選手権第1日女子

(2013年11月13日)


[速報]グランドスラム東京2013日本代表選手発表(代表選手リスト)

(2013年11月11日)


講道館杯全日本体重別選手権男子展望②90kg級、100kg級、100kg超級

(2013年11月10日)


講道館杯全日本体重別選手権女子展望①48kg級、52kg級、57kg級

(2013年11月10日)


講道館杯全日本体重別選手権女子展望②63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級

(2013年11月9日)


講道館杯全日本体重別選手権男子展望①60kg級、66kg級、73kg級、81kg級

(2013年11月9日)



環太平洋大が失点1の圧勝、2年ぶり3度目の優勝決める・全日本学生柔道体重別団体優勝大会女子

(2013年11月9日)


筑波大が大本命の東海大下し優勝、大将田中崇晃が世界王者高藤直寿を破る・全日本学生柔道体重別団体優勝大会男子

(2013年11月9日)


金沢学院大が前年度王者帝京大を破る、環太平洋大は無失点圧勝でベスト4入り・全日本学生柔道体重別団体優勝大会女子第1日

(2013年11月9日)


東海大ら有力校が順当に勝ちあがり、日体大は山梨学院大に3-2で競り勝つ・全日本学生柔道体重別団体優勝大会第1日男子

(2013年11月9日)


野村忠宏が講道館杯欠場、近日中に右肩手術も

(2013年11月5日)


世界ジュニア選手権団体戦

(2013年10月30日)


警視庁が王座奪回、決勝は岩上と棟田の連続「一本」で昨年王者兵庫県警に逆転勝ち・全国警察柔道大会

(2013年10月30日)


インターハイ柔道競技女子個人戦マッチレポート

(2013年10月30日)


世界ジュニア柔道選手権第4日

(2013年10月29日)


世界ジュニア柔道選手権第3日

(2013年10月29日)


第1部、第2部ともに埼玉栄高が優勝飾る・朱雀杯高校柔道大会女子

(2013年10月28日)


白鴎大足利が強豪校連破で見事優勝、蓬田監督は「今年は狙う」と全国制覇挑戦を宣言・朱雀杯高校柔道大会男子第1部

(2013年10月28日)


世界ジュニア柔道選手権第2日

(2013年10月26日)


最終日の2種目は日本勢が優勝、講道館護身術は地元枠出場組が代表ペアを凌ぐ・世界形柔道選手権最終日

(2013年10月26日)


3種目中2種目制覇、日本「投の形」で史上初めて優勝逃がす・世界形柔道選手権大会第1日

(2013年10月26日)


世界ジュニア柔道選手権第1日

(2013年10月25日)


旭化成勢で固めた日本が優勝、決勝は吉田と百瀬の連勝でモンゴルを逆転・ワールドコンバットゲームス男子団体戦

(2013年10月25日)


日本が他寄せ付けず圧勝V、白石のどかと石川慈は世界王者倒す殊勲・ワールドコンバットゲームス女子団体戦

(2013年10月25日)


宮川拓美と田代未来のコマツ勢2人が優勝飾る、78kg級世界選手権王者のソル・キョンは2位・東アジア競技大会柔道競技

(2013年10月24日)


韓国が4階級制覇、日本は森下純平、加藤博剛、熊代佑輔の3人が優勝飾る・東アジア競技大会柔道競技

(2013年10月23日)


インターハイ柔道競技女子団体戦レポート

(2013年10月23日)


全試合無失点の圧勝、激戦ブロック勝ち上がった茨城県が2年連続2度目の優勝飾る・日整全国少年柔道大会

(2013年10月21日)


千葉県が2年ぶり3度目の優勝、好調石川裕紀が"秒殺"一本勝ち連発・国民体育大会柔道競技成年男子

(2013年10月16日)


"国体の女神"今井優子今年も大活躍、全勝で千葉を3年ぶりの優勝に導く・国民体育大会柔道競技成年女子

(2013年10月15日)


[記録訂正]抜群のチームワークで地元東京が優勝、朝比奈沙羅は全試合一本勝ちで復活の狼煙・国民体育大会柔道競技少年女子

(2013年10月15日)


「本気でリオを目指すための選択」銀メダリスト平岡拓晃が66kg級転向表明

(2013年10月14日)


IH王者尾方寿應が「一本」連発でチーム牽引、神奈川県が決勝で千葉県下し2年ぶり10度目の優勝・国民体育大会柔道競技少年男子

(2013年10月14日)


"両組み"ファイター寺崎達也が最重量級制す、90kg級長澤憲大は準決勝の超長時間試合乗り越え初優勝・全日本学生体重別選手権最終日男子

(2013年10月7日)


48kg級遠藤宏美が2年ぶり2度目の優勝、52kg級は角田夏実、57kg級は柳楽祐里が所属初の学生王座獲得・全日本学生体重別選手権最終日女子

(2013年10月7日)


70kg級でヌンイラ華蓮が3連覇、78kg超級は井上愛美が山梨学院大対決を制す・全日本学生体重別第1日女子

(2013年10月6日)


66kg級は六郷雄平が決勝の大接戦制して戴冠、81kg級は渡邊勇人が逆転の横四方固「一本」でホープ永瀬貴規を下す・全日本学生体重別第1日男子

(2013年10月6日)


2013ジュニアスポーツアジア交流大会・団体戦レポート

(2013年10月1日)


2013ジュニアスポーツアジア交流大会・個人戦レポート

(2013年10月1日)


柔の形と講道館護身術で推薦ペアが4連覇、世界王者が競った固の形は中山-林ペアが優勝・全日本柔道形競技大会

(2013年9月28日)


インターハイ柔道競技男子個人戦マッチレポート 81kg級~100kg超級

(2013年9月27日)


朝飛道場が3度目の優勝、ベスト4を関東勢が占める・マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部

(2013年9月25日)


インターハイ柔道競技男子個人戦マッチレポート 60kg級~73kg級

(2013年9月25日)


国士舘中が4連覇達成・マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生男子の部

(2013年9月24日)


津金恵が2連覇達成、新井千鶴と稲森奈見の三井住友勢2人が好パフォーマンスで初優勝・全日本ジュニア体重別選手権最終日

(2013年9月23日)


100kg級で小川竜昂が2連覇、100kg超の倉橋功は佐藤和哉ら退けキャリア初の全国制覇達成・全日本ジュニア体重別選手権最終日男子

(2013年9月23日)


出口クリスタ全試合一本勝ちの圧勝V、志々目愛は3連覇、山﨑珠美は2年ぶり2度目の優勝果たす・全日本ジュニア体重別選手権女子第1日

(2013年9月23日)


大島優磨が2連覇、竪山将は2年ぶり2度目のジュニア制覇達成・全日本ジュニア体重別選手権男子第1日

(2013年9月23日)


決勝は大石道場との同門対決、大成中が完全勝利で2年連続の三冠達成・マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生女子の部

(2013年9月22日)


世界ジュニア柔道選手権代表発表、66kg級と57kg級で2枠目を行使

(2013年9月21日)


松本薫の復帰戦は3位、「また強くなれるといううれしさがある」・全日本実業柔道個人選手権

(2013年9月20日)


野村忠宏、4勝1敗の3位で講道館杯出場権獲得・全日本実業柔道個人選手権

(2013年9月20日)


【eJudo's EYE】世界柔道選手権73kg級「評」

(2013年9月16日)


【eJudo's EYE】世界柔道選手権63kg級「評」

(2013年9月11日)


全日本実業柔道個人選手権マッチレポート

(2013年9月11日)


全国中学校柔道大会男子個人戦マッチレポート

(2013年9月11日)


全国中学校柔道大会女子個人戦マッチレポート

(2013年9月11日)


全国中学校柔道大会男子団体戦マッチレポート

(2013年9月11日)


全国中学校柔道大会女子団体戦マッチレポート

(2013年9月11日)


【eJudo's EYE】世界柔道選手権57kg級「評」

(2013年9月11日)


インターハイ柔道競技男子団体戦マッチレポート準々決勝~決勝

(2013年9月11日)


インターハイ柔道競技男子団体戦マッチレポート1回戦~3回戦

(2013年9月11日)


個人戦金メダルゼロの日本が意地の優勝、決勝はブラジルを3-2で振り切る・世界柔道選手権女子団体

(2013年9月3日)


グルジアがロシアに逆転勝ちで優勝決める、日本はウズベキスタンに敗退も3位を確保・世界柔道選手権男子団体

(2013年9月3日)


五輪王者オルティス優勝、田知本は「担ぎ技掛け潰れ」捌けず敗退で3位・世界柔道選手権第6日女子

(2013年9月3日)


100kg超級はリネールが今大会も圧勝、2位争いを制したのはシウバ・世界柔道選手権第6日男子

(2013年9月3日)


100kg級は第1シードのママドフがグロルを破って優勝、5試合戦いきった小野は5位でフィニッシュ・世界柔道選手権第6日男子

(2013年9月3日)


団体戦は男女共に東京対決、古矢女子東京B監督「諦めない心とチームワークで得た勝利」・2013ジュニアスポーツアジア交流大会柔道競技最終日

(2013年9月2日)


日本人選手が全階級を制覇!日野賢明選手は「宮城の意地で勝った」・2013ジュニアスポーツアジア交流大会柔道競技初日結果

(2013年9月2日)


100kg級は第1シードのママドフがグロルを破って優勝、5試合戦いきった小野は5位でフィニッシュ・世界柔道選手権第6日男子

(2013年9月1日)


世界柔道選手権100kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月31日)


世界柔道選手権100kg超級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月31日)


世界柔道選手権78kg超級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月31日)


[速報]全日本実業柔道個人選手権第1日各階級入賞者・決勝結果

(2013年8月31日)


大荒れの78kg級は北朝鮮のソルが優勝、佐藤は7位、緒方は初戦敗退に終わる・世界柔道選手権第5日女子

(2013年8月31日)


ポリングとデコスの2強がともに陥落、70kg級王者はアルベール・世界柔道選手権第5日女子

(2013年8月31日)


ゴンザレスがイリアディス、リパルテルアニ連破で初優勝、西山将士はまさかの2回戦敗退・世界柔道選手権第5日男子

(2013年8月31日)


世界柔道選手権90kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月30日)


世界柔道選手権78kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月30日)


世界柔道選手権70kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月30日)


ゲルビが全試合一本勝ちで初優勝、阿部と田中は表彰台に上がれず・世界柔道選手権第4日女子

(2013年8月30日)


ダークホースのピエトリが優勝、長島啓太は1回戦敗退・世界柔道選手権第4日

(2013年8月30日)


【eJudo's EYE】畳上に影響留まらぬ愚行、あの「反則見逃し」を許せない理由を書き連ねる・世界選手権第2日「評」

(2013年8月30日)


【eJudo's EYE】「経験」がもたらした陰影、完成近づく海老沼の柔道・世界選手権第2日「評」

(2013年8月30日)


