PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

少年柔道専門誌「月刊☆しょうじゅう!」

s-j120.jpg
→この本の購入を申し込む

選手、保護者、指導者のための少年柔道専門ミニコミ誌。

対象者:指導者、保護者、少年

発行者: 杉村圭介(伏龍・ワールド)
価格:500円
(道場単位購入30冊10000円) 

ここ数年の少年柔道における技術の向上には目を見張るものがある。
その裏には少年柔道を「教える」という行為自体のスキル・メソッドの向上と、それを志向する指導者たちの交流による相互刺激がある。

その少年柔道界の潮流、指導者たちの息吹を肌で感じられるミニコミ誌が創刊された。
それが少年柔道専門誌「月刊☆しょうじゅう!」である。

いま、柔道人口が増え続けているのは少年層だけとも言われる。
そんな中、所謂柔道専門誌では少年柔道の大会や選手の情報などはあくまでシニアの添え物的な扱いであり、堂々とこれをメインに扱おうというメディアはない。
少年層の強豪選手の情報や少年に特化した練習方法などは指導者同士のつきあいや「噂」に頼る部分も多かった。

保護者・指導者と関わる人数も多く、考えてみれば最も情報を必要とする人間の多いのが少年柔道というカテゴリである。
であれば、少年柔道に特化した情報を発信しようという、このような企画が生まれることは必然であったかもしれない。

発行者は、自身も少年柔道指導者であり、茨城の強豪・力善柔道クラブを率いる杉村圭介氏。

創刊準備号から数えてここまで3冊(2008年8月末現在)が発行されているが、これまでの内容は、
朝飛道場・朝飛大氏による少年柔道のための技術指導、鳳雛塾・星野力氏による道場立ち上げから現在に至るまでの自伝、鈴木桂治・小野卓志を輩出した石下体協の鈴木正博氏による往時の稽古紹介、各地の強化選手紹介など。

いずれも人選も含めて、すぐれて「現場の嗜好」に非常に忠実な企画である。少年指導に携わる人間であれば少なくとも興味を惹かれないものはいないだろう。

ホチキス止め、オフセット印刷の手作り本ではあるが、この少年柔道の現場、現状にマッチした企画力がこの「月刊☆しょうじゅう」の強さである。

特に、朝飛大氏の技術指導連載における内容の選定には「現場からの発信」という「しょうじゅう」の特性が端的に現れている。
そこにたとえば「しっかり組んで正しく掛けろ」などという、通り一遍の解説はない。
それを大前提として、「ではどうすればいいのか」と方法論を考え具体的な練習法として落とし込んでいくのが少年指導者の仕事だからである。
第1回、2回の内容は「手首の強化」「引き手の掴み方」。
詳細は本誌に譲るが、そこには、朝飛氏のみならず、まっさらで入ってきた低学年の現代っ子に何が必要なのか、どう教えるのか、少年層同士の柔道の特性はなんなのか、現場で日夜指導法を考え成果を挙げてきたいわば「少年指導者チーム」の知恵が透けて見えるのである。

手作りのミニコミ誌ということもあり、本の体裁は今のところ良くない。手にとってびっくりしてしまう人もいるかもしれない。また、企画自体の魅力に比べ、内容は正直まだまだ食い足りないのも事実だ。

だが、行間から伝わる連載陣の情熱と、何よりこの「現状に合った」企画力があるかぎり、今後の発展も多いに期待できると見る。

現状、杉村氏らを中心とした東日本の指導者コミュニティが本企画の中心であるが、九州など独自の柔道文化を築いている地方の指導者の参加も大いに期待していきたい。

少年柔道の普及発展、レベルの向上は、競技柔道という側面からみても日本にとって最後の切り札である。
「少年柔道の底上げ」は単なるお題目ではなく、柔道界にとっては切実、かつすぐれて現実的な問題だ。


そのような状況下、少年柔道に携わる指導者達自身が立ち上げた、少年柔道のための専門誌。今後の活動に期待せずにはいられない。

なお、創刊号には雑誌「柔道」編輯部部長の中村良三氏、講道館図書資料部長の村田直樹氏の献辞が寄せられている。


→購入、定期購読申し込みはこちら
(「月刊☆しょうじゅう!」編集部の好意により、直接申し込みが可能です)


■創刊準備号 (2008年7月発行) 10P  300円
・「朝飛道場の強さを探る」(道場レポート、選手紹介、指導者に質問とインタビュー)

■創刊号 (2008年7月末日発行) 20P 500円
・連載「朝飛ワールド 少年柔道入門」  朝飛大(朝飛道場)
・連載「鳳のように羽ばたけやわらの道の雛たち」 星野力 (鳳雛塾)
・「大会リポート」 山下旗柔道大会
・連載「にっぽん道場伝説」 志道館 (滋賀県大津市)
・連載「全国制覇への熱き思い~小林信雄の情熱~」  鈴木正博 (石下体協柔道部)
・連載マンガ 「柔道の歴史」 芝原嘉龍

■第2号(2008年8月末日発行)  24P 500円
・第5回全国小学生学年別柔道大会結果・出場選手インタビュー
・連載「全国制覇への熱き思い~小林信雄の情熱~」  鈴木正博 (石下体協柔道部)
・「全国ブロック強化選手紹介」  《関東編》
・連載「全国の気になる選手」第1回 福井県(川口道場・長田康秀氏)、兵庫県(将祥柔道館・」小川研二氏)
・連載「朝飛ワールド 少年柔道入門」  朝飛大(朝飛道場)
・連載「にっぽん道場伝説」 種市武道館スポーツ少年団(岩手県)
・連載「鳳のように羽ばたけやわらの道の雛たち」 星野力 (鳳雛塾)
・連載マンガ 「柔道の歴史」 芝原嘉龍


■第8号(2009年2月末日発行) 40P 500円
・特集 第9回東日本少年柔道交流大会◆
・読書十段 梵天のブックレビュー 『ジュニアのための《考える柔道》』
・連載「全国制覇への熱き思い~小林信雄の情熱~」 鈴木正博  第8話 来年のために
・保護者が観た合同練習会 蓬田博之(小友唯心塾) 鳳雛塾主催合同練習会
・朝飛ワールド 少年柔道入門◆
・大会結果  第19回土谷旗争奪柔道大会
・連載「鳳の如く羽ばたけやわら道の雛たち」 星野力  第8話 不協和音~そこから学んだ事
・じゅうどう親ごころ 安枝隆志さん(滋賀県・栗東柔道スポーツ少年団)、鈴木みどりさん(千葉県・明倫館杉崎道場)
・連載「なぜ柔道はすばらしい」   石津宏一
・にっぽん道場伝説   第8回 川口道場 (福井県)
・全国の気になる選手 神奈川県、栃木県
・連載小説「少年柔道物語 ~冠川外伝~」 志波武彦
・大会情報 第3回姫路中央ライオンズ杯中学生柔道大会 選手募集 、滋賀県少年柔道大会 他
・熱筆☆しょうじゅう!通信員   第2回 佐藤哲司(種市武道館)



→購入、定期購読申し込みはこちら
(「月刊☆しょうじゅう!」編集部の好意により、直接申し込みが可能です)



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.