PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

柔道ストラテジー 小さい企業がなぜ勝つのか

strategy.jpg
→amazon.co.jpでこの本を購入

<
柔道という比喩を用いて小さな企業がとるべき戦略を示したビジネス書

著者: デイビッド・ヨフィー、メアリー・クワック
対象者: その他(ビジネスパーソン)

出版社: NHK出版
出版年: 2004
ページ数: 349
定価: ¥1,900 + 税

Book Review
本書は柔道に関する本ではない。ハーバードビジネススクールの教授が著した企業戦略に関する本である。

柔道というメタファー(比喩)を使って、小さな企業が如何に大企業を出し抜くことができるかを明らかにしようと試みている。著者は柔道におけるムーブメント(動き)、バランス、レバレッジ(てこの原理)を引き合いに出して企業戦略を論じているが、果たしてこの隠喩法を使った説明は成功しているのか? ムーブメントとバランスはあらゆるスポーツ(特に団体及び個人の対人スポーツ)で必要とされるものであり、柔道に特有とは言えない。レバレッジのみが柔道に特徴的な原理と言えるだろう。

また、本書で述べられている様々な戦略を誤解を恐れずに要約すれば、「大企業が手を出せない市場にターゲットを絞って経営資源を集中すべき」「他社とのパートナーシップを上手く活用すべき」というありふれた2つの経営戦略(戦略がありふれているからといって、その実行が容易とは限らないが)を採用することを勧めており、特に柔道の比喩を持ち出すまでもないように思われる。

然しながら、本書では、小さな企業が大きな企業を出し抜いた様々な事例を紹介している為、自分が関わる事業を念頭に置いて読めば、有効な事業戦略のヒントを得ることができるだろう。

本書を読むことによって、米国の知識人(財界人)が柔道というものをどのようにイメージしているのかを知ることもでき興味深い。

投稿者: 運営者

→amazon.co.jpで「柔道ストラテジー」を購入


本書に関し自由にコメントしてください。↓



コメント

supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.