世界柔道選手権63kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月29日)


世界柔道選手権81kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月29日)


大野将平が他を寄せ付けず圧勝V、男子は3階級連続の金メダル獲得・世界柔道選手権第3日男子

(2013年8月29日)


地元シウバが金メダル獲得、優勝候補のパヴィアと山本はともに5位に沈む・世界柔道選手権第3日女子

(2013年8月29日)


橋本優貴は3位、第1シードのケルメンディに苦杯喫す・世界柔道選手権第2日女子

(2013年8月28日)


海老沼匡、冷静に戦い全試合「一本」で2連覇達成、福岡政章は3位を確保・世界柔道選手権第2日男子

(2013年8月28日)


世界柔道選手権57kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月28日)


世界柔道選手権73kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月28日)


世界柔道選手権52kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月27日)


世界柔道選手権66kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月27日)


【eJudo's EYE】3強時代は予感から事実へ、そして「寝技の浅見」が喫した巴十字が語るもの・世界選手権48kg級評

(2013年8月27日)


【eJudo's EYE】「作る」才能の勝利、そして今後の危うさ・世界選手権60kg級評

(2013年8月27日)


60kg級高藤直寿が見事優勝、念願の世界王座獲得・世界柔道選手権第1日男子

(2013年8月27日)


48kg級浅見八瑠奈は3連覇ならず、決勝でムンクバット・ウラントセトセグの腕挫十字固に屈す・世界柔道選手権第1日女子

(2013年8月27日)


世界柔道選手権48kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月26日)


世界柔道選手権60kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2013年8月26日)


「体のおもむくまま」一本勝ち連発の津金恵が激戦の63kg級制して連覇達成、78kg超級は月波光貴穂が初優勝・インターハイ柔道競技

(2013年8月18日)


芳田司が出口クリスタを内股「一本」に仕留め激戦の57kg級制す、48kg級は近藤亜美、52kg級は森由芽香が優勝・インターハイ柔道競技

(2013年8月18日)


IH狙いのチーム作りが結実、攻撃柔道貫いた埼玉栄が4年ぶり3度目の優勝飾る・インターハイ柔道競技女子団体戦

(2013年8月18日)


松商学園、東大阪大敬愛ら上位候補次々敗退、敬愛は代表戦も僅差で踏みとどまる・インターハイ柔道競技女子団体戦

(2013年8月18日)


超級は準々決勝で佐藤和哉下したウルフアロンが優勝、90kg級は江畑丈夫との大外刈対決再び制した前田宗哉がV

(2013年8月18日)


73kg級は山本悠司が高校選手権に続く優勝、60kg級は小倉拓実、66kg級は末木貴将が初戴冠・インターハイ柔道競技

(2013年8月18日)


作陽大躍進、常識超える成長カーブで2年ぶりの決勝進出果たす・インターハイ柔道競技男子団体戦

(2013年8月18日)


東海大浦安三冠ならず準々決勝で散る、国士舘も準決勝敗退で大会は大荒れ

(2013年8月18日)


采配と選手の力噛み合った崇徳が初優勝、決勝は作陽との中国勢対決を制す・インターハイ柔道競技男子団体戦

(2013年8月18日)


加美采配ズバリ、崇徳が東海大相模を大差で下し打倒浦安へ名乗り・インターハイ柔道競技男子団体戦

(2013年8月18日)


東海大浦安、国士舘ら順当にベスト8入り、東海大相模が崇徳に敗れる波乱・インターハイ柔道競技男子団体戦第1日

(2013年8月18日)


金鷲旗全国高校柔道大会・女子マッチレポート

(2013年8月18日)


金鷲旗全国高校柔道大会・男子マッチレポート準々決勝~決勝

(2013年8月18日)


金鷲旗全国高校柔道大会・男子マッチレポート1回戦~6回戦

(2013年8月18日)


インターハイ柔道競技・女子個人戦ひとこと展望

(2013年8月9日)


インターハイ柔道競技女子団体戦展望

(2013年8月9日)


インターハイ柔道競技・男子個人戦ひとこと展望

(2013年8月9日)


エース格は中堅と大将に分散傾向・インターハイ柔道競技女子団体戦有力校オーダー順

(2013年8月7日)


いよいよ明日からインターハイ開幕、各校オーダー順出揃う(インターハイ男子団体有力校オーダー順一覧)

(2013年8月7日)


インターハイ柔道競技男子団体戦展望

(2013年8月7日)


GSモスクワ・女子各階級概況×詳細

(2013年8月2日)


GSモスクワ・男子各階級概況×詳細

(2013年8月2日)


全日本実業柔道団体対抗大会・男子第二部マッチレポート

(2013年8月2日)


全日本実業柔道団体対抗大会・女子第二部マッチレポート

(2013年8月2日)


全日本実業柔道団体対抗大会・女子第一部マッチレポート

(2013年8月2日)


全日本実業柔道団体対抗大会男子第1部レポート

(2013年8月1日)


全日本実業柔道団体対抗大会男子第3部レポート

(2013年8月1日)


GPウランバートル・女子各階級概況×詳細

(2013年7月31日)


GPウランバートル・男子各階級概況×詳細

(2013年7月31日)


ジュニアスポーツアジア交流大会代表選手発表、徳原勉監督ら「東京の層の厚さ見せる」と意気込む

(2013年7月30日)


東海大浦安が一歩リード、各校の「上積み」の高さが勝負の分かれ目
金鷲旗高校柔道大会男子展望

(2013年7月22日)


巨大戦力誇る敬愛高の2連覇濃厚、タイプ違う数チームが挑戦権掛け逆サイドで激戦
金鷲旗高校柔道大会女子展望

(2013年7月22日)


金鷲旗高校柔道大会・男子有力校監督直前インタビュー

(2013年7月21日)


金鷲旗高校柔道大会・女子有力校監督直前インタビュー

(2013年7月21日)


【eJudo’s EYE】「因習ベース」はもはや限界、改革は評議員会解体もセットで行うべき

(2013年7月14日)


【eJudo's EYE】「ビゼール会見」で日本が失ったもの

(2013年7月12日)


全柔連が改革促進「タスクフォース」結成、選手委員会の設置も発表

(2013年7月9日)


評議員会大荒れ、6週間以内に理事解任を議題に臨時評議員会再召集へ

(2013年7月9日)


東海大が6連覇達成、決勝は日本大を6-1の大差で下す・全日本学生優勝大会

(2013年7月9日)


昨年3位の東京学芸大が一気の優勝、殊勲は体格差跳ね返す粘り見せた中堅諏訪・全日本学生優勝大会女子三人制

(2013年7月9日)


環太平洋大が連覇達成!山梨学院大を3-2で破り歓喜の胴上げ・全日本学生優勝大会女子五人制

(2013年7月9日)


強力布陣のJR東日本女子柔道部が初優勝・全日本実業団体対抗大会女子第2部

(2013年7月9日)


パーク24が初優勝、決勝は中井貴裕の「一本」で京葉ガス下す・全日本実業団体対抗大会男子第2部

(2013年7月9日)


決勝は全員が持ち味発揮、旭化成Aが2年連続14度目の優勝飾る・全日本実業団体対抗大会

(2013年7月8日)


若手躍動!三井住友海上が7年ぶりの優勝飾る・全日本実業団体対抗大会女子第一部

(2013年7月8日)


5勝1分け4つの一本勝ち、11年ぶり公式戦出場の吉田秀彦が大活躍で会場沸かす・全日本実業団体対抗大会

(2013年7月8日)


田主丸中が大成中破り優勝、サニックス旗に続くビッグタイトル獲得・第28回玄海旗中学生柔道大会

(2013年6月27日)


ワールドマスターズ2013・女子各階級概況×詳細

(2013年6月27日)


ワールドマスターズ2013・男子各階級概況×詳細

(2013年6月27日)


混戦の女子団体は淑徳高が優勝、決勝は帝京高を2-1で破る・インターハイ柔道競技東京都予選

(2013年6月26日)


国士舘高が優勝、修徳高が足立学園高下して第二代表権獲得・インターハイ柔道競技東京都予選

(2013年6月26日)


1年生嶺井美穂が奮闘、女子は桐蔭学園が2年連続6度目の優勝飾る・インターハイ柔道競技神奈川県予選

(2013年6月26日)


東海大相模、ライバル桐蔭学園を振り切り7年連続の代表権獲得・インターハイ柔道競技神奈川県予選

(2013年6月26日)


平成25年全日本選抜柔道体重別選手権大会女子レポート・70㎏級~78㎏超級

(2013年6月26日)


平成25年全日本選抜柔道体重別選手権大会男子レポート・81㎏級~100kg超級

(2013年6月26日)


平成25年全日本選抜柔道体重別選手権大会男子レポート・60㎏級~73㎏級

(2013年6月24日)


平成25年全日本選抜柔道体重別選手権大会女子レポート・48㎏級~63kg級

(2013年6月24日)


全日本柔道選手権マッチレポート・準々決勝~決勝

(2013年6月6日)


全日本柔道選手権マッチレポート・1回戦~3回戦

(2013年6月6日)


目的は打倒ロシアと意識改革?!世界選手権代表がサンボ体験

(2013年6月4日)


皇后盃全日本女子柔道選手権マッチレポート・準々決勝~決勝

(2013年5月28日)


皇后盃全日本女子柔道選手権マッチレポート・1回戦~3回戦

(2013年5月28日)


全日本カデ体重別選手権男子レポート・73㎏級~90㎏超級

(2013年5月20日)


全日本カデ体重別選手権男子レポート・50㎏級~66㎏級

(2013年5月20日)


【eJudo's EYE】地方復権元年?「一度も中央に出ていない男」七戸龍の世界進出に見出す意義と希望

(2013年5月18日)


【eJudo's EYE】世界選手権日本女子代表発表・評

(2013年5月18日)


【eJudo's EYE】世界選手権日本男子代表発表・評

(2013年5月18日)


「狙って勝つ」ことの難しさ際立つ、高藤直寿、大野将平、山本杏ら期待の若手が次々に敗退・全日本選抜体重別選手権大会

(2013年5月17日)


78kg級で佐藤瑠香が初優勝、78kg超級は田知本、山部連破の白石のどかがV・全日本選抜体重別選手権最終日

(2013年5月17日)


最重量級で七戸龍が優勝、100kg級制した小野卓志は史上初の3階級制覇達成・全日本選抜体重別選手権最終日

(2013年5月17日)


浅見八瑠奈が初優勝、52kg級は抜群の強さで橋本優貴が制す・全日本選抜体重別選手権第1日

(2013年5月17日)


73kg級は五輪銀メダリスト中矢が2連覇、66kg級はベテラン福岡がV飾る・全日本選抜体重別選手権第1日

(2013年5月17日)


全日本カデ体重別選手権女子レポート・57㎏級~70㎏超級

(2013年5月17日)


全日本カデ体重別選手権女子レポート・44㎏級~52㎏級

(2013年5月16日)


全日本選抜柔道体重別選手権大会女子展望

(2013年5月10日)


全日本選抜柔道体重別選手権大会男子展望

(2013年5月10日)


6年生は斉藤立、5年生は岡田陸がともに全試合一本勝ちで優勝・全国少年柔道大会個人戦

(2013年5月9日)


激戦区神奈川代表の面目躍如、初出場の小川道場が見事優勝飾る・全国少年柔道大会団体戦

(2013年5月9日)


63kg級は鍋倉那美が高校王者池絵梨菜に一本勝ち、月波光貴穂は滝川真央下し大会2連覇・全日本カデ体重別女子

(2013年5月7日)


66kg級は階級アップの阿部一二三が優勝、全中決勝再現の最重量級は再び太田彪雅が制す・全日本カデ体重別男子

(2013年5月7日)


全国高校柔道選手権女子個人マッチレポート・70㎏級~無差別

(2013年5月2日)


全国高校柔道選手権女子個人マッチレポート・52㎏級~63㎏級

(2013年5月2日)


全国高校柔道選手権男子個人マッチレポート・90㎏級~無差別

(2013年5月1日)


全国高校柔道選手権男子個人マッチレポート・60㎏級~81㎏級

(2013年5月1日)


引退明言の穴井隆将が優勝、有終の美飾る・全日本柔道選手権

(2013年5月1日)


石井、七戸ら5人が鍔迫り合いの大混戦、それぞれに「刺客」配され序盤から見所満載・全日本柔道選手権直前展望

(2013年4月28日)


緒方亜香里が初優勝、決勝で田知本愛を下す・皇后盃全日本女子柔道選手権

(2013年4月25日)


五輪後一皮剥けた田知本愛がV候補筆頭、連覇狙う山部佳苗はメンタルの浮揚がカギ・皇后盃全日本女子選手権展望

(2013年4月21日)


全国高校柔道選手権大会女子団体戦マッチレポート・決勝

(2013年4月19日)


全国高校柔道選手権大会女子団体戦マッチレポート・1回戦~準決勝

(2013年4月19日)


全国高校柔道選手権大会男子団体戦マッチレポート・準決勝~決勝

(2013年4月17日)


全国高校柔道選手権大会男子団体戦マッチレポート 1回戦~準々決勝 

(2013年4月17日)


敬愛高が3年ぶり2度目の優勝、松商学園高は決勝で力尽きる・全国高校選手権女子団体戦

(2013年4月1日)


東海大浦安高が2連覇達成、エースのウルフアロンが獅子奮迅の活躍・全国高校選手権男子団体戦

(2013年4月1日)


朝比奈沙羅が無差別王座獲得、57kg級は出口クリスタ、63kg級は池絵梨里が激戦制す・全国高校選手権女子個人戦

(2013年4月1日)


無差別は大物佐藤和哉が優勝、90kg級は前田宗哉が江畑丈夫との大外刈対決制す・全国高校選手権男子個人戦

(2013年4月1日)


全国体育系学生体重別大会レポート

(2013年3月31日)


全日本女子選手権各地区予選結果

(2013年3月21日)


全日本選手権各地区予選結果

(2013年3月21日)


軽量ながら駒の質揃える松商学園、岡史生中心に勝負どころ弁える敬愛が2強・全国高校選手権女子団体戦展望

(2013年3月18日)


全国高等学校柔道選手権・個人戦各階級展望

(2013年3月18日)


大混戦もウルフアロン擁する東海大浦安が一歩リード、国士舘巻き返しのカギは江畑丈夫・全国高校選手権男子団体戦展望

(2013年3月18日)


全国高等学校柔道選手権大会女子有力校監督・直前インタビュー

(2013年3月17日)


全国高等学校柔道選手権大会男子有力校監督・直前インタビュー

(2013年3月17日)


女川町長旗争奪全国高校選抜三春大会レポート

(2013年3月12日)


グランプリ・デュッセルドルフ各階級概況×詳細

(2013年3月7日)


ヨーロッパオープンブダペスト日本人選手勝ちあがり詳細

(2013年3月3日)


グランドスラムパリ・各階級概況×詳細 1/2

(2013年3月1日)


「今だからこそ」中国チームを大会に招聘、日中親善図る・女川町長旗全国高校選抜柔道三春大会

(2013年2月25日)


【ROAD TO 高校選手権】東海大浦安高が優勝、「残り1ヶ月が見えた」と竹内監督・女川町長旗全国高校選抜柔道三春大会

(2013年2月25日)


ヨーロッパオープンソフィア・日本人選手勝ちあがり詳細

(2013年2月19日)


ヨーロッパオープントビリシ・日本人選手勝ちあがり詳細

(2013年2月19日)


ベルギー国際日本人選手勝ちあがり詳細

(2013年2月19日)


【ROAD TO 高校選手権】修徳が初優勝、朝比奈沙羅擁する渋谷教育学園は準決勝で帝京に苦杯・全国高校柔道選手権大会東京都予選

(2013年2月14日)


【ROAD TO 高校選手権】国士舘高が優勝、大混戦の第二代表争いは日体荏原が勝利・全国高校柔道選手権大会東京都予選

(2013年2月14日)


ユニバーシアード・サンボ競技代表選考「プーチン杯」開催、柔道界から高橋ルイと江藤康太がMVP獲得

(2013年2月14日)


グランドスラム・パリ最終日各階級ひとこと展望

(2013年2月10日)


グランドスラム・パリ第1日各階級ひとこと展望

(2013年2月9日)


【eJudo's EYE】いよいよ組み合わせ抽選、今年もeJudo版「高校選手権シード校」発表

(2013年2月8日)


【eJudo's EYE 】敢えて性悪説で考えてみる新ルール下の試合様相

(2013年2月7日)


【ROAD TO 高校選手権】磯田、江畑、田崎の全中王者トリオで国士舘勢が3階級を制す
全国高校柔道選手権大会東京都予選

(2013年1月27日)


【ROAD TO 高校選手権】朝比奈沙羅辛勝で代表権獲得、4階級を西尾直子ら帝京勢が制す・全国高校柔道選手権大会東京都予選

(2013年1月27日)


【eJudo's EYE】ルール伝達講習の「伝達」を試みる・攻め優先のポリシーは明確、求められる審判技量の高さ

(2013年1月25日)


【ROAD TO 高校選手権】若潮杯争奪武道大会・女子マッチレポート

(2013年1月20日)


【ROAD TO 高校選手権】若潮杯争奪武道大会・男子マッチレポート

(2013年1月20日)


【ROAD TO 高校選手権】水田三喜杯争奪高校柔道大会・女子マッチレポート

(2013年1月20日)


【ROAD TO 高校選手権】水田三喜杯争奪高校柔道大会男子マッチレポート

(2013年1月19日)


【ROAD TO 高校選手権】松尾三郎杯争奪全国高校柔道大会レポート

(2013年1月19日)


グランドスラム東京マッチレポート 63、70、78、78㎏超級

(2013年1月15日)


グランドスラム東京マッチレポート 81、90、100、100㎏超級

(2013年1月15日)


グランドスラム東京マッチレポート 60、66、73㎏級

(2013年1月9日)


グランドスラム東京マッチレポート 48、52、57㎏級

(2013年1月8日)


【ROAD TO 高校選手権】東海大浦安高が2連覇、苦しい勝ち上がりも決勝は国士舘高から3点奪取の快勝・若潮杯争奪武道大会

(2013年1月6日)


【ROAD TO 高校選手権】桐蔭学園高が優勝、高松正裕監督は就任初タイトル・水田三喜男杯争奪選抜高校柔道大会

(2013年1月6日)


【ROAD TO 高校選手権】国士舘高、苦しみながらも大会5連覇・松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会

(2013年1月6日)


講道館杯女子マッチレポート 63、70、78、78㎏超級

(2012年12月23日)


講道館杯女子マッチレポート 48、52、57㎏級

(2012年12月22日)


【ROAD TO 高校選手権】東海大浦安が連覇、決勝は東海大相模を大将対決で振り切る・松前旗争奪高等学校柔道大会

(2012年12月22日)


【eJudo's EYE】日本人に贈る、新ルールを迎える態度とつきあい方の提言

(2012年12月18日)


東京グランドスラム2012・最終日各階級ひとこと展望

(2012年12月2日)


学柔連も選手参加に全面協力!ユニバーシアード・サンボ代表選考「プーチン大統領杯」開催概要発表

(2012年12月1日)


東京グランドスラム2012・第2日各階級ひとこと展望

(2012年12月1日)


講道館杯男子マッチレポート 81、90、100、100㎏超級

(2012年12月1日)


講道館杯男子マッチレポート 60、66、73㎏級

(2012年12月1日)


東京グランドスラム2012・第1日各階級ひとこと展望

(2012年11月30日)


24年度講道館杯全日本体重別選手権最終日

(2012年11月13日)


24年度講道館杯全日本体重別選手権第1日

(2012年11月11日)


日整全国少年柔道大会レポート

(2012年11月10日)


24年度講道館杯女子各階級展望&みどころ

(2012年11月10日)


24年度講道館杯男子各階級展望&みどころ

(2012年11月10日)


【eJudo's EYE】就任会見から推し量る井上新監督の期待度

(2012年11月8日)


【eJudo's EYE】井上康生氏が男子監督就任、難局に敢えて飛び込む使命感に拍手

(2012年11月8日)


全日本学生体重別男子レポート

(2012年11月4日)


全日本学生体重別女子レポート

(2012年11月4日)


推薦枠ペアが5種目で優勝、力量見せ付ける・全日本形競技大会

(2012年10月31日)


兵庫県警、抜群のチームワークで悲願の初優勝・全国警察柔道大会

(2012年10月24日)


高学年の部は朝飛道場が優勝、低学年の部は小川道場が圧勝V・望星旗少年武道大会

(2012年10月24日)


女子は帝京高が優勝、選手層の厚み見せ付ける・朱雀杯争奪選抜高校柔道大会

(2012年10月24日)


新チーム第1戦は東海大浦安が優勝、決勝で東海大相模破る・朱雀杯争奪選抜高校柔道大会

(2012年10月24日)


マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生女子の部レポート

(2012年10月20日)


マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生男子の部レポート

(2012年10月20日)


【eJudo’s EYE】低迷脱した大躍進、日本は「ロシアになる」ことが出来るのか?

(2012年10月20日)


マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部レポート

(2012年10月20日)


グランプリアブダビ各階級概況×詳細

(2012年10月19日)


全日本実業個人女子マッチレポート

(2012年10月10日)


全日本実業個人男子マッチレポート

(2012年10月9日)


全日本学生体重別最終日結果

(2012年10月4日)


全日本学生体重別第1日結果

(2012年10月4日)


全国中学校大会女子個人戦レポート

(2012年9月30日)


全国中学校大会男子個人戦レポート

(2012年9月30日)


全国中学校柔道大会男子団体戦マッチレポート

(2012年10月1日)


全国中学校柔道大会女子団体戦マッチレポート

(2012年9月29日)


全日本ジュニア体重別女子マッチレポート

(2012年9月26日)


全日本ジュニア体重別男子マッチレポート

(2012年9月26日)


インターハイ柔道競技・女子個人戦マッチレポート

(2012年9月23日)


全国中学大会決勝のリベンジ、国士舘中が小野中に圧勝V・マルちゃん杯全日本少年柔道大会

(2012年9月20日)


大成中、今大会も圧勝で中学女子三冠達成・マルちゃん杯全日本少年柔道大会

(2012年9月20日)


小学生の部は朝飛道場が優勝、全国少年大会優勝の春日柔道クラブを破る・マルちゃん杯全日本少年柔道大会

(2012年9月20日)


インターハイ柔道競技・男子個人マッチレポート

(2012年9月20日)


インターハイ柔道競技女子団体マッチレポート

(2012年9月19日)


注目の63kg級は津金恵が優勝、超級は朝比奈沙羅が橋本朱未を破る・全日本ジュニア最終日女子

(2012年9月15日)


100kg超級は飯田健伍がV、波乱の90kg級は大町隆雄が制す・全日本ジュニア最終日男子

(2012年9月15日)


注目の48kg級はIH覇者岡本理帆が優勝、57kg級山本杏はまさかの敗退で連覇逸す・全日本ジュニア第1日女子

(2012年9月15日)


60kg級は高校選手権覇者大島優磨が優勝、混戦の66kg級は丸山城志郎が制す・全日本ジュニア第1日男子

(2012年9月15日)


男子無差別はかん沢優太が初優勝、女子63kg超は萩原久美子が全試合一本で制す・全国警察柔道選手権大会

(2012年9月15日)


90kg級で新人の池田賢生が優勝、最重量級は西潟健太、石山麻弥が制す・全日本実業個人最終日

(2012年9月15日)


「元気な姿見せたかった」48kg級は浅見八瑠奈が優勝、初日は3階級をコマツ勢が制す・全日本実業柔道個人選手権大会第1日

(2012年9月13日)


阿部一二三は2年越しの2階級制覇達成、超級はもと全少王者の太田彪雅が制す・全国中学校柔道大会男子個人戦

(2012年9月13日)


63kg級は鍋倉那美が嶺井美穂破り優勝、激戦の70kg級は畠石香花が制す・全国中学校柔道大会女子個人戦

(2012年9月13日)


小野中が国士舘中破って悲願の初優勝、磨き続けた攻撃柔道実る・全国中学校柔道大会男子団体戦

(2012年9月13日)


大本命の大成中が他を圧倒、初優勝飾る・全国中学校柔道大会女子団体戦

(2012年9月13日)


全日本学生柔道優勝大会男子マッチレポート 決勝

(2012年9月12日)


全日本学生柔道優勝大会男子マッチレポート 1回戦~準決勝

(2012年9月12日)


全日本学生柔道優勝大会女子5人制マッチレポート

(2012年9月12日)


インターハイ柔道競技男子団体マッチレポート・準決勝~決勝

(2012年9月7日)


インターハイ柔道競技男子団体マッチレポート・1回戦~準々決勝

(2012年9月7日)


【eJudo's EYE】ロンドン五輪総評(3)女子日本代表総評・採点表

(2012年8月29日)


【eJudo's EYE】ロンドン五輪総評(2)男子日本代表総評・採点表

(2012年8月29日)


津金恵、長内香月が決勝で高校選手権のリベンジ、超級は1年生の朝比奈が制す・インターハイ女子個人戦最終日

(2012年8月29日)


岡本理帆、山本杏が圧勝優勝、52kg級は2年生の内尾真子が初戴冠・インターハイ柔道競技女子個人戦第1日

(2012年8月29日)


阿蘇中央高が4年ぶり2度目の優勝・インターハイ柔道競技女子団体戦

(2012年8月29日)


小原拳哉、ベイカー茉秋、横山尭世の高校選手権覇者が優勝、100kg級は岩永修平がオール一本でV・インターハイ男子個人戦

(2012年8月29日)


田中、橋口、磯田と有力選手が順当に優勝・インターハイ柔道競技男子個人戦第1日

(2012年8月29日)


東海大浦安高が圧勝V、初の高校3冠達成・インターハイ柔道競技

(2012年8月29日)


金鷲旗高校柔道大会女子マッチレポート・準決勝~決勝

(2012年8月29日)


金鷲旗高校柔道大会女子マッチレポート・1回戦~準々決勝

(2012年8月29日)


金鷲旗高校柔道大会男子マッチレポート・準決勝~決勝

(2012年8月25日)


金鷲旗高校柔道大会男子マッチレポート・1回戦~準々決勝

(2012年8月25日)


【eJudo's EYE】ロンドン五輪総評(1)柔道は面白くなったのか?

(2012年8月9日)


【eJudo's EYE】畳内外の2条件合わせて杉本の決勝敗退は必然・ロンドン五輪第6日、第7日評

(2012年8月4日)


ロンドン五輪78kg超級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年8月3日)


ロンドン五輪100kg超級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年8月3日)


【eJudo's EYE】不運なディティール超えて結果は妥当・ロンドン五輪第5日評

(2012年8月3日)


ロンドン五輪78kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年8月1日)


ロンドン五輪100kg級プレビュー×組み合わせ展望



【eJudo's EYE】生真面目さゆえの自壊と栄光/超リアリスト中井の成績は日本柔道のベンチマーク・ロンドン五輪第4日評

(2012年8月1日)


ロンドン五輪70kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年8月1日)


ロンドン五輪90kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年8月1日)


【eJudo's EYE】五輪でも発揮された松本の持ち味、そして足りなかった「相方」・ロンドン五輪第3日評

(2012年7月31日)


ロンドン五輪81kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年7月31日)


ロンドン五輪63kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年7月31日)


【eJudo's EYE】責められない中村の敗退/4度目の正直食った海老沼・ロンドン五輪第2日評

(2012年7月31日)


【eJudo's EYE 】序盤戦の傾向を読み解く4題・ロンドン五輪第2日評

(2012年7月31日)


ロンドン五輪73kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年7月30日)


ロンドン五輪57kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年7月30日)


【eJudo's EYE】前代未聞の「判定やりなおし」、世界が注視する場で噴出したIJFの後進性

(2012年7月30日)


【eJudo's EYE】平岡らしく散った決勝、茨の4年間に敬意・ロンドン五輪60kg級評

(2012年7月29日)


【eJudo's EYE】結果以上に不可解な福見の「内容」・ロンドン五輪48kg級評

(2012年7月29日)


ロンドン五輪66kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年7月29日)


ロンドン五輪52kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年7月29日)


ロンドン五輪48kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年7月28日)


ロンドン五輪60kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年7月28日)


ベイカー茉秋の出動は1試合のみ、またしても圧倒的な力見せ付ける・金鷲旗高校柔道大会

(2012年7月27日)


東海大浦安高が初優勝、高校選手権に続く2冠達成なる・金鷲旗高校柔道大会

(2012年7月27日)


地元敬愛が戦力の厚み見せつけ5年ぶり2度目のV・金鷲旗高校柔道大会

(2012年7月27日)


淑徳は主力3枚欠き無念の敗退、黄金世代の夏終わる・金鷲旗高校柔道大会

(2012年7月27日)


重量級の枚数揃える地元・敬愛が優勝候補筆頭・金鷲旗女子展望

(2012年7月23日)


最有力は東海大浦安、
ベイカー包囲網敷く他校はエース対決に賭ける・金鷲旗男子展望

(2012年7月23日)


【eJudo's EYE】今夏、ベイカーを測る「モノサシ」は見つかるのか?

(2012年7月22日)


金鷲旗高校柔道大会女子展望

(2012年7月22日)


金鷲旗高校柔道大会男子展望

(2012年7月22日)


金鷲旗高校柔道大会女子有力校インタビュー

(2012年7月22日)


金鷲旗高校柔道大会男子有力校インタビュー

(2011年7月22日)


日本実業団体対抗大会マッチレポート・女子第2部

2012年7月16日


全日本実業団体対抗大会マッチレポート・男子第2部

2012年7月16日


全日本実業団体対抗大会マッチレポート・男子第1部

2012年6月27日


山本杏生かしきり優勝、桐蔭学園高が代表権掴む・インターハイ都道府県予選

2012年6月25日

代表戦で劇的決着、神奈川男子代表は東海大相模・インターハイ都道府県予選

2012年6月25日

全日本実業団体対抗大会マッチレポート・女子第1部

2012年6月21日


63kg級田代未来がオール一本V、男子無差別は後藤隆太郎が制す・関東高等学校柔道大会

2012年6月20日


高校選手権王者の東海大浦安高が優勝、女子は帝京高が制す・関東高等学校柔道大会

2012年6月20日


日本エースサポートが初優勝、3連覇中のフォーリーフジャパンは出場なし・全日本実業団体対抗大会女子第2部

2012年6月20日


七戸龍擁する九州電力が優勝、パーク24は一部昇格決める・全日本実業団体対抗大会男子第2部

2012年6月20日


旭化成が5年ぶりのV、吉田優也が上川大樹破る・全日本実業団体対抗大会男子第1部

2012年6月19日


地元・岩手県警が優勝飾る・全日本実業柔道団体対抗大会男子第3部

2012年6月19日


コマツが圧勝で2年ぶりの優勝・全日本実業柔道団体対抗大会女子第1部

2012年6月19日


朝比奈沙羅、橋本朱未との再戦制し東京代表決定、田代未来は快勝も負傷の疑い・インターハイ都道府県予選

2012年6月19日


全地区で予選終了、千葉は選手権Vの東海大浦安が圧勝で代表権獲得・インターハイ都道府県予選

2012年6月25日


国士舘が大苦戦の末東京を制す、第二代表は日体荏原・インターハイ都道府県予選

2012年6月18日


朝比奈沙羅が田代未来と橋本朱未を連破、東京代表は渋谷教育学園渋谷!インターハイ都道府県予選

2012年6月18日


東京予選は高校選手権覇者大島優磨が敗れる波乱、90kg級は横田雄斗が代表権獲得・インターハイ都道府県予選

2012年6月18日


高校選手権優勝の東海大浦安高が祝賀会、竹内監督は「三冠目指す」

2012年6月18日


全日本選抜柔道体重別選手権女子マッチレポート 63㎏級、70㎏級、78㎏級、78㎏超級

2012年5月31日


全日本選抜柔道体重別選手権男子マッチレポート 81㎏級、90㎏級、100㎏級、100㎏超級

2012年5月31日


全日本選抜柔道体重別選手権女子マッチレポート 48㎏級、52㎏級、57㎏級

2012年5月31日


全日本選抜柔道体重別選手権男子マッチレポート 60㎏級、66㎏級、73㎏級

2012年5月31日


全国少年柔道大会個人戦マッチレポート

2012年5月20日


全国少年柔道大会団体戦マッチレポート

2012年5月19日


6年生の部は村尾三四郎がV、5年生は秦七伎が大会史上初の親子優勝果たす 全国少年柔道大会

2012年5月18日


春日柔道クラブが初優勝、朝飛道場の5連覇ならず 全国少年柔道大会

2012年5月18日


全日本柔道選手権マッチレポート 準決勝~決勝

2012年5月18日


全日本柔道選手権マッチレポート 1回戦~準々決勝

2012年5月18日

「帰ってきたという感じ」井上康生氏が投の形を披露 全日本柔道選手権

2012年5月10日

五輪代表候補は総崩れ、鈴木桂治は右肩負傷で選抜欠場も・全日本柔道選手権

2012年5月10日

勝負師・加藤博剛が本領発揮、初の天皇杯を獲得・全日本柔道選手権

2012年5月10日

全国高段者柔道大会が開催 1400人が技競う(技術優秀選手一覧)

2012年5月10日

全日本柔道選手権展望

2012年4月27日

皇后盃全日本女子柔道選手権マッチレポート

2012年4月26日

園田監督怒り隠せず、五輪代表争いは決着持ち越し 皇后盃全日本女子柔道選手権

2012年4月19日

高校1年生の朝比奈沙羅、初出場で3位入賞 皇后盃全日本女子柔道選手権

2012年4月19日

山部佳苗、田知本愛と杉本美香連破で初優勝 皇后盃全日本女子柔道選手権

2012年4月19日

全日本カデ柔道体重別選手権男子レポート 73㎏級~90㎏超級

2012年4月16日

全日本カデ柔道体重別選手権男子レポート 50㎏級~66㎏級

2012年4月16日

全日本カデ柔道体重別選手権女子レポート 57㎏級~70㎏超級

2012年4月16日

全日本カデ柔道体重別選手権女子レポート 40㎏級~52㎏級

2012年4月16日

皇后盃全日本女子柔道選手権展望

2012年4月14日

63kg級は嶺井美穂が池絵梨菜降し優勝、57kg級鈴木伊織ら大成中勢が3階級制覇で大会席巻 全日本カデ体重別女子

2012年4月10日

55kg級平鍋達裕2連覇、66kg級野村琢眞と90kg超級ウルフアロンの「講道館育ち」が2階級を制す 全日本カデ体重別男子

2012年4月10日

全国高等学校柔道選手権大会男子個人戦レポート

2012年4月6日

全国高等学校柔道選手権大会女子個人戦レポート

2012年4月6日

全国高等学校柔道選手権大会
女子団体戦マッチレポート準々決勝~決勝

2012年4月5日


全国高等学校柔道選手権大会
女子団体戦マッチレポート1回戦~3回戦

2012年4月5日


全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦マッチレポート
決勝

2012年4月3日

全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦マッチレポート
準々決勝~準決勝

2012年4月3日

全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦マッチレポート
1回戦~3回戦

2012年4月3日

ベイカーの連勝で決着!混戦制して東海大浦安高が初優勝
全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦

2012年3月27日

本松マジック再び!流れ掴んだ埼玉栄高が3年ぶりの優勝
全国高等学校柔道選手権大会女子団体戦

2012年3月27日

山本杏らシード選手が順当に強さ見せる、無差別は橋本朱未が優勝
全国高等学校柔道選手権大会女子個人戦

2012年3月27日

90kg級ベイカー茉秋、81kg級は小原拳哉が制す
全国高等学校柔道選手権大会男子個人戦

2012年3月27日

高橋和彦が上川大樹を「一本」で破り優勝 東京柔道選手権大会

2012年3月26日

皇后盃全日本女子選手権大会地区予選結果

2012年3月26日

全日本柔道選手権大会地区予選結果

2012年3月26日

【eJudo's EYE】復興支援大会支えたサムライ指導者たち

2012年3月18日

全国高等学校柔道選手権男女個人戦展望

2012年3月17日

全国高等学校柔道選手権有力校インタビュー

2012年3月17日

全国高等学校柔道選手権大会男女団体戦展望

2012年3月17日

ワールドカップワルシャワ・各階級概況×詳細

2012年3月13日

ワールドカッププラハ・各階級概況×詳細

2012年3月13日

メールマガジン「eJudo更新情報」終了のお知らせ(以後の更新情報はtwitter上で行います)

(2012年3月12日)

全国体育系学生柔道体重別選手権大会レポート

2012年3月12日

グランプリデュッセルドルフ各階級概況×詳細

2012年3月1日

【eJudo's EYE】組み合わせ抽選直前!eJudo版「高校選手権シード校」はここだ!

2012年3月1日

女川町長旗争奪復興支援全国高校選抜柔道練成三春大会マッチレポート

2012年2月29日

柔道の絆と三春町の男気、異例ずくめの「復興支援大会」開催

2012年2月27日


ワールドカップオーバーヴァルト、ブダベスト各階級概況×詳細

2012年2月26日

グランドスラムパリ各階級概況×詳細

2012年2月18日

高藤、小野らドイツへ!
全柔連が欧州国際大会追加派遣選手を発表

2012年2月6日

【eJudo's EYE】五輪レースの行方は!?
冬季国際大会派遣選手発表「評」 女子

2012年2月6日

【eJudo's EYE】五輪レースの行方は!?
冬季欧州国際大会派遣選手発表「評」 男子

2012年2月6日

【ROAD TO 高校選手権】国士舘高が日体荏原高降して優勝、第3代表は足立学園高
全国高等学校柔道選手権東京都予選

2012年2月6日

【ROAD TO 高校選手権】東海大相模、伝統の力で桐蔭学園高降す
全国高等学校柔道選手権神奈川県予選

2012年2月6日

ワールドマスターズ各階級詳細×概況

2012年1月25日

eJudo編集部選定、2011年各カテゴリMVP発表!

2012年1月24日

【ROAD TO高校選手権】
注目の東海大浦安、圧勝で全国に名乗り
全国高等学校柔道選手権千葉県予選

2012年1月24日

棟田康幸選手と山口香氏が講演、礼法基準に「棟田賞」も贈呈
講道学舎杯争奪少年柔道大会

2012年1月24日

松前柔道塾が朝飛道場破り初優勝
講道学舎杯争奪少年柔道大会マッチレポート

2012年1月24日

小野中学校が決勝で国士舘中学校を破る
第9回サニックス旗福岡国際中学生柔道大会結果

2012年1月23日

【ROAD TO 高校選手権】若潮杯争奪武道大会レポート

2012年1月22日

【ROAD TO 高校選手権】水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会レポート

2012年1月13日

【ROAD TO 高校選手権】4連覇の国士舘強し、目を引く桐蔭学園の充実  松尾三郎杯全国高校選抜柔道大会レポート

2012年1月13日


グランドスラム東京マッチレポート 最終日(100㎏、100㎏超、70㎏、78kg、78kg超級)

2012年1月12日

グランドスラム東京マッチレポート 第2日(73㎏、81㎏、90㎏、57kg、63kg級)

2012年1月1日

グランドスラム東京マッチレポート 第1日(60㎏、66㎏、48㎏、52㎏級)

2011年12月31日

グランプリ青島・各階級概況×日本人選手勝ちあがり詳細

2011年12月30日

【ROAD TO 高校選手権】高校男子は鹿児島情報高、女子は敬愛高が優勝
吉岡杯争奪若鷲柔道大会

2011年12月29日

【ROAD TO 高校選手権】東海大浦安高が決勝で東海大相模高破り初優勝
松前旗争奪高等学校柔道大会

2011年12月22日

上野巴恵優勝 ライバル田知本に連勝で五輪代表レースに名乗り
グランドスラム東京最終日

2011年12月22日

杉本美香が78kg超級制す 男子2階級は優勝なし
グランドスラム東京最終日

2011年12月22日

羽賀龍之介 コヘア、バンデギースト連破も3回戦で惜敗
グランドスラム東京最終日

2011年12月22日

鈴木桂治初戦敗退 石井竜太もタングリエフに返し技食って超級は全滅
グランドスラム東京最終日

2011年12月21日

五輪に向け秋本復活!直接対決で中矢に完勝
グランドスラム東京第2日

2011年12月21日

日本勢好調、5階級中4階級を制す
グランドスラム東京第2日

2011年12月21日

やはり怪物、高藤直寿が王者ザンタライアに完勝!
グランドスラム東京第1日

2011年12月21日

中村美里、延長でベルモイに不覚
グランドスラム東京第1日

2011年12月21日

代表レースに決定的な一撃、浅見がついに福見から「一本」
グランドスラム東京第1日

2011年12月21日

日本勢、全4階級を制す グランドスラム東京第1日

2011年12月21日

ワールドカップ済州・各階級概況×日本人選手勝ちあがり詳細

2011年12月18日

エクサンプロヴァンスジュニア国際大会レポート

2011年12月12日

グランドスラム東京 最終日展望

2011年12月11日

グランドスラム東京 第二日展望

2011年12月10日

グランドスラム東京 第一日展望

2011年12月9日

講道館杯全日本体重別選手権マッチレポート 最終日女子

2011年12月6日

講道館杯全日本体重別選手権マッチレポート 最終日男子

2011年12月6日

講道館杯全日本体重別選手権マッチレポート 初日男子

2011年12月2日

講道館杯全日本体重別選手権マッチレポート 初日女子

2011年12月1日

GPアムステルダム各階級概況×日本人選手勝ちあがり

2011年11月29日

57kg級石川慈が先輩松本降して初優勝、福見、山岸はともに敗れる
講道館杯全日本体重別選手権女子最終日

2011年11月28日

新星現る!高藤直寿が平岡に一本勝ちで2位入賞
講道館杯全日本体重別選手権男子最終日

2011年11月28日

中学生朝比奈沙羅、世界3位の橋口破りベスト4進出の快挙
講道館杯全日本体重別選手権女子第1日

2011年11月28日

ケガから復帰の佐藤瑠香、ライバル緒方破り涙の初V
講道館杯全日本体重別選手権女子第1日

2011年11月28日

超級の救世主なるか!石井竜太が圧勝で初優勝飾る
講道館杯全日本体重別選手権男子第1日

2011年11月28日

全日本学生柔道体重別団体優勝大会 男子マッチレポート

2011年11月17日

世界ジュニア選手権勝ちあがり詳細

2011年11月16日

全日本学生柔道体重別団体優勝大会 女子マッチレポート

2011年11月15日

講道館杯全日本柔道体重別選手権大会展望 最終日

2011年11月12日

【eJudo's EYE】ジュニア、カデカテゴリは柔軟な選手枠活用を

2011年11月12日

講道館杯全日本柔道体重別選手権大会展望 初日

2011年11月11日

平成23年度全日本柔道形競技大会レポート

2011年11月10日

高学年の部は朝飛道場、低学年は愛柔会が大会制す 望星旗少年柔道大会

2011年11月2日

日整全国少年柔道大会マッチレポート

2011年11月1日

全日本学生柔道体重別選手権大会・最終日マッチレポート

2011年10月27日

全日本学生柔道体重別選手権大会 初日マッチレポート

2011年10月25日

新設の「少年柔道形競技会」は九州代表が優勝 日整全国少年柔道形競技大会

2011年10月21日

神奈川が連覇達成、抜群のまとまりで茨城降す 日整全国少年柔道大会

2011年10月21日

国民体育大会柔道競技レポート

2011年10月13日

全日本選抜少年柔道大会・中学生の部レポート

2011年10月13日

全日本選抜少年柔道大会・小学生の部レポート

2011年10月12日

団体戦は国士舘高が東海大浦安破り優勝、個人戦はIH王者出口クリスタらが制す・黒潮旗武道大会

2011年10月6日

全日本ジュニア柔道体重別選手権大会男子マッチレポート

2011年9月25日

全日本ジュニア柔道体重別選手権大会女子マッチレポート

2011年9月24日

第8回全国小学生学年別柔道大会 女子マッチレポート

2011年9月23日

第8回全国小学生学年別柔道大会 男子マッチレポート

2011年9月23日

全日本カデ体重別選手権40kg級選手選考会

2011年9月15日

第41回全日本実業柔道個人選手権大会 男子マッチレポート

2011年9月15日

第41回全日本実業柔道個人選手権大会女子マッチレポート

2011年9月14日

全国中学校柔道大会男子個人戦マッチレポート

2011年9月13日

全国中学校柔道大会女子個人戦マッチレポート

2011年9月12日

全国中学校柔道大会男子団体戦マッチレポート

2011年9月8日

全国中学校柔道大会女子団体戦マッチレポート

2011年9月7日

パリ世界選手権女子各選手「採点表」×ロンドン五輪代表ひとこと展望

2011年9月7日

パリ世界選手権男子各選手「採点表」×ロンドン五輪代表ひとこと展望

2011年9月7日

インターハイ女子個人戦マッチレポート

2011年9月4日

インターハイ女子団体マッチレポート

2011年9月1日

【eJudo's EYE】 世界選手権最終日・評

2011年8月31日

【eJudo's EYE】 世界選手権第5日・評

2011年8月30日

【eJudo's EYE】 世界選手権第4日・評

2011年8月29日

【eJudo's EYE】 世界選手権第3日・評

2011年8月28日

インターハイ男子個人戦マッチレポート

2011年8月27日

【eJudo's EYE】 世界選手権第2日・評

2011年8月27日

パリ世界選手権第五日みどころ 100㎏級、100㎏超級、78㎏級

2011年8月27日

【eJudo's EYE】 世界選手権第1日・評

2011年8月26日

パリ世界選手権第四日みどころ 90㎏級、70㎏級、78㎏級

2011年8月26日

パリ世界選手権第三日みどころ 81㎏級、63㎏級

2011年8月25日

パリ世界選手権第二日みどころ 73㎏級、52㎏級、57㎏級

2011年8月24日

パリ世界選手権第一日みどころ 60㎏級、66㎏級、48㎏級

2011年8月24日

インターハイ男子団体マッチレポート 準決勝~決勝

2011年8月23日

インターハイ男子団体マッチレポート 1回戦~準々決勝

2011年8月22日

佐野賀世子が団体個人の2冠達成、超級は稲森奈見が制す インターハイ柔道競技・女子個人

2011年8月22日

57kg級山本杏、盟友田代未来に捧げるオール「一本」V、48kg級は山田樹、52kg級は出口クリスタのダークホースがそれぞれ優勝 インターハイ柔道競技・女子個人

2011年8月22日

北陸の強豪高岡龍谷、阿蘇を降して初優勝 インターハイ柔道競技・女子団体

2011年8月22日

飯田健伍が攻撃柔道で最重量級を制す、81kg級は永瀬貴規が高校選手権に続く2冠 インターハイ柔道競技・男子個人

2011年8月22日

60kg級高藤2連覇、73kg級星光は日本学園初の日本一

2011年8月22日

田村、東北勢14年ぶりのベスト4進出なる インターハイ柔道競技・男子団体

2011年8月22日

国士舘、総力戦で連覇決める、作陽は大健闘の2位 インターハイ柔道競技・男子団体

2011年8月22日

本日ニコ生「柔道バラエティー」に編集長がゲスト出演、「STRONG×BEAUTY」な女子柔道選手を紹介!

2011年8月19日

インターハイ女子個人戦展望

2011年8月9日

インターハイ女子団体戦展望

2011年8月9日

インターハイ男子個人戦展望

2011年8月9日

インターハイ男子団体戦展望

2011年8月8日

インターハイ女子有力校監督インタビュー

2011年8月8日

インターハイ男子有力校監督インタビュー

2011年8月8日

金鷲旗高校大会男子マッチレポート 準決勝~決勝

2011年8月8日

金鷲旗高校大会男子マッチレポート 1回戦~準々決勝

2011年8月8日

金鷲旗高校大会女子マッチレポート

2011年8月8日

全国中学校柔道大会予選が佳境・東京代表は国士舘中と渋谷教育学園渋谷中

2011年8月3日

国士舘が東海大相模を破って連覇決める・金鷲旗高校大会

2011年8月3日

満願成就の阿蘇、「最後の校歌」で優勝祝う・金鷲旗高校大会

2011年8月3日

阿蘇、九州勢対決制して初優勝・金鷲旗高校大会

2011年8月3日

幣サイト編集長が本日ニコニコ生放送「柔道バラエティー」にゲスト出演

2011年7月29日

金鷲旗・女子有力校監督インタビュー

2011年7月21日

金鷲旗・男子有力校監督インタビュー

2011年7月21日

全日本学生柔道優勝大会男子マッチレポート 準々決勝~決勝

2011年7月16日

全日本学生柔道優勝大会男子マッチレポート 1回戦~5回戦

2011年7月16日

全日本学生優勝大会女子五人制マッチレポート 1回戦~準々決勝

2011年7月16日

高木海帆、「ミスター団体戦」の面目躍如 全日本学生柔道優勝大会・男子

2011年7月12日

東海大、苦しみながらも4連覇達成 全日本学生柔道優勝大会・男子

2011年7月12日

内柴正人コーチ率いる九州看護大が初出場ベスト8の健闘・全日本学生柔道優勝大会・女子5人制

2011年7月12日

山梨学院大、接戦しのいで大会2連覇・全日本学生柔道優勝大会・女子5人制

2011年7月12日

久々出場の京都大、寝技で奮闘も初戦突破ならず 全日本学生柔道優勝大会・男子

2011年7月11日

女子3人制は創価大が優勝・全日本学生柔道優勝大会

2011年7月11日

東アジア柔道選手権大会日本代表勝ち上がり詳細

2011年7月11日

韓国ジュニア国際日本代表勝ち上がり詳細

2011年7月10日

グランドスラムリオ各階級概況×日本人勝ち上がり詳細

2011年7月10日

日本勢、全種目で優勝・第3回世界形選手権大会

2011年7月10日

野村忠宏らが小学生と交流・スポーツひのまるキッズ東北小学生柔道大会

2011年7月10日

東海大相模が圧勝で神奈川制す、女子は三浦学苑が代表に インターハイ都道府県予選

2011年7月1日

講道館長、全日本柔道連盟会長の上村春樹氏が初の自伝的著書を出版

(2011年6月24日)


国士舘が修徳に1-0の辛勝、激戦演じた両校が揃って東京代表に
橋本朱美敗れる!東京78kg超級代表は谷村美咲
インターハイ都道府県予選

2011年6月20日

開催地秋田は本荘高がアベック優勝 インターハイ都道府県予選

2011年6月20日

全日本実業柔道団体対抗大会 女子マッチレポート

2011年6月20日

全日本実業柔道団体対抗大会 男子マッチレポート

2011年6月20日

三重県男子は四日市中央工高が3連覇・インターハイ都道府県予選

2011年6月6日

グランドスラムモスクワ男子各階級概況×日本人勝ち上がり詳細

2011年6月5日

グランドスラムモスクワ女子各階級概況×日本人勝ち上がり詳細

2011年6月5日

インターハイ東京都予選
淑徳が全国連覇に向けて好発進 女子団体
90kg級東京代表は長倉友樹 男子個人

2011年5月30日

インターハイ予選各地で始まる、岐阜県は大垣日大高と鴬谷高が代表に

2011年5月27日

全国少年柔道大会個人戦マッチレポート

2011年5月19日

全国少年柔道大会団体戦マッチレポート

2011年5月17日

平成23年全日本選手権大会レポート 準々決勝~決勝

2011年5月10日

平成23年全日本選手権大会レポート 一回戦~三回戦

2011年5月10日

欧州選手権詳細 女子

2011年5月9日

欧州選手権詳細 男子

2011年5月9日

平成23年皇后盃全日本女子柔道選手権レポート

2011年5月3日

皇后盃全日本女子柔道選手権大会展望

2011年5月2日

復興支援で参加費無料の小学生大会、被災地の選手招待プランも

(2011年5月2日)

被災地から参加「子どもたちだけに頑張れとは言えない」と岩崎健二八段・全国高段者大会

2011年5月2日

【お願い】東北3県、あなたの道場の状況をお知らせください

2011年5月2日

全日本柔道選手権大会展望

2011年4月28日

被災地少年柔道復興プロジェクトの紹介(ユーザーからの投稿)



全日本カデ体重別選手権マッチレポート 女子

2011年4月27日

全日本カデ体重別選手権マッチレポート 男子

2011年4月27日

アジア選手権 団体戦試合詳細

2011年4月14日

アジア選手権試合詳細 最終日男女個人戦

2011年4月14日

アジア選手権試合詳細 第1日男女個人戦

2011年4月14日

パリ世界選手権日本代表編集部評

2011年4月14日

eJudoユーザーに全日本柔道選手権ペア招待券をプレゼント!

2011年4月12日

全日本選抜柔道体重別選手権大会マッチレポート 最終日女子

2011年4月13日

全日本選抜柔道体重別選手権大会マッチレポート 最終日男子

2011年4月13日

全日本選抜柔道体重別選手権大会マッチレポート 初日女子

2011年4月13日

全日本選抜柔道体重別選手権大会マッチレポート 初日男子

2011年4月13日

ALSOK選手が本日よりチャリティオークションを実施

2011年4月8日

あすの選抜体重別より、eJudo「編集部twitter」設置!

2011年4月1日

冬季国際大会総括・選抜体重別展望 2日目女子

2011年4月1日

冬季国際大会総括・選抜体重別展望 2日目男子

2011年4月1日

冬季国際大会総括・選抜体重別展望 初日女子

2011年4月1日

冬季国際大会総括・選抜体重別展望 初日男子

2011年4月1日

皇后盃全日本女子柔道選手権大会地区予選 全地区結果詳細

2011年3月25日

全日本選手権地区予選 全地区結果詳細

2011年3月24日

ワールドカップ・プラハ各階級詳細

2011年3月22日

柔道人気を上げるには!?2011年イチオシ選手は!?
柔道専門記者座談会 2011新春編

(2011年3月11日)


第23回全国体育系学生柔道体重別選手権大会2日目 60kg級、90kg級、100kg級、100kg超級

2011年3月11日

第23回全国体育系学生柔道体重別選手権大会1日目 66㎏級、73㎏級、81㎏級

2011年3月11日

グランプリ・デュッセルドルフ 最終日女子各階級詳細

2011年3月3日

グランプリ・デュッセルドルフ 最終日男子各階級詳細

2011年3月3日

グランプリ・デュッセルドルフ 第1日男子各階級詳細

2011年3月3日

グランプリ・デュッセルドルフ 第1日女子各階級詳細

2011年3月3日

ワールドカップ・プダベスト各階級詳細

2011年2月23日

ワールドカップ・オーバーヴァルト各階級詳細

2011年2月23日

第5回女川町長旗争奪全国高等学校選抜柔道錬成大会

2011年2月22日

グランドスラムパリ最終日女子各階級詳細

2011年2月16日

グランドスラムパリ最終日男子各階級詳細

2011年2月16日

グランドスラムパリ第一日男子各階級詳細

2011年2月16日

グランドスラムパリ第一日女子各階級詳細

2011年2月16日

ベルギー国際大会日本人選手勝ち上がり詳細

2011年2月16日

ワールドカップソフィア詳細

2011年2月16日

ワールドマスターズ最終日女子詳細

2011年2月3日

ワールドマスターズ第1日女子詳細

2011年2月3日

ワールドマスターズ最終日男子詳細

2011年2月3日

ワールドマスターズ第1日男子詳細

2011年2月3日

講道学舎杯争奪少年大会マッチレポート

2011年2月2日

柔道専門記者座談会「2010年振り返り編」

(2011年1月29日)


アンケート「eJudoユーザーが選ぶMVP」結果発表!

(2011年1月25日)


部活動、大会運営に革命!?iphoneで動作する本格派タイマー「BUKI SPORTS JUDO Timer」が人気

(2011年1月24日)


若潮杯武道大会・男子マッチレポート・決勝

2011年1月13日

若潮杯武道大会・男子マッチレポート・予選リーグ~準決勝

2011年1月13日

若潮杯武道大会・女子マッチレポート

2011年1月13日

東海大相模中が初優勝飾る・第8回サニックス旗福岡国際中学生柔道大会

2011年1月13日

水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会・男子マッチレポート

2011年1月12日

水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会・女子マッチレポート

2011年1月12日

国士舘高が優勝、優秀選手は小川、浅利ら・國學院大學松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会

2011年1月11日

高校男子は崇徳高(広島)、中学女子は沖学園中(福岡)が制す・吉岡杯争奪若鷲柔道大会

2011年1月11日

eJudoユーザー100名に「平成23年講道館柔道カレンダー」をプレゼント!



グランドスラム東京・70kg級、78kg級、78kg超級マッチレポート

2010年12月19日

グランドスラム東京・100kg級、100kg超級マッチレポート

2010年12月19日

グランドスラム東京・48kg級、52kg級マッチレポート

2010年12月19日

グランドスラム東京・73kg級、81kg級、90kg級マッチレポート

2010年12月19日

グランドスラム東京・57kg級、63kg級マッチレポート

2010年12月19日

グランドスラム東京・60kg級、66kg級マッチレポート

2010年12月19日

高体連フランス遠征(エクサンプロバンス・ジュニア国際大会)結果

(2010年12月15日)


篠原信一・全日本男子監督がブログを開設、「見てください」と自らアピール

(2010年12月15日)

第7回湊谷杯全国学生柔道体重別選手権大会結果

(2010年12月15日)


GS東京73kg級・81kg・90kg級展望

(2010年12月13日)

GS東京57kg級・63kg級展望

(2010年12月13日)

GS東京48kg級・52kg級展望

(2010年12月13日)

GS東京60kg級・66kg級展望

(2010年12月13日)

GS東京70kg級・78kg級・78kg超級展望

(2010年12月13日)

GS東京100kg級・100kg超級展望

(2010年12月13日)

講道館杯全日本柔道選抜体重別選手権大会・78kg級・78kg超級レポート

(2010年12月9日)

講道館杯全日本柔道選抜体重別選手権大会・63kg級・70kg級レポート

(2010年12月9日)

講道館杯全日本柔道選抜体重別選手権大会・52kg級・57kg級レポート

(2010年12月9日)

講道館杯全日本柔道選抜体重別選手権大会・48kg級レポート

(2010年12月9日)

講道館杯全日本柔道選抜体重別選手権大会・100kg超級レポート

(2010年12月8日)

講道館杯全日本柔道選抜体重別選手権大会・90kg級・100kg級レポート

(2010年12月8日)

講道館杯全日本柔道選抜体重別選手権大会・73kg級・81kg級レポート

(2010年12月7日)

講道館杯全日本柔道選抜体重別選手権大会・60kg級・66kg級レポート

(2010年12月7日)

講道館杯63kg級・70kg級・78kg級・78kg超級展望

(2010年11月20日)

講道館杯48kg級・52kg級・57kg級展望

(2010年11月20日)

講道館杯男子81kg級・90kg級・100kg級・100kg超級展望

(2010年11月19日)

講道館杯男子60kg級・66kg級・73kg級展望

(2010年11月19日)

[eJudo'S EYE]ルールが生み出す新技術、今回は「足を取らない肩車」・世界選手権東京大会

(2010年10月11日)

[eJudo'S EYE]なぜ「指導」はなかったのか?レベルアップ゚する要求と審判技術のギャップ・世界選手権東京大会

(2010年10月7日)

【告知】シドニー五輪金メダリスト瀧本誠氏が子供むけの「柔道サマースクール」を開講

(2010年8月3日)

【告知】全日本学生優勝大会、大会の模様をネット上でライブ中継します!



【告知】全日本学生優勝大会、地区予選結果をeJudo携帯版で掲載中!

(10年5月30日)

柔道とサッカーの共通点は?瀧本誠氏がサッカー日本代表トークイベントに参加

(2010年5月27日)


【告知】柔道家・瀧本誠が「サッカー日本代表応援トーク」に登場!

(2010年5月12日)

全国高校柔道選手権マッチレポート・女子団体戦

(2010年4月13日)


【速報】世界選手権東京大会、男女6階級で代表が決まる

(2010年4月4日)

全日本選手権、全日本女子選手権組み合わせが決まる

(2010年3月28日)

国士舘・相模ともに好調、決戦前夜の表情は?

(2010年3月20日)

全国高校選手権展望・女子団体戦

(2010年3月20日)

全国高校選手権展望・男子団体戦

(2010年3月20日)

全国高校選手権・女子個人戦展望

(2010年3月20日)

全国高校選手権・男子個人戦展望

(2010年3月20日)

第22回全国体育系学生柔道体重別選手権大会・第2日レポート(100kg級、100kg超級)

(2010年3月18日)

第22回全国体育系学生柔道体重別選手権大会・第2日レポート(60kg級、90kg級)

(2010年3月18日)

第22回全国体育系学生柔道体重別選手権大会・第1日レポート(66kg級、73kg級、81kg級)

(2010年3月12日)

バン・ギーマン、キム・ジェブンら韓国勢が好調・W杯プラハ大会結果

(2010年3月5日)

57kg級はカプリオリウが制す・W杯ワルシャワ大会結果

(2010年3月5日)

高学年は力善柔道クラブが優勝・第32回修練塾杯争奪少年柔道練成大会

(2010年3月3日)

マスターズ・スウォンマッチレポート⑥100kg級、100kg超級

(2010年3月3日)

【注目】五輪金メダリスト瀧本誠氏が基本を指導・世田谷柔道アカデミー体験会

(2010年3月1日)

【注目】ついに福見・山岸超え!「年間世界王者」は浅見八瑠奈

(2010年2月28日)

マスターズ・スウォンマッチレポート⑤70kg級、78kg級、78kg超級

(2010年2月27日)

マスターズ・スウォンマッチレポート④81kg級、90kg級

(2010年2月24日)

【注目】バイクを受身で飛び越える!龍仁大が見事な「柔道パフォーマンス」を披露

(2010年2月24日)

マスターズ・スウォンマッチレポート③57kg級、63kg級

(2010年2月16日)

マスターズ・スウォンマッチレポート②48kg級、52kg級

(2010年2月15日)

マスターズ・スウォンマッチレポート①60kg級、66kg級、73kg級

(2010年2月12日)

絶好調の小野卓志が優勝・グランドスラムパリ大会第2日男子速報

(2010年2月10日)

緒方亜香里が優勝・グランドスラムパリ大会第2日女子速報

(2010年2月10日)

秋本啓之が2位入賞、グランドスラムパリ大会第1日男子速報

(2010年2月9日)

山岸、中村、松本が優勝も上野が敗れる波乱・グランドスラムパリ大会第1日女子速報

(2010年2月9日)

全国高校柔道選手権予選、eJudo携帯版で結果掲載中!



穴井と小野がオール一本勝ちで見事優勝!・IJFマスターズ・スウォン第2日速報

(2010年1月17日)

日本が7階級中4階級を制す・IJFマスターズ・スウォン第1日速報

(2009年1月16日)

朝飛道場が優勝・第3回講道学舎杯少年柔道大会速報

(2010年1月11日)

講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・女子マッチレポート③70kg級、78kg級、78kg超級

(2009年12月14日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・女子マッチレポート②57kg級・63kg級

(2009年12月13日)


講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・女子マッチレポート①48kg級・52kg級

(2009年12月12日)


東海大が優勝大会に続くV・第11回全日本学生柔道体重別団体優勝大会マッチレポート

(2009年12月11日)

【注目】綜合警備保障社員が錬磨の成果を披露・第10回綜合警備連盟柔道大会

(2009年12月10日)

【注目】「強く、やさしく、美しく」、96歳福田敬子女子九段が講道館で講演

(2009年12月10日)

高学年の部、低学年の部とも朝飛道場が制す・望星旗少年武道大会マッチレポート

(2009年12月9日)

平成21年全日本柔道形競技大会レポート

(2009年12月7日)

警視庁が6連覇達成・全国警察大会マッチレポート

(2009年12月6日)

全日本学生柔道体重別選手権大会マッチレポート③90kg級、100kg級、100kg超級

(2009年12月5日)

全日本学生柔道体重別選手権大会マッチレポート④48kg級、52kg級、57kg級

(2009年12月5日)

全日本学生柔道体重別選手権大会マッチレポート②63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級

(2009年12月3日)

全日本学生柔道体重別選手権大会マッチレポート①60kg級、66kg級、73kg級、81kg級

(2009年12月3日)

【日整全国少年柔道大会】6年生選手充実の兵庫県が4年ぶり2度目の優勝飾る

(09年12月2日)

講道館杯全日本体重別選手権・入賞者

(2009年11月16日)

【全日本選抜少年柔道大会】②中学男子は新鋭・小野中が初制覇、女子は相原中が盤石の2連覇で史上初の3冠達成

(09年11月5日)

【全日本選抜少年柔道大会】①小学生の部、朝飛道場が全国少年大会に続く優勝

(09年11月4日)

【スポーツひのまるキッズ東海小学生柔道大会】②3年生の部、2年生の部、1年生の部

(09年10月1日)

【スポーツひのまるキッズ東海小学生柔道大会】①6年生の部、5年生の部、4年生の部

(09年10月1日)

【黒潮旗武道大会】波乱の大会を国士舘高が制す

(09年10月1日)

■注目■ 好選手続出、全日本ジュニア100kg級各選手の成績は

(09年9月30日)

【全日本ジュニア体重別選手権レポート】⑥男子100kg級、100kg超級

(09年9月30日)

【全日本ジュニア体重別選手権レポート】⑤男子81kg級、90kg級

(09年9月30日)

【全日本ジュニア体重別選手権レポート】④女子70kg級・78kg級・78kg超級

(09年9月30日)

【全日本ジュニア体重別選手権レポート】③男子60kg級・66kg級・73kg級

(09年9月30日)

■注目■ 新ルール、「足取り2回で反則負け」適用開始

(09年9月30日)

■注目■ 白帯・山本杏(六角橋中3年)が決勝進出

(09年9月29日)

【全日本ジュニア体重別選手権レポート】②女子57kg級・63kg級

(09年9月29日)

【全日本ジュニア体重別選手権レポート】①女子48kg級、52kg級

(09年9月30日)

【全日本実業個人レポート】④女子63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級

(09年9月25日)

【全日本実業個人レポート】③女子48kg級、52kg級、57kg級

(09年9月25日)

【全日本実業個人レポート】②81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級

(09年9月19日)

【全日本実業個人レポート】①60kg級、66kg級、73kg級、22歳未満

(09年9月18日)

【全国小学生学年別柔道大会レポート】④小学5年生男子45kg超級・45kg級

(09年9月18日)

【全国小学生学年別柔道大会レポート】③小学5年生女子40kg超級・40kg級

(09年9月18日)

【全国小学生学年別柔道大会レポート】②小学6年生女子45kg超級・45kg級

(09年9月17日)

【全国小学生学年別柔道大会レポート】①小学6年生男子50kg超級・50kg級

(09年9月17日)


09年全日本学生体重別選手権大会・地区予選速報

(09年9月9日)



【インターハイ第5日レポート】②女子個人戦78kg級、78kg超級

(09年9月3日)


【インターハイ第5日レポート】①女子個人戦63kg級、70kg級

(09年9月3日)


【インターハイ第4日レポート】②女子個人戦48kg級、52kg級、57kg級

(09年9月2日)


【インターハイ第4日レポート】①女子団体戦・圧勝で埼玉栄が栄冠つかむ

(2009年9月2日)

【インターハイ第3日レポート】②男子個人戦100kg級、100kg超級

(2009年8月21日)

【インターハイ第3日レポート】①男子個人戦81kg級、90kg級

(2009年8月21日)


【インターハイ第2日レポート】③男子個人戦60kg級、66kg級、73kg級

(2009年8月21日)


【インターハイ第2日レポート】②男子団体準決勝-決勝・東海大相模が強さみせつけ連覇

(2009年8月20日)


【インターハイ第2日レポート】①男子団体準々決勝・東海大相模が予想外の苦戦、地元天理は力尽きる

(2009年8月19日)


【インターハイ第1日レポート】男子団体戦、優勝候補3校は順調な滑り出し

(2009年8月19日)


09年全国中学大会都道府県予選結果(携帯版)



東海大が連覇達成・平成21年度全日本学生優勝大会男子マッチレポート

(2009年7月3日)

中央競馬会が悲願の優勝・全日本実業団体対抗大会男子第一部マッチレポート

(2009年6月18日)

コマツが三井住友海上との接戦制す・全日本実業団体対抗大会女子第一部マッチレポート

(2009年6月18日)

国士舘高校が東海大相模高校を破り連覇・第57回関東高等学校柔道大会

(09年6月12日)



09年インターハイ柔道競技・都道府県予選速報(携帯版)のお知らせ



インターハイ都道府県予選結果をご投稿下さい!

(インターハイ都道府県予選日程)



辻湧人(朝飛道場)が団体戦に続く2冠・全国少年柔道大会個人戦

(2009年5月9日)



朝飛道場が2連覇達成・全国少年柔道大会団体戦

(2009年5月9日)



穴井が背負投で鈴木を破る【全日本柔道選手権準々決勝】

(2009年5月3日)



立山が上川を破りベスト8へ【全日本選手権3回戦】

(08年5月3日)



有力選手が順当に3回戦へ、内柴は初戦敗退【全日本選手権2回戦】

(2009年5月2日)



穴井が泉を破り2回戦進出【全日本選手権1回戦】

(2009年5月2日)



東海大相模が3連覇を達成・第31回全国高等学校柔道選手権大会

(2009年3月22日)



小野中学校(兵庫)が大成中を破り初優勝・サニックス旗福岡国際中学生柔道大会

(2008年12月28日)



小杉高が初優勝・水田杯争奪高校柔道大会

(2008年12月27日)



朝飛道場が松前柔道塾を降し連覇・第2回講道学舎杯争奪少年柔道大会

(2008年12月25日)



東海大相模が連覇・第33回松前旗争奪高等学校柔道大会

(2008年12月24日)



朝飛道場が5連覇・第28回大沢杯争奪少年柔道大会

(2008年12月14日)



江種が階級変更後初の国際大会V【嘉納杯東京国際66kg級】

(2008年12月14日)



新星秋元、国際大会も制す【嘉納杯東京国際60kg級】

(2008年12月14日)



全国高校選手権、都道府県予選結果をご投稿ください!

[平成20年度全国高校柔道選手権大会都道府県予選日程]
(2008年12月5日)



講道館杯全日本体重別選手権結果詳細・81kg級~100kg超級

(2008年11月19日)



講道館杯全日本体重別選手権結果詳細・60kg級~73kg級

(2008年11月19日)



低学年・高学年とも朝飛道場(神奈川)がV飾る・望星旗柔道大会

(2008年10月28日)



神奈川県が初優勝・第17回日整全国少年柔道大会

(2008年10月14日)



高校の部は東海大相模が優勝・第35回黒潮旗武道大会

(2008年10月2日)



国士舘中が逆転で優勝飾る・全日本選抜少年柔道大会中学の部

(2008年9月24日)



春日柔道クラブが初優勝・全日本選抜少年大会小学生の部

(2008年9月23日)



第40回全日本ジュニア体重別選手権・結果詳細

(2008年9月15日)



第11回全日本女子ジュニア体重別選手権・結果詳細

(2008年9月14日)



東海大相模が劇的な優勝飾る・インターハイ柔道競技

(2008年8月6日)



浅野未来(朝飛道場)が2連覇達成・全国少年柔道大会個人戦

(2008年5月7日)


朝飛道場が怒濤館石津道場を破り初優勝飾る・全国少年柔道大会

(08年5月7日)


井上敗れ高井が準決勝進出・全日本柔道選手権準々決勝

(2008年5月7日)


井上が一本勝ちで準々決勝へ、石井は判定で辛勝・全日本柔道選手権3回戦

(08年4月30日)

有力選手は順当に勝利、加藤博剛が森大助を破る・全日本柔道選手権2回戦

(08年4月30日)

全日本柔道選手権大会・1回戦結果

(08年4月30日)

攻撃柔道で阿蘇(熊本)が初優勝・全国高校選手権大会女子決勝

(2008年3月20日)



東海大相模が重圧はねのけ連覇達成・全国高等学校柔道選手権大会

(2008年3月20日)



大成高が東海大相模を破り初優勝・若潮杯武道大会

(2007年12月27日)



白鴎大足利高等学校が3年ぶり優勝・水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会

(2007年12月26日)



大成中学校が3回目の優勝・サニックス旗福岡国際中学生柔道大会

(2007年12月26日)



東海大相模が連覇飾る・松前旗争奪高等学校柔道大会

(2007年12月17日)



朝飛道場が4連覇・大澤杯争奪少年柔道大会

(2007年12月17日)



怒涛館石津道場が芦塚柔道場を破って優勝・北九州市長旗争奪西日本少年柔道大会

(2007年12月7日)



全日本少年柔道育成会杯第四回少年柔道体重別大会・結果

(2007年11月27日)



松前柔道塾が小学生高学年の部を制す・醍醐敏郎杯全国少年柔道錬成大会速報

(2007年11月27日)



大成中、芦塚柔道場が優勝・西日本少年大会

(07年11月25日)



81kg級に参戦の高松が優勝飾る・講道館杯男子

(2007年11月19日)



階級上げた中村美里が優勝・講道館杯女子

(2007年11月19日)



一心館菅谷道場が高学年の部優勝・第26回望星旗少年柔道大会

(2007年11月3日)



中学は大成中、小学は大石道場が優勝・第34回黒潮旗武道大会

(2007年9月19日)



東海大相模高が圧勝・第34回黒潮旗武道大会高校男子の部

(2007年9月19日)



東海大相模が国士館を破る・若潮杯争奪武道大会

(2006年12月27日)



男子は國學院栃木高校が優勝・水田三喜男杯関東柔道大会

(2006年12月26日)



相原中学校が優勝・サニックス旗福岡国際中学生柔道大会

(2006年12月25日)



国士館高が圧勝・松尾杯高校柔道

(2006年12月25日)



大沢杯争奪少年柔道大会、朝飛道場が3連覇飾る

(2006年12月18日)



東海大相模が優勝・第31回松前旗争奪高等学校柔道大会

(2006年12月18日)



北九州市長杯争奪西日本少年柔道大会、団体戦は塚本道場が優勝

(2006年12月4日)



西日本少年柔道大会、中学校団体の部は大成中が優勝

(2006年11月27日)



醍醐敏郎杯、小学生高学年は朝飛道場が制す

(2006年11月26日)



井上康生が復活遂げる優勝・講道館杯男子

(2006年11月19日)



講道館杯48kg級は山岸絵美が福見友子を下す

(2006年11月18日)



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.